誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    現代美術

現代美術

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「現代美術」のブログを一覧表示!「現代美術」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「現代美術」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「現代美術」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

横須賀美術館では「子規と美術」展+横浜ではマックス・エルンスト展、ハシゴです 花にゆく老の歩みの遅くとも(高浜虚子)多摩地域も桜が満開です。大気はやや冷たいのでまだしばらくはお花見可能でしょう。虚子の句、年老いて歩くのもはかばかしくゆかないことを詠むのは、満開の花を早く見たいという心の昂ぶりを表わしたいからで ... » more

岡崎和郎展は横田茂Gにて+北島敬三写真展「ISOLATED PLACES」OP 花曇孕雀(はらみすずめ)も重くなり(高橋睦郎)寒い春、桜の季節をやっと迎えました。この季節となると、睦郎さんの句集『花行』(ふらんす堂)をつい引っぱりだします。花曇の空を雀が飛びます。卵を抱えるのか、ずんぐりした姿です。自然界で ... » more

アートフェア東京では淀川テクニックと大畑伸太郎+石田尚志ドローイングアニメ新作は力作です 春めくと思ひつつ執る事務多忙(高浜虚子)虚子は別に事務員の経験があったわけではないでしょう。長年編集長を務めた俳誌「ホトトギス」の編集室は、東京駅前の昔の丸ビルに入ってました。こんなところ、虚子のビジネスセンスがうかがえます。同人ら ... » more

拙宅の室内美術品をまたまた+C・ヴェローゾとD・バーン、そしてザ・カルトのCDを購入 橋なくて日くれんとする春の水(与謝蕪村)蕪村には「春の水」を詠んだ秀句が多いとはよく言われます。うん、この句も春の夕暮れの川面の穏やかなイメージがリアルです。安東次男さんはエッセイのなかで、「蕪村は人も知る水墨画の妙手であったから、 ... » more

村山知義展、藤牧義夫展そしてジャクソン・ポロック展を観ました 卒業の兄と来てゐる堤かな(芝不器男)卒業シーズンです。この句、旧制中学を卒業した兄に連れられて、四国の山の村に住む小学生の不器男が家の近くを流れる広見川の土手にやって来て春の陽ざしを浴びながら中学でのことを話してもらっている、と ... » more

三菱一号館ではルドン展+上村なおか、松原健作品の前でのパフォーマンス 啓蟄(けいちつ)の風さむけれど石は照り(加藤楸邨)啓蟄、冬眠中の虫が穴から這い出す時期を迎えます。確かにこの句のように、風はまだ冷たいですが、石に当る陽射しにはどこか春めいた潤いが感じられる季節。とはいえ、今日明日は曇天から雨に ... » more

国立国際美では草間弥生展+神戸に谷崎潤一郎の倚松庵を訪ねます 白梅やわすれ花にも似たる哉(与謝蕪村)蕪村といえば梅を詠んだ句が多いですね。三月も近づき、武蔵野界隈でも白梅の開花が見られる季節です。「わすれ花」というのは仲間の花が散ったころに咲く、「返り花」のこと。じゃあこの白梅の句、もう少 ... » more

Asai as Art 明日、有隣堂ルミネ横浜店
明日、有隣堂ルミネ横浜店 『COLLECTING 清川あさみドキュメンタリー』刊行記念トークショー&サイン会 清川あさみ×浅井俊裕(水戸芸術館現代美術センター芸術監督)×永野雅子(写真家) 日時:2012年2月18日(土)開演:16:00(開場:15:3 ... » more

ジョナス・メカス展と恵比寿では新作上映会+And Zoneというユニークなイベントを体験 死火山の夜さむきまで二月空(飯田蛇笏)二月の夜、死火山のシルエットが寒々と聳えている、という情景でしょうか。蛇笏は甲斐の国山梨県の山深い境川村に暮らしました。この死火山はどの山かな。山梨県の南には富士山がありますが、富士山は死火 ... » more

Asai as Art 我ら役者は影法師
Asai as Art 膜迷路 Down the Rabbit Hole
膜迷路 Down the Rabbit Hole 拙文も寄稿しています↓膜迷路 (マクメイロ)羽鳥書店 ミヤケ マイ Amazonアソシエイト by ... » more

『COLLECTING 清川あさみドキュメンタリー』刊行記念トークショー&サイン会 『COLLECTING 清川あさみドキュメンタリー』刊行記念トークショー&サイン会清川あさみ×浅井俊裕(水戸芸術館現代美術センター芸術監督)×永野雅子(写真家)日時:2012年2月18日(土)開演:16:00(開場:15:30) ... » more

寒の内まくらのにほひほのかなる(飯田蛇笏)「寒の入り」はだいたい1月6日ころだそうです。これからの寒さが本格的。冷え切った大気のなかでふと仄かな枕の匂いを嗅いでみた、というのでしょう。繊細な感覚ですね。さすがあの芥川龍之介が脱帽 ... » more

『COLLECTING 清川あさみドキュメンタリー』発売間近! 美しく果敢。凜として自由。美術館という大空間で、美を採集する清川あさみを、採集。水戸芸術館現代美術ギャラリー『清川あさみ 美/女/採/集』展、公式カタログ。新作の制作風景から、展覧会の展示風景まで、ひとつの展覧会 ... » more

