誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    心と身体

心と身体

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「心と身体」のブログを一覧表示!「心と身体」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「心と身体」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「心と身体」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

しあわせのかけら こんにちは。連休ですね、皆様いかがお過ごしでしょうか。私の好きな街、けやき通りもやっと新芽が吹き出し始めて、清々しい緑に成って来ました。昨日のこと。「お蔭さまで、33周年を迎えることが出来ましたあ ... » more

ウィキペディア:作業療法士http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%9C%E6%A5%AD%E7%99%82%E6%B3%95%E5%A3%AB※この記事によると歩くことは理学療法士が担当し、手は作業療 ... » more

1.急性期:脳の損傷による変化発病と同時に手や足の筋肉がだらんとして思うように動かなくなります。この時期の筋肉の状態を「弛緩性麻痺(しかんせいまひ)」と言います。2.回復前期:早い段階での回復過程における変化脳のショック状態 ... » more

歩くためには歩くリハビリをすれば良いが、両手を使うためには何をすればいいのでしょうか 患者サイドも歩くリハビリは頑張ろうと思うことが出来るが、両手を使えるようにするためには何を頑張ればいいのか思いつかない。両足で歩くリハビリを指導される。私はその時に思いました「同じように両手を使うリハビリをすれば良いのだ」と。しかし ... » more

ドンドン変化する力 最近、整体院とかの広告が多い特にゴッドハンドなんて表現が、やたら目につきます。ううむ、考えさせられるなぁ。。。人とお会いする。その前から、顔の筋肉とかが心地が悪くなることが多々起きて来ます。会話し、洋服のお勧めなどし ... » more
テーマ 心と身体 いのち 心はエネルギー

喘息の疑いがある子 最近の写真がないので、古い写真でごめんなさい。おはようございます。ある日の息子家族の話から二男家の長男洸介は、喘息ではないか?と心配して、病院にかかっているようすなんです。心配しなくっていいんだよ ... » more
テーマ すなお 心と身体 言葉

脳卒中による麻痺の場合、回復期リハビリテーション病棟には通常150日入院できますから、3ヶ月ほどの集中リハビリで、家庭での自立した生活を送ることが出来る様に治療する義務があると考えています。後の2ヶ月ほどは一般社会での自立を目指す。 ... » more

救急病院に搬送されて、脳梗塞だと告げられたとき、彼女は「後遺症が残らないようにリハビリを頑張ろう」と前向きに考えたそうです。そして、今までの経験から『麻痺の改善が早い人は前向きで、ほんとに麻痺を治そうと思っている人。また、家族との関係がよく ... » more

彼女は、仕事をしながら、多くの片麻痺患者に接し、『麻痺の手はリハビリしても回復しない』と考えていた。そして、休みの日に自分が脳梗塞なり右片麻痺になった。当然のこととして利き手交換の訓練を受けた。そんなある日、私のブログを見て、『麻痺手もリハ ... » more

Y「こんにちはぁ」私「ウ、声が出ない、喉が痛〜〜い」Y「さっすがですねぇ、手嶋さん。私、ここん所声がちゃんと出なくって昨日の夜なんて、苦しくて、眠れなくって・・・」イキナリ!敏感な私の身体は、ご来訪なさっ ... » more

急性期は、ナースがベッドと車椅子の移動を行わせることが出来ます。そのために必要な動作は次の通りです。起きあがらせて足を伸ばした状態で座らせる。ベッドサイドに足を垂らして座らせる。靴を履かせる。両足で立たせる。身体を少 ... » more

ジル・ボルト・テイラー 脳卒中からの回復 ジル・ボルト・テイラーはインディアナ医科大学の神経解剖学者で、脳科学の専門家ですが、1996年のある日、37歳で脳卒中に襲われたのです。左脳の機能が崩壊し、言葉や身体感覚だけでなく、世界の受け止め方までも変わった。しかし体力の補強、 ... » more

エビデンスという言葉を聞いたことはありますか。医療の現場ではとてもよく使う言葉で、簡単にいうと「根拠」のことです。ここで使われる「根拠」とは科学的根拠、つまり実験の結果を基に「根拠がある」と考えられる事柄をさしています。さて「エビデ ... » more

以前テレビで「小学校で雑巾を持って来るよう指示がありました」と言う話題がありました。この記事には、コメントも色々ありましたが、その中に興味のあるコメントがありました。『今の子供は雑巾を絞れない』、『それは、家庭で絞ることをさせていないからで ... » more

