誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    統計学

統計学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「統計学」のブログを一覧表示!「統計学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「統計学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「統計学」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

College Analysis を使ってみる(1)_簡単な試行(データ入力) どうも統計の記事というのは人気が無いようです。たしかに、理屈が良く分からないけどひたすら計算して、まあ常識的な結果が出てくるので、あまり興味を魅かれないのかも知れません。実社会では最も使われるべき数理的手法なんですが、そんなに数理的な裏 ... » more
テーマ 統計学  コメント(2)

T_NAKAの阿房ブログ予測を検定する
今回の記事は当たり前といえばその通りですが、いろいろ検討することがあるということを示しました。さて、ここら辺で、「生物学の考える技術」は一応終わりとします。不足の部分もありますが、それは専門書に譲ることにしましょう。「生物学(特に生 ... » more
テーマ 統計学 生物学

T_NAKAの阿房ブログ仮説検定の落とし穴
仮説検定の落とし穴 今回は表題の落とし穴について見ていきたいと思います。・交絡要因交絡:研究の対象に選んだ要因が、他の要因と密接に相関しているときに生じる影響例)目的:マウスの体が大きいほど、寄生虫の数が多いかどうか?を調べる。 ... » more
テーマ 統計学 生物学

前回までスペアマンの順位相関を見てきましたが、この後この本では、例の「コウノトリと赤ちゃんの出生数」を話を出して「疑似相関」を説明しています。これって本当か?という疑問があります。まず、この本「生物学の考える技術」での記述を引用して ... » more
テーマ 統計学 生物学

傾向の検定_スペアマンの順位相関 本来は2×2の分散分析etc.「2階層の群の有意性検定」という話題があるのですが、きりがないので別の機会に見ていきたいです。さて、少し先を急いで「スペアマンの順位相関」を言及したいと思います(次が線形回帰ですがこれも有名なので割愛します)。 ... » more
テーマ 統計学 生物学

2群以上の間の検定_1×Nのカイ二乗検定 データ値が度数の形をしている場合に限っては、2群の場合と同様に、各群の合計に対してカイ二乗検定を行うことができます。解析方法を例題を使って見ていきます。[例題]===========================臨床微生物 ... » more
テーマ 統計学 生物学

2011年6月の失業率データの追加 7/29 に発表された6月完全失業率は4.6%。前月に比べ0.1ポイントの上昇しました。なお、有効求人倍率は0.63倍で、前月に比べ0.02ポイント上昇しました。 なお、失業率については、「※労働力調査では,東日本大震災の影響に ... » more
テーマ 統計学

「ノンパラメトリックな一元配置の分散分析」の続きです。ノンパラメトリックな一元配置の分散分析の手順(続き)5.群の平均が特定の順位になると指定する、具体的予測のための統計量を計算する。予測された平均が最も小さいも ... » more
テーマ 統計学 生物学

2群以上の間の検定_一元配置の分散分析(2) 前記事の例題を「ノンパラメトリックな一元配置の分散分析」で検定してみます。ノンパラメトリックな一元配置の分散分析の手順1.データは i 番目の群が ni 個のデータ値を含むものとする。例:においては、 ... » more
テーマ 統計学 生物学

2群以上の間の検定_一元配置の分散分析(1) 群の数は2つ以上になった場合の有意差検定について見ていきます。2つ以上になっても、一対ごとに2群の比較検定を行えばよいではないか?という考えもあるでしょうが、それをやると、測定誤差・バックグランドノイズの影響で、誤った判断をする確率が増えま ... » more
テーマ 統計学 生物学

2群間の差の検定_マン・ホイットニーのU検定(2) では、この本の本文に掲載されている例を元に手順をみていきたいと思います。この例についての解析結果は載っていないので正しいかどうかは明確ではありません。私の計算なのでそのように扱って下さい。例:マン・ホイットニ ... » more
テーマ 統計学 生物学

統計学@ 標準偏差と分散 現在、調査会社に勤めているのですが、長い間手をつけてこなかった統計に手をつけることにしました。手始めに、私でも分かりそうなテキストを・・・と探しまして「文系でもわかるビジネス統計入門」という本を発見し早速読み始めました。今までにもな ... » more
テーマ 統計学

2群間の差の検定_マン・ホイットニーのU検定(1) 私は工業系技術者なのでパラメトリック検定については一応知識はあるんですが、ノンパラメトリック検定というのは良く知らないんです。よって、Wikipediaを調べることから始めます。=========================== ... » more
テーマ 統計学 生物学

2群間の差の検定_カイ二乗検定 これから検定の具体的方法について見ていきたいと思いますが、これは統計の標準的教科書に書いてあることなので、この本「生物学の考える技術」に紹介されている技法についてのみ考えます。まずは、χ2検定なのですが、生の度数にしか使えないので、私は ... » more

