誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    夏目漱石

夏目漱石

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「夏目漱石」のブログを一覧表示!「夏目漱石」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「夏目漱石」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「夏目漱石」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

夏目漱石いわく 「正岡子規の画は拙なり」 夏目漱石いわく「正岡子規の画は拙なり」いまの季節に咲く東菊という花があります。また「野春菊」とも「都忘れ」ともよばれています。この花の名前にまつわるつぎのような伝説があります:鎌倉時代に起きた承久の乱で北条氏に敗れ、 ... » more
テーマ 夏目漱石 周易こよみ 正岡子規

朝日新聞で4月20日から夏目漱石「心」が100年ぶりに掲載され始めました。もちろん世に出回っている各社の文庫本などと同じですが、原作当時と同じ形式で読めることに価値があります。毎朝集中的に読みますが、文庫本と違い一回あたりの文章 ... » more
テーマ 夏目漱石

深夜の古新聞漱石未亡人に破産申請
美久仁真珠のもつれ大正十五年四月破産となった銀座の美久仁真珠株式会社破産管財人は、同社の財産整理中、故夏目漱石の未亡人鏡子こときよ子さんを相手取って十七日東京区裁判所に破産を申請した。美久仁真珠は漱石令嬢栄子さんの夫松岡誠氏が一時社 ... » more
テーマ 夏目漱石 文学 文壇

Mostly Flowers45年ぶりの大雪 篇
45年ぶりの大雪 篇 2014年2月16日(日)この週末も天気予報が大当たりで、金曜日から土曜の午前にかけて関東地方は大雪になりました。二週連続で週末に同じくらいの大雪が降ったのは、あまり記憶にありません。前回、一週間前の7日(金)には、 ... » more
テーマ 夏目漱石 上野東照宮ぼたん苑 クリーブランド美術館展

草枕の道 島崎町・岳林寺から天水町・前田家別邸まで15.8Kmゆっくり5時間ほどのコースです。鎌研坂夏目漱石も歩いたコースで、終点までの途中には啓翁桜がもうすぐ咲く箇所があります。今回は、下見のため鳥越茶屋跡(峠の茶屋3代 ... » more
テーマ 草枕 熊本 夏目漱石  コメント(2)

マルジナリア夏目漱石著・三四郎
夏目漱石著・三四郎 「三四郎」・夏目漱石著(岩波文庫)明治41年9月1日より同年12月29日まで東西の朝日新聞に掲載。単行本は42年5月、春陽堂より上梓。小品は別として、朝日新聞入社後の長編では「虞美 ... » more
テーマ 夏目漱石 文学

GRACIAS!!□夏目漱石の名言
私の大好きな名言があります。それが夏目漱石の「草枕」の冒頭の言葉。「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい 」というもの。自分なりの解釈としては”理屈だけで動いてい ... » more
テーマ 名言 夏目漱石

死せる歌短歌
漱石を読んだあとには死にたくて電車に揺られ山に入りぬ ... » more

 西郷竹彦文芸講座代8回「文豪・夏目漱石 名短編の謎に迫る〜記号の美学」 牛窓在住の文芸学者・西郷竹彦先生によるてれやカフェ講座第8回。才能と理論を持ち合わせた文豪・夏目漱石。句読点、括弧、棒、点線など、その記号の使い方に注目して「夢十夜」「永日小品」などの名短編をひも解く。そこに ... » more
テーマ 文芸講座 夏目漱石 西郷竹彦

◆正岡子規が漱石の将来運を易でうらなうきょうは、正岡子規の易占いを紹介します。学友・夏目漱石の将来運を占った実占例です。『筆まかせ』のなかに書かれている「正岡易占」という易占例です。子規は碧梧桐の兄・竹村其十に易占を ... » more
テーマ 実占例 夏目漱石 正岡子規

評論誌「遡行」に立岡和子さんが漱石についてかき始めたのは十数年前。それから継続的に書き続けられ、今度「漱石を読む」をまとめることになった。現在、編集作業が進行中。私は昨年立岡和子さんの主宰する雑誌「遡行」の中締めの130号の編集代行をし ... » more
テーマ 鶴見俊輔 夏目漱石 江藤淳

夏目漱石の字は虚弱  夏目漱石の美術世界展(1) 6月25日(火)、谷中の田邊文魁堂へ寄ったのち、東京芸術大学美術館の「漱石の美術世界展」を観る。いくつか感想がある。まず漱石の墨蹟に、芯のない虚弱を感じた。東京大学・東京大学大学院時代の恩師の芳賀徹が、この展覧会のカ ... » more
テーマ 夏目漱石 大学

花織ちゃぶ漱石さんにちなむかもの花
漱石さんにちなむかもの花 バラの根元に去年置きっぱなしにしていた草が春になって茂ってきました何の花かさっぱりわかりません根元をかき分けてみると夏目漱石にちなんだようなな名前でしたさてなんでし ... » more

坊ちゃん殺人事件 久しぶりの内田康夫先生。浅見光彦もいいね。今回は四国が舞台でもないけど。夏目漱石の坊ちゃんつながりです。この作品も奥深いです。あっという間に読んじゃいました。 ... » more
テーマ ぼっちゃん 内田康夫 夏目漱石

新番組「ビブリア古書堂の事件手帖」の第1回放送を見たのです。予告動画はこちらhttp://youtu.be/7tE52T7xxtk(原作を読んだ感想はこちらhttp://pu-u-san.at.webry.info/201211/a ... » more

