誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    野沢尚

野沢尚

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「野沢尚」のブログを一覧表示!「野沢尚」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「野沢尚」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「野沢尚」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

野沢尚の『殺し屋シュウ』を読みました。図書館の内容紹介によると、<首都大学文学部の研究室に真面目に務めるシュウは、ひとたび依頼があれば「人殺しの芸術家」に変わる。優秀だけど、仕事のあとはいつも鬱になる…。スリリングな新シリー ... » more
テーマ 野沢尚

去年の終わりごろから作家野沢尚に興味を持ち、図書館で著作を借りて読むようになった。2004年自殺しているので亡くなってから8年経つのか、、、・地元名古屋出身の作家ということ・年齢もまあ近い(^^;)か?・「眠れる ... » more
テーマ キムタエ 野沢尚 映画

呼人 [野沢尚] 呼人野沢尚12歳で成長が止まってしまう主人公が、大人になってゆく親友たちの苦悩を、親身になってアドバイスする物語。そんな中、親友達が世界各国で仕入れてきた話から、自らの誕生の謎に迫ってゆく。題材としてはSFだが、現実 ... » more
テーマ 野沢尚

リミット [野沢尚] リミット野沢尚幼児誘拐と臓器売買。重く、敬遠したくなるようなテーマの作品だが、どんでん返しのレベルが高く、読む価値はある。夫に先立たれた主人公の女刑事は、誘拐捜査中に自らの息子を誘拐されてしまう。捜査よりも息子の ... » more
テーマ 野沢尚

破線のマリス [野沢尚] 破線のマリス野沢尚江戸川乱歩賞受賞作。大手テレビ局の看板ニュース番組で、ビデオテープの編集を担う主人公が巻き込まれた事件を描いた作品。ある情報提供を鵜呑みにして作成した番組によって、一人の官僚の人生が狂ってしまった。 ... » more
テーマ 野沢尚 【江戸川乱歩賞】  トラックバック(1)

ユン・ソナ韓国復帰作『恋人よ DVD-BOX1&2』のご案内 恋人よ DVD-BOX1・・・発売予定日は2008年12月26日予約受付中恋人よ DVD-BOX2・・・発売予定日は2009年1月23日予約受付中ユン・ソナ主演ドラマ!2組の夫婦がそれぞれパートナーを変えて不倫する、異色のラブス ... » more
テーマ 韓国ドラマ 野沢尚 ユン・ソナ

ユン・ソナ韓国復帰作『恋人よ DVD-BOX1』のご案内 恋人よ DVD-BOX1・・・発売予定日は2008年12月26日予約受付中ユン・ソナ主演ドラマ!2組の夫婦がそれぞれパートナーを変えて不倫する、異色のラブストーリー。 原作:野沢尚、1995年フジテレビでオンエアされた「恋人よ」 ... » more
テーマ 韓国ドラマ 野沢尚 ユン・ソナ

以前紹介した「破線のマリス」の作者による「四年後の『破線のマリス』」とも言うべき作品。主人公は「破線のマリス」にも登場した赤松君。女性編集者・遠藤瑤子の元で働いていた彼です。遠藤瑤子の事件(1997年)以後も首都テレビの夜のニュース ... » more
テーマ 野沢尚 砦なき者 ミステリ

これ、名前だけは前々から知ってたんですが…作者も作品もね。でも読む機会なくてズルズルと…。第43回(平成9年)江戸川乱歩賞受賞作品ですね。首都テレビの敏腕編集者・遠藤瑤子。彼女の切れ味鋭い5分間の特集映像は、看板ニュース番組『ナ ... » more
テーマ 野沢尚 破線のマリス ミステリ

p.p.小説『砦なき者』(野沢尚)。
小説『砦なき者』(野沢尚)。 うーん、これは衝撃的な作品。野沢さんの小説ほぼ全作読破したが、『深紅』の次に位置づけられる秀作。以下、ネタバレは極力抑えてありますので、未読の方も読んでいただいて大丈夫かと。江戸川乱歩賞受賞作である『破線のマリス』 ... » more
テーマ 野沢尚

つい先日17日でしたがたまたま再放送の『砦なき者」を見ました。『破線のマリス』は映像編集者の悪意が人を傷つけそして自己破滅にいたるテーマでしたがこれもその延長にあるドラマでした。野沢尚は成功したシナリオライターとしていわばマ ... » more

p.p.小説「呼人」(野沢尚)。
小説「呼人」(野沢尚)。 「12歳のまま年をとらない少年が主人公」ということは前知識として仕入れていた(ってか、帯や裏表紙に堂々と書いてあるし^^;)ので、ファンタジー系に分類されるのかと想像して読み始めた。ところが、そこは野沢さんの小説。決し ... » more
テーマ 野沢尚

明日より映画化公開 野沢尚『深紅』 2004年に野沢さんが首吊り自殺の報道を知ったときはびっくりしました。その2ヶ月ほど前に氏の最後のTVドラマになった『砦なき者」でそんなシーンがあったことを思い出しました。脚本家としての旺盛な創作活動には目をみはるものがありまし ... » more

小説「反乱のボヤージュ」(野沢尚)。 私にとって、「野沢尚」=「『恋人よ』という優れたドラマを書いた脚本家」。つい最近までの認識。小説『恋人よ』を読んで、彼の「小説家」としての才能を認めてはいたけれど、やはり、彼はまず「脚本家」であって、「小説家」ではなかった ... » more
テーマ 野沢尚

p.p.小説『魔笛』(野沢尚)。
小説『魔笛』(野沢尚)。 『深紅』に続き、こちらも1日で読破。一度読み始めると最後まで一気に読み終えたくなる魅力は『深紅』と同じだけれど、この『魔笛』は『深紅』ほどの緊迫感がない。以下ネタバレなので未読の方はご注意ください。全編を照屋礼子の手 ... » more

p.p.小説『深紅』(野沢尚)。
小説『深紅』(野沢尚)。 小説を貪るように読んだのは、久しぶり。2003年に読んだ村上春樹の『海辺のカフカ』以来かも知れない。1ページ目は「うーん、小学生が主人公・・?一体どんな小説なんだ」。読みづらかったのはその最初のページだけ。2ページ目以 ... » more
テーマ 野沢尚

山の生活眠れる森
野沢尚さんが亡くなってから今日で一年ですね。春休みに、市立図書館で一冊の本を借りました。「眠れる森―シナリオ集〈2〉」です。中山美穂と木村拓哉主演、竹内まりや主題歌のドラマ―その程度しか予備知識はありませんでした ... » more
テーマ 野沢尚 眠れる森

2001年7月12日 野沢尚「深紅」 発想に古さはあるが 野沢尚は脚本家としてヒットメーカーであるがミステリー「破線のマリス」では97年江戸川乱歩賞を獲得し小説家としてもその才能を認められている。「破線のマリス」もそうであったが、今回の「深紅」もジャーナリスティックな題材を特異な感覚でメス ... » more

初めて脚本家の名前を意識してドラマを見たのが、野沢尚さんの「この愛に生きて」でした。1994年4月〜6月、CX系木曜夜10時(「木曜劇場」の枠)で放送された作品。とにかく虜になってしまい、同じくどっぷりはまった友人と、次週の予告が放 ... » more
テーマ 野沢尚 恋人よ ドラマ

 

最終更新日: 2016/11/13 04:39

「野沢尚」のブログ関連商品

» 「野沢尚」のブログレビュー をもっと探す

「野沢尚」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る