誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ゲーテ

ゲーテ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ゲーテ」のブログを一覧表示!「ゲーテ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ゲーテ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ゲーテ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

《ゲーテ:『ローマ悲歌』III まなざし》 この詩はいい。>In der heroischen Zeit, da Götter und Göttinen liebten,>Folgte Begierde dem Blick, fol ... » more
テーマ ゲーテ ローマ

《ゲーテとベルリン》 ベルリンシャルロッテンブルク城の前(同じく)1823年12月4日の『対話』の中でゲーテはベルリンについてこう語っている。これはわたしには少なからず驚くことだ。> Es lebt aber, wie ich an ... » more

《ひとつの詩を作曲しようとするとき》 ワイマール1920年のある碑銘メンデルスゾーンを育てた作曲家として知られているかもしれないツェルター(カール・フリードリッヒ)(Carl Friedlich Zelter)は、ひとつ詩を作曲しようとするときのことをこんな風に ... » more
テーマ ゲーテ 京都造形芸術大学 芸術

《ゲーテの「故郷」(Heimat)概念》 ワイマール劇場前広場の花1823年11月3日のエッカーマンとの対話の中に、ゲーテが「ハイマート(ふるさと)」について述べているところがある。ゲーテはこんな風に語る。>Alle diese vortrefflich ... » more
テーマ ゲーテ 高山 故郷

《詩はすべて機会詩でなければならない》 ドルンブルクの庭園の鳥の像「詩はすべて機会詩でなければならない」(es müssen alles Gelegenheitsgedichte sein)とゲーテは言う(『対話』1823年9月18日)。現実が詩 ... » more
テーマ ゲーテ 詩論 哲学

《建仁寺・両足院》 15日(10月)、建仁寺の両足院で日本歌人の秋の吟行歌会が行われた。それに加わっていたのだが。建仁寺にはそもそもほとんど行ったことがない。銀閣寺には好きでおそらく百回以上行っているので、好き嫌いがずい ... » more
テーマ エッカーマン ゲーテ 内発的発展

《ゲーテの詩の巧みさ HEIDENROESLEIN》 Morgenschön !20.8.2016, InTautenburg.初回の授業で「ドイツには朝がある」などという途方もないことを言ってしまったので、そしてその際その考えを補強すべくゲーテの「mor ... » more

《ゲーテのお月見 --1828年8月25日ドルンブルクで》 ドルンブルクのテラスからタウテンブルク方面1828年8月25日ゲーテはドルンブルクで月を見ていた。多分傷心を癒していたのだ。時は日本で言えば初秋の望月の日。中秋の名月よりはひと月早い。そしてその72年後のその日はフリード ... » more

twitterでも呟いたのだが,中年になってくると,たとえば読書についても,残りの人生であと何冊読めるかといったことを,ぼんやりとでも考えるようになる(こうした思いについては,本ブログのエントリ「若い頃にしかできないこと」にも書いた).そう ... » more
テーマ ゲーテ 人生

気持ちがすさんで暗闇に心が包まれると、他人の不幸を見て喜ぶことにしか興味がなくなる。他人の幸福どころか自分の幸福さえも、求めなくなる。だから、他人の悪口をやたらと述べ立てる者は、もはや自分の幸福を放棄しているのだ。 ... » more
テーマ ゲーテ

「うまい話に騙された」と嘆く者は、他人に騙されたのではない。自分で自分を騙したのだ。なぜなら、自分の愚かな欲望が、その「うまい話」に乗せられて、自分の心に「信じろ」と命じたからである。 ... » more
テーマ ゲーテ

ぺりーの靴Mehr Licht!
Mehr Licht! 若きウェルテルを人妻への失恋で自殺させた大文豪は、自身73歳のとき55歳年下の少女に恋をし失恋、『マリエンバード悲歌』などを残し、82歳でなくなるとき(山田風太郎の『人間臨終図鑑』では83歳没)" Mehr Licht !"が最後の言葉であ ... » more
テーマ ゲーテ 人間臨終図鑑

キミってトゲトゲ 『ゲーテ』です。このバラの名前は、ゲーテの詩『野薔薇』に由来するそうです。つぼみにも、トゲっぽいものが付いています。触っても痛くありません。 ... » more
テーマ ゲーテ バラ

Morgenschön-- 朝のように美しい – こんな言葉を作ったゲーテは天才だ、というのはその通りだろう。だが、どこが天才なのか?それは、わたしが思うに、美を、朝の新鮮さにおいて切り取って見せ、その味わい ... » more
テーマ 野バラ ゲーテ morgenschön

ひので5:02ひのいり18:14@仙台はれ ... » more
テーマ ゲーテ 教養 1749

ゲーテに学ぶコミュニケーション 他人を自分に同調させようと望むのは、そもそもバカげた話だよ。by ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家だったゲーテの言葉です。他人と自分の価値観は異なる、また ... » more

