誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    YA

YA

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「YA」のブログを一覧表示!「YA」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「YA」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「YA」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

「青森ドロップキッカーズ」森沢明夫著  小学館 2010年 中学生でも、社会人でも、人に傷つけられたり、人を傷つけたり、立ち止まったりうつむいたり、でも、人に癒されて歩き出せたりもするよね、というお話は、すごくまっとうでわりと面白く読めたけど、これ、YAじゃなくて、青春が懐か ... » more

昨日、3月7日日曜日、梨屋アリエ先生の講演を聞いてきました。「私の読書作法〜本の楽しさ再発見」」第1部:作品についてのエピソードや作家になりたい人へのアドバイスなどの講演第2部:参加者の皆さんと梨屋さんとで、お気に入りの ... » more

龍のいるまわり道                 達人の本棚
あれも読みたい、これも面白そう、ファンタジーの話題作も、YAの秀作もちゃんと押さえておきたいし、もちろん自分の趣味路線も捨てがたい。かくして読みたい本のリストはどんどん長くなる今日この頃。。。なのに。YA読書の「達人 ... » more

作家の梨屋アリエさんの主催で、夏休みの終わりに第一回が開かれたYA読書クラブ。来月第二回が開かれます。今度のテーマ本は荻原規子さんの「RDG」。わーん、わたしが参加して語りたい!が、参加できるのは12歳から19歳の「YA ... » more

「フュージョン」 濱野京子   仲間うちで好評なので、以前から気になりながらうっかり読み損ねていた濱野京子さんの「フュージョン」、読みました。評判に違わず、さわやかな上質のYAに仕上がっていて、とっても面白かったです!フュージョン濱野 京子講談社発売日 ... » more

『コンビニたそがれ堂 奇跡の招待状』 村山早紀作のファンタジー連作。前作は『コンビニたそがれ堂街かどの魔法の時間』で、ポプラ社から発行された児童書でした。どうやら改めてYA向けにピュアフル文庫に入り、続編が書かれたようですね。コンビニたそがれ堂は、大事な探し物がある人だ ... » more

龍のいるまわり道                 YA読書クラブ
梨屋アリエ先生主催の、12〜19歳の本が好きな人たちのための読書クラブのご紹介です。第一回は8月29日土曜日午後2時〜4時、場所は、四谷三丁目のポプラ社です。専用ホームページができたそうなので、詳しくはそちらをご ... » more

mixiの同じ記事にコメがついて、それにまたコメしたので、追記します。現物みたい時は、新宿のジュンク堂とか、銀座のナルニアとか便利です。銀座のナルニアのYAコーナーは、9類だけでなく、哲学とか、文化人類学、 心理学なども ... » more
テーマ 本の寺子屋 YA 学校図書館

選書の参考におすすめのサイト 中学の選書、悩みますよね〜。いえいえ、もちろん、小学校も悩ましいんだけど、中学だと、選書の参考にするツールもあまりない、という気がします。そんな中、隣の市の中学で図書ボラをしている友達のOさんが「荒川区立図書館のYA ... » more
テーマ 本の寺子屋 YA 学校図書館

龍のいるまわり道                 図書館員の太鼓ボン
先週水曜日、かん子さんの寺子屋に行った時、「おみやげ」に「図書館員の太鼓ボンVol.4」をいただいた。荒川区立図書館YA担当が出している十代のためのブックリストです。毎年出してるそうだけど、いただいたのは2008年4月発行のもの ... » more
テーマ 児童文学 本の寺子屋 YA

先月、池袋のジュンク堂に発足記念トークセッションを聞きに行った「日本YA作家クラブ」。HPではその後、トークセッションのレポートがアップされたり、会員が増えたり、会員作家さんのおすすめYAリスト=「YAの本棚」が着々と充 ... » more

紫布亭『妖怪アパートの幽雅な日常』
『妖怪アパートの幽雅な日常』 香月日輪作のYAファンタジー小説。全10巻で、このたび完結しました。読み始めたときは6巻くらいまで出ていて、以後刊行にあわせて読んできたものです。もっと読んでいたいなあと思える爽やかなシリーズものでした。両親を亡くして叔父の世話にな ... » more

「12歳からの読書案内」金原瑞人監修すばる舎2009年2005年にも同じ題名の本が出ていますが、これは、2009年2月に新たに出た本です。ここ10年の間に出版された本を、ということで編まれたとか。たくさんの本が紹介されていて ... » more

『Heart Beat 青春音楽小説アンソロジー』 6人の作家による、音楽をモチーフとした青春小説集。高校時代を背景としています。「peacemaker」小路幸也姉の跡を継ぎ、顧問同士が敵対しているため、対立している運動部と文化部の間を取り持つピースメーカーになるべく、高校の放送 ... » more
テーマ YA 小説 青春

紫布亭『メジルシ』
『メジルシ』 草野たき作の児童書。家族の関係を見直す話です。祖母の死後、大学院で学びなおしたいという母親の強い希望で両親が離婚したため、中3の双葉の家族はばらばらに暮らすことになる。父は実家に戻り、母は通学する大学院に近いマンションで一人暮らし、 ... » more

紫布亭『プラスマイナスゼロ』
『プラスマイナスゼロ』 若竹七海作の連作ミステリ小説。架空の町・葉崎市を舞台にしたシリーズの一つ。タイトルは、成績優秀の良家の子女なのになぜか不運なテンコ、成績最低で不良まがいの暴力娘ユーリ、そして“歩く全国平均値”と言われるミサキのトリオを見た教師が「プ ... » more

