誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    か行の作家

か行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「か行の作家」のブログを一覧表示!「か行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「か行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「か行の作家」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

昨日の木曜日は“ホットルーム”の日でした。利用者は0で、いつものように読書タイムとなった訳ですが・・・。持って行った本がこれ。新聞のおススメ本の紹介で、「子供が野球に夢中でちっとも本を読みません。そんな子供に読書の楽しさ ... » more

前に書いたサイン本ですが、奥歯のなんとか同様でおっちゃんにはまったく理解できませんでした。2冊ともブックレビューをみるとなんか難しいことが書かれていて、どっちかというと絶賛している人が多いのでそれを読み取れない自分が悲しいのですが、、 ... » more

『光の海』 小玉ユキ 光の海 (フラワーコミックス)小玉 ユキ小学館 2007-01-26売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools出版社/著者からの内容紹介小玉ユキ デビューコミックス 先輩、人魚はじめてですか? 海や川に人 ... » more

この小説で芥川賞候補になって、ことし乳と卵で芥川賞を受賞。ゴメンなさい。よく分かりません。サイン会の後にざっと読み返してみたけど、、難しい。永井均読んで出直します。わたくし率イン歯ー、または世界 ... » more

おっちゃんの備忘録芥川賞作家
芥川賞作家 近所の本屋で川上未映子サンのサイン会をやっていたので、買ってみました。CDのサイン会には一人も来なかったこともあるのでうれしいです。ということでした。美人作家だけあって、多彩な顔触れのファンが集まってました。 ... » more

妖怪アパートの幽雅な日常(7) (YA!ENTERTAINMENT)香月 日輪講談社 2007-10-18売り上げランキング : 5011Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明学年末、条東商は3年生追い出し会の準備で ... » more

タルト・タタンの夢 近藤史恵 東京創元社 美味しい料理にうっとりしながら、同時に謎解きの楽しさも楽しめる。最近、こういうグルメミステリーとも言うべき物語をよく見かけます。それだけに、二番煎じではない、自分の色を出すのは、なかなか大変なことかもしれません。単なるウンチ ... » more

昨日の話題に出た波津彬子さんは、「雨柳堂」が人気で有名ですが、わたしにとっては、大好きだった花郁悠紀子さんの妹さん、という位置づけなので、金沢が舞台の「異国の花守」が好きです。異国の花守 (PFコミックス)/波津 彬 ... » more

「GoGo!上京ユメ見て歩け」 柿崎こうこ Go Go!上京ユメ見て歩け柿崎 こうこ双葉社 2008-01売り上げランキング : 184550Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明なんとかなる! 21歳、青森から単身東京へ。イラストレーターになるまでの、七転び ... » more
テーマ か行の作家

「女たちの内戦」 桂望実 女たちの内戦桂 望実朝日新聞社 2007-11-07売り上げランキング : 257680Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明女たちの戦いは終わらない…。恋愛、結婚、仕事、子育て、そして家族…。理想と現実の間をさまよ ... » more
テーマ か行の作家 桂望実  コメント(4)

前回の話題に引き続き、今回も自転車で。我が家のおとうしゃんの数ある?!趣味のひとつに自転車があり、何故か暮らしている人数以上の自転車を所有する我が家・・・。この本は自転車の世界を舞台にした、面白いと話題の小説です。主 ... » more

この世界の片隅に 上 こうの史代 双葉社 こうのさんの独壇場ともいえる、おだやかで、優しい世界。書き込まれている昭和の風景に、心が穏やかに和んでいく。私は、こうのさんのお書きになる物語の主人公が大好きで。ぼ〜っとしてるように見えるのは、いつも大事なも ... » more

星へ落ちる 金原ひとみ 集英社 これねえ、けっこう新刊なんですけど、図書館の棚にポツっとあって。あら、と思って借りました。新刊にはあっという間に予約が何十人と入るうちの図書館で珍しいこと・・と思ってたんですが。う〜ん、ちょっとね、この本は、寂しさが募りますね。 ... » more

「着物がくれるとびきりの毎日」   絵と文 * きくち いま 雨が降るやら雪が降るなんていう、週間予報にドキドキしながらむかえた月曜日、昨夜も雨は降らなかった様子。空をみあげるに、どんよりした空模様ではありますが雨の心配はなさそうだ・・・。なーんて思いつつ子供たちを送り出すと、電話のベルが ... » more

プリンセス・ダイアリー ときめき初デート篇/メグ・キャボット¥1,470Amazon.co.jpプリンセス・ダイアリー ピンクのドレス篇/メグ・キャボット¥1,470Amazon.co.jp「プリンセス・ ... » more

