誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    創価

創価

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「創価」のブログを一覧表示!「創価」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「創価」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「創価」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

岩通信創価大学
創価大学が創立されてから長いときが過ぎた。何もなかった広大な土地に大学関係の建物が次々と建てられ、いまや日本一の教育環境を持った大学として注目されている。僕は1985年に入学した第15期生であるが、現在の創価大学の発展を知り ... » more
テーマ 浜崎あゆみさんへ 創価 倉木麻衣さんへ

岩通信無冠の友
聖教新聞を早朝に配達する学会員のことを池田先生は「無冠の友」と呼び、最大限の激励をされている。これから寒い冬に向かう中、自転車やバイクで配達する学会員さんは大変である。スリップ事故や風邪をひいたりするかもしれないからである。 ... » more
テーマ 創価 恭子さん、ゴー!

岩通信励ましの聖教新聞と中村紀洋さん
「励ましの聖教新聞」聖教新聞はよく、励ましのお手紙と言われる。多くの新聞社がせちがらい世相を中心に書くのに比べ、聖教新聞はたくさんの人の笑顔が掲載されている。そして人生に前向きで、病に倒れても信仰の力で蘇る感動的な体 ... » more
テーマ 創価 恭子さん、ゴー!

岩通信祈ればかなうということ
仏法は祈ることに尽きる。しかしただ祈るだけではいけない。実際に行動しなければ、その上での祈りならかなう。僕ははたしてそうしているか。祈っていることは確かだ。そしてその祈りがかなうべく自分の周囲が動いている。 ... » more
テーマ 日記 創価 恭子さん、ゴー!

岩通信名字の言
聖教新聞の一面の下段には「名字の言」という題名をつけられたコラムが掲載されている。毎日その時々に起こる社会現象や、創価学会の活動などを関連付けて書かれている。この名字の言を読むだけでも聖教新聞を読む価値はある。社説も ... » more
テーマ 創価 恭子さん、ゴー! 中谷美紀さんへ

岩通信聖教新聞
12月15日付の聖教新聞は素晴らしい内容であった。4面はドクター部の方の仏法で説くところの生死観。そして隣の五面では若々しいおばあちゃんの素敵な笑顔が満面に広がる体験談であった。仏法の生死観はご存知の方も多いだろうが、生と死が交互に ... » more
テーマ 浜崎あゆみさんへ 創価 長澤まさみさんへ

岩通信文芸部の日
今日は創価学会文芸部の日である。これは池田名誉会長が沖縄の地で小説「人間革命」を書き始められた日であり、それを記念としたものだ。僕はなぜか一応文芸部員であり、活動はないものの名前はある。一応なんて言ってはいけない。そ ... » more
テーマ 創価 文学

岩通信聖教新聞
創価学会の機関紙聖教新聞がリニューアルしてからずいぶんたった。以前よりもポップでカラフル。そして内容は型にはまった難しいものではなく、わかりやすく仏法のことを書かれている。昨夜ゆっくり読む時間があって読んでいたけど、深い哲学 ... » more
テーマ 創価 北川景子さんへ 新垣結衣さんへ

2年前、2013年、黄金の3年の始まりの年、11.18目指しての先生のご指導、9月に記事にしていました。見直してみました。すごい意義ある最後の1年がスタートしたんですね!2年前の記事↓本当だ。今日は9月1日。11.1 ... » more
テーマ 創価  コメント(4)

岩通信創価学会創立85周年
昨日をもって、創価学会は創立85周年を迎えました。ますますお元気な池田大作先生と奥様の最近の写真が聖教新聞に掲載されていました。池田先生、ちょっとスリムになられたような…(笑)これからもますますお元気で創立100周年 ... » more
テーマ 創価 恭子さん、ゴー!

岩通信芸術
芸術は人類の華である。豊かな叡智の光り輝く真心の結晶である。そこには知性がある。品格がある。まごうことない美しさがある。人類は芸術と共に歩んできた。芸術と共に過ごすことで自らを鼓舞してきた。闘いの中にあっても ... » more
テーマ 創価

岩通信歴史
歴史とは何だろうか。人類が誕生してから延々と続いてきた時間の流れ。そうともいえるだろう。人類は進化してきた。その進化はある時をもって知性のそれに変わる。人類の知性。それはある意味戦争で得られてきたものだ。 ... » more
テーマ 創価

岩通信ここまで来たら
ここまで来たら小説を絶対に完成させなければならない。僕は小説を書く前に読むべき本がたくさんあると思っていたが、今、今の自分で書ける背伸びしない作品を書くことが大事だ。創価学会のことが出てくるけれど、あえてS学会などせず、堂々 ... » more
テーマ 創価 文学

岩通信日中韓首脳会談
昨日、ニュースを聴いていたら日本、韓国、中国の首脳が一堂に集まり、会談を行ったことを知った。素晴らしいことである。こうして各国の首脳が集まり話し合うことで未来の友好が約束される。来年は日本で行われるそうだが、安倍首相がそのと ... » more
テーマ 創価 政治

岩通信先は長い
大江健三郎氏の「憂い顔の童子」を読んだ。読んだとはいっても大江文学である。そう簡単に理解できるはずがない。ある時を境として大江氏は世界に通じる文学を創造しようと決意したと聞いたことがある。僕の勘違いでなければその方向 ... » more
テーマ 日記 創価

