誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人生

人生

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人生」のブログを一覧表示!「人生」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人生」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人生」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

シニアライフスタイルの研究敬老の日
今日は敬老の日。昨日、敬老の日のイベントで県社会福祉協議会主催の「第9回ねんりんピックマラソン大会」が県総合運動公園であった。主役は60歳以上のシニアだが、小学生から一般の男女が参加して高齢者を元気づけてくれた。10qの出場者は10 ... » more
テーマ 人生

エッセー(Safe keys)2部 988〜991
988(2010・8・11)年をとってから、以前よりも人に執着しなくなったのは、一人の人間を相手することの大変さが十分に身に染みた所為なのかもしれない。989(2010・9・2)その人は眼鏡のレンズから涙を流 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

挨拶 日本のときと同じく、カフェとか店で、入ると、なにも言わないまま立っていたが、対応が悪い。観察すると、オーストリア人は、Guten Tag とか、Hallo と言っている。帰りがけには、必ず、Auf Wiedersehen と ... » more

人は何のためにために生まれたのか?地球に生まれた理由はなにか?死後はどうなるか?前生は何だったのか?地上に生まれて来たのは何らかの使命または達成しなければならない目的があるのに違いない?だが現実は生活を営むことで精一杯である。健 ... » more

フェルメール「絵画芸術」 ウィーン芸術歴史博物館の目玉は、フェルメールの「絵画芸術」である。これを見るためにウィーンに来たという面もある。椅子があったので、小一時間座っていたが、意外と、人気がなく、歩いて通り過ぎる ... » more

今日は仕事が台風の関係で休み。博多で時間をつぶしている。すでに夜7時の大阪行きの新幹線の格安チケットを取っているから、指定された時間以外の新幹線に乗れない。そのため時間が余って余って仕方がない。予定を決めずに博多周辺をぶらついても得なことは ... » more

人類の歴史が始まってからせいぜい5000年ぐらいしか経過していないと学校では教わった。石器時代から縄文、弥生時代を経て飛鳥奈良時代、平安時代〜〜明治、大正、昭和、平成の現代までだ。現代人は長寿の人でも100歳ぐらいまでは生きてる人が ... » more

昨日の5時半から新都心公園で琉球新報運動部記者の取材を受けた。新都心公園の緑化センター前での現場取材だった。新都心公園に時間前に行ってストレッチングしながら待っていると写真記者のOさんと報道記者のS記者(女性)2人が来られた。挨拶を ... » more
テーマ 人生

なるようになるさ監督さん
我が子が中学生だった頃、野球部に厳しい先生がいた。ところが、この先生、子供に暴力をふるって訴えられた。父兄の意見は真っ二つ試合を控え指導者をなんとかつけてあげたい、もとい先生の処分をなんとか軽くしてあげたい親こん ... » more

ソファー ウィーン美術史博物館。これぐらいゆったりと鑑賞できるのはよい。イタリアでも椅子はあまりなかった(イタリア人は地べたに座る)。日本でも、最近、ソファーが置いてあるのはよい傾向である。わが国では、岡本太郎が書いているように、作品 ... » more

それでも、生きてゆく…には薄れる
自責の念、愛情、怒り、後悔、記憶すべての面で薄れていく。ただし、今の自分を受け入れられない。かっこ悪いけど、逃れたい、この現実から。 ... » more
テーマ 人生

エッセー(Safe keys)2部 984〜987
984(2010・5・15)人間のパーソナリティーは時代によって変化するが、大体その容量は決っていて、時代を比較すると、何かの特性が存在し、何かの特性が欠けている状態でしかない。そして欠けている特性を分析すると時代の特徴も見えてくる ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

水2つ シェーンブルン宮殿近く、Café Dommeyer, Wien. ドムマイヤーに入った途端、40歳ぐらいの白人男性店員が、真正面にいるのに、絶対目を合わせず、知らないふり、というか、気がつかないふりをされてしまう。どうみて ... » more

It's been a decade since you killed yourself.I went on a trip to the Islands which you might like to celebrate your 10 ... » more

私は今年00X歳になった。東京で生まれて35歳まで東京で暮らした。その後仕事の都合と生計のために千葉県の片田舎に引っ越して定年までを過ごした。人生の再スタートを考えたい。2011年の東北大震災も幸いに無事に過ごせたが、日時はあっという間 ... » more

エッセー(Safe keys)2部 981〜983
981(2010・5・9)形式ばった組織であるということは、いかに規則で縛られているかということと、その組織がいかにいい加減であるかということも意味しているのである。982(2010・5・9)自分で思い感じる ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

