誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    スピリチュアリズム

スピリチュアリズム

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「スピリチュアリズム」のブログを一覧表示!「スピリチュアリズム」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「スピリチュアリズム」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「スピリチュアリズム」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

あらゆる民族が貢献をしています あらゆる民族、あらゆる国家、あらゆる文化が、地上世界を良くする上でそれなりの貢献をしています。言ってみれば大オーケストラのようなものです。一つ一つの楽器がそれぞれの演奏をして、全体として見事なハーモニーを出しているのです。どんな ... » more

大自然を搾取してはいけません 庭を持っている人は知っているでしょうが、自然法則を大切にすれば立派な庭になり、法則を無視すれば台無しになります。人間同士だけでなく、動物に対しても情愛を向けないといけません。他の人間を搾取してはいけません。動物を搾取してはいけま ... » more

上の者が下の者を手助けするのが当たり前 悲しいかな、霊的発達が未熟なために人間は自分を生かしている霊力が、地球を共有している他の全ての生命体を生かしている霊力と同じであることに、理解がいかないのです。動物も人間と同じく、物的身体を備えた霊であることが理解できないのです。私 ... » more

報復ではなく矯正 一刑事という職業柄、私は多くの人間が恐ろしい行為で命を失っていくのを見てきました。そして、しばしば思ったことですが、そうした犯罪が二度と起きないために、霊界で復讐心に燃えている霊たちを説得していただけないでしょうか?「残念ながら、そう ... » more

良い行いをすれば幸せを味わいます 良い行いをすれば、それだけ幸せを味わいます。利己的な行いをすれば、それだけ苦い思いをさせられます。法則はごまかせません。死の床で、いくら懺悔の言葉を言っても、すでに始動している因果律の働きを止められるものではありません。こう ... » more

地上を天国にも悪の園にも出来ます 人間は地上を、エデンの園、楽園、天国にすることも出来れば、暗く荒涼とした、恐ろしい悪の園にすることも出来ます。そこに選択の余地があります。戦争、暴力、貪欲、情欲、利己主義がはびこるのは、物質中心の考え方をするからです。そういう考 ... » more

宗教の目的は人類を一体にすること 一間違った教えを携えて霊界入りする人が多すぎると言われたことがありますが、聖書のヨハネの福音書にはキリストを信じることで永遠の生命を授かる(信じる者は救われる)と述べられています。「それは間違いです。人間は一人の例外もなく、死後も生 ... » more

待つのです 閉め切られたドアを忙(せわ)しく叩いてはいけません。自然に開くのを待つのです。宇宙全体だけでなく一人一人の人間にも、きちんとした計画があります。その計画が実行に移されていくのです。私たち霊はその計画のもとに、私たちのやり方で ... » more

前を見るのです 元気を出しなさい。くよくよしてはいけません。取り越し苦労はやめなさい。心配しても何にもなりません。心配の念は、霊界から届けられる援助の通路をふさぎます。自信を持つのです。道はきっと開けるという確信を持つのです。い ... » more

忍耐強く導きを祈り求めることです 問題が生じるのは当然の成り行きです。地上は、困難と挫折と障害と逆境に遭遇する場所なのです。地上生活のそもそもの目的は、伸びゆく魂が、危機において初めて呼び覚まされる潜在的資質を発現するために、様々な事態に遭遇することにあるのです。 ... » more

背後霊に信念を持ちなさい 一私には二人の指導霊がついていると聞いています。一人はエジプト人で、もう一人は北米インディアンです。本当かどうか、確認して頂きたいのですが……。「なぜ、そのようなことにこだわるのか理解できません。その二人がしっかりとした霊である ... » more

魂の静寂の中へ引っ込むことです もしもうんざりしたり、困惑したり、悲観的な気持ちになった時は、地上の喧騒から逃れて魂の静寂の中へ引っ込むことです。そうしてそこにあふれる豊かな光に馴染み、美しさに思い切り浸り、そこから得られる静けさと落ち着きと安らぎと自信を味わうことで ... » more

必要最小限のものは必ず手に入ります 低く沈むだけ、それだけ高く上がることも出来るのです。志は無限に高く持つことが出来ます。完全は、いつかどこかで達成される性質のものではありません。到達しようとする過程が無限に続くのです。霊的な褒賞を手に入れたければ、それなりの ... » more

時が来れば生かし続けることは出来ません 一普通だったらとっくに死んでいるはずの患者が、医術で何ヶ月も生き続けている場合があるように思うのですが、こういう場合はどうなるのでしょうか?「死ぬべき時が来れば、どんな医師も生かし続けることは出来ません。」一でも、そう思えるケースが ... » more

前世を思い出す催眠術 一前世を思い出すのに催眠術を使用するのがブームになっています。あのような体験で教訓が学べるものでしょうか?「学べることが皆無というわけではありません。が、そうした体験には、たんに現在の自分が立派でないために、立派でありたかった願望 ... » more

