誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    日本の城

日本の城

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「日本の城」のブログを一覧表示!「日本の城」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「日本の城」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「日本の城」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

第10回日本城郭検定 1級 問038 問038城内側から土塁上に登るために、坂や階段が設けられました。これを雁木と呼ぶが、二本の雁木を並行して設けたものを何というか 。@合い坂A重ね坂B向い坂C二股坂::::::: ... » more

第10回日本城郭検定 1級 問037 問0372015年の松江城の国宝指定は、城の完成した年を裏付ける祈祷札 が再発見されたことが大きい。祈祷札に書かれていた年号はどれ か。@慶長6年A慶長8年B慶長16年C慶長18年:::: ... » more

問036「甲陽軍鑑」などの軍学書では、桝形空間の大きさの理想を奥行き×間口の間数で「○○」 としている。○○に入る数字はどれ か。@三六A四六B五八C六七::::::::: ... » more

第10回日本城郭検定 1級 問035 問035虎口の前面(外側)に設けられた攻撃の拠点となる施設を持つ小規模な曲輪を馬出と呼ぶ。コの字形に折れ曲がる角馬出を三ヶ所に設けているのはどの城 か。@加納城A丹波篠山城B中津城C川越城::: ... » more

問034入口の前後や前面に遮蔽物として土塁を構えた施設を「一文字土居」と呼ぶが、現在もこの 「一文字土居」が残存しているのは、次のどの城 か。@五稜郭A掛川城B姫路城C人吉城::::: ... » more

問033江戸時代初期。荻生徂徠の「ツ録外書」で、特に優れた三城としてあげられていない城はどれ か。@名古屋城A大坂城B姫路城C熊本城:::::::::::: ... » more

第12回日本城郭検定は、6月10日 第12回 日本城郭検定 は、6月10日(日曜日) の開催!今回は、福岡でも1級が受験出来るので、(今までの姫路をやめて)福岡で申し込んだ。早割なので、9,000円 → 8,500円 の受験料 に。。。。。2018年の ... » more

第10回日本城郭検定 1級 問031 問031梯郭式とは、本丸を天嶮に面した隅角に配置し、その周囲2〜3方向を他の曲輪で囲い込むように配置した構造の城だが、次のうち梯郭式の城はどれ か。@府内城A水戸城B大垣城C姫路城:::: ... » more

問0301871年(明治4年)廃藩置県により全国が直轄領となると、旧2鎮台は廃止され、新たに4鎮台8分営が設置 されることになった。4鎮台が置かれなかった城はどこ か。@仙台城A名古屋城B大坂城C熊本城: ... » more

問029北陸巡幸を終え、彦根に立ち寄った 天皇に、彦根城の保存の必要性を訴えた ことにより、天皇が同意し、宮内卿徳大寺実則を通じて保存が命じられた。この時、天皇に保存を進言したのは誰 か。@板垣退助A岩倉具視B大隈重 ... » more

高松に棲む日日松本城
松本城 週末所用のため東京に滞在している。今日はせっかくなので日帰り旅行と、初めて松本まで足を運んだ。当然国宝松本城を訪れた。その姿を実際に見ることができ、感動することができた。 ... » more

問028明治維新後、城を陸軍の軍用地として利用する場合建造物や石垣、その他樹木等を利用することは構わないという内容の 存城処分になったのは、要害1城と東京城(江戸城)などを含む何城 だったか。@12城A28城B35城 ... » more

問0261855年(安政元年)開国を選択した幕府は、翌年奥羽四藩に蝦夷地分担警護を命じた。各藩は蝦夷地に陣屋を建設したが、この時南部藩が築いた陣屋はどれ か。@白老陣屋A室蘭陣屋B浜増毛陣屋C砂原陣屋: ... » more

問025一国一城令発布時、鳥取池田家の所領は因幡国と伯耆国の二ヶ国であったため、鳥取城(鳥取市)と米子城(鳥取県米子市)の二城となるところ、陣屋扱いとしもう一城の存続が許された。その城はどれ か。@倉吉城A羽衣石城B ... » more

問0241601年(慶長6年)の膳所城(滋賀県大津市)築城を皮切りに、徳川家康は次々と天下普請で城を築き上げた。次の城の中で、最後に完成した城はどこか。@丹波亀山城A彦根城B丹波篠山城C伏見城:: ... » more

問022関ヶ原合戦で 勝敗の鍵を握ったのが東軍に寝返った小早川秀秋だった。石田三成はここを改造し、毛利輝元を入れ西軍の本営にしようとしていた程の要衝である。小早川秀秋が陣を置いたのは次のどれ か。@松尾山A笹尾山 ... » more

