誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    人類

人類

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「人類」のブログを一覧表示!「人類」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「人類」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「人類」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

過去の形を残そうとしたのだろうか?未来の形を想定したのだろうか?生き残りの人類を集めたのか?天災に備えて集められたのか?世界各国にある遺跡は自分達の住んだ証としてのモニュメントなのか?すでに人類は(宇宙ステーションという)人工島を造っている ... » more
テーマ 人類 妄想 地球

文明論、そして沖縄へ行く理由−沖縄紀行(2) 前回は沖縄へ行く理由を書こうとしてとりとめのない話になってしまいましたが、今回は沖縄へ行きたい理由について書いていくことにします。前振りが長かったのですが、ここから本題です。前回書いてきた考えはグスタフが最近考えていた命題である ... » more
テーマ 歴史 人類 文明

人類が文明を受け入れていく過程−沖縄紀行(1) 本日から数回に渡って、去年末と年始に訪れた沖縄へ行ったことについて書いてみたいと思っているのですが、そもそも何故沖縄へ行くのか、について書いておくことにします。とはいえ今回は全く沖縄が登場しません。書いていて「なんじゃこりゃ」と呆れてしまっ ... » more

豊かな永遠に抱かれながら人類は底無しに愚かで、地球の生命環境はますます悪くなり、気象はさらにその異常性を増し加え、国際政治は国家エゴと腐敗にまみれ、国内政治は迷走し、世界経済はシステム的に狂っており、大衆は浮遊し ... » more
テーマ 人類 現代 永遠

西欧近代において自らの能力に驕り高ぶってすっかり分別を失ってしまった人間たちは、そのままさらに調子に乗って、自然を容赦なく支配し、私有し、徹底的に貪りつくすなどという狂気に至ります。そして、それ以来ずっと狂いっぱなしの人類は、自ら思いつく限 ... » more
テーマ 人類 衰滅 狂気

この世のあらゆる存在は世界の本質にして根源的実体である完全エネルギーから生じる。その完全エネルギーは全き一(いつ)である。そして、そのような完全エネルギーから生まれたこの世のあらゆるものは、自らの内にその完全エネルギーの一(いつ)体性を ... » more
テーマ 人類 全一性 完全エネルギー

狂いたるサルの文明燃え盛りあっという間に熾(おき)となるかも資本家のモノ・カネ・力中心の欲の文明弾け散るらん人間の私欲うごめく資本主義いのち枯らして滅し去るかも狂猿となりて久しき人類の貪りの日々虚しかりしも狂 ... » more
テーマ 人類 資本主義 狂ったサル

人類はこの世に一体何のために生まれてきたのだろうか。このままでは地球の生態系も人類もその未来を失ってしまう。考えてみれば、人間にとって一番大切ないのちの本質についてこれまで真剣に考えてこなかったことの付けが今このような由々しい形 ... » more
テーマ 人類 断想 本質

さみしがりやのひとりごと地震
地震 世界各地で地殻変動ならぬ。地震が勃発してます。しかも大きなものが多発。日本のように地震大国でないところでは、耐震基準も甘いしイッキにビル崩壊となり被害もかなり大きくなってきてる。街中で、募金活 ... » more
テーマ 人類 日本 地震

最高ですか!って叫んでいる宗教団体をテレビで見たことがある。この本を読んでそのことを思いだした。脳は、マイナス思考だけでなく、日々発する言葉が相手がだれかを選ばずに、自分のことのように受け止める性質があると言う。本当かな?だから ... » more
テーマ 人類 口ぐせ

化石人骨ルーシーの発見された日。我らの遠い祖先は少しポッチャリしていたの? ●●●●●★歴史★●問題:昭和49年(1974年)の今日、11月30日。エチオピアの北東部で350万年(320万年説も)前のものと思われる化石人骨が発見されました。アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)と呼ばれる種類の動 ... » more

アメリカでは精子バンクという会社が多数あり、年間200億円以上の市場規模になっているらしいが、データが数年前のものなので、現在はどれくらいの規模であるか良く解らない。元々は不妊治療のために高められた医療技術であったが、昨今は我が子を ... » more
テーマ 人類 ミュータント デザイナー・ベイビー

さまざまいろいろうそのように
うそのように昨日とは打って変わって、五月晴れ、空は雲ひとつないぐらいに青々と、雨上がりの爽やかな空気が朝の葉の緑をよけいにきわだたせ、町行く人の服装も明るい柄の様相になってきて、娘をバス停まで送って、帰ってきてから、車もこの2〜3日の雨で汚 ... » more
テーマ 生きる 人類 自然