死は暗闇から光明へ導いてくれる天使 私たち霊は地上の同志に、気楽な人生、何の障害もない人生を約束することは、絶対に出来ません。私たちから言えることは、障害も困難もその一つ一つが挑戦すべき目標だということです。一つ克服するごとに、あなたは霊的に成長するのです。地上の ... » more

再会を決定づけるのは霊的親和性 一つの家族が霊界へ来ても、自動的に合流するわけではありません。家族の一人一人が、自然な霊的親和性を持っている場合のみ、それがあり得ます。親和性がなければ再会はありません。意識のレベルが違うからです。夫婦の場合であれば、身体上 ... » more

物的財産は一時的な所有物 あなたは、あなたとの縁を通じて援助の手を差しのべる機会が与えられます。その時にあなたなりの最善を尽くせばよいのです。地上世界には、為さねばならないことが山ほどあります。物的財産は一時的な所有物に過ぎません。所有物と言っても真 ... » more

演奏家も作曲家もみな一種の霊媒 霊の世界へ来れば、大変な楽しみがあなたを待っています。と言うのは、霊界には今のあなたには理解できない性質と卓越性を持った音楽が存在するからです。地上でまだ一度も聞いたことのないオクターブがあります。シンフォニーもあります。コ ... » more

毎晩死んでいると言ってもよい 一人間が幽体で旅行する話を聞くことがありますが、どういう現象なのでしょうか?「至って簡単なことです。幽体が肉体から抜け出て、時には私たち霊の世界へ、時には地上の遠隔の地まで旅行するのです。実は睡眠中は一人の例外もなく幽体で旅行し ... » more

最後に責任を負うのはあなた自身 もしも埋め合わせと懲罰がなかったら、神の公正はどうやって発揮されるのでょう。罪深い人間が、聖者と同じ霊格を備えることがあってよいでしょうか。もちろん、よいはずはありません。どんなことであっても、良いことをすればそれだけ霊性が向上 ... » more

物質界へ来る理由 一なぜ霊界と物質界が存在するのでしょうか?なぜ霊界一つだけではいけないのでしょうか?「それに対する答えは “なぜあなた方人間は、お子さんを学校へ通わせるのですか” という質問に対する答えと同じです。学校を出た後で直面する様々な情況 ... » more

今いる場所に霊界がある 一 “死後の世界” は、どこにあるのかという質問には、どう答えたらよいのでしょうか?「死後の世界とは、要するに今生活している世界の目に見えない側面、耳に聞こえない側面のことです。死んでからではなく、今の時点で霊の世界に住んでいるので ... » more

守り導いている霊 私たち霊界の者はいつも思うのですが、地上の人々、中でも特に霊的知識を手にした人が、背後霊の存在を実感をもって認識して下されば、どんなに有難いことでしょう。地上の愛する人へ無益な害が及ばないように、かばい、守り、導いている霊の姿を一目見る ... » more

寿命というものは忘れることです 一もしも完全な生活条件が整ったら、百五十歳までは生きられるのではないかと思うのですが……。「肉体的年齢と霊的成熟度を混同してはいけません。大切なのは年齢の数ではなく、肉体を通して一時的に顕現している、魂の成長・発展・開発です。肉 ... » more

霊は死後も進化している 一人間が死ぬと肉親や愛する人たちが出迎えて、手引きしてくれるそうですが、それらの霊は他界者と同じ霊格の霊でしょうか?「そうではありません。なぜなら、その霊たちは死後も霊的に進化しているからです。他界してきた人のレベルに合わせて交 ... » more

しくじってもまた立ち直ることが出来る 信念に迷いが生じた時は、かつて自分がドン底にあった時に立ち帰ってみることです。もう絶対に救われる見込みはないと思われた奈落の底にいたのです。そしてその絶体絶命のピンチで道が開かれたのです。これからも道は必ず開けていきます。あ ... » more

奉仕に勝る宗教はありません 奉仕に勝る宗教はありません。人のために自分を役立てることは尊い行為です。あなたの望み通りの分野で仕事が出来なくても、人のためになると思うことを、その時その時に行えばよろしい。ドアを押してみてすぐに開けば、その道を行けばよろしい。 ... » more

人のために仕事をするチャンス 人のために何かしたいという願いに対して、いつかそのチャンスが用意されます。ただし、急いては事を仕損じます。地上の大勢の人に苦言を呈すれば、長い迷いの末に霊的実在に目覚めた人は、とかく何でもいいから心霊的能力を発揮したいという気持ちに ... » more

神が良きに計らって下さるという安らぎ 私たちはこれまで神からもったいないほど多くの恩恵を授かってきました。それによって同志の多くが霊的に豊かになりました。だからこそ、私たちより恵まれない人たちが、同じ豊かさと美と栄光を分かち合えるように、私たちの奉仕的精神を一段と堅固に ... » more

 

最終更新日: 2017/04/19 00:15

「スピリチュアリズム」のブログ関連商品

» 「スピリチュアリズム」のブログレビュー をもっと探す

「スピリチュアリズム」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る