誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    夏目漱石

夏目漱石

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「夏目漱石」のブログを一覧表示!「夏目漱石」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「夏目漱石」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「夏目漱石」の記事を新着順に表示しています。(4ページ目)

A Day in the Life坊っちゃん (夏目漱石)
先日のエントリ(仰臥漫録 (その2))で夏目漱石の「坊っちゃん」に少しだけふれたこともあり,あらためて読み返してみた.この小説は何度か読んだが,最後に読んでから,かれこれ20年ほどにもなるのではないか.読了後,いろいろと思うことがあったので ... » more

たかぽんつれづれ日記我輩は猫、、、
我輩は猫、、、 久しぶりに机に向かって「心に移り行くよしなしことをつれづれに書き連ねんとて、、、」などと気どってはみてもさして名文を織りなす才もないのでつらつらと最近の出来事など思い浮かべるに、かねてから「猫好き」を自認する私にとって意外にも比較的身近に同 ... » more
テーマ 月日荘 夏目漱石

「夏目漱石をめぐる旅」 夏目漱石/坊っちゃん 皆さん、おはようございます。昨日から四国に来ています。国語の研究仲間6人で企画した自主研修旅行です。前日に教育雑誌に入稿する原稿三本をようやく書き終え、ぎりぎりセーフで旅行に参加。本当に忙しい夏で、本気で苦しい毎日だった ... » more

文豪シリーズ・夏目漱石の登場です。代表作の一つ『坊っちゃん』を紹介します。(『ホトトギス』明治34年4月号掲載、昭和25年1月刊新潮文庫版をテキストとしています。)子供のころから無鉄砲の”坊っちゃん”。学校を卒業して四国の学校に ... » more

一日一編「手紙」 夏目漱石
「手紙」 夏目漱石 現実に材料を借りた虚構というのは意外に難しいのだな、ということが印象として残りました。本作が収められている、『文鳥・夢十夜』には「思い出す事など」があります。これは、いわゆる修善寺の大患とその前後の闘病生活の印象を克 ... » more

一日一編「文鳥」 夏目漱石
「文鳥」 夏目漱石 小鳥を飼おうと思ったことはないですね。目が合ったらいやじゃないですか、うらめし気にみられでもしたら。年中窓の外の空ばかり見られてもいやですね。(もしそんな小鳥がいたとして)そんな背中というか後ろ姿を見せられたら、ちょっと ... » more
テーマ ペット 夏目漱石 「一日一編短編小説を読むぞ」

松山の「愚陀仏庵」がもとあった場所 先日、土砂に流されて全壊した、松山の愚陀仏庵。ブログにも書きましたが、全壊したのは、もともとあった場所から少し離れた山の中腹に復元された建物でした。http://ikezawa.at.webry.info/201007/articl ... » more

切手と文学松山の愚陀仏庵が全壊
松山の愚陀仏庵が全壊 先日12日、松山にある「愚陀仏庵」が全壊したそうです。http://www.asahi.com/national/update/0712/OSK201007120156.html豪雨で裏山の土砂が崩れ、建物全体が流されたとか ... » more

マルジナリア夏目漱石著・門
夏目漱石著・門 「門」・夏目漱石著(岩波文庫)仲のよい夫婦は案外と見かけだけで、台所は冷戦状態かもしれないし、罵り合う夫婦が案外と、仲のよい場合もある。外から見ただけでは判らないのが夫婦仲というものである。さて、宗助とお米は作者によれば、「いっしょ ... » more
テーマ 夏目漱石 文学

夏目漱石生誕140周年記念事業 新宿区が夏目漱石生誕140年記念事業として小冊子を配布しているそうです小冊子『漱石山房秋冬』【目次】 漱石の生涯 漱石早わかり年譜 等身大の漱石我輩は漱石なり 名作誕生、その時漱石は・・・。 ... » more
テーマ 夏目漱石

夏目漱石 ‘坊ちゃん’ 「お堅い文学作品」のひとつという雰囲気の夏目漱石の‘坊ちゃん’ですが、世に出た当時は、「エンターテイメント文学」に分類されていたのかもしれません。「エンターテイメント文学」という言葉が当時、存在したかはさておき、‘坊ちゃ ... » more

Today's words of Natsume Soseki 漱石 今日の言葉 今日も夏目漱石は語る strNews = "漱石今日の言葉";dteToday = new Date();myYear = new String(dteToday.getFullYear());myM ... » more

『検事調書の余白』1993年に現職の検事長であった佐藤道夫氏によって書かれている。----------------------------------------ブックオフで偶然目に止まった1冊105円の本。殆ど読ま ... » more
テーマ 夏目漱石 土井晩翠 石川啄木

里帰り  『Google』の由来は『Googol』 「吾輩も誕生プレゼント『Google』のタイトルロゴが夏目漱石デザインに」で吾輩は何故「o」を転がしていたのでしょうか?「o」の行き先は・・・「o」の行き先は『Goog_l』でした。数 ... » more
テーマ 吾輩は馬 夏目漱石 お知らせ

吾輩も誕生プレゼント 『Google』のタイトルロゴが夏目漱石デザインに 夏目漱石の誕生日は慶応3年1月5日だが、西暦では1867年2月9日である。生誕143周年の2月9日に、『Google』のタイトルロゴが漱石の誕生日に合わせて夏目漱石をデザインしたものになった。吾輩も先輩の猫さ ... » more

