誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読んだ本

読んだ本

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読んだ本」のブログを一覧表示!「読んだ本」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読んだ本」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読んだ本」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

軍人が戦術や戦略について書いたような本だなというのが感想です。新鮮味はないけれど、書いてあることは間違ってないし、システムとそれの構成要素についての話として確認の為に読む分にはいいんじゃないでしょうか。少なくとも世にあふれて ... » more
テーマ 読んだ本

パイプのけむり選集 旅 数ヶ月前におなじアンソロジーの「食」が発売されましたが、この「旅」はよりパイプのけむりの良さが感じられるように思います。読んでいると旅情だけでなく詩情のようなものが伝わってきて、時に軽妙に時に深く旅と、そのコントラストとしての日常が強く意識 ... » more
テーマ 読んだ本 パイプのけむり 團伊玖磨

混沌の普遍[21] 違和感が3つある。(1) ですます調(2) ところどころ本と末の合わない文が混ざっている(3) ○○教授ひとつずつ、簡単に説明いたします。(1) ですます調論文ではないらしい。論文では ... » more
テーマ 読んだ本 混沌の普遍

混沌の普遍[20] こっ、コロンビーヌ〜!軽薄にして高慢。加えて酷薄。美人ではあるが人間味の乏しいヤな女、を、絵に描いたような女だ、と思っていたのですが、まぁ、その、絵で描かれた人形なので‥。ではなくて、いい女に ... » more
テーマ 読んだ本 漫画 混沌の普遍

マーブル戦記『日米空母決戦』
混沌の普遍[19] フルカラー。最後の1ページまで色刷りです。最後の1ページは奥付ですが、そのページに参考文献のリストが載っており、参考文献のバックが薄紫に塗られております。本当に、最後の1ページまで色刷りです。 ... » more
テーマ 読んだ本 混沌の普遍

Tree-Tree-Tree妖怪アパート
妖怪アパート 妖怪アパートの幽雅な日常〈1〉 (講談社文庫)講談社 香月 日輪 Amazonアソシエイト by ◆◆◆◆◆いきなり『妖怪アパート』に住む事になった割りに、けっこうすんなりいってたような・・・。るり子 ... » more
テーマ 読んだ本

混沌の普遍[18] 攻撃こそ最大の防御な零戦。長〜い脚で走り回り、相手の拳が届かない距離からフリッカー・ジャブと普通のジャブと右ストレートを打ち込んで一気にノックアウトするときは強いが、かいくぐられて被弾するとあっというまに自分 ... » more
テーマ 読んだ本 混沌の普遍

彼らは織る[13] ぶっきらぼうなタイトルですな‥。『フィギュアスケートを見てレベル4をとろう』とかですね‥。で、どうしたらいいか。と。1文だけ引用しましょう。--お客様の盛り上がりに選手もどんどんテンシ ... » more
テーマ 読んだ本 彼らは織る スケート

Tree-Tree-Tree秋期限定栗きんとん事件
秋期限定栗きんとん事件 秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)東京創元社 米澤 穂信 ユーザレビュー:ジョーって呼んでいい ...二人のそれぞれシリ ...タイトルとカバーイラ ...Amazonアソシエイト by ◆◆◆◆◆春期限 ... » more
テーマ 読んだ本

軽い。電車の中での暇つぶしには良い本。通勤片道の時間で読み切れる内容なので、息抜きにはいいかも。 ... » more
テーマ 読んだ本

クリスマスキャロル 坂田靖子 本屋さんで見かけて、おおお、と即座にレジに向かってしまいました。ディケンズの名作を坂田靖子がマンガ化!「バジル氏の優雅な生活」を描いた人ですもの。19世紀のイギリスを描かせたら天下一品でしょう。ストーリーは誰でも知ってい ... » more

目的と手段を取り違えるとこうなるという見本のような本だな、と思いました。著者は最初から最後まで金持ちになる、億万長者になる、を課題にして何度も同じ言葉を繰り返していますが、お金持ちになって何をするのか、という言葉はほとんど出てきませ ... » more
テーマ 読んだ本

ルイス・バラガン邸をたずねる 今日は、メキシコの建築家ルイス・バラガンの自邸をメインにした展覧会「ルイス・バラガン邸をたずねる」にいってきました。一時期メキシコシティに仕事で何回か行って、そのたびにルイスバラガン邸を知っているかと聞いたのですが、結局行くことができません ... » more
テーマ ルイス・バラガン 読んだ本 おでかけ

イルカと墜落 人生最大の出来事かもしれないのに、それを淡々と描ききってしまう沢木さんの文章がたまりません。いつものように冷静な筆致で目の前で出来事が起きているかのように感じさせてくれます。それがブラジルの大地であり、それが乗っていた飛行機の墜落という ... » more

Tree-Tree-Tree心霊探偵 八雲
心霊探偵 八雲 心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)角川書店 神永 学 ユーザレビュー:中高時代に楽しめた話 ...装丁の絵に星一つ表紙 ...装丁が五つ星表紙の絵 ...Amazonアソシエイト by ◆◆◆◆◆これ ... » more
テーマ 読んだ本