T_NAKAの阿房ブログ検定の大分類
この表題の付け方があまり良くないのですが、具体的な手法ではなく、前提としての分類をしましょう。1.データセット自体の性質による分類これには次の2種類があります。・パラメトリック検定・ノンパラメトリック検定 ... » more
テーマ 統計学 生物学

検定の前に、どういう測定をするか?というのが問題です。ここで、その種類を確認しておきましょう。これには3種類あります。・名称または分類による測定・順序または順位による測定・等間隔の尺度での測定という3種ですが、一 ... » more
テーマ 統計学 生物学

2011年5月の失業率データの追加 7/1 に発表された5月完全失業率は4.5%。前月に比べ0.2ポイントの低下しました。なお、有効求人倍率は0.61倍で、前月同様で足踏み状態です。 なお、失業率については、「※労働力調査では,東日本大震災の影響により,岩手県 ... » more
テーマ 統計学

前記事で「本当は差または傾向がないのに、たまたま観察したデータではそれがあるように見える確率がα」と説明しましたが、この確率をどうやって求めるんでしょうか?実はもう少し話を進めないと出てこないのですが、どうも隔靴掻痒で上手くありません。 ... » more

まず今回はこのテーマについて、この本「生物学の考える技術」に沿って述べてみます。後記事で、最近の動向を考えたいと思います。有意性の基礎とは、もし「母集団に差または傾向がない」という帰無仮説が正しいとした場合、観察されたような程度 ... » more
テーマ 統計学 生物学

いままでは、予備段階の情報から仮説を導き出す方法について述べてきましたが、今後は仮説をどのようにして検定するかという問題になります。仮説からデータ収集→確認分析を行うのですが、漠然とデータを眺めていたのでは結論が出ないでしょう。 ... » more
テーマ 統計学 生物学

T_NAKAの阿房ブログ差と傾向(2)
ここでは「傾向」について、いままでの例について考えましょう。[例1グッピー]-------------------------------------予測1A(A):オスはメスのサイズが大きいほど、活発にディスプレーを行うことが ... » more
テーマ 統計学 生物学

T_NAKAの阿房ブログ差と傾向(1)
観察ノートから出てきた仮説→予測ですが、この際「差」を予測するのか「傾向」を予測するのか?ということが問題となります。この「差と傾向」というのが分かり辛いとこの本には書いてありました。個人的にはそんなに難しいとは思えないのですが、私 ... » more
テーマ 統計学 生物学

T_NAKAの阿房ブログ帰無仮説
「帰無仮説」というのは統計的検定で出てくる概念なので、特に目新しいものではありませんが、この「生物学の考える技術」の中ではどういう説明をしているかを見ていきます。例えば予測 1C では「個体のディスプレーの活発さは一緒にいるオスの数 ... » more
テーマ 統計学 生物学

次の例「コオロギ」について仮説と予測を考えます。オスのコオロギは、一緒に観察箱に入れると互いに攻撃性を示しましたが、出会いから闘争にいたるかどうかは、コオロギの数によって変化し、闘争を開始する傾向と闘争に勝つ傾向は、個体によって異なって ... » more
テーマ 統計学 生物学

次の例「トゲウオ」について仮説と予測を考えます。この場合、トゲウオの場合、様々な行動の持続時間が個体数で変化するようであり、また、捕食するミジンコ数と大きさにも、トゲウオの個体によって違いが見られました。[例3トゲウオ]---- ... » more
テーマ 統計学 生物学

次の例「ヒヨコ」について仮説と予測を考えます。そのいくつかは予備分析の段階で明らかになっています。[例2ヒヨコ]--------------------------観察ヒヨコをストック箱から観察箱へ出したときに、鳴き声が大きく、 ... » more
テーマ 統計学 生物学

予備分析というのは予め何が起こるのかという考えを抱かずに行うものです。しかし、今後の研究の指針となる「仮説」を立てるためには重要なものです。そこで、観察例から仮説と予測を導き出してみることにします。[例1グッピー]------- ... » more
テーマ 統計学 生物学

2011年4月の失業率データの追加 5/31 に発表された4月完全失業率は 4.7% で、前月に前月に比べ0.1ポイントの上昇しました。なお、有効求人倍率は0.61倍で、前月に比べて0.02ポイント低下しました。なお、失業率については、「※労働力調査では,東日本大 ... » more
テーマ 統計学

「一般相対論入門」(須藤靖・日本評論社)の「第6章 相対論的宇宙モデル」脚注で、須藤先生はコペルニクス原理を極端に進めた面白い論文を紹介しておられます。はて?どこかで聞いた話だなぁ?と思ったら、本ブログで以前に紹介してました。そういう意 ... » more
テーマ 統計学 物理

Rのe1071パッケージに含まれるsvm()を使用するとサポートベクターマシンによる判別分析が実行できます。基本的な使い方はこう↓data(iris) # アヤメのデータlibrary(e1071) # パ ... » more
テーマ 統計学  コメント(5)

 

最終更新日: 2016/11/12 12:28

「統計学」のブログ関連商品

» 「統計学」のブログレビュー をもっと探す

「統計学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る