誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    情報デザイン論

情報デザイン論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「情報デザイン論」のブログを一覧表示!「情報デザイン論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「情報デザイン論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「情報デザイン論」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

情報デザイン論 第12講 要約と感想、個人課題 <要約>◆ホームページ作りについてまず、「お祭りネット共和国」を企画書から製作するという課題について説明を受けた。今回は企画書、デザインを制作しそれを課題として提出する。ホームページ作りで1番難しく重要なのが、企画書づくりといえ ... » more

<写真当てクイズ>◆以下URLから見つけた各写真に番号を付け、それぞれを自分の言葉で説明する。(http://www.shashinten.com/g/showgallery.php?cat=507)<写真説明> ... » more

<要約>◆旧メディアの情報デザイン書籍は、大きな印刷用紙1枚に16もしくは32ページ分を配し、断裁の際に書籍の形になるように印刷している。しかし、丁度よく16の倍数の書籍を作るのは難しいので、ページの都合が合うように、半端を薄くのり ... » more

<要約>◆デルファイ法についてデルファイ法とは、一つの評価の手法である。この方法は、複数の専門家から回答を得て、回答結果をフィードバックし再び回答してもらうという作業を繰り返す。そして回答結果を統計処理し、確率分布とともに回 ... » more

a)http://www.meiji.ac.jp/ b-1)http://www.keio.ac.jp/b-2)http://www.u-tokyo.ac.jp/index-j.htmlb-3)http://www.u-to ... » more

<調査対象>a)http://www.meiji.ac.jp/b)http://www.keio.ac.jp/c)http://www.yahoo.co.jp/(1)情報アーキテクチャ調査*5段階評価(D非常 ... » more

<要約>◆レポートの講評各自のレポートの下書きを参照しながら、個々に講評を頂いた。・内容に即したタイトルをつけること。・引用した文献を、本論内に引用番号を振って明示すること。この2点について、特に多く指摘があった。 ... » more

<文献リスト>◇書籍・木村浩,情報デザイン入門,東京,筑摩書房,2002,p174・京都芸術大学編,情報社会とコミュニケーション,東京,角川書店,2000・渡辺保史,情報デザイン入門-インターネット時代の表現術-,東京, ... » more

<個人課題>テレビのヒューマンインターフェイスに上記の技能が使用されていたら、それを可能な限りたくさん(3つ以上)発見して、解説しなさい。◆可視性テレビのON/OFFによって、点灯するランプの色が変わるため、テレビのON ... » more

<要約>◆論文の書き方前回の課題を受けて、再度論文の書き方について確認した。論文の目次は、以下のような形で構成させる1、はじめに2、本論3、結論4、文献しかし、実際に論文を書く際はこの順番ではなく、最 ... » more

<要約>◆ヒューマンインターフェイスの進化についてヒューマンインターフェイスは、ユーザーインターフェイスやマン・マシンインターフェイスとも言い、機会と人間を仲立ちしてくれる仕組みのことである。その進化の歴史を辿ってみる。最初 ... » more

「インターネット時代前後に共通する”情報デザイン”」目次はじめに1、インターネット以前の情報デザイン2、インターネット以後の情報デザイン3、インターネットに求められるデザイン4、結論5、参考文献 ... » more

講義内容:インタラクティブコミュニケーションについて<要約>生物の進化と社会の進化を対応させて考えてみる。アメーバには体が様々に勝手な動きをする性質があり、時には勝手に分裂してしまうこともある。しかし、それでは今まで1つの体 ... » more

「インターネット時代の情報デザインと、それ以前の情報デザインの違いについて」グループで作成したものをまとめ、自分なりの結論を書きます。◆書籍◆【参考文献】京都芸術大学編/『情報社会とコミュニケーション』/角川書店/p ... » more

「インターネット時代の情報デザインと、それ以前の情報デザインの違いについて」グループワークの、個人で担当した部分です。私は書籍1冊の要約と論評を担当しました。<要約>インターネット時代以前の情報デザインは、閉ざされた ... » more