彼岸花はきつねのかんざし 朽木祥 学研 小さきものへの眼差し。この世で、たった一つの、ささやかな小さなものをしっかりと描く眼差しのみが、人がやはり持つ底知れない残虐さに対抗する唯一の手段であると思っています。人を、そこに息づくひとりとして捉えることができない想像力のなさ、鈍感 ... » more

ナンシー・ドルー ミステリ 第2弾です友人の依頼で、幽霊屋敷の調査に乗り出すことになったナンシー。しかしちょうどそのころ、弁護士である父親が現在抱えている鉄道会社の案件でトラブルを抱えていた。2つの問題を ... » more
テーマ 海外作家 か行の作家

「東京日記2 ほかに踊りを知らない。」 川上弘美 東京日記2 ほかに踊りを知らない。 (東京日記 (2))門馬 則雄 平凡社 2007-11-17売り上げランキング : 75686Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明たんたんと、時にでこぼこ、どこかシュールに、日々は流 ... » more

「タルト・タタンの夢」 近藤史恵 タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)近藤 史恵東京創元社 2007-10売り上げランキング : 115162Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明店の常連の西田さんはなぜ体調をくずしたのか? 甲子園をめざして ... » more

借金取りの王子 垣根涼介 新潮社 本当にこんな職種があるんでしょうか。リストラ請負会社。一定の人数の人員を整理したい企業から業務を委託されて、リストラ勧告を行い、円満に事を運ぶことを目的とする。でも、これは、絶対あたるな。だって、同じ会社の人間が同僚に、退職 ... » more

かわいい表紙にひかれて・・・ジャケ買いですね(^_^;)ナンシー・ドルーは18歳の高校生。父親は弁護士。偶然知り合った老姉妹の窮状を見て話を聞くと、もらえるはずだった資産家の財産を、とある強欲な一家に横取 ... » more
テーマ 海外作家 か行の作家

おめでとう 川上弘美 文春文庫 小説っていうのは、言葉を使って、言葉にならない思いを書く・・という、もうそれ自体二律背反みたいな矛盾を抱えたもので、その格闘が、読みどころだと思っているんですが。川上さんの小説は、その「言葉にならない」ところを、あたかも手で ... » more

「人形の部屋」 門井慶喜 人形の部屋 (ミステリ・フロンティア 39)門井 慶喜東京創元社 2007-10売り上げランキング : 255990Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明八駒家に持ち込まれたプラスチックの箱の中身は、舞台装置と少女の ... » more

「映画篇」 金城一紀 映画篇金城 一紀集英社 2007-07売り上げランキング : 21248Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明友情、正義、ロマンス、復讐、そして笑いと感動ーー。「太陽がいっぱい」「愛の泉」など名作映画をモチーフに、映 ... » more

龍のいるまわり道                 神沢利子展
15日土曜日、三鷹で1月13日まで開催中の「トコトン! 神沢利子展 〜いのちの水があふれだす〜」を見ました。(時間の都合で駆け足で見たので、もう一度行きたいです!)「ウーフ」や「ふらいぱんじいさん」はじめ、いくつもの ... » more

15日土曜日の午前中は、清水眞砂子先生のお話を聞きに三鷹まで出かけました。この講演は、12月8日から1月13日まで三鷹で開催中の「トコトン! 神沢利子展 〜いのちの水があふれだす〜」→オフィシャルHPの関連事業として開かれま ... » more

夢の通ひ路倉橋 由美子 講談社 1989-11売り上げランキング : 764313Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)夢幻の通ひ路に誘はれて。あちらの世界へ陶酔と愉悦にみちた典雅な交歓。 ... » more

リボン 草野たき ポプラ社 この物語は、一年間進研ゼミの中学講座で連載されたものらしい。揺れる中学校三年生の一年間。その女の子の心の記録。草野さんらしい繊細さと、伸びやかさが素敵な一冊でした。タイトルの「リボン」は制服の胸に付けるリボン。卒業式で尊敬す ... » more

本は友達!「信長の棺」  加藤 廣
「信長の棺」  加藤 廣 この週末はザブチのサッカーは通常練習、ハナコは工作作りに熱中してました。夢のおうち?!おかげで、私も読みかけのこの本を貸し出し期限ギリギリセーフで、読み終えることが出来ました!しか〜し、前半は暇を見つけてちょこちょこ ... » more

「1950年のバックトス」 北村薫 1950年のバックトス北村 薫新潮社 2007-08売り上げランキング : 210460Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明秘めた心が解き放たれる一瞬。人から人に手渡され、人と人をつなぐ想いに胸が熱くなる―。さまざ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 04:48

楽天市場のおすすめ商品

「か行の作家」のブログ関連商品

» 「か行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「か行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る