誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人生

人生

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人生」のブログを一覧表示!「人生」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人生」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人生」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

靖風記(Safe keys)2部 1027〜1031
1027(2012・6・23)どうにもならないことに力を投入しても不毛。自分のいる場所ではないと思うところには足を踏み入れない。誤って踏み入れたら逃げ出せ。1028(2012・6・23)楽しみとは、ツキがある ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

コールド・ゲーム 長らく体調がすぐれなかったが、ここ数年、とみに悪くなり、出勤しても仕事にならない状態が続いていた。自分の能力に限界を感じ、回復する兆しもないので、五十代前半ながら2017年9月末をもって職場を去ることにした。せっかく運営から「おすす ... » more
テーマ 人生

靖風記(Safe keys)2部 1023〜1026
1023(2012・1・29)中年以降の女性に、アインシュタインの理論は適用できない。彼女らは時間と空間を越えて永遠に喋り続ける。宇宙が終わってしまっても、どこかで話声だけが聞こえてくるのだ。1024(2012・6・ ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

今朝、20代から50代の社会人男女10名の職業訓練(Webスペッシャリスト)の修了式があったので挨拶をした。その要旨:「仕事はきつい。失敗。悩み。不安。ストレス。心の葛藤と居合わせている。でも、夢があるから努力する。粘る。あきらめな ... » more
テーマ 人生

「麻呂の教授な日々」菜食、肉食
肉食。大学時代、毎週木曜、大学近くのとんかつ屋に友人2、3人と行っていた。毎回、修道女と数人のグループがいて、見ていると、修道女は、食べる前、手を合わせ祈るようにして、食べていた。へえ、菜食ではないんだ、と思っていた。確かに ... » more

あすなろいい言葉(他人の昇進)
☆他人の昇進・成功に拍手をおくる素直な心を持ち、日々の仕事に生命をかけて打ち込む。それができる人に適当な処遇をしない職場があろうか。(他人の昇進/松下幸之助) ... » more
テーマ 生きる 人生 未来

「麻呂の教授な日々」羅競老師語録
罗竟老师语录气沉丹田!(%%%%%!)(中国語、聞きとれなかった。)48式、42式やる前に考える! ... » more

靖風記(Safe keys)2部 1020〜1022
1020(2011・12・11)歴史上の偉大な人物と言われる人たちは、何故に偉大と言われるようになったかと言えば、彼らを偉大にすることで既得権益や影響力を保持できる人々が周りに沢山いたということだ。それなりの資質があったことは間違い ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

靖風記(Safe keys)2部 1016〜1019
1016(2011・10・20)食事は美味しいと感じることがないと、もともと食べることは邪魔くさいし、摂り方によっては病気になるおそれがあるから、誰も食べようとはしない。1017(2011・10・22)人間の ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

「麻呂の教授な日々」西門町
台北、西門町はどのサイトにも、ガイドブックにも「若者の街」と書いてある。二回、行ったのだが、いつも若者はいなかった。なぜなのか。ふらふらと歩いてゆくと、なぜか導かれるように、道教の寺院があった。入って、参拝すると、関 ... » more

靖風記(Safe keys)2部 1013〜1015
1013(2011・8・25)すべてのことが上手く行かない様に仕組まれているのが人間の生活なのであって、それを悔やんでも仕方がない。若い人の悩みは、一つの原理原則を何にでも当てはめてみるから、矛盾があるからどうのこうのと ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

「麻呂の教授な日々」国際色
上智大学時代をふりかえると、国際色豊かだというイメージとは逆に、留学したひとがほとんどいなかった。どちらかというと、すでに海外にいたことのある人が多かった。国際色豊かというイメージは、教授がほとんどアメリカかヨーロッパ人だからだろう ... » more

50男の失業生活父母を連れて
予定通りこの土日、叔父の葬儀に行ってきた。正直、親族に会いたくなかったという思いはあったが、ここは避けられない。覚悟を決めて行くしかなかった。叔父にには世話になったし、父母を葬儀に連れていくという大役もあった。バイトとい ... » more
テーマ 人生 家族 葬儀

靖風記(Safe keys)2部 1009〜1012
1009(2011・5・15)人間はどのような状況におかれても、知らず知らずのうちに、自分を納得させて生きている動物なのである。1010(2011・6・10)子どもは濃密に変化して生きているが、親は偶に子ども ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

靖風記(Safe keys)2部 1007〜1008
1007(2010・12・30)社会的に認められたポジションにいることで、自分の存在を確かめている人々がいる。社会的に認められた何かとは、職業、地位、立場である。認められた何かになることで、自分の存在について自信が持てる人々である。 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

「麻呂の教授な日々」麦茶について
麦茶。朝に飲んでいると男子が言った。すると、周りの学生も賛同を示し、麦茶だらけであることが判明して驚く。そんなに世間では飲んでいるのか。それならなぜカフェに麦茶がないのか? たぶん私は数年飲んでいない気がする。 ... » more

「愚痴か苦情か私の嘆き」について暑さ寒さも彼岸までというが、本当に秋を感じさせてくれるようになった。先日の水曜日は思い切って買い物へ出かけたが、風は爽やかだし銀杏の木を見上げると黄色く熟したギンナンがたわわに実っていて驚いた。中には ... » more
テーマ 人生 介護 社会