グーグル革命の衝撃 グーグルが何をやっているのかを丹念な取材を元に描いた、かなり読み応えのあるノンフィクションです。よくここまで踏み込んで話を聞けたという思いと、本当に知りたいのはその先なんだという気持ちがない交ぜになってしまいますが、それでも、今グーグルにつ ... » more
テーマ 読んだ本 google

カー・ウォーズ―自動車産業をめぐる勝者と敗者の物語 自動車の歴史、とくに第二次世界大戦後の世界の自動車業界の動向をエピソードの積み重ねで浮かび上がらせていく本です。いろいろと興味深い人物やその決断を知ることができて、なかなか愉快な本でした。しかし、車好きから見ると、訳者がおそらく車好 ... » more

Tree-Tree-Tree禁断のパンダ
禁断のパンダ 禁断のパンダ 上 (宝島社文庫 C た 4-1)宝島社 拓未 司 ユーザレビュー:後味が大好きなお料理 ...このミステリーのドコ ...物語の広がりやこの後 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ禁断のパ ... » more
テーマ 読んだ本

最近、これまでの鉄道車両とは一線を画したデザイン性の高い車両が話題になります。たとえば、ゆふいんの森やいちご電車、momo、つばめなど・・・。こうした車両のデザインをしている水戸岡鋭治さんの考え方がよくわかる一冊です。語り下しの新書なのであ ... » more

雄気堂々 第一勧業銀行をはじめとする多くの事業を興し、たくさんの株式会社を作り上げていった渋沢栄一の伝記です。この本では渋沢の生い立ちからはじまり、人物形成がどのようになされていったのかをじっくりと追いかけていっています。そのエピソードの端々 ... » more

Tree-Tree-Tree毎月新聞
毎月新聞 毎月新聞 (中公文庫)中央公論新社 佐藤 雅彦 ユーザレビュー:佐藤雅彦ピタゴラスイ ...モノゴトとの付き合い ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ◆◆◆◆◆電車の中に最適でした。分厚さの割りに ... » more
テーマ 読んだ本

Tree-Tree-Treeまほろば駅前多田便利軒
まほろば駅前多田便利軒 まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)文藝春秋 三浦 しをん ユーザレビュー:ジャケットに惹かれま ...軽めの直木賞作品か? ...何でも屋だから、何で ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ◆◆◆◆◆読 ... » more
テーマ 読んだ本

ヨーロッパの街にとけ込んでいるトラムは何とも言えず味があります。その雰囲気を期待したのですが、あまりにも市電の話だけで街並みなどがほとんどでてこなかったのが残念。ポツダムの不思議な新築の入り交じった街並みや、ストラスブールの商店街をのし歩く ... » more
テーマ 読んだ本 トラム  コメント(2)

Tree-Tree-Treeいただきます
いただきます いただきます (えほんもやしもん「きんのオリゼー」)講談社 いしかわ まさゆき Amazonアソシエイト by ウェブリブログ◆◆◆◆◆販売されるのは、知ってたんですよね〜。絶対に買わない!と誓って、内容も調 ... » more
テーマ 読んだ本

Tree-Tree-TreeQED 出雲神伝説
QED 出雲神伝説 (講談社ノベルス)講談社 高田 崇史 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ◆◆◆◆◆日本史の苦手な私。もちろん、奈々ちゃん以上に歴史的出来事なんて理解していません!(えばってる場 ... » more
テーマ 読んだ本

零式艦上戦闘機 実際に零式艦上戦闘機そのものについての記述は前半1/3程度で、後は零戦の使われた戦闘の経緯になってしまうことに、非常に違和感を感じました。また俗説を取り上げて否定しているものの、否定の根拠が弱く、あまり腑に落ちる新説とは思えません。 ... » more
テーマ 読んだ本

マイクロバスで行けるかな[33] まさに「マイクロバスで行けるかな」。野球選手が書いた本です。川口和久『投球論』、大野豊『全力投球』、と、元プロ野球選手の野球評論家が書いた本は読んだことがありますが、現役のプロ野球選手が書い ... » more
テーマ 読んだ本 マイクロバスで行けるかな

マイクロバスで行けるかな[32] あれれ?どこかで読んだことがあるような‥。時間管理のマトリックスとかバケツに石を詰めるには大きな石から、とか。実行する力―第三の習慣:重要事項を優先する (「7つの習慣」クイック ... » more
テーマ 読んだ本 マイクロバスで行けるかな

イマイと申します。 テレビで一度見たら忘れられない、イマイさんの活躍が本になっています。架空請求詐欺の相手に電話をしまくり相手に詐欺であることを認めさせてさえしてしまう、そのドキュメンタリーです。どこか憎めないイマイさんのキャラクターはそのままに、文章にな ... » more
テーマ 読んだ本

魂の森を行け―3000万本の木を植えた男 テレビでときどき見かける、一箇所に複数の木を植えて競争させ、森を再生させるという植林事業。これを提唱し、実践してきた宮脇昭さんの半生を描いたノンフィクションです。なによりも、ひたすら植物学の世界を一人で歩み続けてきた、その自分を信じ続ける力 ... » more
テーマ 読んだ本

 

最終更新日: 2016/11/12 07:41

「読んだ本」のブログ関連商品

» 「読んだ本」のブログレビュー をもっと探す

「読んだ本」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る