誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    松岡圭祐

松岡圭祐

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「松岡圭祐」のブログを一覧表示!「松岡圭祐」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「松岡圭祐」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「松岡圭祐」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

探偵の探偵         (^^) 今日は、日中は、すばる君が、先日からのいろんな情報の受け取りに来てくたようです。いろいろと、話をして、いい時間だったみたいです。すばる君はそのまま仕事へ!頑張ってね〜!大好きな作家「松岡圭祐」(作品 ... » more
テーマ 松岡圭祐 ゆかいな仲間

【小説】万能鑑定士Qの短編集U 美人鑑定家が奔放な知識で「人の死なない」コージー・ミステリに挑む、エンタメ・ノヴェルの先駆的ブランド「Qシリーズ」。総額8億円もの切手コレクションから1枚300万円の変わり種銀貨、満開のソメイヨシノまで、あらゆるアイテムにまつわる不可思議と ... » more

【小説】万能鑑定士Qの事件簿W 希少な映画グッズのコレクターの家が火事になり、プレミア品の数々が灰になった。翌朝、やはりレア物のパンフレットやポスターを扱う店が不審火で全焼する。連続放火魔の狙いは、かつて全国規模でヒットを飛ばしながら存在を封印された1本の邦画だった。ミリ ... » more

【小説】万能鑑定士Qの事件簿V 人気ファッションショップで、ある日突然、売り上げが落ちてしまう。いつも英語は赤点の女子高生が、東大入試レベルのヒアリング問題で満点を取る。この奇妙な事象をともに陰で操っていたのは、かつてミリオンセラーを連発した有名音楽プロデューサー・西園寺 ... » more

【小説】万能鑑定士Qの事件簿U 『週刊角川』記者・小笠原は途方に暮れていた。わずか2日で、コンビニの弁当は数千円から数万円に、JRのひと区間は九千円以上になり、いくら金があっても足りないのだ。従来のあらゆる鑑定をクリアした偽礼が現れ、ハイパーインフレに陥ってしまった日本。 ... » more

【小説】万能鑑定士Qの事件簿T 東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために貼ったのか?謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凛田莉子、23歳―一瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられない ... » more

松岡圭祐の著作リストです。シリーズ等で分類して本棚にまとめてあります。(文庫があるものは文庫、無いものは単行本)本棚の画像(画像が表示されないものもあり)をクリックするとAmazon、本棚下の書名をクリックすると、ブ ... » more
テーマ 著作リスト 松岡圭祐

万能鑑定士Qの探偵譚(たんていたん) 万能鑑定士Q・・・・とにかく面白い!最高でした!テーマは<再生><復活>。凜田莉子は内面に潜む幼少期の悪夢と向き合うことになります。小笠原悠斗とふたたび謎解きの旅にはばたくために、究極の試練を乗り越えねばならないのです。 ... » more
テーマ 万能鑑定士 読書 松岡圭祐

【小説】万能鑑定士Qの短編集T 軽い気持ちで「探偵以外の職業が謎解きするミステリを読んでみっか」と手を出したら、なんとシリーズ通算16作目の本でした。そしてよくよく考えてみたら子供嫌いな物理学者とか毒舌執事とか、探偵以外の活躍劇は結構読んでました。万能鑑定 ... » more

万能鑑定士Qの短編集T・U:最高! お正月のまったりTV気分から気分転換するために万能鑑定士Qの短編集T・Uを読みました。だいぶ前に千里眼シリーズでハマッテいましたが万能鑑定士Qは初めてなので短編集を読みましたが理屈抜きで面白い!最高でした。凜田莉子が帰っ ... » more
テーマ 松岡圭祐 凜田莉子 小説  トラックバック(1)

ふせんし万能鑑定士Qの事件簿
1年半で12巻が刊行されているシリーズです。すごい!松岡圭祐さんの作品は、「千里眼シリーズ」を読んだだけなのですが、途中からあまりに奇想天外な展開に、付いて行けない感じがしました。なので、友人から勧められなければ、この作 ... » more
テーマ 松岡圭祐

「千里眼 キネシクス・アイ」を読む 「千里眼キネシクス・アイ」上下松岡圭祐著角川文庫を読みました。ノン=クオリア、とてもこわかったです。北京オリンピックで有名になった人工的に雨を降らせる話。この小説ではゲリラ豪雨ほどの雨をもたらす。ノン=クオリ ... » more
テーマ 千里眼 松岡圭祐

「千里眼 優しい悪魔」を読む 「千里眼優しい悪魔」上下松岡圭祐著角川文庫を読みました。リョウが出てきました。やはり良くは書いてないようです。。 ... » more
テーマ 千里眼 松岡圭祐

「千里眼 シンガポール・フライヤー」を読む 「千里眼シンガポール・フライヤー」上下松岡圭祐著角川文庫を読みました。千里眼ももう30巻くらい読みました。千里眼、自衛隊に所属し戦闘機のパイロットとしてめざましい動体視力をもつにいたった岬美由紀。その動体視力によ ... » more