第10回日本城郭検定 1級 問021 問021徳川家康は征夷大将軍に任じられると、江戸城を「将軍の城」に相応しい体裁に整え始めた。最初に実施されたのは、ある山を切り崩し、日比谷入江を埋め立て、前島を掘割して道三堀や平川へと接続する ことだった。ある山とはどれ か。 ... » more

問020豊臣秀吉が朝鮮出兵に際し、朝鮮国内に築いた倭城には、本城・端城という機能差が存在してたことが文書等から判明 している。30城程築かれた倭城の中心となった主城は何城 か。@釜山城A蔚山城B西生浦城C金海竹島 ... » more

問019織田信長の父である織田信秀は、尾張支配を進める中でその居城の移転を実施している。次の城の中で、信秀が居城として使用していない城はどれ か。@勝幡城A古渡城B末森城C清州城::::: ... » more

問018浅井氏の居城・小谷城(滋賀県長浜市)は、標高495mの小谷山から南に舌状に延びる尾根筋を利用して築かれている。最北の最も高所に位置する曲輪は、何という名称 で呼ばれているか。@京極丸A山王丸B中丸C大広間 ... » more

問016北条氏は、小田原城を中心に、韮山城などの一門の城や、鉢形城などの支城を軍団司令部として周辺に配し、小田原城を頂点にした支城網を領国内に張り巡らした。次の城のうち、一門衆の城でないのはどれ か。@武州松山城A玉縄城 ... » more

問015織田信長が、圧倒的な兵力で六角方の前線の城を数時間で落城させる と、六角義治は、居城・観音寺城を放棄し、夜陰に紛れて落ち延びた。織田方が数時間で落城させたのは何城 か。@長光寺城A箕作城B星ヶ崎城C三 ... » more

問014戦乱が多発すると、農村や自治都市では集落や都市を守るために周囲に堀(環濠)を廻らし、襲撃に備えるところが現れた。稗田集落や若槻集落、番条集落など密集して分布するのは、どこの市 か。@大和郡山市A長岡京市B東大 ... » more

問013山科本願寺(京都市) は、二重の土塁と堀に囲まれ、さらに折れを多用し、隅角には櫓のような建物が配され、その規模は南北に1km、東西に800mと推定される。発掘調査によって確認された 堀幅は、最大幅で何m だったか。@ ... » more

第10回日本城郭検定 1級 問012 問012大阪冬の陣では、徳川家康が真田丸に対し攻撃しないように指示したにもかかわらず、挑発に乗って攻めかけたのは誰 か。@脇坂安元A井伊直孝B松平忠直C前田利常:::::::: ... » more

問011伊吹山系の標高702mの山上に位置する山岳寺院 で、階段状に100近い坊が置かれていた。守護京極政高がここを陣として利用したことが記録に残されているが、この寺の名前はどれ か。@弥高寺A敏満寺B百済寺C金 ... » more

問0101974年(昭和49年)から発掘調査が実施され、建物跡や土塁跡、庭園遺構等が確認され整備された、岐阜県飛騨市の国人領主の館の主は誰 か。@土岐氏A遠山氏B江馬氏C安木氏::::: ... » more

問009現存する 小諸城三の門には「懐古園」と書かれた扁額がかかっている。この扁額を書いたのは、何家の人 か。@徳川家A牧野家B千石家C西尾家:::::::::: ... » more

問008南朝勢力は、各地に散在する山岳寺院を取り込んで城に再利用 して戦闘を継続している。南朝方が利用していない城はどれ か。@霊山城A大平城B摩耶山城C首羅山城::::::: ... » more

問007鎌倉幕府が置かれた「鎌倉」の地が城と呼ばれた最大の要因は、天然の要害の地であったからだが、この「鎌倉」を守るために設けたと言われる切通ではないのはどれ か。@極楽寺坂切通A稲村ヶ崎切通B亀ヶ谷坂切通C名越 ... » more

 

最終更新日: 2018/02/20 15:15

「日本の城」のブログ関連商品

» 「日本の城」のブログレビュー をもっと探す

「日本の城」ブログの人気商品

このテーマでブログを書く人がよく紹介している商品をチェックしよう!

日本城郭検定公式問題集 日本100名城編[本/雑誌] (単行本・ムック) / 日本城郭協会/監修 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル 日本城郭検定公式問題集 日本100名城編[本/雑誌] (単行本・ムック) / 日本城郭協会/監修
CD&DVD NEOWING

Powered by ウェブリブログ商品ポータル

テーマのトップに戻る