2月9日は夏目漱石の誕生日 Googleロゴが「夏目漱石の日」になっているのは、漱石の誕生日だったのか。。。夏目漱石は、1867年の2月9日生まれだそうです。ロゴは「吾輩は猫である」バージョンで、小文字のgが夏目漱石というわけですニャ?mi ... » more

太閤殿下の寝言夏目漱石(2)
現代の大哲学者・池田大作博士。世界各国の大学から「273」の名誉教授・博士の称号が授与され、650の名誉市民、世界桂冠詩人、国連や世界の学術機関からの数々の顕彰。そして、昨年の「ワイマール・ゲーテ協会」からの特別顕彰、韓国からの国家 ... » more
テーマ 近代文学 夏目漱石 小説

太閤殿下の寝言夏目漱石
現代の大哲学者・池田大作博士。世界各国の大学から「273」の名誉教授・博士の称号が授与され、650の名誉市民、世界桂冠詩人、国連や世界の学術機関からの数々の顕彰。そして、昨年の「ワイマール・ゲーテ協会」からの特別顕彰、韓国からの国家 ... » more

ナスさん宅の花壇の様子  / 漱石の手紙を読むと 【ナスさん宅の花壇の様子】今日の宮崎は、また寒が戻ってきて、吹く風も冷たさを増してきました。今週は途中に温かい日があったので、より一層寒さを体感するようです。さて、友人・ナスさん宅のタタミ3畳分ほどの花壇では、葉物野菜が順調に育 ... » more

きょう12月9日は『漱石忌』です。夏目金之助、漱石が亡くなった日です。満49歳。12月9日午後5時過ぎ、漱石はひどく苦しみはじめ、自分の胸をあけて「はやくここへ水をぶっかけてくれ。死ぬと困るから」といような意味の ... » more
テーマ 周易ごよみ 夏目漱石 『愚見数則』

☆以下は原文のみで構成した『行人』の三番目の章「帰ってから」のあらすじです。省略した部分は1行空けてあります。()の中はルビ(読み)。自分は兄夫婦の仲がどうなる事かと思って和歌山から帰って来た。自分の予想ははたして外れなかった。 ... » more
テーマ 夏目漱石 行人

☆以下は原文のみで構成した『行人』の二番目の章「兄」のあらすじです。省略した部分は1行空けてあります。()の中はルビ(読み)。「兄さん、面白い話がありますがね」と自分は兄の方を見た。「何だ」と兄が云った。兄の調子は自分の予期 ... » more
テーマ 夏目漱石 行人

☆以下は原文のみで構成した『行人』の最初の章「友達」のあらすじです。省略した部分は1行空けてあります。()の中はルビ(読み)。その時あの女は忍耐の像のように丸くなってじっとしていた。けれども血色にも表情にも苦悶の迹はほとんど見え ... » more
テーマ 夏目漱石 行人

☆省略した部分は1行空け、漢字のいくつかをかなに変えました。須永の話★父は死ぬ二三日前僕を枕元に呼んで、「市蔵、おれが死ぬと御母さんの厄介にならなくっちゃならないぞ。知ってるか」と云った。母は突然(いきなり)自分 ... » more
テーマ 彼岸過迄 夏目漱石

★玩具にされたのならこのままでは置かぬ。我(が)は愛を八つ裂にする。面当はいくらもある。貧乏は恋を乾干(ひぼし)にする。富貴は恋を贅沢にする。功名は恋を犠牲にする。我は未練な恋を踏みつける。尖(とが)る錐(きり)に自分の股(もも)を刺し通し ... » more
テーマ 夏目漱石 虞美人草

☆省略した部分は1行空けてあります。いくつかの漢字をひらがなに直しました。傍点は省略。()の中はルビ(読み)。★春はものの句になりやすき京の町を、七条から一条まで横に貫ぬいて、煙(けぶ)る柳の間から、温(ぬく)き水打つ白き布を、 ... » more
テーマ 夏目漱石 虞美人草

★宗助(そうすけ)と御米(およね)とは仲の好い夫婦に違なかった。いっしょになってから今日まで六年ほどの長い月日を、まだ半日も気不味(きまず)く暮した事はなかった。言逆(いさかい)に顔を赤らめ合った試はなおなかった。二人は呉服屋の反物を買って ... » more
テーマ 夏目漱石

★山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出 ... » more
テーマ 草枕 夏目漱石

★平岡の細君は、色の白い割に髪の黒い、細面に眉毛(まみへ)の判然(はつきり)映る女である。一寸(ちよつと)見ると何所(どこ)となく淋しい感じの起る所が、古版(こはん)の浮世絵に似てゐる。帰京後は色光沢(いろつや)がことに可(よ)くないやうだ ... » more
テーマ 夏目漱石 それから

夏目漱石 ‘こころ’ 夏目漱石の‘こころ’は、「先生」と彼の友人「K」、さらに彼らの下宿先の「お嬢さん」の三角関係が描かれています。‘こころ’は、人間のエゴと後悔のために自己嫌悪に陥り、自分自身はもちろん、周りの大切な人も幸せにできないと ... » more

 

最終更新日: 2016/12/09 11:45

「夏目漱石」のブログ関連商品

» 「夏目漱石」のブログレビュー をもっと探す

「夏目漱石」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る