誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    定義

定義

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「定義」のブログを一覧表示!「定義」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「定義」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「定義」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

古林大一郎stepの定義
[定義0806]aをcで割った商とbをcで割った商が等しいときa=b(step c)とかくことにする。例10=1=2=3=4(step 5)5=6=7=8=9(step 5)例 ... » more
テーマ 定義 step 無限小

古林大一郎同相の定義の修正
【定義825】(実数が等しい)"二つの実数a,bが等しい"(a=b) ということを|a-b | <= k・o^2となる自然数kが存在するときと定義する。今までは、k=1で考えていたけど、ゆるく定 ... » more
テーマ 定義 同相 等しい

あらすじ(ちゃんと証明はしてない)和を積に変換。oooo=0と同一視すると、f(x)=1+ xoo とおくと、f(0)=1, f(a)+f(b)=2+(a+b)oo= 1+ f(a+b), f(a)・f(b)= (1 ... » more
テーマ 定義 ガンマー関数

古林大一郎1/0 = 0からの回避
1/0=0から考えて、1/i+j=1/i−j=0となって、でも、0・i=0なのに0・jnot=0となって、変。1/0=0の定義は、代数とは、相性が良くない。だったら、代数で、問題が起きないように、関数1(x)のように、x=0では0、それ以外 ... » more
テーマ 定義 拡張 べき乗

古林大一郎すこし修正、さらに訂正。
(平均f(x))=1/2・{f(x+oo)+f(x)}だけど(平均1)=1/2・{1+1}=1と定義。同様に(ずらしf(x))=f(x−oo)だけど(ずらし1)=1と定 ... » more
テーマ 定義 作用素 微分積分

1/xの定義域をoの2乗の幅に、分割したとき、x=ooでの値は、無限個☆の2乗になるけど、x=0では、もっと大きくなりそうで困った。それで、定義されていない点での値を0として計算することに決めてい ... » more
テーマ 定義

【補題03211】(1)e^xoo=1+xoo+1/2・xxoooo(2)e^xoo+e^(−xoo)=2+xxoooo(3)x^oo+x^(−oo)=2+(logx)^2・oooo(4)x^oo−x ... » more
テーマ 定義 指数関数 対数関数

対数関数の定義log x = ☆☆(x^ooー1)では、不十分だと、結論。e^xの逆関数にならないときがあるから。何かが足りない。微分も少しずれるから。散々考えたけど、この定義をしなおすべきだとおもった。もし、次のよ ... » more
テーマ 定義 指数関数 対数関数

古林大一郎数Kの定義
【定義0310】二項係数(2☆_C_☆)のo乗をKと定義することにした。つまりK=(2☆_C_☆)^oで、定義。そうするとの二項係数の中央部分で、2☆_C_☆=(2 ... » more
テーマ 定義

e = (1 + o^2)^(☆^2)が、定義であった。e^x = (1 + o^2)^(☆^2・x)y=(1+o^2)^(☆^2・x)だから、この逆関数は、x=(1+o^2)^( ... » more
テーマ 定義 対数関数 無限小

[定義223](積分f(x))で区間0からx−o^2までの離散的積分を表し、(微分f(x))で離散的微分を表すとすると、そうすると[補題2231](積分(微分f(x)))=(積分☆^2 ... » more
テーマ 定義 指数関数 自然対数の底

[定義220]離散的積分f(x)の離散的な積分は、定義域を無限小oの2乗幅の点に分割したときの値域のf(x)の総和を考え、それに無限小oの2乗をかけたもので定義する。[定義221」離散的微分f ... » more
テーマ 離散的微分 定義 離散的積分

無限小oを使って、点の大きさを辺がoの2乗の正方形として、不連続関数を積分できるかな?総和に、向きがないのに、積分に、向きがあるので、総和と積分を、向きがない方にそろえようとおもった。それで、離散的関数y=f(n)の ... » more
テーマ 定義 離散的積分 無限小

古林大一郎連結
隣という概念で、離散的な連結も定義したい。次の課題は、連結性をどう定義すべきなのか?集合Mの元a,bが、aが隣(b,M)に含まれて、しかも、bが、隣(a,M)に含まれているとき,aとbは「Mで隣」ということにする。a隣b ... » more
テーマ 将棋 定義 連結

[定義101](関数の連続性)実数関数f(x)が有って、次のC1を仮定すると、C2,C3も成り立つときf(x)は、x=aでレン続と定義する。C1:xとaの距離の2乗が、0に接近している。C2:f( ... » more
テーマ 定義 レン続

