誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    SF小説

SF小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
類似テーマ: SF小説 SF小説
テーマ「SF小説」のブログを一覧表示!「SF小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「SF小説」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「SF小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

SF GO! GO! ギャラクシー!! 好評連載中♪ 後のHEBEREKE国勇者Bran P司令官 ... » more
テーマ LOVE、お笑い フィクション 癒し SF小説

SF GO! GO! ギャラクシー!! 好評連載中♪ ... » more
テーマ LOVE、お笑い フィクション 癒し SF小説

名付けに時間が掛かってしまうと、そこで進捗が滞るし、俺はまだまだだなと思ってしまう。やはりそのキャラクターに合った名前や目立ってはいけない名前とかがあるので、ヒーロー、ヒロイン的な名付けには気を付けねばならない。余り派手な名付けは避 ... » more
テーマ SF小説 戯言 名称

ヨミマクリブログ屍者の帝国
「伊藤計劃」って小説家をご存知でしょうか。前に「虐殺器官」という小説を読んでモロハマりしましたよ。ええ。この人はこの「虐殺器官」がデビュー作。SFながら凄まじいリアリティと息をつかせぬスピード感、想像の斜め上をいくストーリ展 ... » more
テーマ 1つ星本 SF小説

なんでだっけなー王様のブランチで紹介してたんだっけなーいつの間にか読みたい本リストに入ってた「世界から猫が消えたなら」を読んだこの人、電車男とか告白とか悪人とか、その辺の映画作ったプロデューサーなんだって今回が初小説作品 ... » more
テーマ 1つ星本 SF小説 小説

第1部第33章の校正点では、夜明け前からトコの話まで【夜明け前、鶏の鳴き声でトコは目を覚めると、自分の周りで寝ている男たちや少し離れて寝ていた女達は居なく、リエが残されていた。トコは「おはようございます。家の人は何処ですか?」・・・ ... » more

一体何だこの惑星は…ロボット三原則
1人間を護る2命令の服従3他を傷付けないレベルでの自己防衛以上がSF小説家アイザックアシモフが考え出した三原則だ。これは何故か現代のロボット開発の中でも基本として考慮されていると言う。私としてはこれは変だなと思ってい ... » more
テーマ 雑談 SF小説 戯言

文芸社の編集部の方々に読んで頂いたのだが、中々好評だった様だ。だが前編で完成していないと言う事で残念でした、と言う電話が先程入った。まあ無理もないよね。仕事をしながらだもんね。執筆に24時間、365日費やせる環境じゃない ... » more
テーマ 雑談 SF小説 戯言

1941年、昭和16年。日本は近代化を推し進めていたが、それは軍備増強を基軸としたものだった。藪原謨スは16歳の頃徴兵され、海軍所属となったが健康的理由により除隊となった。除隊となる約9年間の訓練が現在の藪原謨スを形成してい ... » more
テーマ SF小説 戯言

(SF小説)探偵藪原謨ス 1941年、昭和16年。日本は近代化を推し進めていたが、それは軍備増強を基軸としたものだった。藪原謨スは16歳の頃徴兵され、海軍所属となったが健康的理由により除隊となった。除隊となる約9年間の訓練が現在の藪原謨スを形成してい ... » more
テーマ SF小説 戯言

第2部第26章歴史問題ローズは「明日の大会用に弁当を作っていくから、何処のグラウンドで、どこの大学と試合をするの?」ロバートに聞く。ロバートは大会の開催場所について「会場は、我がホームグラウンドでコーデナル大学チームと闘います。弁当 ... » more

2012年本屋大賞9位作品この作者、最近デビューしたにも関わらず、「鴨川ホルモー」や「プリセンストヨトミ」、「鹿男あをによし」と、ドラマ化映画化のオンパレードよっぽど才能ある人なんだろうなと思ったらこの人もともとサラリーマンなのね ... » more
テーマ SF小説 2つ星本

ヨミマクリブログペンギン・ハイウェイ
2011年度 本屋大賞3位作品街の中に突然現れたペンギンたちトラックに乗せて運び出そうとしたらみんな消えてしまったらしい非常にふわふわした不思議な話謎だらけでもこの本の魅力は間違いなく主人公の小学生とても ... » more
テーマ SF小説 3つ星本

第2部惑星移住第25章賠償金通知書ドアを閉めて、夫に近づく妻ローズは「ジョコ鉄道追突事故の犠牲者遺族に対し、マゴク国から賠償金通知書を読んだが、余りにも少ない金額だと怒っている。」と言って通知書をローズに渡した。受取った妻は「ま ... » more

第2部惑星移住第24章研究者の苦悩それを聞いた教授は「今、君は理論を構築している様ですと言ったではないか!」語気を強めて言った。情報局員は「それは、アスカ国のエーゼントがタカミ教授の研究室事務員と接触し、聞き出し ... » more

