誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    鈴木光司

鈴木光司

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「鈴木光司」のブログを一覧表示!「鈴木光司」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「鈴木光司」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「鈴木光司」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

「ブルーアウト」 鈴木光司著(小学館 1,620円税込) 「ブルーアウト」 鈴木光司著(小学館1,620円税込)【内容情報】(出版社より)エルトゥールル号遭難に着想を得た感動巨編 和歌山県串本町のダイビングショップでインストラクターとして働く女性ダイバー高畑水輝。そ ... » more
テーマ 鈴木光司 ブルーアウト 小説

【BOOKレビュー】  「ブルーアウト」鈴木光司著(小学館 1500円+税) BOOKレビュー「ブルーアウト」鈴木光司著(小学館 1500円+税)日刊ゲンダイ2016年3月8日http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/176771「 ... » more
テーマ 鈴木光司 ブルーアウト BOOKレビュー

『リング』・『らせん』を久しぶりに読んだついでに、勢いで『ループ』を購入。勢いで読んでみました。・・・というより、買った月曜日、翌日の勤務に備えて早めに寝たら、0時前に目が覚めてしまい・・・。明け方まで眠れなかったので、20 ... » more

『リング』に続き、今さらながらの『らせん』・・・舞台は1990年10月から1991年の1月。日付や曜日が細かに書き込まれていますが、ちょっとした矛盾が・・・。安藤の行動を示した以下の2ヵ所は同じ日 ... » more

『リング』 鈴木光司 (角川ホラー文庫) 最近、何回か書いたように、本棚を整理中。10年以上読んでいない本でも、いざ処分しようとすると惜しくなるものです。・・・ということで、今さらながら、『リング』・・・------------------- ... » more

‘リング’、‘らせん’、‘ループ’これで、一通り完結します。この三作品は一連のストーリーの流れをくんでいるはずなのに作品ごとの毛色がだいぶ異なります。最終作の‘ループ’はまさかの結末を迎えるという以外の情報を ... » more

前作の‘リング’の続きというよりも直後の話を描いた小説が‘らせん’です。そのため、‘らせん’を読む前に‘リング’を読むことをおすすめします。‘らせん’は前作の‘リング’に描かれた貞子の呪いの正体に科学的・医学的な ... » more

リングが映画化。しかも、3D。これを機会に、原作の小説‘リング’を読んでしまいました。ホラー初体験です。自分はとにかく、ホラーが苦手です。でも、読んでしまったのです。もしかしたら、‘リング’を読み切った後、夜 ... » more

読みました。あらすじ《映像制作会社に勤める安藤孝則は、ネット上に公開されたある動画の解析を依頼される。それは、中年男が自身の首つり自殺の模様を中継した、衝撃的ながらもどこか不可解な映像だった。孝則は真偽を確かめるため解析を始 ... » more
テーマ 読書 鈴木光司

仄暗い水の底から/鈴木光司 巨大都市の欲望を呑みつくす圧倒的な「水たまり」東京湾。ゴミ、汚物、夢、憎悪…あらゆる残骸が堆積する湾岸の「埋立地」。この不安定な領域に浮かんでは消えていく不可思議な出来事。実は皆が知っているのだ…海が邪悪を胎んでしまったことを。 ... » more
テーマ 読書 鈴木光司

「リング」等を書いた鈴木光司のトイレで読む体感ホラー ドロップ(210円)が今日発売です。でも、小説トイレットペーパーってどうやって読むのかな?でも210円なら安いですね。使いながら読んでいくと感じみたいなん ... » more

数学とMRIと殺人とともだち。 鈴木光司さんの新作「EDGE」が借りられたので、一気に読破。久々のホラーって聞いてたのに、内容はなんと『数学』><自分には一番苦手な分野なのに、スラスラ読ませる筆力はさすがの一言!何度も読み返さなくてはいけない部分多々あ ... » more

『なぜ、世界を解釈する方法を身に付けなければならないのか。行く先にどのような困難があろうとも克服し、異世界と対峙する力を与えてくれるからだ。新しい領域に、新しい一歩を踏み出す勇気を持てないのなら、生きている意味はない』鈴木光司著「エ ... » more

鈴木光司さんの著作。その中から3つの言葉を紹介します。「勉強というのは、インプットとしての理解とアウトプットとしての表現、その間をつなぐ想像、この三つの力の訓練だと言っていい」理解は、材料。それを上手くさばくのが、想 ... » more
テーマ 鈴木光司

『大きなことじゃなくて、構わない。何かを成し遂げようとしてごらん。きみなら、できる』鈴木光司著、「アイズ」を読みました。あらすじ≪誰かが私の「過去」を覗いている!いや違う、「過去」が私を覗いているのか―。新築アパートで毎 ... » more
テーマ 読書 鈴木光司

「ダークウォーター」見てきました リングやらせんでおなじみの鈴木光司原作「仄暗い水の底から」のリメイク作品ダークウォーターを見てきました。正直、劇場で見ようか、レンタルでよいか迷っていたのですが、よく行くブログで薦めていたので、見に行くことにしました。主演の ... » more
テーマ 鈴木光司 ダークウォーター 映画  コメント(3) トラックバック(8)

 

最終更新日: 2016/11/13 05:12

「鈴木光司」のブログ関連商品

» 「鈴木光司」のブログレビュー をもっと探す

「鈴木光司」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る