岩通信
大江健三郎さんの小説を読んでいると、死の影がちらちらする。自分がもうその年齢であるということを読者に訴えかけているように思える。大江さんは僕から見るとまず自分の世界があってそこに集まってくる人々に話しかけるのであって、自分の ... » more
テーマ 創価

岩通信創価グロリア合奏楽団
創価学会のメンバーで構成された創価グロリア合奏楽団の演奏を観て聴いていた。クラシックと今風のポップさも組み合わさった見事な演奏だと思った。皆さん、仕事とかいろいろなことで忙しい中厳しい練習をして舞台に立っているのだろうと思う ... » more
テーマ 創価 音楽

岩通信挑戦
自分は創価学会員でそのことを書いた小説を一流の出版社の新人賞に送ろうと思う。学会関係の雑誌社に送ることは逃げだと思う。本当に文学として素晴らしければ認めてもらえるはずだ。新潮社、講談社、岩波、いっぱいある。挑戦だ。逃 ... » more
テーマ 創価

岩通信キリスト教
土曜日や日曜日に県立、市立図書館へ行く途中、図書館のそばにいつもキリスト教の信仰者の方々が立っていて、パンフレットを配っている。僕はもらわないけど、熱心だなあと思ってある意味感心している。キリスト教は僕にはなじめない。どうし ... » more
テーマ 日記 創価

岩通信教養小説?
創価学会には少年部というものがあり、前にも書いた様にそのときに僕は政治家に手紙を書いた。文化祭もあったし、それから月に一度会合があった。そこではまだ第三代会長だった池田大作先生の書かれた少年部向けの少年版「人間革命」などを読 ... » more
テーマ 日記 創価

岩通信座談会
僕が小学生の頃、創価学会の集まりは座談会といって月に一度学会員さんの家で催された。少年部の歌とか歌ったような覚えがある。記憶違いでなければ。しかし何かの学会歌は歌ったと思う。大人数でわいわいしていた。地区部長を中心に ... » more
テーマ 創価  コメント(4)

岩通信アドルフに告ぐ
先日もブログに書いた手塚治虫さん原作の「アドルフに告ぐ」を読み終わった。とても面白い物語で、手塚漫画にしては残酷なシーンが多かった。と、思っているとこれは週刊文春に掲載されていたもので、少年漫画ではなかった。ヒットラ ... » more
テーマ 日記 創価

岩通信信心
僕が三つの頃に創価学会に入会したことは以前に書いた。もしこのとき入会せず、思春期を迎えていたら入会していたかなあと思ったりもする。母は躾の厳しい人ではなかったけれど、信心だけは一生懸命やるように僕や兄に教えていた。父 ... » more
テーマ 創価

岩通信手紙
小学四年生の時だったと思うけど、当時公明党から衆議院議員選に、「今度こそ」のキャッチフレーズで出馬した、いまはもう故人となられた平石まさ太郎さんに僕は手紙を書いた。確か三度目の衆議院選挑戦だったと思う。これは僕が現在も当時も ... » more
テーマ 創価 恭子さん、ゴー!

岩通信少年部の時
僕は三歳で入信したことは前回書いた。勤行を覚えるのが大変で、正座するのも大変だった。創価学会では法華経を唱えるが、何せ勤行を始めたのは小学生の頃。唱えるのが大変だった。お経本に法華経を書いていて、それを唱えるのだが、 ... » more
テーマ 創価

岩通信マイとユイ
なんか、ウラさん最近変わってきたね。そうそう、タブーを破ってる。マイちゃんもそう思う?思うよ、ユイちゃん。ああいうことを平気で書いていると出版社に見向きもされないと思う。大体生意気よねえ。自分の作品がどれだけ ... » more
テーマ 創価 倉木麻衣さんへ 新垣結衣さんへ

岩通信小説と信心
大江健三郎さんも村上春樹さんも創価学会の事には触れたことがないと思う。僕はこのお二人の小説家の作品が好きで読んでいる。このお二人とも宗教的な長編小説を書かれている。一体、創価学会についてどう思うかぜひ聞いてみたいと思 ... » more
テーマ 創価

岩通信入信のきっかけ
僕が創価学会に入ったのは三歳の夏である。母親に連れられて兄と一緒に当時の日蓮正宗の寺院で御授戒を受けた。今は創価学会と日蓮正宗は別れているが、この当時は一緒に活動していた。母は父に信仰を反対されていたが、押し入れの中 ... » more
テーマ 創価

岩通信本当に書きたい小説
僕は間違っていた。自分の小手先で書ける文章をつづって途中で挫折する物語ばかり書いてきた。僕は信仰者である。信仰について自分がどう思うか、またそういう自分と他者はどういう関係にあるのか、真剣に問いかける小説を書いてこなかった。 ... » more
テーマ 創価

私など、人間性が未熟で情けない。この名字の言の部長のように、言葉の奥の真心を持てる人になりたいです。自分の心はご本尊様にはごまかせませんもんね。ご本尊経由ですから、相手の心にもそのまま通じるんでしょうね。心をみがいて成長させ ... » more
テーマ 創価  コメント(2)

 

最終更新日: 2017/01/16 14:52

「創価」のブログ関連商品

» 「創価」のブログレビュー をもっと探す

「創価」ブログのユーザランキング

岩通信 1 位.
岩通信

テーマのトップに戻る