誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    読んだ本

読んだ本

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「読んだ本」のブログを一覧表示!「読んだ本」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「読んだ本」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「読んだ本」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

みぃんる〜い気持ち最近読んだ本
聖女の救済東野圭吾 ... » more
テーマ 読んだ本

みぃんる〜い気持ち最近読んだ本
待ってくれ、洋子。ニュートンイトカワ特集 ... » more
テーマ 読んだ本

縄文聖地巡礼 中沢新一さんのアースダイバーの考えをもとに、縄文の聖地を中沢さんと坂本龍一さんが巡り、思ったことを語り合っている本です。深い地の底にある縄文に思いをはせるのは独特の暖かさを持っているように思えました。なによりも本の手触りが柔らかくて ... » more

食欲の秋に美味礼讃。 食欲の秋です。食べることを考えていたら、久しぶりに海老沢泰久さんの美味礼讃が読み直したくなって、本棚から取り出してきました。この本は辻調理師学校の辻静雄さんの伝記小説なんですが、冒険小説を読むかのような悪人との戦いを楽しみながら、辻 ... » more
テーマ 読んだ本 料理

みぃんる〜い気持ち最近読んだ本
「なぜ日本の花火は世界一なのか?」「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」「こども病院」「神様のカルテ」パーシー・ジャクソンはハリポタっぽい雰囲気ですな。とりあえず、2巻も予約して読んでみようかなと思います。 ... » more
テーマ 読んだ本

みぃんる〜い気持ち今週読んだ本
「ネトゲ廃女」「行正り香の朝ごはんメニュー」読みかけなのが、「ファイアーエムブレム大全」(笑)もちろんこれは購入したもの。読み応え有りすぎて、まだ全然進まない。FEシリーズは大好きで、書籍やらポストカードやらいろいろ ... » more
テーマ 読んだ本

みぃんる〜い気持ち最近読んだ本
「だんごむしみつけたよ!」先週は旅行、今週はお盆と本を借りに行く暇が無い…。だんご虫の本は、みーさんのために借りるのだけれど、私も真剣に読むよ。だんご虫の赤ちゃんって、お母さんのおなかの中で孵るんだよ。そいでもって、お母さん ... » more

神はサイコロを振らない 10年前に忽然と姿を消したYS-11が突然そのまま戻ってくる。その設定そのものはもちろんファンタジーなのですが、飛行機や車のことなどが非常に細かく描かれているのでストーリーにどこかリアリティを感じることができて、一息に読んでしまいました。 ... » more
テーマ 読んだ本

エンジン屋たちのDNA 最初に手にしたときには割と地味な本だと思っていたのですが、エンジンを作る人たちの情熱と、それだけではなく将来を見据えた冷静なまなざしを感じられることのできる良い本でした。とくに、自動車雑誌に出てくるような有名に技術者ではなく、車内のエース級 ... » more
テーマ 読んだ本 日産

みぃんる〜い気持ち読んだ本
「命の授業」「静岡かがくはっけん!」本は子供が寝た後のお楽しみです。図書館で借りてます。ネットで検索・予約ができて便利!プラチナデータを予約中だけど、40人待ちですわ…。 ... » more

みぃんる〜い気持ち今週読んだ本
佐藤可士和の超整理術 ... » more
テーマ 読んだ本

SF小説やアニメ・漫画などに描かれている未来と、建築家たちが夢想する未来はどう違うんだろうか。そんなことを考えさせられる本です。現実の建築の世界や思想をバックグラウンドに持ちつつ空想の世界も同じように受け止められる著者ならではの好著です。 ... » more
テーマ 読んだ本 五十嵐太郎 建築

みぃんる〜い気持ち先週読んだ本
釘宮誠司著「抱きしめて」細谷亮太著「優しさはどこから」東野圭吾著「探偵ガリレオ」ふしぎのぽけっと「うみのだんごむしやまのだんごむし」だんご虫は海にもいるのね!砂浜にもぐっているらしいよ。今度探してみよう。 ... » more
テーマ 読んだ本

司馬遼太郎「幕末」 幕末という思想と思想が激しくぶつかり合った時代。そこで起きた暗殺にスポットを当てた連作です。当たり前のことながら、暗殺をするもの、されるもの、双方に考え方や生き方があり、だからこそそこに物語もあります。時代を動かすのとは違う、なにか黒々とし ... » more

みぃんる〜い気持ち最近読んだ本
結構本を読むほうだと思うのだけど、一体年間何冊くらい読んでるんだろう?などと思ったので、きょうから何の本を読んだか記録してみよう!いつまで続くかわからないけど。ちなみに今読んでいる本は「からだにおいしい魚の便利帳」です。 ... » more
テーマ 読んだ本

法隆寺を歩く まさにタイトルの通り、法隆寺を歩きながらそこにあるものを解説してもらっているような本です。法隆寺を造り守ってきた人々の聖徳太子への想いと、著者の想い、そういったものを感じながら仏像や建物の成り立ちを知ることができます。広く美学の知識 ... » more