またまた遅くなりましたが、同じグループのnem1(- -)さんの紹介をさせて頂きます。nem1(- -)さんのブログはこちら→http://03933696.at.webry.info/まず、nem1(- -)さんの好き ... » more

<要約>本日は、SWOT法について触れた。人が物事を考える時、例示をしたり、物事の類似点を見つけて分類するという知識処理の能力を持っている。そのため、人が自分の知識の中に新たな知識を加えるとき、例示・対比・類例・比喩が用いられる ... » more

情報デザイン論第3講グループ課題『情報デザイン入門-インターネット時代の表現術-』著・渡辺保史平凡社新書グループで分担し、上記書籍の各章の要約と感想をまとめました。私の担当部分は、第5章です。<要約と感想> ... » more

【要約】え、何を書くの?今日は前回の写真あてクイズの集計を取りました。シズは全問正解★また、シズの写真を当ててくださった方々、ありがとうございました。【感想】写真あてクイズの集計を行った(そのほとんど ... » more

●デルファイ法1. 複数の専門家から回答してもらう2. 回答結果をフィードバックし再び回答してもらうという作業を繰り返す3. 回答結果を統計処理し、確率分布とともに回答結果を示これを前回の個人評価からグループでやってみよ ... » more

<要約>●人口知能人工知能の特徴は知識ベースを持っていることである。・手書き文字の判読例(文字解読)2つの文字のどちらにも見える感じがあった場合、熟語として並べられれば、知識を持っていればその文字を判別することができ ... » more

【課題】シズの選んだ写真。http://www.shashinten.com/g/showgallery.php?cat=507写真その1:「深い藍色の背景に、真ん中よりも上のところには太陽が輝いている。真ん中よりも下に ... » more

@緑色の背景で、綱の上を尺取虫が歩いている写真です。私には右から左か、左から右かどちらに進んでいるかわかりませんが、右側には木のようなものがあります。A森への入り口のような写真です。緑の木や草々の中に道が一本通っています。 ... » more

<要約>新聞と書籍の情報デザインについて●新聞のレイアウト・緩急をつけたタイトル・見出しはジグザグが原則・ハラキリにならない割付・コラムはハラキリ可(ハラキリとは1段落で記事が終わってしまう事)などの心構えが ... » more

<総括表>a. http://www.meiji.ac.jp/b-1.http://www.u-tokyo.ac.jp/index-j.htmlb-3.http://www.keio.ac.jp/b-4.http:/ ... » more

<要約>●WEBコミュニケーションデザイン [マスコミュニケーション⇔インタラクティブコミュニケーション・フォーマル⇔プライベート]のそれぞれの交差する4分野が存在し、他のメディアに比べ広範囲にわたっているものがWEBコミュニケーシ ... » more

【要約】インターネットの登場により、マスメディア中心の一方向のコミュニケーションから、インタラクティブコミュニケーションといった双方向のコミュニケーションへと変化してきた。しかし、情報が誰でも簡単に受け取ることができるとは限らない。 ... » more

<実習>a. http://www.meiji.ac.jp/b. http://www.waseda.ac.jp/index-j.html c.http://www.eaccess.net/(1)情報アーキテクチャの ... » more

【課題】テレビのヒューマンインターフェイスの技法をできるだけあげなさい。1、一貫性リモコンの配置がこれにあたるのではないだろうか。ユーザはどのボタンを押せばどのチャンネルにつながるのかを理解している。毎回配置が変わってしまえばと ... » more

【要約】*アフォーダンス物体の持つ属性を人間が認識して、その取り扱いを人間が判断すること。*一貫性あらゆる機能に一貫性があると、ユーザは繰り返し利用する際にどこになにがあるのかわかりやすくなる。関連する製品間や、シリーズ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 04:53

「情報デザイン論」のブログ関連商品

» 「情報デザイン論」のブログレビュー をもっと探す

「情報デザイン論」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る