誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    あの世

あの世

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「あの世」のブログを一覧表示!「あの世」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「あの世」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「あの世」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

臨終 (雷山千如寺:福岡) 還暦を過ぎると、臨終を意識し始める。30年後にはほぼ確実に、この世にいないだろうと思うようになる。死んだらどうなるんだろう―――。臨終のその先には、何があるんだろうか―――。人が臨終を身近に捉えられるようになる理由は、幾 ... » more
テーマ あの世 この世

Ban'yaあの世を持たない大学生たち
M大学H学部のゼミで、「黄泉」についてのゼミ生の発表のあと、ゼミ生にあの世はあると思うか質問してみた。その日の出席者全員が、「あの世はない」との意見。これにはいささかびっくり。死んだら肉体は無論のこと、記憶も、意識も何かも、 ... » more
テーマ 俳句 あの世

○少年少女のためのスッタニパータ<634>・・・バラモンはこれが欲しいあれが欲しいと思わない。死んだあとは良いところに生まれ変わりたいとも思わない。なぜだろう?第3大きな章9.ヴァーセッタ経41. ... » more
テーマ あの世 ヴァーセッタ経 この世  コメント(2)

荒井医院の診療日記冷蔵庫
院長「ちょっと小腹が減ったなー、冷蔵庫になにかないかな、ケーキと納豆があるぞどっちにしようかな?どっちでもいい感じだな、私にとってはケーキも納豆も同じような食べ物なんだな、やはり年齢なのかな、あの世もこんな感じかもし ... » more

輪廻転生のシステムは古代からあり、輪廻転生が信仰されているタイではばんばんビルからダイブして次の転生に期待しているらしい。現代人としては、輪廻転生の話というのは、身分制度是正のための差別論補強思想だというのがインテリの発 ... » more
テーマ あの世 日本人論とグローバリズム 宗教と社会

読売新聞 6月21日(木)13時14分配信自宅でみとられた患者の約4割が、亡くなる前、すでにいない親の姿を見たと語るなど、いわゆる「お迎え」体験を持ち、それが穏やかなみとりにつながっているとの調査研究を、宮城県などで在宅医療を行っている ... » more
テーマ お迎え あの世 登米市

先日佐藤愛子さんと江原啓之さんの「あの世の話」を読んだ。自分にとってはあの世を8割方信じているので、すらすら読めた。要はこの世は修行の場であり、あの世が本当の場所だということであった。確かに自分に置き換えてみれば45年間修行だった気がする。 ... » more
テーマ あの世 うつ病

marie閻魔降臨
「おお。童子。泣き止んだか。不動明王さまからの文は確かに読ませてもらったぞ。これからわしが言うこと不動明王さまに伝えてくれるか?」と、童子の顔を覗き込むと童子はまた激しく泣き出した。「やはりだめか。今はわしの顔の中でもっとも ... » more
テーマ あの世 人生 小説

marie閻魔降臨
と声をかられた途端、矜羯羅童子はわあわあ泣き出した。「なんだ!どうした!なぜ泣きだしたのだ」と大王さまは司録にたずねた。司録は「たぶん驚いたのではないかと……」「何にだ?あの男のようすにか?ここへ来たことにか?」 ... » more
テーマ 地獄極楽 あの世 小説

marie閻魔降臨
「おまえは非道を重ねるたびに主役になったとでも思ったのだろうが、見よ!お前を倒した者。山田直こそが現世で主役となっておるぞ。おまえを成敗したことで随分出世したそうだ。どうだ。悔しいか?けれどあの男はそんなことを喜んではいないぞ。むしろ助けら ... » more
テーマ 地獄極楽 あの世 小説

marie閻魔降臨
「そうか……」「それと……大王さまに申し上げなければならないことがございます。このたびあの男を討ち取ったのはわたくしの末裔でした。ただし山田家は代々養子をとってつながってきた家柄でしたので直系ではございませんが『山田直(ただし)』と ... » more

marie閻魔降臨
「そうか。それであの男とはどういう者だったか話してくれるか」「はい。あの男が処刑されましたいきさつをお話いたしますと、あの時、あの男は友人より借金をしました。けれど男がいつまでも返済しないのに業を煮やした友人が催促いたしますと、身勝 ... » more
テーマ あの世 人生 小説

marie閻魔降臨
男は暗黒界にうごめく亡者たちがよく見えるところに括りつけられていた。「なんでだ!俺は極楽で生まれ変わることになってんだ!離せ!コオロギー!」どんなに叫び声を上げてもその声は誰にも届かなかった。大王さまは男の姿が映し出 ... » more
テーマ あの世 人生 小説