紫布亭『レッド・マスカラの秋』
『レッド・マスカラの秋』 永井するみ作のYAミステリ。『カカオ80%の夏』の続編で、高校2年生の三浦凪と仲間たちの物語。凪は友人でモデルのミリが出演するファッションショーに行く。天性のメイクセンスを持つミリは、火の鳥マスカラを使い、印象的な目元を作っていた。 ... » more

「みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話」金原瑞人YAセレクション 金原瑞人YAセレクション「 みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話」 ジャイブ出版(ピュアフル文庫)金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-10) (ピュア ... » more

NO.6 ナンバーシックス 7 あさのあつこ 講談社YA!エンターテイメント やっと・・7巻で敵の中心部に入り込んだ二人。物語は展開するか?・・と思ったんですが、これが・・。あんまり展開しないんですよ_| ̄|○というか、この物語、ずっと序章が書き綴られているようなもどかしさが常にあるんですけど、何でで ... » more

紫布亭『まいなす』
『まいなす』 太田忠司作のYAミステリ小説。中2の少女の成長を描く。中学二年の那須舞は、自分の名前にコンプレックスを抱いている。なぜなら、名前と苗字を逆にして続けると「マイナス」となってしまうからだ。当然あだ名は「マイナス」。そのあだ名を意識して ... » more

まいなす 太田忠司 理論社ミステリーYA!  理論社のミステリーYA!のシリーズです。最近、どこの出版社でもYAシリーズに力を入れるようになってきてますが、理論社は、YAについては昔から強い出版社。それだけ力が入るシリーズかな、と思ったりします。まず、この装丁がいい ... » more

きみといつか行く楽園 アダム・ラップ 代田亜香子訳 徳間書店 ここではない、どこかへ行きたい。そう願う時は誰にでもあるけれども、この本のタイトルの意味がわかってしまうと、その願いさえも、まるで叶えられない夢のように儚い・・・。物語は、主人公の主人公の11歳の少年・ブラッキーが裸 ... » more
テーマ ら行の作家 YA 外国男性作家

光車よ、まわれ! 天沢退二郎 ジャイブ ピュアフル文庫 この本の初版は1973年。実に30年以上前に書かれた物語ですが、このファンタジーの放つ強烈なインパクトは、全く衰えていません。2004年に、読者の熱い希望で、復刊ドットコムから再び発行され、ジャイブから文庫になりました。 ... » more

紫布亭『ガールズ・ブルー』
『ガールズ・ブルー』 あさのあつこ作の青春群像小説。高校2年生が中心です。自分を愛し、自分に正直に生きる理穂。身体が弱く入退院を繰り返しながら、同情されるのを嫌ってとんがって生きる美咲。優秀な野球選手の兄と比べられながら受け流して生きる如月。成績が悪く高 ... » more
テーマ YA 小説

『みじかい眠りにつく前に T真夜中に読みたい10の話』 金原瑞人編の9編+森絵都推薦の1編を加えたYAのアンソロジー。巻末には金原瑞人氏と森絵都氏の対談あり。「サラマンダー」(いしいしんじ)…祖父がゆっくりと本を読む理由。「おどる洗たく虫」(魚住直子)…中古の洗濯機には洗たく虫が住ん ... » more
テーマ YA 小説

YA作品 2冊 ファイアベリー 考えるカエル、旅に出る & 路上のヒーローたち 『ファイアベリー考えるカエル、旅に出る』J・C・マイケルズ小田島則子・小田島恒志訳NHK出版主人公のカエルくんは、足が二本しかない。前脚が切り株のようにつるん、としていて水かきがないのである。この物語は、この一匹 ... » more
テーマ YA 児童書

ムーンレディの記憶 E・L・カニグズバーグ 金原瑞人訳 岩波書店  カニグズバーグの新作を読むのは・・3年ぶり?久々の新作は、非常に凝った物語で、しかも「スカイラー通り19番地」の登場人物も出てきます。意外性に満ちた、ミステリーの香りもする物語。転校生のアメディオは、ふとした縁で知り合っ ... » more
テーマ YA 外国人女性作家  コメント(4)

エマ・ジーン・ラザルス、木から落ちる ローレン・ターシス 部谷真奈美訳 主婦の友社 これは、先日読んだ「ノック人とツルの森」とは非常に対照的な物語。たくさんの選択肢を自分の手に持っている女の子のお話。主人公のエマ・ジーンは、とても聡明な女の子。同じ年頃の子たちが、子供っぽいいさかいや、意地悪、理不尽 ... » more

ボクシング・デイ 樫崎 茜 講談社 「ボクシング・デイ」って、何かご存知ですか?私も、この本で初めて知ったんですが、一日送れでクリスマスプレゼントを開ける日だそうです。普通、クリスマスプレゼントは、24日のイブか、25日に開けるものですよね。でも、皆が皆、 ... » more

*過去の読書感想をアップしました。(元記事は2004年06月11日)と、いうことで、まとめて「バッテリー考」。よく森絵都の「DIVE」と並び称されるスポコンシリーズ。なんだけど、テイストは全然違う。もっと泥臭い感じ。もち ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 05:33

「YA」のブログ関連商品

» 「YA」のブログレビュー をもっと探す

「YA」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る