誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    桜蘭高校ホスト部

桜蘭高校ホスト部

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「桜蘭高校ホスト部」のブログを一覧表示!「桜蘭高校ホスト部」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「桜蘭高校ホスト部」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「桜蘭高校ホスト部」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

バーングラウンドver1.5例えばの話です
例えばの話です 唐突に行きますチョコを渡したいけど恥ずかしくてとまどってる…エウレカたん渡したくてたまらない… ... » more

最終話『これが俺たちの桜蘭祭』環が消えた。エクレールとの婚約を発表し、ホスト部の解散を宣言した後、環はホスト部にいっさい姿を見せなくなったのだ。それは全て、母のため、そしてホスト部員たちのためだった。ハルヒは初めて、環の ... » more

第二十五話『ホスト部解散宣言』桜蘭学院学園祭の日がやってきた。この日は、生徒たちが両親や来賓の方々に自分たちの企画力や統率力をアピールする絶好のチャンス。一般的な学園祭とはかける金が違うから、学園内はまるで別世界。ホスト ... » more

第二十四話『そして鏡夜は出会った』鳳鏡夜。トレードマークの眼鏡は伊達じゃない。頭脳明晰、冷静沈着、損得勘定。ホスト部が繁盛しているのも、全ては彼の手腕によるもの。だからこそ、影のキングと呼ばれている。ハルヒはずっと疑 ... » more

第二十三話『環の無自覚な憂鬱』笠野田君に新たな悩みが発生。ハルヒの着替えを見てしまった笠野田は、ハルヒが女の子だと知ってはっきりと恋心を意識してしまったのだ。というわけで、同時に宇宙規模の大問題が発生。ハルヒに恋する ... » more

第二十二話『モリ先輩に弟子入り志願』小さな頃から鋭い眼力。見る者を脅えさせ触る者を傷つける彼は、桜蘭高校一年笠野田律。関東を牛耳る笠野田家の跡取りで、幼少の頃から極道の道を叩き込まれてきた。そんな彼にも、青春期につき ... » more

第二十一話『いつかカボチャになる日まで』ハロウィンの日、桜蘭高校では各クラスでイベントが行われる。ハルヒのクラスが企画したのは、肝試し大会。でも、肝試しが始まる前に、早くもドキドキしている人たちがいた。ハルヒのクラス委員 ... » more

第二十話『双子があけた扉』ホスト部の麗しき近親相姦、常陸院ブラザーズこと光と馨。この双子を見分けるのは、とても困難なこと。ただでさえ見分けがつかないのに、二人には親しい友人もいない。つまらないことには興味なし。自分た ... » more

第十九話『ロベリア女学院の逆襲』ハルヒの家を訪れた環たちホスト部員。父親の蘭花から、ハルヒがロベリア女学院の生徒たちと出かけたと聞かされる。ロベリア……、忘れたくても記憶から消えてくれないヅカ部の乙女たち。ハルヒを再びヅ ... » more

第十八話『チカ君のハニー打倒宣言』ハニー先輩のもとに刺客が現れた。ホスト部の部室を訪れ、ハニーの顔を見るや否や、突然襲いくる刺客。だが、それは刺客ではなくハニーの弟、埴之塚靖睦、通称チカだった。チカは、ハニーが次期埴之 ... » more

第十七話『鏡夜の不本意な休日』夏休み最後の日、鏡夜はデパートにいた。そのデパートでは、地方物産展が開催されている。それは、なかなか旅行に行けない庶民がプチバカンス気分を味わうために生み出した、夢のような催し物。ハルヒ ... » more

第十六話『ハルヒと光の初デート大作戦』ペンションにやってきたさわやか青年の荒井君は、ハルヒの中学時代の友人だった。思い出話に花を咲かせる二人に、嫉妬を隠せない環たち。光は荒井に暴言を吐き、本気でハルヒを怒らせてしまう。こ ... » more

第十五話 『軽井沢さわやかバトル』夏休み、ハルヒは軽井沢にいた。父親の友人であるみずずさんの経営するペンションで働きながら、勉学にいそしむつもりだったのだ。ところが、そんなさわやかな空気は一転、突如濃い空気がなだれ込む。 ... » more

第十四話『噂のホスト部を取材せよ』ホスト部員達が蹴鞠に興じるのどかな午後。一方で、どんよりと重たい空気に包まれた部室があった。それは新聞部。「桜スポ」という幻の新聞、否、全く売れないゴシップ紙を発行する彼らは、廃部の危機 ... » more

第十三話『不思議の国のハルヒ』今回の舞台は、なぜか不思議の国。ある日、奇妙なウサギを追いかけて、ハルヒは不思議の国へと迷い込んでしまった。不思議の国で出会う、ホスト部の面々。でも、彼らはいつもの彼らではない。光と馨のネ ... » more

