誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    城山三郎

城山三郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「城山三郎」のブログを一覧表示!「城山三郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「城山三郎」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「城山三郎」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

城山三郎の娘さんへのインタビューをまとめて本にしたものである。だから読みやすい。そして、そこに城山三郎の若いときに書いたものなどを発掘して織り込んで構成している。作家城山三郎は経済小説で有名だが、戦争に題材をとったものもあり、わたしも『 ... » more
テーマ 城山三郎

戦争の悲惨さを知るI氏から、メールが届いた。「城山三郎と平岩外四の対談」(大岡昇平「野火」を読む)を読み、70年前の戦争と今が重なって見えることに驚いている。このように強引に戦争が始まってしまったのだろう ... » more
テーマ 城山三郎 大岡昇平 平岩外四  コメント(1)

戦争で得たものは憲法だけ!「憲法こそが私たちの反省の誓い」城山三郎氏…  “安倍は根底から破壊” 戦争で得たものは憲法だけ! 「憲法こそが私たちの反省の誓い」城山三郎氏…“安倍は根底から破壊” 平 和(たいら なごむ) ‏@peace_ojisan 2月21日平 和(たいら なごむ ... » more

作者は2007年に没した数々の優良の作品を残した作家。没後に出版社が原稿や対談を再改訂してまとめた本。作品は3部に分かれ、@は自分の体験談を含めたエッセイ風、Aは亡き妻の思いを記したもの、Bは同年代の作家「吉村昭」との対談。 ... » more
テーマ 読書 城山三郎

名門企業をめぐるぎとぎとした男たちの権力抗争 〜「役員室午後三時」 城山三郎 著 読書感想文 本屋に行くと経済小説というのが山積みになっているのです。でも、かつては、このジャンルって、城山三郎の独壇場だったよね。その、城山三郎の経済小説の代表作を久しぶりに読み直してみた。http://www.amazon.co.jp ... » more
テーマ 読書 城山三郎 経済小説

主人公は、戦前・戦後を生き抜いた相場師・春山豆二。農家の長男ですが、なぜか名前に「二」の字が入っています。この「二」の字の由来は、後の豆二の相場師(今風に言えばビジネスマン)としてポリシーに大きく影響を与えていきます ... » more

ビジネスパーソンへ向けた応援本といった感じでしょうか.まず,タイトルの通りに,強く生きるためのヒントが沢山書かれておりましたが,個人的には以下の二つが印象に残りました.「人生の原点は死であること.少々の挫折などなんでもない. ... » more

城山三郎 ‘男子の本懐’ 手元にあった‘集英社国語辞典’によれば「懐(かい)」の第一義は「おもう。おもい。」です。よって「本懐」は「かねてからの願いや望み。本意。本望」という意味の言葉です。支持率が下がったり、マスコミが騒いだりするとすぐに方 ... » more

城山三郎 ‘落日燃ゆ’ 東京裁判でA級戦犯として処刑されたただ一人の文官であった元総理である広田弘毅の伝記的小説が‘落日燃ゆ’です。第二次大戦は軍部の暴走により勃発し泥沼化したとも言えます。当時は政府高官とはいっても軍部に逆らうようなこ ... » more

『打たれ強く生きる』城山三郎 打たれ強く生きる (新潮文庫)新潮社 城山 三郎 Amazonアソシエイト by 自分だけの時計、歩け歩け、ぼちぼちが一番、配転は新しいはじまり、ふり回されるな、乱反射する友を―常にパーフェクトを求め、他人を押しのけることで ... » more

城山三郎 ‘官僚たちの夏’ ‘官僚たちの夏’というタイトルからは想像もつかない熱くそして爽やかな小説です。‘官僚たちの夏’は無骨でありながらなぜか人事通で面倒見の良い通産官僚・風越が自らの持てる力そして「人事の風越」と呼ばれるほどの省内の人脈を ... » more

城山三郎 ‘価格破壊’ 今では流通はかなり発達し社会制度もしっかりてきたおかげで戦後間もないころに比べるとだいぶ自由な競争ができるようになっています。城山三郎氏の‘価格破壊’は戦後間もないころに「安売り」で世の中を豊かにしようと奔走した男性 ... » more

落日燃ゆ A級戦犯として絞首刑になった唯一の文官広田 弘毅の生涯を描いた城山三郎の小説です。外交官となるまで、そして外務省における仕事ぶり、大臣や総理大臣としてのさらなる複雑な立場での仕事のあり方。それぞれにおいて彼がどのように自分の身を処してき ... » more

本日紹介するのは、城山三郎『男たちの好日』(新潮文庫)です。城山三郎の小説のなにがイヤって、なんでもかんでも結局はうまくいっちゃうところ。谷あり山あり、紆余曲折経るけれども、どうせラストは、ってなる。とはいえ、取り上げた人の ... » more
テーマ 城山三郎 本(絶版U)

「そうか、もう君はいないのか」(城山三郎) 甦る面影、声にならぬ悲しみ。最期まで天真爛漫だった君よ……。亡き妻との人生の日々を綴った、凛として純真な愛あふれる「妻との半生記」。感涙の絶筆。 癌とわかった妻。私は言葉が出なかった。かわりに両腕をひろげ、その中へ飛びこんできた容子 ... » more