麻痺で動かなくなった手足を、リハビリで動くようにするためには、「トイレまで歩く」「ペットボトルを購入して水を飲もう」「缶ビールを開けてコップに注ごう」などと、自分の意志で、足を動かそうとしたり手を動かそうとすることが大切です。強い意 ... » more

脳被殻出血を起こした後は、左上下肢が全く動きませんでした。ベッドの上で、両足を伸ばして座れるようになっても、左手は身体の横にあるだけでどうしよう出来ません。いつも麻痺のない右手で左手を掴んで腿の上に置いていました。一つには、左手が何処にある ... » more

『失ったものばかりに目を取られるのではなく、残っているものを使って今までと方法を変えてやりやすいように日常生活を送り明るく毎日を過ごすことが病の改善には必要だ』との言葉を目にする。事故で左手を切断した人は、このような考えを持つことが必要です ... » more

すなおにね 素直に生きる。すなおになればいいってこと、わかりきっている。それでも素直になり損なうことが、多々ありますよね。そうして、人は、気持ちを押さえこんでしまいます。抑え込んだ気持ちのままに、年齢とともに、背中が ... » more
テーマ すなお 心と身体 心はエネルギー

リハビリが必要な麻痺者の中には、リハビリへの意欲が低下している人もおられます。夜もよく眠っているのに昼間も居眠りが多く、自分からはなにもしようとしない。このような人は、単に怠けているのではなく、脳梗塞や脳出血のために意欲や自発性にか ... » more

弱った筋肉はある程度鍛えることも必要です。しかし私達のように脳梗塞や脳出血などで手が動かなくなったり上手く歩けないのは、運動不足による筋力低下が原因ではありません。手足の動きを司る脳細胞が傷害を受けたからです。運動機能改善のリハビリ ... » more

脳卒中で片側の上下肢が動かなくなった時、麻痺側の手足を動かそうとする意欲が無くなる患者さんもおられる。歩くリハビリの為に装具が必要と判断されても、自分で装具の脱着をしようとしない。車椅子で病室からリハビリ室に運んでもリハビリする意欲も無い。 ... » more

人間の身体の動きは心によって意図され、また実現される一連の活動で心の働きと深く関わり合っていると思います。私たちのように身体に麻痺があれば、心の働きが順調な時には身体の動作もスムーズですが、悩みなどを背負って心の働きが鈍い時には身体 ... » more

こんにちは、今日は、統合医療を為さっておられる小西医師のブログをコピペさせて頂きました。参考になればと思います。ドクター小西の『統合医療情報局』http://ameblo.jp/sna10826/entry-12 ... » more
テーマ 心と身体 いのち 心はエネルギー

発病してから、麻痺の左足にスリッパを履くことが出来ないので紐ナシのズックを履くことにしました。非麻痺足は普通に履くことが出来ますが麻痺足は困難です。でも、ここで諦めればベッドを離れることが出来ません。もちろんナースコールすれば、誰かが履かせ ... » more

或る日突然倒れ、救命されて意識が戻った時に片側の手足が動かない事に気付いた。可なりのショックである。運動機能の麻痺はリハビリする意外に改善させる治療法はない。そのリハビリであるが私のように楽天的で明るい性格であれば、療法士との協働も上手く行 ... » more

その意味は、「人は学習して無気力になることがある」ということ。私たちに当てはめると、学習性無力感とは、脳卒中による半身不随などのように、自分の努力によってはどうしようもないと思うような出来事を経験したが故に、自分の未来は自分で切り開くことは ... » more

カナダ人の心理学者アルバート・バンデューラは、自己効力感(self-efficacy)というものを提唱しました。自己効力感とは、「自分が行為の主体であると確信していること、自分の行為について自分がきちんと統制しているという信念、自分が外部か ... » more

脳卒中の後遺障害で手足が動かなくなったとき不思議に思っても、何とかなると楽天的に考える人もあるが、ショックで悲観的になる人もいる。私のように楽天的な人間でも、全介助でベッドから床に立ち上がらせてもらい「立てましたね」などと褒められると「一人 ... » more

脳卒中で倒れ、救急病棟で救命されて意識が戻ったときに、脳神経科やリハビリテーション科の医師が、身体の不随について回復を否定する言葉を患者本人に伝えることがあるという。「一生寝たきりです一生車椅子の生活です手は動くようになりません」・・・・な ... » more

・・・日常の生活の中で、自分のことは自分でやるように努力する回復期リハビリ病院を退院して手足が何とか動いている方は、何時から動いたのでしょうか、それとも一度も動かなかったのでしょうか。麻痺を克服した人は不自由があっても、一見普通の人 ... » more

 

最終更新日: 2016/12/06 15:45

「心と身体」のブログ関連商品

» 「心と身体」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る