誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    夏目漱石

夏目漱石

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「夏目漱石」のブログを一覧表示!「夏目漱石」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「夏目漱石」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「夏目漱石」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

花織ちゃぶ漱石さんにちなむかもの花
漱石さんにちなむかもの花 バラの根元に去年置きっぱなしにしていた草が春になって茂ってきました何の花かさっぱりわかりません根元をかき分けてみると夏目漱石にちなんだようなな名前でしたさてなんでし ... » more

坊ちゃん殺人事件 久しぶりの内田康夫先生。浅見光彦もいいね。今回は四国が舞台でもないけど。夏目漱石の坊ちゃんつながりです。この作品も奥深いです。あっという間に読んじゃいました。 ... » more
テーマ ぼっちゃん 内田康夫 夏目漱石

新番組「ビブリア古書堂の事件手帖」の第1回放送を見たのです。予告動画はこちらhttp://youtu.be/7tE52T7xxtk(原作を読んだ感想はこちらhttp://pu-u-san.at.webry.info/201211/a ... » more

夏目鏡子述/松岡 譲筆録・漱石の思い出 「漱石の思い出」・夏目鏡子述/松岡 譲筆録(角川文庫)前回の「漱石先生」(松岡 譲著)の勢いが持続しているうちに、と思い手に取ることに。大部な作品でこういう機会がないと、なかなか読 ... » more

マルジナリア松岡 譲著・漱石先生
松岡 譲著・漱石先生 「漱石先生」・松岡 譲著(岩波書店)漱石について書かれたものを積み上げれば、富士山の高さにもなるかもしれない。しかし大抵は作品の解釈論か、それまでに世に出た漱石論の集成に過ぎなくて ... » more
テーマ 夏目漱石 文学

お勧めはぼんやりと眺めること♪ 空に吸い込まれる気分になります♪ これが三四郎の恋のロマンスか!? 東大にある三四郎池もともとは、加賀藩前田家の庭園で整備された池であった。「心字池」の造り。帝国大(=現東大)出身の夏目漱石の名作『三四郎』は、ここを舞台としたため、「三四郎池」と呼ばれるようになった。田舎青年の三四郎がここの池で出会いのロマ ... » more
テーマ 三四郎池 夏目漱石 東大

大学2年で、生理学に目覚めたのですが、この年には、岡田謙先生の「家族論」も受講して、社会学にも目覚めました。この年に、福武直の300ページ以上ある『社会学』を、一日30ページと決めて読破しています。社会学との出会いは、2010年6月2 ... » more
テーマ 社会心理学 夏目漱石 社会学

しのぶ文学少女
今日は、少し家の中の片づけをしました。私は、物持ちがいいというか、片づけられないというか、子供のころの手紙や学生の頃の写真や日記帳などをすべて持っています。ついついそういう物に目がいきます。その中に私の書きかけた ... » more

「名作とともに夏目漱石『虞美人草』漱石記念碑除幕式と保津川下り」についてhttp://wagahaiwauma.at.webry.info/201105/article_1.html ... » more
テーマ 京都漱石の會 夏目漱石  トラックバック(1)

花織ちゃぶ漱石さんと鴎外さん
漱石さんと鴎外さん 「漱石さんの「夢十夜」」についてなってみたいのはどっちたとえば衣装を着てちょっと気取るならあたしはどっちも無理だあなたはどっちでも胃が悪い人と目がいい人早死にと長生き養子と ... » more
テーマ 夏目漱石

猫のつぶやき(吾輩も猫である) 夏目漱石という作家の「吾輩は猫である」をみんなが寝静まった頃こっそり読んでみました。同じ猫としてどのように表現され、人間にどんなふうに理解されているのかとても興味がありました。明治38年頃の作品ですが、一世紀以上を経ても、時代背景や環境 ... » more
テーマ 猫のつぶやき 夏目漱石 吾輩も猫である

花織ちゃぶKはきんのすけ
「どろどろ蕎麦湯2003、10、2 夏目漱石「こころ」より」についてKの正体はきんのすけ我慢をすれば霊の力が増すって思う修業の人兄さんの死んだ奥さんをつい思い浮かべる自分を責め立てている ... » more
テーマ 夏目漱石

訪問 名作吾輩は猫であるを執筆した旧宅 森鴎外・夏目漱石住宅 名作吾輩は猫であるを執筆した旧宅森鴎外・夏目漱石住宅 名古屋鉄道犬山駅バス20分 2011年9月19日(月)訪問愛知県犬山市内山1明治村博物館内入村料1600円 木造平屋建、瓦葺明治20年建築《文豪夏目漱 ... » more

マルジナリア夏目漱石著・夢十夜
夏目漱石著・夢十夜 「夢十夜他二篇」・夏目漱石著(岩波文庫)(夢十夜)久しぶりに漱石である。もう漱石は一年に一冊読めばよいほうで、だんだん興味が薄れてきている。だから今年のノルマは終ったわけである。しかし、私はどうかすると、同じ著者のものを二、 ... » more

文学碑探訪「漱石文学碑:吾輩は猫である」 明治以後の文学作品で人々にもっとも知られているものは、漱石の『坊ちゃん』か『吾輩は猫である』のいずれかであろう。現在においても岩波文庫など、多くの文庫に入っており、今も読み続けられているに違いない。先日都心に出かけたついでに『吾 ... » more
テーマ 夏目漱石 吾輩は猫である 文学碑探訪