困難は不幸ではありません もしも人生が一本調子なら、もしも光だけで闇がなかったら、もしも楽しいことばかりで苦しいことがなかったら、食べるものに満たされ空腹を知らなかったら、その光も楽しいことも食べられることの有難さも分からないはずです。人生の目的と可能性について ... » more

「麻呂の教授な日々」名言集
名言集 ローマのテルミニ駅の書店で見つけた本。ラテン語の格言、名文句を集め、イタリア語訳をつけていて、2948もある。1日一つ読むと8年、週に一つだと56年間もかかるので、読み終えた時には死んでしまう、あるいは110歳だ。し ... » more

もうかれこれ20年も昔の話になると思うのだが,鮮明に記憶していることがある。大阪技術振興協会の業務研究会例会での織物の話で,経糸・緯糸という言葉を知っていると業者から一目置かれるとあった。私たちの言葉では縦糸と横糸であるが,織の世界では縦横 ... » more
テーマ 教育 人生 技術士

ぶつかり合う人びと ハバロフスク上空である。日本列島が見える(窓からではなく、マップで)。ヨーロッパでは、店や駅、空港の人々が冷酷で(あなたの言っていることがわからないなどと言う)、日本はみんな優しくほっとする。お客様は神様だからだろう。ただ、 ... » more

秋風心地良く 家のベランダの戸と自分の部屋の戸を開け放つと、ヒューっと秋風さんが通り抜けていく。爽快感で何とも心地が良い。ボチボチしなくちゃと思っていて、なかなかやらずに後回しにしていた、夏物衣料の入れ替えを先ほど済ませた。と云っても10分も掛からずだっ ... » more

放浪六日。四国編後半 3ーー旅の終わり、徳島の街で無法と無自覚に怒る 「この街の奴らは腐っている」。一歩間違えれば暴力行為に及びかねない憤懣とともに、絶望するほかないと分かっても諦め切れない無力感を抱いたまま、辛うじて弁当を買って部屋に戻るのだった。自転車の乗り方があまりに酷い。無法が当たり前になって ... » more
テーマ 日記 人生 旅行

靖風記(Safe keys)2部 1003〜1006
1003(2011・1・23)私は年をとって何になったのか。酒飲みのおやじになったのだけは確か。1004(2011・3・6)経験が大事であると言うけれど、その経験とはどれだけ冷や汗をかき、どれだけ落ち込んだか ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

「麻呂の教授な日々」名前
名前 恥ずかしくて他言していないことだが、外国で、スタバとか、他の店でも、名前を聞かれることがある。それを、店の人が紙製の容器やトレイに書いて、呼ばれたら、取りに行くのである。非日本人には、Koichi は発音が難しいので、たいて ... » more

放浪六日。四国編後半 2ーー映画『眉山』の舞台は徳島だったか… 「おい、あれが眉山か?」「まだヤ、まだ先」と、ぶっきらぼうなやり取りは、40年前と変わらぬ調子で、互いに悪気はない。徳島生まれのこの男は110mハードル専門だったが、こちらと同様に鳴かず飛ばずの競技生活を送り、卒業後は県民一人当たり ... » more
テーマ 日記 人生 旅行

いつも笑顔の人は「優しい人」、相手に手を差し伸べる人は「親切な人」です。では「善い人」とは、どんな人だと思いますか?「善行をする人」と考えるかもしれませんね。古の聖人(聖アウグスティヌスだったかな?)は、「全てを善く行う人」と定義しています ... » more
テーマ 救い 人生 幸せ

「麻呂の教授な日々」羅競老師語録
罗竟老师语录肩をあげない。42式云手骨盤を動かさない、ウェストをまわす。丹田を充実させ、気を下ろす。しかし、虚実 ... » more

靖風記(Safe keys)2部 999〜1002
999(2010・11・2)何かに挑戦を続けている人は、数日後には、何年か前の自分にもう一度出会えるかもしれないと思って挑戦を続けているかもしれない。1000(2010・11・16)誰もが別々の存在で、結局人 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

靖風記(Safe keys)2部 996〜998
996(2010・10・21)精神障害を患っている人々を、自分たちとは別の存在だと思っている人々がいるが、そう思っている人々は助けを求めている彼らの気持ちを知ろうとしない無作為において、すでに悪徳的なのである。997 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

 

最終更新日: 2017/10/24 11:37

「人生」のブログ関連商品

» 「人生」のブログレビュー をもっと探す

「人生」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

太宰治と聖書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 太宰治と聖書
教文館 佐古純一郎

自分を生きてみる―一期一会の心得 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 自分を生きてみる―一期一会の心得
中央公論新社 千 宗室

中谷宇吉郎随筆集 (岩波文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 中谷宇吉郎随筆集 (岩波文庫)
岩波書店 中谷 宇吉郎

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 未来の年表 人口減少日本でこれから起きること (講談社現代新書)
講談社 河合 雅司

アピカ 日記帳 5年日記 横書き 日付け表示あり A5 D304 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル アピカ 日記帳 5年日記 横書き 日付け表示あり A5 D304
アピカ

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る