誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    か行の作家

か行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「か行の作家」のブログを一覧表示!「か行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「か行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「か行の作家」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

猫の形をした幸福 小手鞠るい ポプラ社 このタイトルが良くて読みたくなった本。綺麗な小説だった。アメリカの田舎、深い森の中の、古くて大きな家でくらす、恋人のような夫婦と猫一匹。絵になる風景の中で、過去のある夫婦が大切なものを育んでいく、その生活が静かに描か ... » more
テーマ か行の作家 小手鞠るい

おっちゃんの備忘録黒部の太陽
黒部の太陽 黒部の太陽信濃毎日新聞社 木本 正次 ユーザレビュー:一気に読める秀作人跡 ...酷評されている方もい ...少し気の毒ですが黒部 ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ夏に旅行に行く前から読もうと思っていたの ... » more
テーマ 木本正次 か行の作家 読書  トラックバック(1)

ノンタンの絵本・・きっと、誰もが一度は読んだことがあるのではないでしょうか。私も、息子たちに、たくさん読んできかせました。「ノンタン、ぱっぱらぱなし」とか「にんにんにこにこ」「じどうしゃぶっぶー」・・。たくさんタイトルが出て ... » more

「妖怪アパートの幽雅な日常(9)」 香月日輪 妖怪アパートの幽雅な日常(9) (YA! ENTERTAINMENT)香月 日輪講談社 2008-10-10売り上げランキング : 11043Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明文化祭の準備を進める夕士たちだが、ク ... » more

どこから行っても遠い町 川上弘美 新潮社 川上さんの、短編連作集。雑誌で連載されていたものを、拾い読みしたことはあったのだけれども、こうして一冊に纏まると、それぞれが響きあって、一つの世界になるのが楽しい。東京の、どこかの下町。ごちゃごちゃした界隈の中にたく ... » more

「北村薫の創作表現講義―あなたを読む、わたしを書く」 作家北村薫が、早稲田で行った表現の授業の一部を活字化した本。北村先生の講義も面白いけど、いろいろな文学ジャンルの表現者や編集者などをゲストに迎えての話も、とっても刺激的。 北村薫の創作表現講義―あなたを読む、わたしを書く ... » more
テーマ か行の作家 物語以外の本  コメント(2)

「ムーンレディの記憶」カニグズバーグ 「ムーンレディの記憶」カニグズバーグ作金原瑞人訳岩波書店2008年ムーンレディの記憶登場する子どもも大人も、とても立体的で陰影がある。ちゃんと「生きている」手応えがあって魅力的。なかでも、地元の富豪の娘で元オペラ歌手 ... » more

精神のけもの道 つい、おかしなことをやってしまう人たちの物語 春日武彦 吉野朔実・絵  アスペクト 著者の春日さんは精神科医だそうである。その体験から、「つい、おかしなことをやってしまう人たち」のヘンテコリンな話を集めてある。「精神のけもの道」とは、精神の自己抑制能力のタガが外れてしまい、一見普通に見えながらどこか ... » more

「蟋蟀」 栗田有起 蟋蟀栗田 有起筑摩書房 2008-09売り上げランキング : 9358Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明「あああ、もう、たまらないわ。先生。先生。これから連続側転するから、見ててください」 大学助教授と秘書の恋を ... » more

対談「生きるとは、自分の物語をつくること」河合隼雄 小川洋子 新潮社 「倒れる直前に奇跡のように実現した対談」という新聞広告を見て手に取った。河合隼雄先生と、作家小川洋子氏との対談。当然ながら、「物語を書く」という仕事について深い示唆があったが、同時に、不登校の娘と向き合った経験についても、深くう ... » more

蟋蟀 栗田有起 筑摩書房 栗田さんの本を読むのは久しぶり。でも、読み出すと、ああ、この感触、と思い出せる。ゆるいような、とぼけたような、ちょっと眠いような、もやっとした感触。昼寝から起きたときみたい。まだ頭は半分眠りの中にいて、体だけ起き上が ... » more
テーマ 栗田有起 か行の作家

ナイチンゲールの沈黙(下) 解説によると海堂尊の作品はいまのところ(2008/9時点)で10作品あって、単行本の刊行順に読んで欲しいということです。順番は以下の通り。()内はおっちゃんが読んだ順。1.チーム・バチスタの栄光(1)2.ナイチンゲールの沈黙(4 ... » more

ナイチンゲールの沈黙(上) バチスタからの流れで、なんか不思議な歌とかでてくる。キャラのよさは相変わらずです。バッカス(おもしろい)ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)宝島社 海堂尊 ユー ... » more

新世界より 上下 貴志祐介 講談社 最近、長編を読むのが苦しいんですが(笑)頑張って読みました。長かった・・分厚い分厚い上下巻。「人間の醜さ」を、貴志さんらしい独特の美学が充満するグロテスクさで書き上げた力作でした。設定は、はるか未来。人間は「呪力 ... » more