夏目鏡子述/松岡 譲筆録・漱石の思い出 「漱石の思い出」・夏目鏡子述/松岡 譲筆録(角川文庫)前回の「漱石先生」(松岡 譲著)の勢いが持続しているうちに、と思い手に取ることに。大部な作品でこういう機会がないと、なかなか読 ... » more

マルジナリア松岡 譲著・漱石先生
松岡 譲著・漱石先生 「漱石先生」・松岡 譲著(岩波書店)漱石について書かれたものを積み上げれば、富士山の高さにもなるかもしれない。しかし大抵は作品の解釈論か、それまでに世に出た漱石論の集成に過ぎなくて ... » more
テーマ 夏目漱石 文学

お勧めはぼんやりと眺めること♪ 空に吸い込まれる気分になります♪ これが三四郎の恋のロマンスか!? 東大にある三四郎池もともとは、加賀藩前田家の庭園で整備された池であった。「心字池」の造り。帝国大(=現東大)出身の夏目漱石の名作『三四郎』は、ここを舞台としたため、「三四郎池」と呼ばれるようになった。田舎青年の三四郎がここの池で出会いのロマ ... » more
テーマ 三四郎池 夏目漱石 東大

大学2年で、生理学に目覚めたのですが、この年には、岡田謙先生の「家族論」も受講して、社会学にも目覚めました。この年に、福武直の300ページ以上ある『社会学』を、一日30ページと決めて読破しています。社会学との出会いは、2010年6月2 ... » more
テーマ 社会心理学 夏目漱石 社会学

しのぶ文学少女
今日は、少し家の中の片づけをしました。私は、物持ちがいいというか、片づけられないというか、子供のころの手紙や学生の頃の写真や日記帳などをすべて持っています。ついついそういう物に目がいきます。その中に私の書きかけた ... » more

「名作とともに夏目漱石『虞美人草』漱石記念碑除幕式と保津川下り」についてhttp://wagahaiwauma.at.webry.info/201105/article_1.html ... » more
テーマ 京都漱石の會 夏目漱石  トラックバック(1)

花織ちゃぶ漱石さんと鴎外さん
漱石さんと鴎外さん 「漱石さんの「夢十夜」」についてなってみたいのはどっちたとえば衣装を着てちょっと気取るならあたしはどっちも無理だあなたはどっちでも胃が悪い人と目がいい人早死にと長生き養子と ... » more
テーマ 夏目漱石

猫のつぶやき(吾輩も猫である) 夏目漱石という作家の「吾輩は猫である」をみんなが寝静まった頃こっそり読んでみました。同じ猫としてどのように表現され、人間にどんなふうに理解されているのかとても興味がありました。明治38年頃の作品ですが、一世紀以上を経ても、時代背景や環境 ... » more
テーマ 猫のつぶやき 夏目漱石 吾輩も猫である

花織ちゃぶKはきんのすけ
「どろどろ蕎麦湯2003、10、2 夏目漱石「こころ」より」についてKの正体はきんのすけ我慢をすれば霊の力が増すって思う修業の人兄さんの死んだ奥さんをつい思い浮かべる自分を責め立てている ... » more
テーマ 夏目漱石

訪問 名作吾輩は猫であるを執筆した旧宅 森鴎外・夏目漱石住宅 名作吾輩は猫であるを執筆した旧宅森鴎外・夏目漱石住宅 名古屋鉄道犬山駅バス20分 2011年9月19日(月)訪問愛知県犬山市内山1明治村博物館内入村料1600円 木造平屋建、瓦葺明治20年建築《文豪夏目漱 ... » more

マルジナリア夏目漱石著・夢十夜
夏目漱石著・夢十夜 「夢十夜他二篇」・夏目漱石著(岩波文庫)(夢十夜)久しぶりに漱石である。もう漱石は一年に一冊読めばよいほうで、だんだん興味が薄れてきている。だから今年のノルマは終ったわけである。しかし、私はどうかすると、同じ著者のものを二、 ... » more

文学碑探訪「漱石文学碑:吾輩は猫である」 明治以後の文学作品で人々にもっとも知られているものは、漱石の『坊ちゃん』か『吾輩は猫である』のいずれかであろう。現在においても岩波文庫など、多くの文庫に入っており、今も読み続けられているに違いない。先日都心に出かけたついでに『吾 ... » more
テーマ 夏目漱石 吾輩は猫である 文学碑探訪

Kyoto Walk 京に着ける夕 と 京に着ける朝 京に着ける朝晩秋の10月23日早朝、京都漱石の會の第八回定例会があり京都駅に着いた。百四年前の明治四十年(一九〇七)三月二十八日午後七時三十分、漱石が寒い京都七条停車場に着いたとき(「京に着ける夕」)とは季節気候時刻がま ... » more
テーマ 京都漱石の會 夏目漱石  トラックバック(3)

名富達也夏目漱石
夏目漱石 久しぶりに本棚をみたら夏目漱石のこころという本があったので、読んでみた。親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しんでいく様子を描いた本だがまたこの年になって読むと違う風景が見えてくるので、 ... » more
テーマ 夏目漱石

第1058夜 【吾輩は猫である】 【吾輩は猫である】ほるぷ出版2006年1月15日発行夏目漱石文武田美穂絵齋藤孝編大人は難しい本を読まねばならぬ、なんてことはないのです。文豪が書いた文学作品を、絵本で読んでもいいんです。「それでええねん」なん ... » more
テーマ 武田美穂 絵本 夏目漱石

 

最終更新日: 2017/08/27 11:10

「夏目漱石」のブログ関連商品

» 「夏目漱石」のブログレビュー をもっと探す

「夏目漱石」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る