誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    スピリチュアリズム

スピリチュアリズム

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「スピリチュアリズム」のブログを一覧表示!「スピリチュアリズム」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「スピリチュアリズム」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「スピリチュアリズム」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

地上に生まれてくる目的 人間の本性を、私たち霊が変えることは出来ません。その本性は実に変化に富んでいます。最高のものを志向することも出来れば、哀れにもドン底まで落ち込むことも出来ます。そこに地上に生まれてくる、大きな目的があります。内部には、霊的な ... » more

人間にも周波数があります あなた方人間は受信局と送信局を兼ねた存在です。純粋に自分の考えを生み出すことは、極めて稀(まれ)です。地上のラジオやテレビにチャンネルやバイブレーション一周波数が適切でしょう一があるように、人間にも一人一人の周波数があります。そ ... » more

霊的真理を悟った人は絶望しません 大地には莫大な潜在的資源が隠されています。まだまだ多くのものが明かされていきます。多くのものが発見されていきます。人類は進化の終わりを迎えたわけではありません。まだまだ初期の段階です。霊的真理を悟った人は決して絶望しませ ... » more

この惑星が滅びることはありません 一人間がしていることが原因で、地球が滅びるのではないかと心配している若者がたくさんいます。「この惑星が滅びることはありません。」一人類が滅びることもないのでしょうか?「ありません。人類も生存し続けます。人間がこの惑星に出 ... » more

神に通じる道も無限に存在する 全ての道は創造主である、霊的大始原に通じています。神は無限なる存在です。完全なる愛と叡智の権化である神に通じる道もまた、無限に存在することになります。神とは命であり、命とは神です。命ある存在は、生まれつきの財産として神性を宿 ... » more

自分の生き方は自分の責任 人間は問題を、ことごとく地上的な視点で眺めます。私たち霊は同じ問題を、霊的な視点で眺めます。しかもそれらは大てい食い違うものです。たとえば、他界するということは地上では悲しいことですが、霊の世界ではめでたいことです。人間の限 ... » more

無理して祈ることはありません 「自分の理性にそぐわないことはしてはいけません。祈りたい気持ちがあれば祈りなさい。祈る気になれないのなら、無理して祈ることはありません。キリストが言ったとされる言葉が真実だと思えば、その言葉に従いなさい。真実とは思えないなら ... » more

何事も偏りがあってはいけません 肉体は魂の家である以上、それなりに果たすべき義務があります。地上にいる限り、魂はその肉体によって機能するのですから、大切にしないといけません。が、そうした地上の人間としての義務をおろそかにするのが間違っているのと同じく、霊的なものを ... » more

宗教は過去の出来事に依存してはいけない 人類は常に進化しています。そして、その進化にともなって神の概念も深くなっています。知的地平線の境界が、これまでより広くなり、神の概念もそれにともなって進化しています。しかし神自体は少しも変わっていません。これから千年後、地上 ... » more

なぜ祈るのか 本当の祈りは、利己的な動機から発した要望を嘆願することではありません。私たちの心の中を神はすでに知っています。要望は口に出す前に、すでに知れているのです。なのに、なぜ祈るのか。それは、祈りとは私たちのまわりに存在する、より高 ... » more

全てが法則によって規制されている 地球は、途方もなく大きな宇宙のほんの小さな一部に過ぎません。が、その世界で起きる、あらゆる事態に備えた法則によって支配されています。その法則の枠外に出ることは出来ません。あなたの命、存在、活動の全てが、その法則によって規制されて ... » more

良心の命令に素直に従えること 世間で言う成功者になるかどうかは、どうでもよいことです。この世的な成功によって手に入れたものは、そのうちあっさりと価値を失います。大切なのは、自分の魂の最高のものに対して誠実であること、真実と信じるものに目をつぶることなく、本当の自 ... » more

自分は一人ぽっちではない 霊的真理を知ると、自分が一人ぽっちではないことを知ります。それが霊的真理を知っている人と知らない人の一番大きな違いです。いつどこにいても、霊の世界からの愛と友情と親愛の念を受けているからです。最善を尽くしている時は必ず、霊界から ... » more

一方なくして他方は存在しない 「私たち霊が法則を変えることは出来ません。私たちはただ法則を教えるだけです。これまで私は何度か皆さんが困った事態に陥るのを見て、その運命を何とか肩代わりしてあげたい、降りかかる人生の雨と雪と寒さから守ってあげたいと思ったことがありま ... » more

知識は責任ももたらす 知識は全て得になります。しかし残念なことに、そうとばかりも言えないことが起きるのです。知識は確かに喜びと幸せと落ち着きをもたらしますが、今度はそれをどう生かすかという責任ももたらします。知識は、無知から生まれる愚かな心配を取り除 ... » more