木に学べ 今年は平城遷都1300年記念ということで、奈良のことを多く目にします。奈良というと、会場になっている平城京跡や法隆寺、東大寺や春日大社などが思い浮かびますが、奈良時代からじっとそこに建っている東塔のある薬師寺もはずすことのできない場所だ ... » more

イワナとヤマメ 今西錦司といえば生態学者として霊長類の研究など多くの実績を残した人として良く知られていますが、登山者としての今西学とも言えるような本があることを知りました。この「イワナとヤマメ」はもちろん生態学的な分類を主たる題材にとってはいるものの、 ... » more
テーマ 読んだ本 今西錦司

建築はいかに社会と回路をつなぐのか 歴史や宗教などから見た、建築と社会の関わりが繰り広げられます。とくに歴史書をひもときつつ西欧からみた建築の見方の広がり方などわくわくするようなものがあります。しかし何よりも気にかかったのは、渡辺篤郎が明石家さんまの番組に土産として安 ... » more
テーマ 読んだ本 五十嵐太郎 建築

Tree-Tree-Treeカシオペアの丘で
カシオペアの丘で カシオペアの丘で 上 (講談社文庫)講談社 重松 清 Amazonアソシエイト by カシオペアの丘で 下 (講談社文庫)講談社 重松 清 Amazonアソシエイト by ◆◆◆◆◆文庫になるまで ... » more
テーマ 読んだ本

坂田靖子に漫画化して欲しい本だわ、と思いました。トラックの助手席に巨大な三角おにぎりが座っていたり、宇宙人に浚われて宇宙船の中に連れて行かれたり、幽体離脱してあの世まで行って帰ってきた話と誰からも無理だと言われた無農薬栽培の林檎 ... » more
テーマ 読んだ本 環境

Tree-Tree-Treeデジタルフォト MAY2010 93
デジタルフォト MAY2010 93 デジタルフォト 2010年 05月号 [雑誌]ソフトバンククリエイティブ Amazonアソシエイト by ◆◆◆◆◆純粋な「書籍」じゃないのですが。今号にて休刊、だそうで。。。雑誌は本当によく休刊していく ... » more
テーマ 読んだ本

面白い本でしたけれどタイトルと中味の間に微妙なずれがあるような気がします。まあ、確かに暴走族だった時期も大統領が訪れるホテルでシェフをやっていた時期もあるので、まるっきり違っているという訳ではないのですが。この本は要約すると ... » more
テーマ 読んだ本

外国人女将で有名な銀山温泉の藤屋旅館が倒産したそうです。ご主人が妻の反対を押し切って有名な建築家の設計を依頼して宿を改築。周囲の風景から浮き上がったモダンな建物で一泊5万円の高級温泉旅館を目指したところ見事に大失敗。多額の負 ... » more
テーマ 読んだ本

文明論としても環境論としても面白い本でした。子どもの頃読んだ子供向け学習マンガで印象的な話があります。コロンブスがアメリカ大陸にやってくる前草原はバッファロー達の天国でした。やがて海の彼方からやってきた白人達は先住民 ... » more

タイトル通り「シェー!!」で世界をつないでしまった本。本屋さんで何気なく手にとってあまりに受けたので、つい買ってしまいました。「シェー!!」と言っても分からない人もいるのかしら?赤塚富士夫さんのおそ松くんに出てくるおフラ ... » more
テーマ 読んだ本

ロスト・シンボル 上 ダヴィンチコードでもそうなのですが、キリスト教などいわゆる西洋の文化をバックグラウンドに持たない私にとっては、正直想像することが難しい事柄も多いのですが、それでもついページをめくる手が止まらなくなります。想像力をたくましくして与えられたこと ... » more
テーマ 読んだ本

安藤忠雄のスケッチ 安藤忠雄のスケッチはアイディアがほとばしってくるのを直接感じられるのでとても好きです。展覧会などの会場で見るたびに圧倒されています。そんなスケッチが「安藤忠雄の建築0」としてまとめられました。これはTOTO出版からの上梓されている「 ... » more

戦前生まれは強いわ〜と思わず拍手してしまいました。少女マンガ界の大御所わたなべまさこ先生の自伝です。年代によって受ける印象は違うのでしょうが、私にとってわたなべまさこ先生といえばサスペンス&ホラー綺麗なんだけど怖い。面白 ... » more
テーマ 読んだ本

中国貧困絶望工場 世界の工場となった中国。そこで何が起きているのか、そしてどこへ向かっているのを知ることができる。中国語のわかる著者が通訳を介して取材しているからこそわかる生の声など、なかなか読み応えのある本です。そしてなにより、労働環境が向上してい ... » more
テーマ 読んだ本 中国

 

最終更新日: 2016/11/12 07:41

「読んだ本」のブログ関連商品

» 「読んだ本」のブログレビュー をもっと探す

「読んだ本」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る