さまざまいろいろはいいろ
はいいろの空で、はなぐもりの少し寒い朝でございます、今日は妻も娘もお休みで、なかなか起きない自分だけ起きて朝から音お立てるのも悪いだろうから、少し寝ていて、9時頃に起きて、妻と昨日の残りのご飯を「おかゆ」にして、鰹節をかけてされさらと食べて ... » more
テーマ 報道 人類 戦争

さまざまいろいろつめたい
つめたい朝でございます、布団から出るのがおっくうになりますがねえ、子供をバス停まで送る都合がありますから、やっとの思いで起きましてね、何せ蕁麻疹がいまだに続いていてもう1年以上続いているのでございます、寝る前に飲むのですがね、その薬を飲むよ ... » more
テーマ 人類 心の財第一 環境破壊

【人類の進化】 日本人はモビルスーツを着る!? ホモサピエンスの時代から人類はどのようにして進化してきたのか、あるいはこれからどのように進化していくのか、地域によって違いはあるのか、人種によっても違うのかなどと、なかなか奥が深いです。パロディではありますが…。そのほかの民族の ... » more

NHKの番組でも見たのだが、強毒性鳥インフルエンザウイルスH5N1によるパンデミック(爆発的感染拡大)が起きるのは時間の問題と理解できた。それにしても、その恐しさは想像を超えて凄まじいものだった。オーストラリアの権威あるロウイー ... » more

「プラスチックの醜さ」とは、『東京漂流』かどの本かは忘れたが、藤原新也が書いていた文の中にあった、印象に残っている一節である。 人気のない砂浜なり、山道なりの中に、色鮮やかな、安っぽい、永遠に錆びることも朽ちることもないプラスチック ... » more

悠久のうたかた無敵の結核菌現る!!
6月7日の読売新聞の夕刊に「無敵」結核菌を確認!!という記事が載った・・・・。耐性菌では良く耳にする「MRSA院内感染」などという話が有るが、メチシリン耐性黄色ブドウ状球菌のことで、殆どの抗生物質に耐性があり、バンコマイシンへ耐性が ... » more
テーマ 健康 人類 知的生物  トラックバック(1)

前回は、第二次大戦後のアメリカの中流家庭の様子をTVのホームドラマで垣間見た日本人が、そこに登場した、彼らの住む家屋の特徴の一つであった子供部屋の存在を脳裏に残し、自分が家を建てる時に、その記憶が影響して、子供部屋を持つことになったのではな ... » more
テーマ 教育 人類 知的生物

戦後に生まれた私たち団塊の世代や戦中に生まれた人たちは、10数年後、始まったTV放送の影響を強く受けて育ったはずだ。TVが始めて町にやってきた頃、NHKでやる大相撲が大人気で若乃花と栃錦の全盛期であった・・・。やがて皇太子が ... » more
テーマ 教育 人類 知的生物

今朝の首都圏の読売新聞の38面を見た方は気が付いたかも知れないが、「ボスザルよりも新顔」という記事が載っているのだ。ニホンザルの生殖行動を観察した研究発表であるが、これが実に興味深い。メスのサルについてだが、ボスザルや群れの ... » more
テーマ 教育 人類 知的生物

どうも、長い文になってしまう私の悪いところというか、簡潔な作文力に欠けるのか?余分なことを書きすぎる癖はなかなか直らない。さて、どうも昨日の日記は余り読んでもらえなかったと想像するのだが、無理も無いだろうから、なるべく簡潔に書く努力 ... » more
テーマ 教育 人類 知的生物

ヒトの性差の表現にオス・メスという表現をしたが、あえてヒトを動物として捉えることを狙った表現であり、決して人間の性について蔑視する物ではないことを御理解ください。チータや、キリン、インパラ、イルカ、などの哺乳類の動物たちの生存の方法 ... » more
テーマ 教育 人類 知的生物  トラックバック(5)

これは学者でもない私の勝手な仮説と言うか?推論です。以前より、人の感覚にある「美」という意識のルーツが何処にあるのか、何処で生まれるのか、何故、皆似通った美意識を持っているのか?美を感じる脳の仕組みはどんな物なのか?等等・・・何度も ... » more
テーマ 教育 人類 知的生物

終末の滝へと向かう箱舟の中で(対談) ネット月刊誌のアジアウェーブ8月号に、「現代文明を考えるヒントとなる対談」などが載っています。田島伸二・五十嵐勉両氏による対談、「終末の滝へと向かう箱舟の中で」です。ご参考にどうぞ!http://www.iclc2001.org/p ... » more
テーマ 人類 世界の危機 21世紀  コメント(500)

 

最終更新日: 2016/11/12 07:40

「人類」のブログ関連商品

» 「人類」のブログレビュー をもっと探す

「人類」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る