座右のゲーテ ― 壁に突き当たったとき開く本 座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)光文社 齋藤 孝 Amazonアソシエイト by ■ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749年8月28日〜1832年3月22日)ドイツの詩人、劇作 ... » more

ふつう、こうした催しには、学生や研究者しか来ないのだが……。ゲーテ研究家のオステン博士は不思議に思いました。2005年、東京で行った東洋哲学研究所主催の講演会。どこから見ても、ふつうの市民、という人たちが熱心に耳を傾 ... » more

昨日、「ワイマール・ゲーテ協会」から特別顕彰「ゲーテ・メダル」を授与した世界の大詩人であり、大哲学者である池田大作博士は、著書『私の人間学・下』ー武田信玄ーから以下のように言われています。●過ちなき人物の見方人物の見 ... » more

太閤殿下の寝言ゲーテ
ゲーテはドイツの詩人、劇作家、小説家、哲学者、自然科学者、政治家、法律家で、世界中から愛されてきた大文豪です。ヨーロッパの激動期に生まれ、思想家ヘルダーのもとで文才を磨きました。そして、25歳のときに出版した『若きウェルテル ... » more

池田大作SGI会長にドイツのワイマール・ゲーテ協会が特別顕彰“人類の遺産”の「ゲーテ・メダル」を授与受章の辞で「貴殿はゲーテの最大の理解者」「平和と人道に貢献」世界文学の最高峰ゲーテ。その精神を探究し ... » more

人は理性的に生きるものなのでしょうか?本来、情念的なものなのでしょうか?僕は、当然、前者だと思っていました。しかし、この本を読んで、木っ端微塵にその考えを打ち砕かれたように感じました。婚約や結婚さえ超えて、心と心が深 ... » more

さまざまいろいろまぶしい
まぶしい今朝の日の出が運転する正面にちょうど当たり、日よけの運転のところについているのを下げても、その間から前お見るような格好になって、徐行しながらその間を走りましたがねえ、気持ちの良い久しぶりの夜明けでございます。妻は今日もはやでなので駅 ... » more
テーマ ゲーテ クロッカスの花 希望

集英社新書は時折文学関連で毛色の変わったものを出版していますが、今回紹介するのもそんな一冊です。紀行文(?)が出版されています。ゲーテ『イタリア紀行』を旅する楽天ブックス 集英社新書ヴィジュアル版 著者:牧野宣彦出版社:集英社サ ... » more
テーマ 独文学 ゲーテ

別れの調べ ― ミニョン ゲーテの有名な詩に、一連の「ミニョンの歌Lieder Mignons」があります。これは、ドイツロマン主義のバイブルと言えるゲーテの小説『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』の登場人物ミニョンが作中で歌っているものです。ミニョンの歌は全部で ... » more
テーマ ゲーテ ドイツ文学 別れの調べ

「若きウェルテルの悩み」ゲーテ高橋義孝/訳新潮文庫青年ウェルテルは、美しき女性ロッテと出会い、恋に落ちる。ウェルテルの心はロッテでいっぱいになる。だがやがて、不在だったロッテの婚約者アルベルトが帰ってくる。諦 ... » more
テーマ 読書 ゲーテ

ドイツの大作家、ゲーテとかシラーっていつごろの人なの? ●●●●●★●問題:●ドイツ古典主義を代表する作家、シラーとゲーテはどちらが先に生まれたでしょうか?□ゲーテが2年以上早い□シラーが2年以上早い□2年までの差はない(答えはずっと下↓スクロールして下さい) ... » more

A Day in the Life人間の限界 (ゲーテ)
Amazon があまりに便利なので,本を買うのは Amazon にすることが多くなった.しかしそれでも,本屋には,Amazon などのインターネットショップには替えがたい魅力がある.自分の興味がない分野も含めて,さまざまな分野の新しい本・雑 ... » more

「「座右のゲーテ」齋藤孝(光文社新書)」読みました! 「座右のゲーテ壁に突き当たったとき開く本」齋藤孝著(光文社新書)を読みました。本の目次は、以下のとおり。まえがきT集中する1小さな対象だけを扱う2自分を限定する3実際に応用したものしか残らない4日付を ... » more

ゲーテ「イタリア紀行」 塩野さんの「ヴェネツィア共和国の1000年」を読んで、ゲーテの引用があったので、早速手元にあった全集から、走り読みしてみました。形式は旅行記ですから、日記で綴られていますが、これって現代版「ブログ」だなあと思いました。本当であれ ... » more
テーマ ゲーテ

 

最終更新日: 2016/12/04 07:45

「ゲーテ」のブログ関連商品

» 「ゲーテ」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る