Kyoto Walk 京に着ける夕 と 京に着ける朝 京に着ける朝晩秋の10月23日早朝、京都漱石の會の第八回定例会があり京都駅に着いた。百四年前の明治四十年(一九〇七)三月二十八日午後七時三十分、漱石が寒い京都七条停車場に着いたとき(「京に着ける夕」)とは季節気候時刻がま ... » more
テーマ 京都漱石の會 夏目漱石  トラックバック(3)

名富達也夏目漱石
夏目漱石 久しぶりに本棚をみたら夏目漱石のこころという本があったので、読んでみた。親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しんでいく様子を描いた本だがまたこの年になって読むと違う風景が見えてくるので、 ... » more
テーマ 夏目漱石

第1058夜 【吾輩は猫である】 【吾輩は猫である】ほるぷ出版2006年1月15日発行夏目漱石文武田美穂絵齋藤孝編大人は難しい本を読まねばならぬ、なんてことはないのです。文豪が書いた文学作品を、絵本で読んでもいいんです。「それでええねん」なん ... » more
テーマ 武田美穂 絵本 夏目漱石

『坊っちゃん』とターナー島 小説『坊っちゃん』には、新任教師の主人公が同僚教師たちに誘われ、舟釣りに出かける場面があります。その中で、「松と石ばかりの青島」として登場するのが、愛媛の高浜に実在する四十島だと言われています。昨日紹介した絵はがき「松山道後名勝十六 ... » more

切手と文学道後温泉の女湯
道後温泉の女湯 先日のブログで、漱石も足しげく通った道後温泉の男湯の絵はがきを紹介しましたが(http://ikezawa.at.webry.info/201108/article_10.html)、手元のコレクションを整理していたら、「松山道後名勝十六景 ... » more

漱石の入浴シーン?道後温泉の絵はがき 明治28年4月、夏目漱石は愛媛県松山尋常中学校の英語教師として松山に赴任し、翌年熊本に移るまでの一年をこの城下町で過ごしました。明治39年に「ホトトギス」誌上に発表された小説『坊っちゃん』は、この時の教師体験を下敷きとしたものです。松山の道 ... » more

花織ちゃぶおばさんの優等賞
戦争直後に20歳で亡くなったおばさんの尋常小学校時代の優等賞と皆勤賞の賞状を見せてもらった父のねえさんだおばさんは優秀だったんだ弟のためにたたかってくれたそうだだけど戦後田んぼに ... » more

草枕    夏目漱石 知に働けば角が立つ、情に棹させば流される、意地を通せば、窮屈だ、兎角に人の世はすみにくい冒頭の一文夢十夜・草 枕 (集英社文庫)集英社夏目 漱石ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 草枕 (新潮文庫)新潮社夏目 漱 ... » more
テーマ 草枕 夏目漱石

窯ぐれ「則天去私」と震災
夏目漱石の「草枕」における主人公たる画工を介して、漱石は次の様な自然観をのべている。「自然(以下、略)。いざとなると容赦も未練もない代わりには、人によって取り扱いをかえるような軽薄な態度はすこしも見せない。(中略)冷然として古今帝王 ... » more

花織ちゃぶ 雪の突き出し
雪に閉ざされたアイスランドに火山の頭がのぞいてまっかっかになって噴火したってあたしがバスの中で猫のボタンを押しながら文庫本を読んでた時だ「この下に稲妻起こる宵あらん」と猫の ... » more
テーマ 夏目漱石 地震

花織ちゃぶ漱石さんの「夢十夜」
「魔女の呪文は「あいうえお」1998、12、5」について百年待っていて下さいって女死ぬ待ってる間の唐紅の天道座っている男すわりつつ数える東から西へ太陽がのっとでてのっと沈む ... » more

生活の堕落は、精神の自由を殺す。by 夏目漱石明治の文豪夏目漱石の言葉です。夏目漱石は不幸な生い立ち・病弱な身体ということもあり、神経衰弱・うつ病を患っていたようです。非常に几帳面な面があり、人付き合いは苦手 ... » more

今日は所用で休みを取っているところだが,用件も終わったので,ゆっくりしている.3月の大震災以来,いろいろあったが,このブログもおいおい再開していこうと考えるようになった.というわけで(?),以下のブログ記事を読んで,その内容とは関係 ... » more

誰かに見せるためにあるわけじゃない「やさしさの鏡」気持ちにゆとりがある時には他人のつらさがくっきりと映り自分には何ができるだろうかと胸が痛むうまくいくと一つ行動できるときもあるとっさに体が動いたり一言声が ... » more
テーマ 夏目漱石

Soseki in Kyoto 丹治伊津子さんが「夏目漱石の京都」を出版 裏千家の茶人であり、夏目漱石研究家で「京都漱石の會」を主宰されている丹治伊津子さんが著書を初出版された。丹治さんは、インターネット界では「椿わびすけさん」として有名だ。数か月ほど前に、夏目漱石と京都のかかわりについての書を上梓される ... » more

 

最終更新日: 2016/12/09 11:45

「夏目漱石」のブログ関連商品

» 「夏目漱石」のブログレビュー をもっと探す

「夏目漱石」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る