誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    統計学

統計学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「統計学」のブログを一覧表示!「統計学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「統計学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「統計学」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

T_NAKAの阿房ブログAHPの簡単な例
AHPの簡単な例 以前「AHPについて 」という記事を書いていますが、ここでの引用資料がリンク切れになっているので、良く分からないものになっています。ここで、簡単な例を新たに示して仕切り直しとします。AHPの正式名称は(Analytic Hier ... » more
テーマ 統計学

二重スリットの干渉縞を点描で描いてみたい 二重スリットによる位相差においてスクリーン上の光の強度分布を求め、Excel で描きましたが、これを点描で表わせないかとプログラミングしてみました。具体的にはパラメータを b としという分布関数を「調和振動子の分布を ... » more
テーマ 統計学 場の量子論 おさらい量子力学

最近の自殺と失業率の関係 「経済は人を殺すのか?」という記事を書いていましたが、このときの資料「自殺者数の年次推移」の 8 ページに「自殺の原因・動機別自殺者数の年次推移」に「経済・生活問題」が死因の自殺者数が載っていたので、これと失業率の関係を見てみました。 ... » more

ツイッターで流れてきた話題です。Nature に "Big names in statistics want to shake up much-maligned P value「統計学の大家は有害なP値を大刷新したい」"という記事があるとの ... » more
テーマ 統計学

「平均光子の任意個数の状態を描く」プログラムを訂正 前記事で示した掲題のプログラムでαとしてマイナスの与えたとき同じ絶対値のプラスの値とは位相は180°違ってくるので、その要請を実装したもの考えました。・プログラム矢印で示したところが変更部分です。・結果 ... » more
テーマ 統計学 おさらい量子力学

平均光子の任意個数の状態を描くことを考える 光子0個、1個、2個、3個、…、に平均αの2乗個のポアソン分布の係数を掛けて線形結合式で分布状態を描けるプログラムを考えてみました。これは、調和振動子モデルの固有関数を求めるプログラムと分布を描くプログラムを組み合わせたものです。αは実 ... » more
テーマ 統計学 プログラミング おさらい量子力学

平均光子1個の状態を描く [「シュレーディンガーの猫」のパラドックスが解けた!!] _ 分かりたい自分のために(3)で触れた状態の分布を描くプログラムを考えてみました。光子0個、1個、2個、3個、…、に平均1個のポアソン分布の係数を掛けて線形結合式を平均1個の光子の ... » more
テーマ 統計学 おさらい量子力学

調和振動子の分布を描く準備(2) 今回は光子0状態と光子1状態の合成を考えます。[「シュレーディンガーの猫」のパラドックスが解けた!!] _ 分かりたい自分のために(2)の後半2つの図を描いてみました。・ の場合・ の場合 ... » more
テーマ 統計学 おさらい量子力学

調和振動子の分布を描く準備(1) 「自力で正規確率分布する乱数を作ってみる」というシリーズを3回ほど書いてきましたが、最終的には[「シュレーディンガーの猫」のパラドックスが解けた!!] _ 分かりたい自分のためにで取り上げた「シュレーディンガーの猫」のパラドックスが解けた! ... » more
テーマ 統計学 おさらい量子力学

自力で正規確率分布する乱数を作ってみる(3) それでは "von Neumannの棄却法" をもう少し見ていきたいと思います。実はこのブログさんの記事で知りました。これを応用して「正規確率分布する乱数」を作り出すことを考えます。まずターゲットとする正規分布のパラメータを ... » more
テーマ 統計学

自力で正規確率分布する乱数を作ってみる(2) この話題についていろいろググっているんですが、ここでは2つについて考えます。1つは累積密度関数(の逆関数)を用いる方法でもう一つは簡単に言うとモンテカルロ法を用いるものです。・累積密度関数の逆関数を用いる例えばここから図 ... » more
テーマ 統計学  コメント(2)

う〜ん、ちょっとした問題を解いているので、それの検算という記事です。どこの問題かは秘密です。 個の2変量データ から求めた相関係数 の定義 : 問題1: を > である定数としたとき, と変換した の相関係数 を求め ... » more
テーマ 統計学

自力で正規確率分布する乱数を作ってみる(1) 別に自分で作らなくても例えば python なら randn() で 平均0/標準偏差1 の標準正規分布する乱数を得ることが出来ます。また、中心極限定理を応用して何個かの一様分布乱数の合計で代用することも出来るでしょう。実は、本当の目標 ... » more
テーマ 統計学

経済は人を殺すのか? なにか物騒な標題ですが、「経済状態が悪くなると自殺者が増える」ので、経済が人を殺す原因となるという意味です。まあそれはそうなのでしょう。しかし最近、特にリーマンショック以降自殺率が下がっているのがよく分からないのです。まずは自殺者数 ... » more

最近、よくYahoo知恵袋の占いのQ&Aで「統計学」という言葉を見受けます。小生がみたところ、質問者の意味する「統計学」とは、生年月日による「四柱推命【八字】」など占いや字の画数による「姓名判断」のことを意味している場合が多いようです。 ... » more
テーマ 統計学 易爺の愚問愚答 占い