イタリア人はうちわで内向きな感じがしたが、ウィーンに来たとたん、ミネラルウォーターを買った店の主人がロシア語で話しており、私に、ダ・スヴィダーニァ!と言ってきた。有名なカフェ・ザッハーに行くと、そこのギャルソンのネームプレートには、 ... » more

苦しい道こそ有難い 人生は全て二面性です。光があれば闇があります。安らぎがあれば苦労があります。もしも晴天ばかりなら、晴天の有難さは分からないでしょう。時には嫌な体験を通して、学ばされることがあります。いつかあなた方も霊界に来て地上人生を振 ... » more

こんにちは!伝えたいこと・・・表現したいこと・・・発信したいこと・・・山ほどありますが日々溜まり過ぎて飽和してます(笑)あぁぁもうやんなっちゃった・ ... » more
テーマ 人生

きっかけはレストランだったが、Aさんがこだわったのは一緒に行く相手だ。感動を共有したかったのだ。感動を共有する相手に、こだわったのだ。(7月以降、メールのやり取りをしてよく分かった。)その相手にHさんを選んだ。それから私 ... » more
テーマ 病気 人生 日常

エッセー(Safe keys)2部 977〜980
977(2009・11・13)女性同士の会話は、あーでもない、こうでもない、結論が出ることもない、そして建設的でもない。そんな会話であるが、それが正に世の中の姿であって、女性の会話あるいは脳は世の中の動きの連続性と真実性に一致してい ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

ゲーテの出迎え ウィーンに移動すると、なぜかほっとする。初めての街なのに変である。よほど、ローマ、フィレンツェに違和感があったのだろう。ウィーンが好きというより、イタリアが好きだと言う方が、お洒落でかっこいいではないか。しかし、自分をごまか ... » more

50男の失業生活墓参り
去年も岡谷の稽古の際に、墓参りに行ってきたが、今年もこの稽古に便乗して墓参りに行ってきた。流石に墓参りだけで一人で遠出するのも空しいし・・・父親が動けた頃は、二人で行っていたのだが、ここ数年はもうその気力も体力もないらしく、 ... » more
テーマ 人生 運命

エッセー(Safe keys)2部 973〜976
973(2009・7)そんなことは叶わぬ夢を見ることだとわかっていても、それを見ることで楽しく過ごせる期間があるのなら、それもいい。974(2009・7)「そんなことはあり得ない」という考え方の行きつく先は、 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

イタリアにいると言っても、イタリア語を使うのは、店とホテルに限られる。テレビは流しているが、聞くだけだ。話す能力はこれではあまりつかない。それは、留学しても、授業を聞いているだけなら、同じことである。積極的に、安全そうな友人 ... » more

50男の失業生活一年ぶりの稽古会
一年ぶりに泊りがけの稽古会に参加した。去年の8月末にも参加した稽古会だ私の状況としては一年前とほぼ同じ。去年も追いつめられた状況で参加していたことを思い出す。去年参加を決意したときは、6月か7月頃だったので、まだ不遇 ... » more
テーマ 健康 人生 生活

50男の失業生活諏訪大社
この土曜日に休みをもらい、諏訪大社、稽古会、墓参りに行ってきた。日曜の夜には帰宅していたので、結構ハードなスケジュールだ。それでも、金曜の夜に前泊しないと、回りきれないので、金曜のバイト終了後、いったん帰宅した後に出発、上諏訪の ... » more

エッセー(Safe keys)2部 969〜972
969(2009・8・2)老化するとは、体力と気力が落ち、感性が錆付き、情熱を失い、理性を失った感情だけが生き残る状態になることである。無残やなやもめ暮らしの跡始末970(2009・7・30)自分を見 ... » more
テーマ エッセー集 人生 哲学

フィレンツェのバールで、おばさんに、カフェ(=エスプレッソ)にたくさん砂糖入れるっていうんですけど、どれぐらい入れるんですか?と聞くと、あら、私は一袋の半分よ、と、答えた。平均的なイタリア人は? というと、笑って答えなかった。という ... » more

ゆるいオーラ フィレンツェカードというのを日本で買っておいたので、全ての美術館に、並ばずに入れるはずだと思っていたが、ドゥオーモは予約しないと見られないと書いてある。たしかに、ドゥオーモは美術館ではない。インフォメーションにいくと、水曜まで予約い ... » more

 

最終更新日: 2017/09/25 20:39

楽天市場のおすすめ商品

「人生」のブログ関連商品

» 「人生」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る