本日紹介するのは、城山三郎『黄金の日日』です。「海に向かって開いた町は、残り三方に深い堀をめぐらしている」「堀の向うには、戦乱や飢えがあっても、堀を渡れば、いつも平和と富があった」―織豊時代、商業自由都市として繁栄の一途にあった堺は ... » more
テーマ 本(絶版) 城山三郎

本日紹介するのは、城山三郎『望郷のとき』(角川文庫)です。先日、古本屋で偶然発見しました。城山さんといえば経済小説、というイメージがどうしてもありますが、田中正造を描いた『辛酸』や、慶長遣欧使節・支倉常長一行を描いた本書など、たまに ... » more
テーマ 本(絶版) 城山三郎  コメント(2)

「そうか、もう君はいないのか」(城山三郎著、新潮社)を読む タイトルを見てそれだけで切ないというか悲しい気持ちになる本でちょっと記憶にも残るしいろんなところで目にするしちょうど手元に来たし、で読んでみました。文字が大きく行間に余裕があって読みやすいです。( ... » more
テーマ 日記 城山三郎

読書 そうか、もう君はいないのか 城山三郎 新潮社  奥さん思いのこういう作品は、その永遠の別れのところでどうしても泣けてきます。ただ、今回自分でも驚いたのは、城山三郎の文章よりも、その次女があとがき的に書いた文章に泣けたことです。そばで見ている娘のほうが二人をよりよく見て、しっかり描けていた ... » more
テーマ そうか、もう君はいないのか 読書 城山三郎

静かな本だ。読んでいて雑音が聞こえない。静謐のなかに、4人の少年の生死が描かれる。戦時下、おそらく様々な音があったのだろう。まずこの4人は飛行予科練習生(予科練)に入った。航空隊であるから、爆音はあったはずだ。そして日々、彼らの尻に ... » more

絶版かよっ・その61 本日紹介するのは、城山三郎『盲人重役』です。本書の存在を知ったのは、さだまさしのコンサートでのこと。映画『解夏』の主題歌「たいせつなひと」を歌う前だったか歌った後だったかは忘れてしまったけれど、とにかく、その映画に出てくる、「目 ... » more
テーマ 本(絶版) 城山三郎

無念の死を見つめる私が自治体史に関わっていたときのことを思い出す。ある夏の日、他に誰もいない編纂室で戦死者のことを書きつづっていた。中央大学在学中に学徒動員で海軍に行き、第一神雷爆戦隊の一員として出撃した学徒兵。遺書にはこうあった。 ... » more
テーマ 城山三郎 特攻

「「対談集「気骨」について」城山三郎(新潮文庫)」読みました! 「対談集「気骨」について」城山三郎著(新潮文庫)を読みました。経済小説、歴史小説の世界で、日本男子の生き方を描いた城山三郎先生が、これはと思う人物との対談を通して、人間としての魅力を感じる「気骨」について肉声で語り合った記録をまとめた本 ... » more
テーマ 城山三郎 精神

『世界』(岩波書店)11月号に、内橋の講演記録が載せられている。城山三郎の小説三点、『男子の本懐』、『鼠ー鈴木商店焼き討ち事件』、『落日燃ゆ』である。これらは歴史に題材をとったものだ。浜口雄幸、井上準之助、金子直吉、広田弘毅がそれぞれの主人 ... » more
テーマ 内橋克人 城山三郎 『世界』

過去と未来の間城山三郎のこと
城山三郎が亡くなった記事が、今日の『中日新聞』夕刊にあった。その主旨を、以下に紹介しよう。城山さんは、戦争末期、あと数ヶ月戦争が長引けば「伏龍特攻隊」の一員として、死ぬはずであった。「伏龍特攻隊」とは、「海底に沈む兵士が、竹竿に装着 ... » more
テーマ 城山三郎 憲法

「「指揮官たちの特攻  幸福は花びらのごとく」城山三郎(新潮文庫)」読みました! 「指揮官たちの特攻幸福は花びらのごとく」城山三郎著(新潮文庫)を読みました。城山三郎さんは、1927年名古屋市生まれ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎え、戦後一橋大学卒業後、愛知学芸大学(1966年愛知教育大学に改名)に勤務。195 ... » more
テーマ 城山三郎 その日 幸福

「「「粗にして野だが卑ではない」石田禮助の生涯」城山三郎 (文春文庫)」読みました! 最近は、人の生き方、死に方について考えるようになった。税理士とか公認会計士など、いわゆる職業会計人の世界では、昔から自他共に弟子と認める人を何人育てたかは大きな評価ポイントだった。NHKの『プロジェクトX』などのテレビ番組をみていると ... » more
テーマ 城山三郎 三井物産 石田禮助  コメント(1)

「官僚たちの夏」城山三郎著 昭和30年代の通産省を舞台に、身を粉にしてまさに死ぬほどめちゃめちゃに働きまくるキャリア官僚たちを描いたビジネス小説。キーワードは“無定量・無際限に働く”(^_^;)派閥抗争や権限闘争や政界財界との摩擦と戦った挙句に優秀な官僚たち ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 08:34

「城山三郎」のブログ関連商品

» 「城山三郎」のブログレビュー をもっと探す

「城山三郎」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る