誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    全共闘

全共闘

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「全共闘」のブログを一覧表示!「全共闘」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「全共闘」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「全共闘」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

やばいのブーメラン反逆者がよく言う。
反逆者がよく言う。 高倉健さんの死を報じた『報道ステーション』にネット上から「酷すぎる」と批判殺到 AOLニュース11月21日(金)15時30分http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1121/aol ... » more

時は今から10年後の2020年代。所は北信濃、飯山市とおぼしき地方小都市。主人公はじじい、こと小野寺佑介、推定70歳。登場人物は他に、若者、今井、村松、笹岡、翔太、とゲバルトローザ他大勢。第二次大戦から数年後、百姓の家に生れた小野寺佑介 ... » more
テーマ 反格差デモ 全共闘 ゲバルトローザ

ごく一部の良くない方が目立ちます。一部の学生運動の連中は例え悪口でも話題にされただけで喜ぶんです。俺は目立ったぞ。存在感があるんだって。困ったもんです。政治家も。全共闘等など学生運動の連中は甘やかされ ... » more

団塊世代(学生運動世代・全共闘(ぜんきょうとう))の置き土産 色々あります。冒頭で記述しますが、この世代の一部の方であります。私が大変お世話になった方もいらっしゃいますし、尊敬している方もあります。賢者として見習いたい方もいらっしゃいます。一部の団塊世代、学生運 ... » more

昭和の映像 YouTube shingen60いろんな意味で日本が熱かった時代です。黛ジュン他 それにしても当時のメガネはみんな牛乳瓶の底みたいなのがなんとも・・・。ザ・モップス/たどりついたらいつも雨ふり 作詞/作曲吉田拓郎 Hotwax責任編集 黒沢進著作集 Susumu kurosawa Works v ... » more
テーマ 全共闘 モップス 反米愛マルクス

共産党のマニュフェストは連合赤軍の教科書と同じ?マルクスの唯物史観通り資本主義崩壊を信じている! 連合赤軍の映画が、リンチシーンの再現ドラマとして作られたが、いずれも本質をえぐる内容には仕上がらなかった。今の20代は子供で、当時の20代は大人だったそういいたいがごとき立派な革命戦士として連合赤軍メンバーは演じられている。 ... » more

新左翼と全共闘の記録 ― 安保闘争、学生運動、国鉄紛争 60年代には私も「われわれ」と言いました。しかしいまは「私」としか言いません。― Vinko Globokar順に国鉄新橋駅の線路上を行く闘争部隊国鉄東京駅に集結した闘争部隊東大・安田講堂戦と神田解放区掛川西 ... » more
テーマ 全共闘 新左翼 社会

秋田がらくた箱時が滲む朝
今日は夏休みの初日、文藝春秋の9月号を購入。目的はもちろん芥川賞受賞作の時が滲む朝だ。短編なので一気に読むことができた。日本語としては、”ん?”と思うような箇所もあるが、生粋の中国人の作品というのだから驚きだ。読みな ... » more
テーマ 全共闘 社会

回想 全共闘 回想全共闘【ニコニコ動画】回想全共闘全共闘楽天ブックス らんぷの本 著者:茜三郎/柴田弘美出版社:河出書房新社サイズ:全集・双書ページ数:143p発行年月: by ウェブリブログランキングに参加し ... » more

新左翼と全共闘の記録 ― 安保闘争、学生運動、国鉄紛争 1968-1970 新左翼と全共闘の記録 ― 安保闘争、学生運動、国鉄紛争 1968-1970順に国鉄新橋駅の線路上を行く闘争部隊国鉄東京駅に集結した闘争部隊東大・安田講堂戦と神田解放区掛川西高校(静岡)のASPAC ... » more

1968年頃、全共闘運動という学生運動が存在していた。全共闘運動は、当時まるで熱病のように全国の大学に波及し、「全共闘の学生でなければ学生にあらじ」といった感があった。1968年のある秋の暮、当時、お茶の水駅のすぐ側にある中央大学の ... » more

タイトルは、世代論的な仮説として思いついたことである。サザンオールスターズの桑田啓祐の生年月日は1956年2月26日でである――このことを知ったのは今回、ウィキペディアで検索した時が初めてだったが、元々思っていたのと誤差はほとんどな ... » more

全共闘 安田講堂攻防戦 - 1969「我々の闘いは勝利だった。全国の学生、市民、労働者の皆さん、我々の闘いは決して終わったのではなく、我々に代わって闘う同志の諸君が、再び解放講堂から時計台放送を真に再開する日まで、 ... » more

<連帯を求めて孤立を恐れず力及ばずして仆れることを辞さないが力を尽さずして挫けることを拒否する>よく知られているこの言葉が、東大安田講堂の建物内の壁に書かれていたことを、写真集『東大全共闘1968−1969』渡辺眸(著)で知 ... » more
テーマ 全共闘

Tの遺稿集が刊行された正確な年は覚えていないが、1978年か79年だったろうか。田中康夫の『なんとなく、クリスタル』が社会現象になるような時期(1980〜81年)に近づいていたわけだ。TやSさんの遺稿集は、ある意味で、「68-9年的、全共闘 ... » more
テーマ 田中康夫 全共闘 なんとなく、クリスタル  コメント(1)

 

最終更新日: 2016/11/25 17:57

「全共闘」のブログ関連商品

» 「全共闘」のブログレビュー をもっと探す

「全共闘」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る