誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    創作小説

創作小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
類似テーマ: 創作小説 オリジナル小説 自作小説
テーマ「創作小説」のブログを一覧表示!「創作小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「創作小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「創作小説」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

西向くサムライ。小説更新!
やっとここまでこぎつけたー!そんな心の絶叫。ここが!書きたくて早○年!ほんと何年かかってんだ、と突っ込みたい。自分に。小説更新しました。ネコと勇者と魔物の事情「43.真実」竜とドタバタしての後片付け回 ... » more
テーマ 日記 創作小説

今日は。 小説の執筆状況と『驚く・驚き(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuich ... » more

ごろ-の寝言短冊小説「隣家の窓」
ぼくが大学生になって、住んでいた雑司ヶ谷のアパート。隣のアパートとは、身を乗り出して、手を伸ばせば触れるほど近かった。ある時、そっち側に洗濯物を干していたら、だれも住んでいなかったその窓が、がらりと開いた。「おめぇ、 ... » more

前回の更新から気合を入れて書き進めまして、約1ヶ月で星の剣舞姫」第5話「グラン・ギニョルは炎のようで」のエピローグをアップいたしました。今回は最後の最後で皆さんが驚くだろう仕掛けを用意しておりますので、お楽しみ(?)頂ければ幸いです ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『驚く・驚き』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

何でも屋 第三話 登場人物 どうもです。何でも屋第三話「さよなら未確認」の登場人物紹介です。と、同時に、何でも屋最新話でもある「拝啓万屋御一同様」も更新いたしました。ですので、4つのリンクを張っておきます。リンクを押すと、「小説を読もう!」内の指定 ... » more
テーマ 登場人物 オリジナル小説 何でも屋

西向くサムライ。風邪と小説と
病のトリコ。週末、風邪でダウンしておりました。少し前から朝晩くしゃみ&鼻水が出るようになっていまして。まあ梅雨だし?ちょっと寒かったりもするよね、日中暑いけど。なんていいながら「このくらい平気」と高を括っていましたが。ぜ ... » more
テーマ 日記 創作小説

例によってと申しますか、また間が空いてしまいましたが、「星の剣舞姫」第5話「グラン・ギニョルは炎のようで」6をアップいたしました。今回でバトルは決着となりまして、次はエピローグなので、なるべく早くお送りしたいと思います。ええ、休日で ... » more

西向くサムライ。久々の小説
えー更新しました……。すっごい久々すぎて、なんていうの、勘?を取り戻すのに時間がかかってしまいました。もうね、ここから先が難産すぎて、おかーさん今から辛くてたまりません。苦手なバトル展開だよ、やったね!そうです。 ... » more
テーマ 日記 創作小説

今日は。 小説の執筆状況と『悲しむ・悲しみ(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokui ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『悲しむ・悲しみ』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

短冊小説「下足番のヒデさん」 神奈川県の古くからある湯治場にその高級大衆食堂はあった。いや、まさに高級大衆食堂だった。かつては娼館だったという木造三階建ての立派な建物は、本来湯治客のための旅館でもあったが、通りに面した細長い平屋の方は、別に独立して、食堂 ... » more

短冊小説「カッカさんとマッチ売りの雪姉さん」 「カッカさん」とは、東京、新大久保の雑居ビルで初めて会った。大学二年の夏、小田急ビルのビアガーデンでエレベーターボーイのアルバイトを始めた時だった。そのビルの小さな事務所が派遣元だったのだ。ドアマンのユニフォームがあ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『よろこぶ・よろこび(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tok ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『よろこぶ・よろこび(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tok ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『よろこぶ・よろこび』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichi ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『泣く(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『泣く(その2)』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

今日は。 小説の執筆状況と『泣く』の歌謡詞(巨人戦)を下記のgooブログに書き込みましたので、アドレスをクリックしてご覧下さい。 gooブログhttp://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ... » more

「大長今」私的小説化作品『ジャングム』連載第42回 第六章(2)-Bその後も、ジャングムは秘密を聞き出そうと処士につきまとい続けた。「教えてください。何か秘密があるのでしょう?」「ないですよ!大体、宮廷 ... » more

「大長今」私的小説化作品『ジャングム』連載第41回 第六章(2)-A夕餉の片付けもそこそこに、ドックは、ジャングムとミン従事官を無理やり連れだして、寺の外で焚火を始めた。「寺の中じゃ酒は禁忌だからね。後ろめた ... » more

「大長今」私的小説化作品『ジャングム』連載第40回 第六章(2)-@「ハン尚宮様。」表から、ジャングムはハン尚宮の居室に向かって声を掛けた。だが、部屋の戸はおろか障子さえもぴったりと閉ざされたまま、開かれる気配 ... » more

しあわせは求めよさらば与えられん短大一年の時、近くの喫茶店でアルバイトを始めました。マスターは三十三歳で独身、そのうえハンサムでした。面接の時から、私が期待を抱いたのも無理はありません。チャンスだと思いました。だって、仲のいい友 ... » more
テーマ 大人の手記 愛と恋 創作小説

社内恋愛は危機管理を!高校卒業後、働き始めたS書店は、従業員二十人というから結構大きかった。支店も三つあり、そちらも五人ずつ働いていた。社長が女性のせいか、全店従業員三十五人のうち二十八人が女。それも若い子から勤続二十何年のオバさん ... » more
テーマ 大人の手記 愛と恋 創作小説

神輿を担ぎあげた誇らしげな男衆らの顔、顔、顔。龍悟は、その目撃者だった。(時代は変わってるんや。今やったら、オレはオヤジに会える!)龍悟は口を軽く結んで目を閉じた。「龍悟。お前が何を考えちょるか、お母ちゃんには分かる」母は息 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

龍悟は子どもらを理香子に任せて、少し早めに家に戻った。縁側に母の姿があった。吊るし柿にする小粒の渋柿を丁寧に剥いている。毎年そうやって吊るし柿を作る母だった。「お母ちゃん」龍悟は子どもの頃と同じ呼び方をした。母と二人きりの時は、 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

「おう1落とすなー!」その時、境内の指定された位置に屋台を鎮座させた各地区の一人が飛び出した。無言である。釣られて二人、三人、バラバラと駆け出した。東畑崎の神輿の傍らで、終戦と目を合わせた。すかさず周旋が頷いた。彼らは神輿の下がった ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

一番乗りは神社の所在地である清土地区の布団屋台だった。裕福な家が昔から多い地域だけに、この近辺では最も重量感のある豪華絢爛な屋台だった。鋭角に反り上がる布団屋根に取り付けられたカザリ金具(梵天)の黄金色の海老が左右一対に踊っている。高砂の曽 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

清土団地は数年前に清土地区北端にある一角が開発されて、生まれた新しい分譲団地だった。「どこの誰やら分からんもんが、ようけ越して来よった。清土の家のもんの新宅もあっけど、東畑崎もんも入って来とるわ。もうなんもかんも混じってしもうてからに。 ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

「どこへ行っとったんやいな?」灰皿を出して来た母は訊いた。「うん、ちょっとな。懐かしなって、そこらを歩き回ってた」「ほうか。この辺りもすっかり変わってしもたでな」母がちょっと寂しい顔を作った。「ああ、ビックリしたわ。ちっ ... » more
テーマ 創作小説 家族 親のこころ

 

最終更新日: 2017/03/28 10:47

「創作小説」のブログ関連商品

» 「創作小説」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る