千葉市美では「瀧口修造とM・デュシャン」展、巌谷國士さん講演もありました。 寒星や神の算盤(そろばん)ただひそか(中村草田男)冬空いっぱいに瞬く星々を眺めて、草田男は神様がパチパチと弾くソロバン珠をイメージした、というのでしょう。凍てついた夜空に煌煌と光る星たち、なるほどそんな感じでもありますか。粛然とした ... » more

「清川あさみ | 美女採集」展図録 会場風景などを掲載するため、開幕後の刊行となっていた「清川あさみ | 美女採集」展の図録が、いよいよ12月23日に水戸芸術館で先行発売予定です。予約は↓ ... » more

Asai as Art 「プチ旅行先は・・・?」
先日、お、お、大島優子さん来館。清川さんとの約束を律儀に守ってくれたらしい。http://ameblo.jp/oshima-y/entry-11068484048.html ... » more

詩の湧きつぐことが詩十一月の薔薇(さうび)(中村草田男)おや、草田男にこんな句がありましたか。先日もとめたふらんす堂のポケット版の草田男句集に見つけた次第。栞解説の芳賀徹さん、草田男の句は「わが夢想の火種」であり「気力おとろえたとき ... » more
テーマ 現代美術 文学

貧乏に追いつかれけりけさの秋(与謝蕪村)秋の朝のひんやりとした空気が身に沁みます。京の長屋住まいの蕪村サン、なにかと物いりで手持ちのおカネが乏しくなったのでしょう。でもこの句、「貧乏」の一語がどこか人肌の温かみを伝えてくれて、しみじ ... » more

笠井叡ダンス公演「虚舟(うつろぶね)」は圧巻でした+恵比寿MA2ギャラリーでは岡崎和郎×大西伸明展 萩白しまひるは堪ふるさびしさに(三橋鷹女)萩が、小さく白い可憐な花をつける季節です。この季節はまた愁いを感じやすいのですが、昼の間は白い萩を眺めて孤独を飼い馴らす、という句意でしょうね。全方向に多感だった鷹女らしい一句。横浜 ... » more

Asai as Art エンディング
エンディング 「CAFE in Mito 2011」のラストを飾る林剛人丸さんの飛行船。 ... » more

Asai as Art 飛行船
飛行船 日比野さんの「種は船」の向こうに林剛人丸さんの「GO FLIGHT AIRSHIP」と磯崎さんの建築という豪華な組み合わせ。 ... » more

蜻蛉(せいれい)の光りてうせし虚空かな(芝不器男)トンボの飛ぶ風景は秋のはじまりの象徴。この句、チェーホフと芥川龍之介を愛読した不器男のモダンな感覚が生きた一句です。トンボは蜻蛉と書くわけですが、「せいれい」の音は精霊に通じます ... » more

「ほぼ日刊イトイ新聞」の「プロモーションでごめんください。」で「「CAFE in Mito 2011-かかわりの色いろ」紹介中です→ http://www.1101.com/gomenkudasai/2011-09-13.html ... » more

Asai as Art ほぼ日刊イトイ新聞
「ほぼ日刊イトイ新聞」の「プロモーションでごめんください。」で「「CAFE in Mito 2011-かかわりの色いろ」紹介中です→ http://www.1101.com/gomenkudasai/2011-09-13.html ... » more

法師蝉終りの声に近づけり(山口誓子)今年の九月、どうしてこうまで暑いのでしょう。ツクツクボウシの声は夏の終りを告げますが、今年の夏はどうも終りそうにないですね。さてこの句、「終りの声」とは蝉の命の果てが近いことを言います。平明に ... » more

したたかに閼伽(あか)たてまつる残暑かな(西島麦南)閼伽は仏様に供える水のこと。このキビシイ残暑ではさぞや仏様も辛いでしょう、というので、容器いっぱいに水を入れてお供えしたわけですね。初句の「したたかに」が決まっています。麦南は ... » more

魂の抜けはててゐる昼寝かな(星野立子)立子は高浜虚子の次女でした。その虚子先生、「すなおな情感と平明な表現、日常起居のうつりゆきをそのまま句にする」俳人としてわが娘を評価します。同感ですね。酷暑の昼間、こんこんと眠り続けるひとは ... » more

久万美術館では吉田淳治「絵画のwaltz」展+山口裕之訳のベンヤミンは抜群に明解 愕然として昼寝さめたる一人かな(河東碧梧桐)自由律俳句を主唱して虚子のライバルだった碧梧桐ですが、この句では初句が7音。だから775という音数で構成されます。ふーん、この775、面白いかもしれません。真夏の昼下がり、むっとする空気の ... » more

Asai as Art オープニング
オープニング 「カフェ・イン・水戸2011ーかかわりの色いろ」オープニングパフォーマンス。大巻さんのシャボン玉、大賑わいです。 ... » more

 

最終更新日: 2017/07/21 11:07

「現代美術」のブログ関連商品

» 「現代美術」のブログレビュー をもっと探す

「現代美術」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る