誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    精神医学

精神医学

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「精神医学」のブログを一覧表示!「精神医学」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「精神医学」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「精神医学」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

2007.3刊。日本放送協会。¥950(税別)。簡単すぎて物足りない。 ... » more
テーマ 精神医学

2006.10刊。星和書店。早世した九州大学大学院生。精神科医。新型うつ病の論文2編所収。 ... » more
テーマ 精神医学

2006.1刊。河出書房新社。¥2500(税別)。なにかまとまりのない解説書。△ ... » more
テーマ 精神医学

香山リカ「仕事中だけ≪うつ病≫になる人たちー30代うつ、甘えと自己愛の心理分析」 2007.1刊。講談社。こころライブラリー。¥1300(税別)。現代型うつ。新型うつ。その特徴と対応。中味が薄い。仕事中だけ「うつ病」になる人たち??30代うつ、甘えと自己愛の心理分析 (こころライブラリー)講談社香山 リカユーザ ... » more
テーマ 精神医学

2009.9刊。ちくまプリマー新書。¥780(税別)。YA向け。もう少しアカデミックでもよいかな。若者の「うつ」?「新型うつ病」とは何か (ちくまプリマー新書)筑摩書房傳田 健三ユーザレビュー:よくまとまっています ...どんどん ... » more
テーマ 精神医学

「『精神病院を捨てたイタリア捨てない日本』」についてアマゾンで早速注文を出したのだが、一気に注文が集中したためか、在庫切れして発注が自動キャンセルにされてしまった。年末年始を挟んだので、年始休暇明けにはまた増刷されると ... » more

『精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本』 先の映画館の話でちょっと触れたが、元朝日新聞記者の大熊一夫さんの「ルポ精神病棟」に触発されて自ら精神科への入院体験を試みた時期があった。確かに当時の精神科の閉鎖病棟は「令状無き逮捕拘束、司法の手続き無き無期限懲役」のよう ... » more

西原由記子「自殺する私をどうか止めて」 2003.12刊。角川書店。¥1300(税別)。東京自殺防止センター所長(創設者)。実体験記。自殺する私をどうか止めて角川書店西原 由記子ユーザレビュー:無条件・無批判で話を ...Amazonアソシエイト by ... » more
テーマ 精神医学

学而河西千秋「自殺予防学」
22009.6刊。新潮選書。¥1100(税別)。自殺問題の基本書の一冊。 ... » more
テーマ 精神医学

学而高橋祥友「自殺予防学」
岩波新書。2006.7刊。¥740(税別)。自殺という死の実態、自殺に至る心理、「うつ病」との関係、遺族に対するケアなどの基本書。 ... » more
テーマ 精神医学

2008.3刊。日本放送出版協会。¥1000(税別)。最新のオーソドックスな啓蒙書。現在の標準的精神医学の見解。 ... » more
テーマ 精神医学

学而神谷美恵子「生きがいについて」
神谷美恵子著作集11980.6刊。みすず書房。¥1100。名著と言われるが・・・。△ ... » more
テーマ 精神医学

“精神医学の近代化”と“向精神薬(薬物療法)・神経科学的仮説の発見”の歴史 1950年代の抗精神病薬の発見によって、精神医学の治療法は『エビデンス(統計学的根拠)のある薬物療法』へのパラダイムシフトを体験することになりました。一番初めに統合失調症の治療薬として使い始められたクロルプロマジン(商品名:コントミン・ウイ ... » more

神谷美恵子「こころの旅」(神谷美恵子コレクション) 2005.1刊。みすず書房。¥1500(税別)。ライフサイクルの心理学。教科書的。こころの旅 (神谷美恵子コレクション)みすず書房神谷 美恵子ユーザレビュー:人生とはこころの旅で ...子育ての前に読んでお ...人生で迷ったとき ... » more
テーマ 精神医学

サラリーマン(働いている人)のストレス状況と効果的なストレス対処:自律神経系の失調の問題 20代〜30代の社会人男性500人を対象とした『ストレスに関するアンケート』で、ストレスによる睡眠障害や消化器の症状が指摘されています。ストレスが原因と思われる心身症状があっても、『忙しくて時間がない・大した症状ではないと思う』ということで ... » more

2009.5刊。平凡社新書。¥720(税別)。ロスジェネの半生記。ロスジェネはこう生きてきた (平凡社新書 465)平凡社雨宮 処凛ユーザレビュー:とっても普遍的な個人 ...天は自らを助くる者を ...雨宮の自伝的著書フリ .. ... » more
テーマ 精神医学