有意差検定をするときの有意水準というのは扱う問題によって適切な値を選ぶということです。今は Excel などが P 値を計算してくれますが、むかし統計の勉強をしているときは有意水準は 5% とか 1% に決め撃ちで分布の確率を計算した数表を ... » more
テーマ 統計学

ちょっとした「つり鐘型曲線」と正規分布の関係 前記事ちょっとした「つり鐘型曲線」を描いてみるで bell-shaped curve の一例を提示しました。この曲線と正規分布の関係を考えてみたいと思います。0 〜 1 の範囲で一様分布する3つの確率変数 X1 , X2 , X ... » more
テーマ 統計学 数学

ちょっとした「つり鐘型曲線」を描いてみる 普通 bell-shaped curve というと正規分布なんでしょうが、ここでは2次曲線を繋げてそれらしき曲線を描くということです。次図のように一辺の長さが "1" の立方体を考えて、各直交軸の同じ距離の点を結んだ図形(この場合は ... » more

最近、受講している JMOOC の講座数が多くてどうも自分のブログに手が回らない状況になってきました。特に、これら のなかから「電気回路」「制御工学」「品質管理」の3科目を同時に受講していて、これが高専の本授業と変わらないレベルで、真面目に ... » more
テーマ 統計学 gacco 関係

T_NAKAの阿房ブログガウスの逆問題
統計的推測 : 2標本問題から掲題の内容を自分なりに要約して書いてみましょう。最終的には「誤差分布について」の結論と同じで、正規分布の導出ということになります。[ガウスの逆問題]------------------------- ... » more
テーマ 統計学

統計学を体系的に学んだことがなくて、仕事の関連で少しずつ勉強したため、この「ベーレンス・フィッシャー問題」を知りませんでした。皆さんはご存じでしょうが、ここは備忘録として書いておきます。二つの正規分布 と の比較において、 を前提に ... » more
テーマ 統計学

交互作用がある二元配置法の線形モデル 今回は「交互作用がある(と思われる)二元配置法」についても線形モデルを考えていきます。例として、二元配置法_交互作用を考える場合のデータを使います。今回は、まず理論式モデルの表を出しておきます。字が小さくて見えないので、 ... » more
テーマ 統計学

交互作用がない二元配置法の線形モデル 「交互作用がない二元配置法」についても線形モデルを考えていきます。例として、二元配置法_交互作用の無い場合のデータを使います。簡単に表示すると、次の最初の表です。前記事の考え方を参考にすると、線形モデルは次の表のようにな ... » more
テーマ 統計学

一元配置法の線形モデル どうも、分散分析の話になると急にアクセスが減るのですが、私の趣味の1つなので、またまた書かせていただきます。以前は「変動の分解」のような抽象的な話で考えていたのですが、この「線形モデル」の方が直感的な理解が得られると思い、ちょっと追加さ ... » more
テーマ 統計学

ダーウィンのデータ(3) 鉢の影響は本当にないのだろうか?というのが気になります。この分析は二元配置法が適切であるのですが、Excel の「分散分析:繰り返しのある二元配置」は使えません。何故使えないかというと、繰り返し数が一定じゃないからです。具体 ... » more
テーマ 統計学

ダーウィンのデータ(2) まず、出来ることはデータを可視化して感覚的に判断することだと思います。それから色々と動いてみましょう。データを再掲します。これをグラフにしてみました。(このグラフは「散布図」を描く方法を使って作りました。鉢T→1、鉢 ... » more
テーマ 統計学 数学

ダーウィンのデータ(1) (数学セミナー, 増刊 . 入門・現代の数学11)日本評論社, 1981.5 統計的推測 : 2標本問題 という本の最初にこんなエピソードが載っていました。R.A.フィッシャー実験計画法 にダーウィンのデータが取り上げてられていたとのことで ... » more
テーマ 統計学 数学

二元配置法_交互作用を考える場合 因子が二つの場合と、それぞれの因子の効果が独立に存在するとしたのがこれまでの話である。しかし、一般には実状はさらに複雑で、二つの因子が互いに作用しあうことが起きる。例えば、日本酒とビールをチャンポンにして飲むと良く酔うといったことが言わ ... » more
テーマ 統計学 数学

二元配置法_交互作用の無い場合 一般に、製品の品質特性に影響を及ぼす原因として2つだけの因子を取り上げて調べる方法を二元配置法という。この場合、この2つの因子が特性に対して独立に影響して交互作用の無いと考えられる場合の例を考える。[例]---------- ... » more
テーマ 統計学 数学

T_NAKAの阿房ブログ一元配置法
一元配置法 (5-4)および(5-5)に示した例は、因子として取り上げるものは一つで、その他の要因は一定と考えている。この問題としている因子をいくつかの水準に分けて、その水準間に差が無いかどうかを調べる方法である。これを一元配置法と呼んでいる。 ... » more
テーマ 統計学 数学

 

最終更新日: 2017/11/21 13:45

「統計学」のブログ関連商品

» 「統計学」のブログレビュー をもっと探す

「統計学」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る