誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    徳川家康

徳川家康

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「徳川家康」のブログを一覧表示!「徳川家康」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「徳川家康」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「徳川家康」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

【家康改葬(5)】〜埼玉「のぼうの城」にも霊柩安置 東照宮には今も42歳肖像画奉納 産経新聞の歴史関連記事、徳川家康400回忌に合わせた企画『家康改葬』の第5回、宇都宮支局伊沢利幸さん執筆の記事の御紹介です。映画「のぼうの城」で知られる忍(おし)城(埼玉県行田市)。ここも日光に向かう徳川家康の霊柩(れいきゅう)が安 ... » more

【家康改葬(4)】〜地形把握も兼ねていたタカ狩り 遷霊行列は神奈川・平塚と東京・府中で「御殿」に宿泊 産経新聞の歴史関連記事、徳川家康400回忌に合わせた企画『家康改葬』の第4回、宇都宮支局原川真太郎さん執筆の記事の御紹介です。徳川家康の死後、日光や久能山を筆頭として全国各地に東照大権現をまつる東照宮が造営された。廃絶されたものも含 ... » more

日本史の「言葉」17 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる 豊臣家と徳川家の対峙は、このような経緯を辿りました。○1598年「豊臣秀吉」(1537-1598年)の死去○1600年「関が原の戦い」名目は豊臣家の逆賊を成敗○1603年「江戸幕府」を開く初代将軍・徳川家康○1605年「家康 ... » more
テーマ 徳川家康 大阪の陣 淀殿  トラックバック(1)

【家康改葬(3)】〜人生変えた小田原 秀吉による江戸幽閉を逆手に東国支配固める 産経新聞の歴史関連記事、徳川家康400回忌に合わせた企画『家康改葬』の第3回、宇都宮支局原川真太郎さん執筆の記事の御紹介です。一介の浪人から身を起こした北条早雲に始まり、戦国時代に相模を中心として約100年間にわたって繁栄を極めた北 ... » more

【家康改葬(2)】〜「久能山」か「日光」か 家康の遺体はどちらにある 産経新聞の歴史関連記事、徳川家康400回忌に合わせた企画『家康改葬』の第2回、宇都宮支局原川真太郎さんと同支局長鶴谷和章さんの記事の御紹介です。1159段の石段を登ると、眼下に駿河湾の絶景が広がる。徳川家康が晩年を過ごした駿府城跡か ... » more

【家康改葬(1)】〜家康はなぜ日光で「神」になったか 「江戸の真北」に意味がある 産経新聞の歴史関連記事は、数ある新聞社の中でも跳びぬけて充実しております。幾つかの新聞社の中には、Web上の記事の続きを有料の会員制にする中で、産経新聞は惜しげもなく公開しています。さて今回は徳川家康400回忌に合わせた企画を執筆された ... » more

先祖は三河の足軽だったということを、母の生前に聞いたことがあるが、このたび福島から東京に墓地を移転した。昨日が納骨式だったが、馴染みのある土地からの引っ越しでは御先祖様もさだめし墓の中で戸惑ってるに違いない。ふるさとでは墓地が山 ... » more
テーマ 徳川家康

日本史の「発明発見」07 動機?トラウマです! 生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされれば、誰だってチビる思いを味わうのは当然です。現に、何度となく戦さを体験してきた徳川家康(1543-1616年)でさえ、あの有名な「しかみ像」を残くらいのものですからネ。「三方ケ原の戦い」 ... » more

日本史の「トホホ」11 情けは怨みと復讐に 平清盛(1118-1181年)は、「平治の乱」(1159年)で長年のライバル・源義朝(1123-1160年)を倒し、この時点で義朝の遺児、頼朝・義経兄弟をも手中にしたのですから、当時の常識からすれば、この両人を早々に「殺して」お ... » more

井の頭公園の桜はとうに散ってハナミズキの季節になった中で、あさみちゆき公園ライブも180回目になる。この公園での花見の時期はライブが行えないので、私はまだ井の頭公園の桜は見たことがない。桜の花に代わって頭上から降り注ぐのは桜しべ ... » more

(27)  2014年 掛川・新茶マラソンのレポート − その4 ( 35kmまで ) E25〜30km28分19秒(26km)5:01(27km)5:03(28km)7:06(29km)5:19(30km)5:4727kmすぎから30kmまでの急坂に挑む前に、2度目の用足しをした。順番待ちをしたので、結果的に少し ... » more
テーマ 2014年掛川・新茶マラソン 徳川家康 高天神城跡

還暦の繰言還暦の繰り言 900
さあて、ウクライナの方が、ロシアの思うままの方向に強引に引っ張られているようですが…前回までの話と多少関連付けるなら、日本にとってはまことにかじ取りの難しい情勢と申せましょう。@アメリカとは絶対に争ってはならないAロ ... » more

ベスタのブログ徳が先か?法が先か?
家康が板倉勝重との会話の中で『徳が先か?法が先か?』というテーマについて「法は、必要によって他人をしばる縄なのだぞ。」「その縄をかけて自由を奪ってゆく側に、納得できない不徳義の所業があってもよいと思うか。」 ... » more
テーマ 徳と法 徳川家康  コメント(2)

ベスタのブログ不義を行う物は…
「不義を行う物は必ず天罰を受ける。」大阪冬の陣で和議成立後に、伊達政宗や、家康の家臣が家康に、大阪城の外濠を埋めるついでに豊臣方を攻め滅ぼしちゃえ!と言ったときの家康の言葉だ。家康は足利義昭を追放して室町幕府をほろぼ ... » more