第十二話『ハニー先輩の甘くない三日間』桜蘭学院ホスト部のマスコットボーイことハニー先輩は、いつも胸に抱えているウサちゃんのぬいぐるみと、甘いお菓子が大好きな17歳。ラブリーな魅力を振りまきロリショタを代表する彼は、今日も ... » more

第十一話『おにいちゃまは王子様』この日、ホスト部に来店したのは小さな女の子。霧美というその少女は、会ったことのない兄を探しにホスト部にやって来たのだった。環を見るなり「お兄ちゃま!」と抱きつく霧美。環は意を決して、とい ... » more

第十話『藤岡家の日常』未知の空間に足を踏み入れたホスト部員たち。そこは悪夢の世界……、ではなくて、庶民の現実。環の提案で、ホスト部員たちがハルヒの自宅訪問を決行したのだった。ちょっと前まで、インスタントコーヒーの存在す ... » more

第九話『ロベリア女学院の挑戦』桜蘭学院恒例の大イベント、文化部の発表会の日。舞い散る花びらを背に、見目麗しい乙女たちが桜蘭学院の門をくぐる。彼女たちは、女の園、聖ロベリア女学院の生徒たちだった。だが、彼女たちは素人高校生 ... » more

第八話白い砂浜に照りつける太陽。ここはアクアガーデン、ではなく、今度こそ本物の海である。ハルヒがうっかり口にしてしまった「海なら行ってもいい」の一言に、ホスト部員たちが海行きを決行したのだ。ハルヒの可愛い水着姿を期 ... » more

第七話椰子の木を風が揺らす。聞こえてくるのは波の音。ハルヒの目の前にある景色は、夢などではない。これこそが金持ちの現実。ハルヒは、ホスト部副部長鏡夜の実家が経営するテーマパーク、アクアガーデンに来ているのだった。男子 ... » more

第六話ホスト部の門戸を叩く者がいた。桜蘭学院初等部からやって来た少年・嗣郎だ。ホスト部の看板である環に、弟子入りを志願しに来たのだ。「キング」と呼ばれ、有頂天になった環は、嗣郎をホスト部に迎え入れる。しかし、生 ... » more

第五話二人だけの怪しげな雰囲気をかもしだすホスト部員。……と言えば、光と馨。ハルヒは、そんな双子兄弟に翻弄されてしまう。双子は言う。人生楽しく過ごすには、刺激的なおもちゃが必要なんだと。「おもちゃ……」呆然とするハル ... » more

第四話パリから転入してきた宝積寺れんげは、ホスト部に現れるやいなや、いきなり鏡夜に抱きつく。本人は鏡夜の許婚だと言うが、それはただの妄想。彼女は恋愛シミュレーションゲーム「うきどきメモリアル」オタクであった。鏡夜の ... » more

第三話さくら舞い散る学院内の中庭で、ホスト部を営業する部員たち。そのかけ離れた価値観とテンションに、ハルヒはしばしば付いていけないでいた。環はハルヒが男性の格好をしているのが我慢ならず、 女らしくしろと嘆く。しかし他 ... » more

第二話ホスト部生活にいまいち馴染めないでいるハルヒは、ある日、 常連客のひとりである春日崎奏子に気に入られる。彼女には珠洲島享という許婚がいて、彼のことを好いてもいた。しかし想いを伝えることができず、その反動で 「 ... » more

第一話私立桜蘭学院は「一に家柄、二にお金」の超金持ち学校。その高等部に奨学特待生として入学した一般庶民の藤岡ハルヒは、静かに勉強できる場所を探して校内を歩き回っていた。ようやく見つけた第三音楽室の扉を開けると、そこは ... » more

忙中、閑あり。メッチャいそがしいよ〜…。でもがんばる。ついに我慢できなくて、フラフラッとアニメイトに入ってみました。今、「冬のAVまつり」真っ最中。いったんお店に入ったらグルッと見て回る習慣なので、DVDコーナーに足 ... » more

鋼とホスト部の年賀状が届きました〜! かなり遅くなってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。m(_ _)m亀の歩みも一歩から。今年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。日頃の疲れでひたすらダウンしていたお正月。でも、待ちに待った「キャラ ... » more

噂に聞きつつ、行きそびれていた「中野ブロードウェイ」。先日、『百聞は一見にしかず』と思いきって足を運んでみました。すごい、凄いよこれは…!中野駅北口から伸びるアーケードをしばらく歩き、(あれ?ブロードウェイっ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/13 04:46

「桜蘭高校ホスト部」のブログ関連商品

» 「桜蘭高校ホスト部」のブログレビュー をもっと探す

「桜蘭高校ホスト部」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る