「架カル空ノ音」吟 鳥子 少し前のことだけど、「なんか面白いマンガない〜?」と友達に聞いて、教えてもらった吟鳥子さん。どれどれ、と短編を購入。「鎖衣カドルト」は、うーん、なかなか面白いことをしているけど、いかんせんやりたいことが難しくて、手に ... » more

「何も持たず存在するということ」 角田光代 何も持たず存在するということ角田 光代幻戯書房 2008-06売り上げランキング : 6790Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明へらへらした大人になりたい−。家族、本、映画など、各紙誌に寄せた身近な物 ... » more

おっちゃんの備忘録ブラックペアン1988
ブラックペアン1988 チーム・バチスタの20年前の出来事です。高階院長?がまだ講師です。田口が外科をあきらめる瞬間もあります。ブラックペアン1988講談社 海堂 尊 ユーザレビュー:この作者になぜ直木賞 ...医療現場の独特な世界 ... ... » more

白ブタさん野球の国のアリス 北村薫
児童向けミステリー・シリーズの 『ミステリーランド』。それに北村さんが書いてたなんて新刊情報はたいてい現地(本屋)で得るので(爆)、うれしい驚き内容紹介 ... » more

おっちゃんの備忘録螺鈿迷宮
螺鈿迷宮 螺鈿迷宮角川書店 海堂 尊 ユーザレビュー:何となく肩透かしな気 ...映画化されるなら次は ...迷宮は深くて暗いもの ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ... » more

「風花」 川上弘美 風花川上 弘美集英社 2008-04-02売り上げランキング : 10314Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明のゆり33歳。卓哉と結婚して7年。卓哉には恋人が、のゆりにも年下の男との関係がある。すれ違う気持ちとこ ... » more

ヴァン・ショーをあなたに 近藤史恵 東京創元社 このシリーズ、大好きです。口ベタな三舟シェフが作る、何とも美味しそうな料理の数々。そのお料理に絡んだ、ちょっとした謎。わずかな手がかりから、その謎を解決する気持ちよさ。・・そう、読んでいて、ほんとに快いんです。とってもお ... » more

レミィライブラリーか行の作家
か行の作家は、以下の通りである。現代香谷美季景山民夫片山恭一角野栄子貴志祐介楠木誠一郎倉橋燿子薫くみこ越水利江子小林深雪日本海外ガネットキャロルケイ(アレグサンダー・ケ ... » more

「ヴァン・ショーをあなたに」 近藤史恵 ヴァン・ショーをあなたに (創元クライム・クラブ)近藤 史恵東京創元社 2008-06売り上げランキング : 10954Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明下町のフレンチレストラン、ビストロ・パ・マル。気取らない料 ... » more

「そのノブは心の扉」 劇団ひとり そのノブは心の扉劇団ひとり文藝春秋 2008-03売り上げランキング : 13115Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明手に握ればスッポリと隠れてしまうほどの小さな何ら変哲もない石を「石原さん」と名づけ愛してみた& ... » more
テーマ か行の作家

妖精物語 遥かな国の深い森で 朽木祥・文 スザンナ・ロックハート・絵 講談社 非常に美しい仕掛け絵本です。仕掛け絵本と言っても、読む人をびっくりさせたり、意表を突くための仕掛けではありません。読む人を、楽しい妖精の世界にいざなうための仕掛けなのです。今、誰に言ってもあまり信じてもらえないんですが ... » more

メジルシ 草野たき 講談社 母と娘の問題、というと、「イグアナの娘」という、萩尾望都さんの作品を思い出してしまうのだが、この草野さんの「メジルシ」も、連鎖ともいうべき、母と、娘の苦しさを取り上げた物語。中学三年生の双葉は、母の美樹と、父の健一の ... » more
テーマ 草野たき か行の作家

東京島 桐野夏生 新潮社 タフだわ。桐野さんのタフネスぶりには感嘆詞をいくつつけても足りないくらい感心します。設定も展開も、「生」のエネルギーが、これでもか、これでもか、と迸って、ちょっとぐったりするほどです。無人島に流れ着いた32人の男達と、一人の ... » more

変愛小説集 岸本佐知子編訳 講談社 「愛」って、何?なんて、からかいがちによく言いますが。何かを愛する・・囚われてしまうほど強く愛する、っていうのはほんとに傍から見たら、ある意味滑稽なことでもありますよね。なぜ、その人を、もしくはそれを好きなのか、魅かれてしま ... » more

最後のおでん―ああ無情の泥酔日記 続北大路 公子寿郎社 2006-08売り上げランキング : 75630Amazonで詳しく見る by G-Tools電車では読むのやめよう!と思ったものの、うっかり読んで吹き。ひっそり恥じつつ電 ... » more
テーマ か行の作家

「旅先でビール」 川本三郎 旅先でビール川本 三郎 潮出版社 2005-11売り上げランキング : 73917Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明旅、居酒屋、温泉、鉄道の駅、下町、昭和30年代の東京、昔の文士、町の緑、そして何よりも旅先の駅前 ... » more
テーマ か行の作家

 

最終更新日: 2016/11/12 04:48

楽天市場のおすすめ商品

「か行の作家」のブログ関連商品

» 「か行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「か行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る