催眠 完全版 [松岡圭祐] 催眠 完全版松岡圭祐どんでん返しモノとして、比較的評価の高かった作品の改訂版。エセ催眠術師の元に現れた一人の女。宇宙人が乗り移った際の予知能力がウケ、一躍カリスマ占い師として活躍し始めたが、噂を聞きつけた催眠療法のド ... » more
テーマ 松岡圭祐

「千里眼 美由紀の正体」を読む 「千里眼美由紀の正体」上下松岡圭祐著角川文庫を読みました。無茶苦茶ですね。ヒロイン岬美由紀の消されたいたましい記憶。この本ではっきりするのですが。 ... » more

「千里眼 堕天使のメモリー」を読む 「千里眼堕天使のメモリー」松岡圭祐著角川文庫を読みました。またまた出てきたメフィストコンサルティング。大昔から神の見えざる手によって世界をあやつってきた影の組織。ヒロイン岬美由紀はそんなメフィストコンサルティング ... » more

良太の部屋「千里眼の教室」を読む
「千里眼の教室」を読む 「千里眼の教室」松岡圭祐著角川文庫とある高校の生徒たちが独立国を作るという面白い話でした。 ... » more

「千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮」を読む 「千里眼ミッドタウンタワーの迷宮」松岡圭祐著角川文庫を読みました。ひさしぶりに千里眼を読んだらやっぱりおもしろかった。こんなにおもしろかったっけ?と思ったくらい。 ... » more

良太の部屋「千里眼の水晶体」を読む
「千里眼の水晶体」を読む 「千里眼の水晶体」松岡圭祐著角川文庫を読みました。今回の千里眼は平凡なはじまり方かなと思ったけどやっぱりサプライズがありました。新たなヒール役の登場に今後楽しみです。松岡圭祐さんの本は読みやすいですね。一日で読めました。 ... » more

「千里眼 ファントム・クォーター」を読む 「千里眼ファントム・クォーター」松岡圭祐著角川文庫を読みました。睡眠ガスをかがされ外国に拉致されたヒロイン岬美由紀。眼が覚めるとそこはゲームの世界だった。漫画のハンターハンターでもゲームの世界があったけどそれに似 ... » more

「千里眼 The Start」を読む 「千里眼TheStart」松岡圭祐著角川文庫を読みました。こないだ読んだばっかりなのだけど内容を全く覚えていなかったので読み返しました。痴呆症なんだろうか。最近物忘れが激しい気がする。。日にちとかわからないし。。 ... » more

「千里眼 The Start」を読む 「千里眼TheStart」松岡圭祐著角川文庫を読みました。小学館文庫から角川文庫にかわり新シリーズとなったようです。千里眼、ヒロイン岬美由紀28歳はそのままで微妙に設定が変わったようです。眼の動きで相手の考え ... » more

「千里眼 背徳のシンデレラ 下」を読む 「千里眼背徳のシンデレラ下」松岡圭祐著小学館文庫を読みました。小学館文庫ではこの本で終わっているようですが過激なことを書きすぎたからでしょうか。角川文庫になった本も買ってあるので読んでみたいと思います。松岡圭祐さ ... » more

「千里眼 背徳のシンデレラ 上」を読む 「千里眼背徳のシンデレラ上」松岡圭祐著小学館文庫を読みました。日本列島が海にしずんでっということから始まってびっくりしましたが。。。何世紀にもわたって人類を支配している影の組織、メフィストコンサルティング。歴史上 ... » more

「千里眼とニュアージュ」を読む 「千里眼とニュアージュ」松岡圭祐著小学館文庫を読みました。「史上最大のIT企業が設置した”48番目の都道府県”荻原県。そこにニートと呼ばれる無職の人々や失業者たちが、生活費も支給されながら暮らす最先端の福祉都市だ ... » more

「千里眼 トランス・オブ・ウォー」を読む 「千里眼トランス・オブ・ウォー」松岡圭祐著小学館文庫を読みました。イラクに日本人4人が人質となり臨床心理士の岬美由紀が派遣される。4人の人質は帰ってきたが美由紀はつかまってしまう。イラクにたった一人残された美由紀 ... » more

「ヘーメラーの千里眼」を読む 「ヘーメラーの千里眼」上下松岡圭祐著小学館文庫を読みました。千里眼のヒロイン岬美由紀。彼女の学生時代からのことが結構詳しく書かれていて興味深いです。どうして防衛大にはいったかっとか、好きな先輩を追って防衛大に ... » more
テーマ 松岡圭祐

良太の部屋「カウンセラー」を読む
「カウンセラー」を読む 「カウンセラー」松岡圭祐著小学館文庫を読みました。音楽の先生をしている響野由佳里は、父と母と娘と息子を13歳の少年に殺される。刃物で滅多刺し。犯人が13歳のため刑事責任は軽くほとんど責任をとらなくてすむ。由佳里はそれが許 ... » more

「イリュージョン マジシャン第U幕」を読む 「イリュージョンマジシャン第U幕」松岡圭祐著小学館文庫を読みました。マジックが趣味の15歳の少年椎橋彬(しいばしあきら)は家庭環境も悪く家を飛び出した。歳を偽り警備会社に入社した彬は万引きGメンとして活躍する。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 16:16

「松岡圭祐」のブログ関連商品

» 「松岡圭祐」のブログレビュー をもっと探す

「松岡圭祐」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る