marie閻魔降臨
「そうか。で、あの青年はどうした」「わたくしが生まれ変わりの説明をし、生まれ変わってからあの男性と一緒になる運命の女性を連れてきて説得いたしました」「納得したか?」「はい。わかったようでございます」「そうかそ ... » more
テーマ あの世 人生 小説

marie閻魔降臨
「はい。確かに」「あそこの青年もか?」「はい。誰かと待ち合わせしていたところをいきなり襲われたらしく自分の身になにが起ったのかわからないままで……。ああしてあそこにずっと立っているのでございます。」「あの男に襲われた ... » more
テーマ あの世 人生 小説

marie閻魔降臨
二発目にいこうとしたときもう一人の邪鬼が手を押さえた。「まあいいじゃねえか。どうせあそこに行けばだーれとも話さなくなるんだから話納だと思って訊いてやろうぜ」「……なんかおもしろくねえけど。わかった。で、なんだ。何が訊きたいんだ」 ... » more
テーマ あの世 人生 小説

marie閻魔降臨
「あっ!思い出した。おまえってばあいつの生まれ変わりだろう。ほら誰だっけ。あいつだよ」離れたところでそれを訊いていた大王さまは「おい。今なんと言ったのだ?誰だ。誰のことを言っておるのだ」「あれえ。大王さま聞こえてらっ ... » more
テーマ あの世 人生 小説

marie閻魔降臨
「子供を捨てるような親だぞお。会うどころかどこにいるのかも知らねえよ。知りたくもねえしな」「ずいぶん投げやりに生きてきたもんだの。生きている間は楽しかったか?おまえの人生は」「だからー。俺はこうやって生まれ変わることが楽しい ... » more
テーマ あの世 家族 小説

marie閻魔降臨
大王様は何事もなかったような表情でさらにたずねた。「なあ。教えてくれぬか。さっぱりわからんでなあ」「面倒くせえなあ。そこのでっかいのに調べさせればいいだろうが。俺さまは極楽に行く準備をしなくちゃならないんだからさあ」 ... » more
テーマ あの世 家族 小説

marie閻魔降臨
「はい。息子が犯した罪の重さに驚いて死んでお詫びいたしますと書置きを残し自ら命を絶ったそうです」「阿形吽形!この男の母親をここへ連れてまいれ」「はい。かしこまりました」阿形はその場を去りどこかへと向かった。それを訊いてい ... » more
テーマ あの世 人生 小説

marie閻魔降臨
「この男は幽界の『下』で、そこでの魂はそれなりに浄化されていたのではないでしょうか。それとこの男の言うとおり生まれ変わりの情念が強いのと相まって生まれ変わることができていたということではないかと……けれど浄化された魂も現世に戻ればまた、前世 ... » more
テーマ あの世 人生 小説

荒井医院の診療日記花火
院長「思い出すなー、子供の頃両親や近所の人たちと庭先でスイカを食べながら花火を見たことを、あのころの情景が目に浮かぶなー」家内「それはもしかしたら『あの世』の風景を見てるんじゃないの?」院長「アッ、そうかもしれないな ... » more

ハピテレ放映2009/01/18――Happy Science TV ↑宗教法人「幸福の科学」福知山支部精舎↑2009年1月18日@11:00〜11:45(生放送)A13:30〜14:15(録画)宗教法人「幸福の科学」福知山支部精舎にて、ハピテレ放映「ザ・神秘体験」衛星生中継に参加させ ... » more
テーマ あの世 死後の世界 ハピテレ

女房が先祖の墓を捜しに行くと言うから、車で途中、中山峠に寄った時に、母さんに会ったいや、母さんに会ったというよりすれ違ったと言うべきだろういや、すれ違ったというより、母さんに似た人とすれ違ったということだろうあれって、思 ... » more
テーマ あの世 母さん 小さな兄貴

私は、坊主です。そう、僧侶です。が、不良僧侶といいますか、はみだし者なんです。煩悩の炎が消えないのです。消そう、消そうと思えば消えず。燃やしすぎも、これまた、まずいし。坊主といえども、所詮はただの男です。 ... » more

荒井医院の診療日記もうすぐ
患者「まだまだ暑いですねー」院長「まあ、もうすぐ涼しくなりますよ」患者「ところであの世も涼しいんでしょうかねえ」院長「暑くはないと思いますけどねえ」 よろしくお願いします。 ... » more

今回ご紹介するのは、「永遠の生命の世界――人は死んだらどうなるか」大川隆法著です。年間交通事故よりも多い自殺者の数は深刻な社会問題です。オーストラリアは、日本のネット心中を憂慮して、自殺系サイトの運営者に対しての罰則を設けたほどですが、 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/13 15:51

「あの世」のブログ関連商品

» 「あの世」のブログレビュー をもっと探す

「あの世」ブログのユーザランキング

Ban'ya 1 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る