誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    か行の作家

か行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「か行の作家」のブログを一覧表示!「か行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「か行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「か行の作家」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

「陽だまりの彼女」 越谷オサム 陽だまりの彼女越谷 オサム 新潮社 2008-04売り上げランキング : 97928Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明中学時代の幼馴染と10年ぶりに再会した俺。冴えないイジメられっ子だった彼女は、驚異の大変身を遂 ... » more

「もっとカエテミル 部屋がすっきりあか抜けるインテリアのアイデア50」 川上ユキ もっとカエテミル 部屋がすっきりあか抜けるインテリアのアイデア50川上ユキ 大和書房 2008-04-17売り上げランキング : 6492Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明ダイニングテーブルを二度と散らかさない方 ... » more
テーマ 川上ユキ か行の作家

「リセット」 垣谷美雨 リセット垣谷 美雨 双葉社 2008-02売り上げランキング : 40950Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明ぼんやりした不安と不満を抱え、それでも平凡に暮らしていた3人が、突然、高校時代にタイムスリップ。「未来 ... » more

「枕もとに靴ーああ無情の泥酔日記」 北大路公子 枕もとに靴―ああ無情の泥酔日記北大路 公子 寿郎社 2005-08売り上げランキング : 204258Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明2001年3月からインターネットの「エンピツ」という公開日記サイトに、「なに ... » more
テーマ か行の作家

「楽園に間借り」 黒澤珠々 楽園に間借り黒澤 珠々 角川書店 2007-09売り上げランキング : 339957Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明【野性時代青春文学大賞(第3回)】ちょっと賢そうな顔とお尻に入れたムーミンの刺青だけが取り柄。 ... » more
テーマ か行の作家

風花 川上弘美 集英社 川上さんの小説は、いつもながらレビューが書きにくい。ここに描かれているのは、徹頭徹尾、言葉にし難いその時の一瞬の空気、匂い。心に差し込む光に刻々と映っていく風景・・。主人公の「のゆり」の記憶が、自分の中に積み重なっていくうち ... » more

狐火の家 貴志祐介 角川書店 密室ミステリ4編。「硝子のハンマー」の、元(?)泥棒、防犯コンサルタント榎本と女弁護士青砥のコンビ。二人のやりとりは、ちょっとずつギャグが滑っていく気配がありますが(笑)これが、また独特の味わいかも。「密室」という、もう、ミ ... » more

「東京暮らし」 川本三郎 東京暮らし川本 三郎 潮出版社 2008-02売り上げランキング : 136957Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明ただ“昔の町”が好き。そして映画も好きだし、旅も好き。そんな著者の「隠れ里」をもとめての町歩き。 ... » more
テーマ か行の作家

「福袋」 角田光代 福袋角田光代 河出書房新社 2008-02-15売り上げランキング : 25907Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明私たちはだれも、中身のわからない福袋を持たされて、この世に生まれてくるのかもしれない…。謎で不可 ... » more

「ツクツク図書館」 紺野キリフキ ツクツク図書館 (ダ・ヴィンチブックス)紺野 キリフキ メディアファクトリー 2008-02売り上げランキング : 221202Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明つまらない本しか置いてない、ツクツク図書館。職員も ... » more

「番線―本にまつわるエトセトラ」 久世番子 番線―本にまつわるエトセトラ (UNPOCO ESSAY COMICS)久世 番子 新書館 2008-03売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明作る人も、売る人も、読む人も、みんなみんな「本」 ... » more
テーマ か行の作家

(下)からロジカル・モンスター白鳥が登場し、一気にテンポが出てきます。チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 (600))内容紹介東城大学医学部付属病院で発生した連続術中死の ... » more

ご近所の方からお借りした本です。題だけは知っていましたが、その名からはもっと浮かれた感じの若者の話かな〜なんて思っていました。とは言え、心臓手術・術中死・医療ミステリーとはいっても、主人公が万人受けする窓際キャラでそんなに硬くありま ... » more

「妖怪アパートの幽雅な日常 8」 香月日輪 妖怪アパートの幽雅な日常(8) (YA!ENTERTAINMENT)香月 日輪講談社 2008-01-11売り上げランキング : 2519Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明超個性派ぞろいの妖怪・幽霊たちと共同生活 ... » more

「生きていてもいいかしら日記」 北大路公子 生きていてもいいかしら日記北大路 公子毎日新聞社 2008-01-26売り上げランキング : 93448Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明40代、独身、親と同居。好きなもの、昼酒。「いいとこなし」のキミコが送る、 ... » more