奉仕的な愛の方が遥かに尊い 私は同じ愛でも、家族的な愛よりも奉仕的な愛の方が遥かに尊いと信じています。奉仕的な愛の方が遥かに偉大です。自分という一人の人間の心と魂を、多くの人間の運命の改善に役立てようとする時、自らの栄光という見返りを望まない、光り輝く存在を引 ... » more

納得したことだけ受け入れて下さい 私たち霊が言ったからといって、何もかも信じることはありません。私たちだって間違ったことを言っているかも知れません。あなたが納得したことだけ受け入れて下さい。これは私たちがいつもお願いしていることです。あなた方人間は私たち霊に ... » more

人のために惜しみなく自分を役立てなさい 地上人生の総決算をする時、つまり地上に別れを告げて霊の世界に移ると、誰がするわけでもなく、自家作用によって、自分で自分を裁くことになります。その時の判決の基準は、地上で何を考えたかでもなく、何を信じたかでもありません。世の中のために ... » more

愛が死滅することはありません 宇宙には、科学の実験室のどんな分析検査にも引っかからず、化学薬品によってもメスによっても分析できず、しかも、これまで大きさを測定し重量を計り切開できた、他のどんなエネルギーも超える力が存在します。それは愛の力です。その愛は、全生命の ... » more

本当の高名は魂の偉大さが生む 一戦時中、ダンケルクでの英国軍の撤退作戦の時に海が穏やかで、シチリア島での作戦の時も天候が味方してくれたと聞いています。これは神が味方してくれたのでしょうか?「神はどんなことにも干渉しません。法則、大自然の法則が存在し、これからも ... » more

本当の自分はちゃんと分かっている 正常な人間である限り、つまり精神的にも知的にも異常や病的でない限り、自分の思考と行動を監視する、絶対に間違うことのない装置が内蔵されています。良心です。考えること、口にすること、行うことを正しく導く不変の基準です。それがどんな問 ... » more

祭壇に何の意味があるでしょう 宗教とは何かと問われれば、私たち霊は躊躇なく言います。 “いつどこにいても人のために自分を役立てることです” と。神学などはどうでもよろしい。教義、儀式、祭礼、教典なども重要ではありません。祭壇に何の意味があるでしょう。 ... » more

ゆっくりとした進化によって改められる 「地球はあなたが生まれる前から存在し、あなたが去ったあとも、ずっと存在するでしょう。その地上での束の間の人生を、価値あるものにするために努力しなさい。たった一つの魂のために、あなたを役立てることが出来れば、それだけであなたの人生は失 ... » more

大きな仕事を一人で始めた人がいました 大きな仕事をたった一人で始めた人がいました。その名をイエス・キリストと言いました。そのたった一人の人間が、愛を基本理念とした新しい宗教の手本を、地上にもたらしました。たった一人で大きな仕事を始めた人は、他にもいます。その名を ... » more

いま必要なのは実行者です 教えは十分に揃っています。いま必要なのは実行者です。そこで、その実行者であるべき私たちは、悲しむ人々、真実を求める無数の人々に思いを向けましょう。私たちの影響力の範囲内に来た人に、精一杯の援助を施し、慰めを与え、悲しみを希望に変 ... » more

用のない人は一人もいません 私たちは偉大なる神の計画の中に組み込まれています。一人一人が存在価値を持ち、小さすぎて用のない人は一人もいません。忘れ去られることは決してありません。神の大事業に誰でも貢献できるのです。苦しみと悲しみの荷を軽くしてあげること ... » more

求め続けるのです 生命とはスピリットであり、スピリットは生命です。魂が目を覚まして本当の自分を知った時、つまり霊的意識が目覚めた時、その時に自分とは何者なのか、どんな存在なのか、なぜ存在しているのかということに理解がいきます。それからの人生はその後に ... » more

死後どれくらい経って地上に戻ってくるのか 一死後どれくらい経って地上に戻ってくるのですか?「それは一人一人の事情によって違います。霊界に来て何世紀も経つのに、自分の身に何が起きたか分からない人もいます。」一自分が死んだことが分からないのですね。「一方には、ちゃんとし ... » more

今のこの時点で霊的存在 あなた方人間は肉体を持った霊であり、私たちは肉体を持たない霊です。そこに共通したものがあります。 “霊” というつながりです。あなたも今のこの時点で霊的存在なのです。死んでから霊的存在になるのではありません。死んでから霊 ... » more

地上は無知の程度がひどすぎます 私たち霊団の仕事の一つは、地上に霊的真理をもたらすことです。これは大変な使命です。霊界から見る地上は、無知の程度がひどすぎます。その無知が生み出す悪弊は見るに耐えかねます。それが地上の悲劇に反映していますが、霊界の悲劇にも反 ... » more

 

最終更新日: 2017/08/11 20:45

「スピリチュアリズム」のブログ関連商品

» 「スピリチュアリズム」のブログレビュー をもっと探す

「スピリチュアリズム」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る