天下分け目の関ヶ原、大坂冬の陣、夏の陣。二度あることは三度あると言うが、太閤恩顧の大名が秀頼を担ぎ上げて、家康に敵対する事件もやはり三度出来した。家康はこれに対し、仏の顔も三度までと、三度目の反逆行為に及んだ秀頼をついには許さなかっ ... » more
テーマ 徳川家康 西尾幹二 伝統  トラックバック(1)

徳川家康は豊臣秀吉のよき理解者ではなかった。彼の才気に満ちた天下への仕置きの多くを、物好きから来る私的行為とみなしていたらしく思える。例えば、方広寺の大仏建立である。この事業は、井沢元彦氏が説いておられるように、織田信長が ... » more

家康は狸親父といわれ、大変な陰謀家と思われているが、必ずしもそうではない。確かに、彼は秀吉に六尺の弧、すなわち遺児秀頼を託されておきながら、後にこれを滅ぼした。これほど後世の印象を悪くしたことはないだろう。しかし、これも太平の世から ... » more

ベスタのブログ信念
今、空海の本を読んでいる。徳川家康の本も読んでいる。合間に曹操を主人公にした漫画も読んだ。この人たちに共通するのは自分の野望が達成されるのは当然であるごとく生きている。それだけならただの傲慢かもしれないが、空海は幼少から山岳を駆け抜け、 ... » more

西郷隆盛徳川家康と天道
徳川家康が織田信長のことをどう思っていたか分らない。しかし、彼にもまた、信長・秀吉とはその内容のやや異なる、独自の天道思想があったことは確かだ。家康は源頼朝の天下統治のあり方を模範としたが、信長の死後、それと同じ原則に則って天下 ... » more

日本史の「謎解き」10 ”外様”はなぜ石高が多い? 江戸時代の大名に関して、こんな疑問を持ったことはありませんか?〜外様大名に対して高い石高を認めているのはなぜ?〜この親藩・譜代・外様を少し整理してみるとこんな感じでしょうか?親藩は、徳川家の一門、つまりはご親戚筋。譜 ... » more
テーマ 外様大名 関ヶ原 徳川家康  トラックバック(1)

日本史の「逆転」03 秀吉のシックス・センス 映画「シックス・センス」には、普通の人間にはない特殊な能力を持った少年が登場しています。日本史だって負けてはいられませんので、時折そんな超能力者?もどきの人物を登場させていますが、多分、豊臣秀吉(1537-1598年)もその ... » more

日本史の「トホホ」01 小幡城の消滅マジック 「小牧・長久手の戦い」(1584年)は、信長が「本能寺の変」(1582年)で倒れたあとの「後継者決定戦?」の意味合いをもった秀吉軍VS家康軍の唯一の直接対決であり、その意味では両者ともに決して負けることのできない戦いでした。 ... » more
テーマ 徳川家康 小牧長久手 豊臣秀吉

日本史の「謎解き」07 塀の上を歩いた茶人 現代ですと「茶人」という言葉から文化人・芸術家を連想する人も少なくないと思いますが、でも千利休が生きていた頃にはそのようには見られていなかった気がするのです。なぜ?それは利休が「切腹」させられているからです。利休(152 ... » more

出世の石段祭(愛宕神社) 86段の石段上がり、見て来ました。愛宕神社は徳川家康の命で防災の神様と祀られ86段の階段(男坂)は出世の石段(いわれは省略致します) ... » more

十津川警部 謎と裏切りの東海道 これも西村京太郎先生の作品最近の作風は歴史関係が多いのかな?これは徳川家康が出て来る、歴史を背景に事件が展開されていきます。ちょっと、内田康夫先生ににてきている、部分を個人的に感じました。歴史は奥深い ... » more
テーマ 十津川 歴史 徳川家康

三方ヶ原古戦場跡にて徳川家康が負けた唯一の戦いを想う 奥三河の湯谷温泉から一般道を通って東名高速道路の浜松I.C.に向かう途中で三方ヶ原古戦場跡にある「犀ヶ崖資料館」を覗いてみました。1573年に起きた「三方ヶ原の戦い」は武田信玄軍27,000人と徳川家康軍11,000人(織田信長の援軍300 ... » more
テーマ 徳川家康 犀ヶ崖資料館 三方ヶ原の戦い

花と自然と富士山と東照宮
川越市にある仙波東照宮に行きました。この建物は、元和3年(1617)、家康の遺骸を久能山から日光へ運ぶ途中、喜多院で法要が営まれたことにより、後の寛永10年(1633) に建立された。日光・久能山とともに三大東照宮といわれている。現 ... » more

4月5日、久能山へドライブ。久能山の御祭神は徳川家康公(東照公)家康公は亡くなる直前、家臣たちに「遺骸は久能山に埋葬すること」を遺命として託されました。ご遺命の通りに遺骸はただちに久能山に遷され、二代将軍徳川秀忠公が久能山に徳川家康 ... » more

お江「では、義父上様は兄・家光と弟・忠長のどちらの方が優秀だとお考えなのですか?」家康「それは忠長の方であろうよ」お江「それがお分かりになっていながら、わざわざ優秀でない方の家光を次期将軍にしようなんて、信じられない!」 ... » more
テーマ 徳川家康 江戸幕府 お江  トラックバック(1)

さて、前回で家康による天皇家システムの「パクリ」について書いた。ただ、ここにひとつの謎がある。〜なぜ、三代将軍・家光のお守りには「二世将軍」と書かれていたのか〜という点である。そんなもん、家光の計算ミスか書き間違いに決まって ... » more

 

最終更新日: 2018/05/31 10:07

「徳川家康」のブログ関連商品

» 「徳川家康」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る