古林大一郎三通りの近さの概念
位相空間の代わりになる近さの概念を実数の集合Rに次のように入れる。実数xを繰り上げて、有理数にしたものを、有理数(x)と書いて、xの中に同値関係を入れる。同様に実数xを繰り上げ ... » more
テーマ 収束 定義 近さ

定義 極楽山西方寺 仙台の奥座敷定義極楽山西方寺平家落人伝説の地今回は大和町から古の道をを抜け、七北湖のほとりを通り大蔵へ抜ける ... » more
テーマ 平家落人伝説 定義 宮城

定義915を定義917によって修正する必要がある。N(a−po:a−po,1−po)とN(a−po,a−po:1−po)をどう定義すべきか考える。N(n:n)=N(n,n)+N(n−1,n−1)つまり ... » more
テーマ 定義 関数K

N(a+b−po,b−po)は、N(a+n,n)を計算すればいい。簡単。N(a+n,n)=(a+n)+N(a+n−1,n−1)=(a+n)+(a+n−1)+・・・+(a+1),n個の和に、第一分解=a ... » more
テーマ テスト 定義 検討

定義915を定義917によって修正する必要がある。N(a−po:a−po,1−po)とN(a−po,a−po:1−po)をどう定義すべきか考える。N(n:n)=N(n,n)+N(n−1,n−1)つまり ... » more
テーマ 定義 関数N 多項式

計算間違いがあったので、一部削除。n!の一般化に、ガンマ関数がある。ガウスの積表示(カラー図解数学事典283ページ、共立出版より)Γ(x)=lim(n−>無限大)n^x・n!/{x(x+1)・・・(x+n)} ... » more
テーマ ガンマ関数 定義 階乗関数

[定義915]一般の関数Nの定義第一分解と可換性で定義する。{A1ーP1o,A2ーP2o、…、AnーPno、a−po}の最小値をa−poとし、{B1−Q1o、B2−Q2o、…、Bm−Qmo,b−qo}の最小値をb−q ... » more
テーマ 定義 関数N 試作

古林大一郎多次元の関数Lの定義
関数Nでは、N(1−po:1−po:1−po)not=(1−po)^3となってしまうので、関数Nを関数Lに対応付けて、関数Lも扱う予定。それで、関数Lの一般化を定義しようと思う。[定義9149]一般の ... » more
テーマ 多変数関数 定義 関数L

古林大一郎定義の検討
すこしわかった。単純な場合を考えよう。N(1−po,1−po,1−po)not=N(1−po:1−po:1−po)N(1−po,1−po)not=N(1−po:1−po)N(1−po:1−po)−N(1−po ... » more
テーマ 定義 関数N

[定義9131]関数Nの定義a−po>=c−roかつb−qo>=c−roのときN(a−po:b−qo,c−ro)=N(a−po:b−qo)+N(a−1−po:b−1−qo,c−1−ro)N(a−po:b−qo,1−r ... » more
テーマ その他 定義 関数N

定義912の第一分解は、a−po>=b−qo>=c−roのときN(a−po、b−qo,c−ro)ただし、c>=2とする。=N(a−po,b−qo)+N(a−1−po,b−1−qo,c−1−ro), ... » more
テーマ 定義 関数N 補題

[定義912]三次元の関数Nの定義3次元の一般化した関数Nの定義(マイナスを使う定義)ただし、a,bを自然数とする。p、qは、0を含む自然数とする。3次元の数のとき、可換であることを定義に含めることにする ... » more
テーマ 定義 関数N

[定義8281]2次元までの一般化した関数Lの定義(マイナスを使う定義)ただし、a,bを自然数とする。p、qは、0を含む自然数とする。1次元の数のとき、L(a−po)=1+L(a−1−po),L(1− ... » more
テーマ 定義 関数L

乳豚の一般化に関数Lを合わせられるか?[定義910]2次元までの一般化した関数Nの定義(マイナスを使う定義)ただし、a,bを自然数とする。p、qは、0を含む自然数とする。1次元の数のとき、 ... » more
テーマ 定義 関数N

[定義8281]2次元までの一般化した関数Lの定義(マイナスを使う定義)ただし、a,bを自然数とする。p、qは、0を含む自然数とする。1次元の数のとき、L(a−po)=1+L(a−1−po),L(1− ... » more
テーマ 定義 関数N 関数L

 

最終更新日: 2016/11/12 15:51

「定義」のブログ関連商品

» 「定義」のブログレビュー をもっと探す

「定義」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る