第2部惑星移住第23章アメカでの研究の低迷ラーバンが眠りに就く頃、アメカの宇宙航行研究所では、物理学者で研究員のポール・ディキュンズは自分の机の椅子に座って資料を見ていた。ポールは研究所の自分のパソコンで与え ... » more

第2部惑星移住第22章水の自給率と浄水器アナウンサーが話し終えると司会者は「現在は、水が商品として取引として行なわれた結果、世界各地では、このような事態になっています。ところで、事務官、わが国の水の自給率は何パーセン ... » more

第2部惑星移住第21章水問題臨時ニュースが終わり、アナウンサーは「本日の午後8時に予定していました【皆の自慢の品】は、緊急特番の【水の利用問題】に代わります事をお知らせいたします。」緊急番組のお知らせを伝えていた。 ... » more

第2部惑星移住第20章瞑想、臨時ニュースアーサーが《判りました。》と入力して、暫らく経て左半分の人物の映像と右上部半分の文章が消え、ホワイトボード全面に《判りました。》の文章が残り、アーサーはその文章を消し、それ ... » more

第2部惑星移住第18章キヨシのネット仲間(登場人物、ラーバン・オワフについて)イサラ国トレメの町の礼拝堂では昼のお祈りを終えた人たちは、それぞれの家に帰っていった。父はメッテオ教の信者と母がビティ教の信者である両親に ... » more

第2部惑星移住第17章キヨシの宗教好き数時間後、研究室に残っていたヤスジはビックバンの理論と宇宙の観測結果が一致しないので、宇宙に充満している観測可能な物質はプラズマ状態が9割占める事を思い出していた。ヤスジは、「宇 ... » more

ヨミマクリブログ地下鉄に乗って
映画化もされた浅田次郎の代表作ストーリとしては、地下鉄を通じていつのまにか昔の兄、父の時代にタイムスリップしてしまうというものもともとSFものは好きじゃないと毎回言っておきながら、こういう名作はやはりいい久しぶりにがっつりハ ... » more
テーマ SF小説 4つ星本  トラックバック(1)

俺は地球上のある国の普通の家庭に産まれた。少年期までは何不自由無く学校に通っていたが、高校に入学した途端にそれは一変してしまった。父親が会社から解雇されてしまったのだ。入学後暫くは学校や地域、PTAの協力に因り勉強する事は出来て ... » more

俺は地球上のある国の普通の家庭に産まれた。少年期までは何不自由無く学校に通っていたが、高校に入学した途端にそれは一変してしまった。父親が会社から解雇されてしまったのだ。入学後暫くは学校や地域、PTAの協力に因り勉強する事は出来て ... » more

青年は地球上のある国の普通の家庭に産まれた。少年期までは何不自由無く学校に通っていたが、高校に入学した途端にそれは一変してしまった。父親が会社から解雇されてしまったのだ。入学後暫くは学校や地域、PTAの協力に因り勉強する事は出来 ... » more

青年は地球上のある国の普通の家庭に産まれた。少年期までは何不自由無く学校に通っていたが、高校に入学した途端にそれは一変してしまった。父親が会社から解雇されてしまったのだ。入学後暫くは学校や地域、PTAの協力に因り勉強する事は出来 ... » more

一体何だこの惑星は…SF小説
今書いている物があるにも関わらず、新たな構想が頭に浮かんでしまって困っている。忘れない様にここに書くとしよう。青年は地球上のある国の普通の家庭に産まれた。少年期までは何不自由無く学校に通っていたが、高校に入学した途端 ... » more

相当無理かもえらい長い割に全然中身もリアリティもないがんばって最後まで読み終わったけど、最後の方はこの分厚さにも腹立ってきたちなみに前回のブログ(シャングリラ)では漫画っぽいと書いたが、漫画どころかアニメ化までされて ... » more
テーマ 1つ星本 SF小説

ヨミマクリブログシャングリラ
友人に勧められてシャングリラを読んでみた。何やらすごい勧められたが。…これは漫画の方がいいなんじゃないかと思った。未来の東京でありえない身体能力を持った主人公の女の子が機関銃にも対等に戦えてしまう。風の谷のナウシ ... » more
テーマ SF小説 3つ星本

ヨミマクリブログ虐殺器官
「私には、3回生まれ変わってもこんなにすごいものは書けない」あの宮部みゆきのコメントSFは好きじゃないが、この小説は別格テロに備え徹底的なセキュリティ管理を行うようになった未来の世界で生きる暗殺部隊が主人公今なの ... » more
テーマ SF小説 5つ星本  トラックバック(4)

 

最終更新日: 2016/11/12 12:52

「SF小説」のブログ関連商品

» 「SF小説」のブログレビュー をもっと探す

「SF小説」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る