2009.10刊。宝島社。¥1143(税別)。啓蒙的。一読の価値あり。 ... » more
テーマ 精神医学

2004.1訳書刊(原書1997)。星和書店。¥3500(税別)。難解。専門的。通読不可。 ... » more
テーマ 精神医学

“非定型うつ病の特徴”と“うつ病の特徴”の比較:非定型うつ病のストレス反応性・過眠過食・疲労感 現在では、古典的な大うつ病性障害(メランコリー親和型性格に由来するうつ病)の症例が減って、『精神運動制止(一切の活動性の喪失)・自責感・自罰感情・罪悪感』の症状がほとんど見られない軽症うつ病(プチうつ)や新型うつ病が増えているといわれます。 ... » more

エリオット・S・ヴァレンスタイン「精神疾患は脳の病気か」 功刀浩監訳中塚公子訳。2008.2刊。みすず書房。¥4200(税別)。精神疾患は脳の病気であるという近年の精神医学が拠って立つ根本命題に挑戦し、それが虚構である可能性を指摘している。精神疾患は脳の病気か??向精神薬の科学と虚構みす ... » more
テーマ 精神医学

うつ病(気分障害)には、病因論や重症度、循環性(双極性)などに基づく分類がありますが、うつ病全般に共通する基本症状として以下の2つが典型的なものとしてあります。1.今まで楽しめていた趣味や熱中できていた事柄にまるで興味が持てなくなる ... » more

DSM診断の罠。2002.10刊。日本評論社。¥2800(税別)。DSMの非科学性を告発。 ... » more
テーマ 精神医学

クリストファー・レーン著、寺西のぶ子訳「乱造される心の病」 2009.8刊。河出書房新社。¥2000(税別)。shynesss How Normal Behavior Became a Sickness内気が病気と診断される現代の精神医学。乱造される心の病河出書房新社クリストファー・レーン ... » more

2009.7刊。幻冬社ルネッサンス。¥1500(税別)SSRI現象。静かな告発。 ... » more
テーマ 精神医学

強迫性パーソナリティ障害の精神分析的な解釈:“完全主義・義務意識”と“罪悪感・自己嫌悪”の相関 幼少期には、母親・父親から受ける『躾(しつけ)の強度や方法』によって人格構造(性格特性)の基礎が形成されてくるが、理不尽な体罰や配慮のない人格非難などを受けた場合には『怒り・反抗・攻撃にまつわるサディズム(嗜虐性)』が起こってくることがある ... » more

強迫性パーソナリティ障害と硬直的な対人関係や感情表現の問題:自律性の発達課題と完全主義思考 精神分析ではS.フロイトやK.アブラハムの性格理論によって、『強迫性障害(強迫性パーソナリティ)』は2〜3歳頃の肛門期性格と結び付けられてきたが、肛門期性格の特徴は『融通の効かない頑固さ・細かい部分が気になる几帳面さ・出し惜しみしたり貯め込 ... » more

社会不安障害・強迫性障害に見られる“完全主義思考の認知の歪み”と認知療法による発想の転換 社会不安障害では、『他人から嫌われたらおしまいだ・他人から拒絶されるような自分には価値がない・他人に好意を持たれないことはつらくて耐えられないことだ』といった人間関係にまつわる偏った認知が見られます。論理療法(論理情動行動療法)を開発したア ... » more

“破局的・悲観的な認知”による精神症状の形成と認知療法に基づく“機能的な認知”の獲得 アーロン・ベックが開発した認知療法(cognitive therapy)では、うつ病(気分障害)の気分の落ち込みや意欲の低下の原因を『非機能的な認知(認知の歪み)』に求めて、この非機能的な認知を現実的に反駁することで『適応的な認知』を獲得し ... » more

H.S.サリヴァンの対人関係論的なパーソナリティ理論とカレン・ホーナイの神経症的葛藤に基づく性格分類 H.S.サリヴァンは対人関係における社会的相互作用を重視したことから『対人関係学派』に分類されるが、社会的・文化的要因を中心にして精神活動を分析しようとした『新フロイト派(ネオ・フロイディアン)』としても知られる。新フロイト派の代表的な分析 ... » more

『精神医学は対人関係論である』としたH.S.サリヴァンとシンタクシスを目指す対人関係様式の課題 『精神医学は対人関係論である』という著作・標語で知られるアメリカの精神科医ハリー・スタック・サリヴァン(Harry Stack Sullivan,1892-1949)は、S.フロイトの性欲理論(リビドー仮説)を否定して、人間の精神発達プロセ ... » more

 

最終更新日: 2017/11/05 05:50

「精神医学」のブログ関連商品

» 「精神医学」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る