「インディゴの夜(創元推理文庫版)」 加藤実秋 インディゴの夜 (創元推理文庫 M か 5-1)加藤 実秋 東京創元社 2008-03-11売り上げランキング : 37724Amazonで詳しく見る by G-Tools前に読んだ作品の文庫版です。基本的に好きな作品は単行本で ... » more

昨日、昼頃、外出先に夫から「クラーク死去」とメールがあった。夕刊に訃報があり、享年90歳とあった。そっかあ。クラークも亡くなったかあ。中学生の頃は、ハヤカワや創元のSFばかり読んでいた。ハインラインの「夏への扉」 ... » more

白ブタさんてるてるあした 加納朋子
『ささらさや』 の続編でもこれだけで読んでも全然大丈夫☆内容(「BOOK」データベースより)親の夜逃げのために高校進学を諦めた照代。そんな彼女の元に差出人不明のメールが届き、女の子の幽霊が ... » more
テーマ か行の作家

(過去の読書感想です。元記事:2004年09月04日)やっと読了。ちょっと時間がかかったけど、すごく面白かった!ご存知、河合隼雄先生が、日本神話を考察する一冊。神話と日本人の心まず、特性や役割が相対する二柱の神と、 ... » more
テーマ か行の作家 物語以外の本

女優、片桐はいり さんのエッセイタイトルどおり、グアテマラ(→Wikipedia)に住んでいる弟さんのお話。表紙がおしゃれ前作のエッセイ、『わたしのマトカ』 にもち ... » more

ボクシング・デイ 樫崎 茜 講談社 「ボクシング・デイ」って、何かご存知ですか?私も、この本で初めて知ったんですが、一日送れでクリスマスプレゼントを開ける日だそうです。普通、クリスマスプレゼントは、24日のイブか、25日に開けるものですよね。でも、皆が皆、 ... » more

図書館での予約本が1度に沢山届いた今月、返却期日までに読まなければ!とここ数日、慌てて読みまくったのでした・・・。とくにこの本は、電車の中の移動時間も含め、途切れ途切れにダダダーッっと駆け足のように読んでしまったので、勿体無 ... » more

白ブタさん古道具 中野商店 川上弘美
春に読むのによい小説かも内容(「BOOK」データベースより)東京の西の近郊の小さな古道具屋でアルバイトをする「わたし」。ダメ男感漂う店主・中野さん。きりっと女っぷりのいい姉マサヨさん。わたしと恋仲であ ... » more

「トイレの神さま」  黒瀬 澄枝 ぶん / 稲本 みえ子 え 題名にひかれて借りてきたこの本。便器の前に立ち、神妙そうに手を合わせているこの表紙の絵を見ただけで、なんだか面白そうな気がし、我が家の子供たちも好むに違いない!っと選んだわけです。いつのまにやら読んでいたハナコが言うことには ... » more

「アッシュベイビー」金原ひとみ(2004)集英社☆☆アッシュベイビー若き芥川賞作家・金原ひとみの受賞後第一作。中3の娘が先に読んで「話は『蛇にピアス』のほうが面白かったけど、好み」とか言うので、どんなかなと思いき ... » more
テーマ か行の作家

「ビート・キッズ」の作者、風野潮の作品。講談社児童文学新人賞を受賞した「ビート・キッズ」は、確か映画化されたはずだが、どうなったんだろ?さて、「もう一度キックオフ」。次女が寝るまで一緒にゴロゴロしながら、30分で読んでし ... » more

本は友達!「秀吉の枷」  加藤 廣
昼ごはんがすむといつも眠くなります。本を読みながらいつの間にかウトウトしていたらしく、電話の音で目覚めました。最近姪っ子が出来たばかりの友人からの電話です。いつもの通りたわいもない話をしていると、ハナコが帰ってきました。 ... » more

ほかに踊りを知らない。(東京日記2) 川上弘美 絵 門馬則雄 平凡社 私は、やっぱり川上さんの文章が、好きだなあ・・。こういうのは理屈ではなくて、感覚の問題なんだろうけれどそう言ってしまうと、このレビューは終わってしまうんである(笑)川上さんの生活を読んでいると、ほんとに私たちと変わらない ... » more

先日のサイン会のときについでにこっちにもサインを貰おうと思い購入。(当時乳と卵はまだ出版されていなかった)川上未映子ワールドをまったく理解できないおっちゃんですが、これは普通に読めました。面白かったような気がします。それ ... » more

近藤史恵『タルト・タタンの夢』(東京創元社)を読みました。連作短編集です。著者は、近藤史恵(こんどう ふみえ)さん。1993年、『凍える島 』(東京創元社)で、第4回鮎川哲也賞を受賞し、デビューされました。2008年には、『 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 04:48

楽天市場のおすすめ商品

「か行の作家」のブログ関連商品

» 「か行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「か行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る