誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    か行の作家

か行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「か行の作家」のブログを一覧表示!「か行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「か行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「か行の作家」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

「サエズリ図書館のワルツさん 」紅玉 いづき 星海社 2012年 なにしろ図書館大好きだし、作者が「ミミズク」の紅玉 いづきだし、気になっていたわけだ、「サエズリ図書館」。で、いつもお世話になっている東村山図書館でみつけて、わーい♪と読みだしたんだけど、こりゃー、びっくりだ ... » more

引き出しの中の家 朽木祥 ポプラ文庫 時々更新しておかないと、ブログ内検索が出来なくなってしまうので、移転先に書いたのと同じ内容ですが、アップしておきます。朽木祥さんの『引き出しの中の家』が文庫になりました。単行本も赤い表紙のとても可愛い本だったのですが、今度はピンクの ... » more
テーマ 朽木祥 か行の作家 YA

「いとみち」越谷オサム著 新潮社 2011年 2月から中学生と一緒に「面白かった本を紹介しあう」&「同じ本を読んで来て感想をおしゃべりする」という会をしています。その3月の会で、越谷オサムさんを教えてもらいました。「越谷オサム」という名前は、聞いたことは ... » more

江戸時代の浮世絵の大家として知られる葛飾北斎の‘三体画譜(さんていがふ)’がこれまた、日本の伝統製本方法である和綴じでしかも、着物の袖の中に入るサイズで親しまれた豆本という小粋なデザインで売っているのを見つけました。 ... » more

サエズリ図書館のワルツさん1 紅玉いづき 星海社 最初は、ごく普通の町にある図書館の物語かと思っていました。しかし、どうも違うらしいと気づいてから一気に面白くなって読みふけることに。この物語は、近未来の図書館。しかも、本というものがとてつもなく高価で手に入りづらくなってしまった時代の図書館 ... » more
テーマ か行の作家 YA 国内作品

『無菌病棟から愛をこめて』 加納朋子 「日常の謎」系(殺人が起こらない)ミステリー作家、加納朋子さん。彼女は、刊行ペースが早い作家ではありません。前作が刊行されたのは、2010年6月。この春ドラマ化されていた『七人の敵がいる!』でした。七人の敵がい ... » more

バク夢姫のご学友 柏葉幸子 児嶋なおみ絵 偕成社 この人、何だかいけ好かない、と思う。感じわるーい、もしくは、きっと友達にはなれないよね、と思う。でも、学校でも仕事でも、どうしてもその人と一緒に行動しなきゃいけなかったりすることがあります。この物語の主人公の女の子・五月も、いきなり、ちょっ ... » more
テーマ か行の作家 国内作品 児童書

カンナ道のむこうへ くぼひでき 志村貴子絵 小峰書店 今、職業教育というのが、早くから行われています。自分の好きなこと、将来の夢を見つけて、そこに向かって努力しましょう、と小学生の頃から言われたりします。文科省の答申でも、小学校高学年の目標として「憧れとする職業をもち、今しなければならないこと ... » more
テーマ か行の作家 YA 国内作品

ラモーナは豆台風 ベバリイ・クリアリー 松岡享子訳 ルイス・ダーリング絵 学研 たくさんの子どもたちに愛されている『ゆかいなヘンリーくん』シリーズの一冊です。新しく改訂新版が出ているので、嬉しくなって手に取りました。長く読まれている本は、時々こうして新版を出してもらうと、いいですね。人気のある本ほどボロボロになってしま ... » more
テーマ か行の作家 児童書 翻訳作品

素性が非常に怪しい、自称・防犯コンサルタントの榎本径が密室の謎を解くという「防犯探偵・榎本」シリーズの第1弾が‘硝子のハンマー’です。‘硝子のハンマー’をはじめとする「防犯探偵・榎本」シリーズは‘鍵のかかった ... » more

月9ドラマ、「鍵のかかった部屋」の原作の防犯探偵榎本シリーズの第2弾が‘狐火の家’です。‘狐火の家’は表題作のほか計4編を収録した短編集です。全ての作品が密室トリックを扱ったミステリーです。密室トリックと ... » more

いつの間にか夏になっていたので、小学校の読書感想文におすすめの本をご紹介しましょう。本のタイトルは‘チョコレート戦争’。ひょんなことから、ケーキ屋のショーウインドーのガラスを割ったという濡れ衣を着せられた少年 ... » more

「密室は破れました」でおなじみの「月9」ドラマである‘鍵のかかった部屋’の原作小説です。実はドラマの原作となった「防犯探偵・榎本シリーズ」と呼ばれる小説は全部で3作品あります。ドラマのタイトルと同じタイトルの ... » more

川越達也 ‘絶対味覚’ ‘絶対味覚’は料理のコツの本ではなく、著者の川越達也シェフ自身が自らの経験から「味覚を磨く方法」を綴った料理エッセイです。‘絶対味覚’によると味覚は、色々な料理を食べて、その調理法を推測ことを繰り返すことで鍛えられる ... » more

八月の光 朽木祥 偕成社 広島は、朽木さんのライフワークだ。この本には、広島の原爆をテーマにした連作『雛の顔』『石の記憶』『水の緘黙』が収録されている。アマゾンから週末に届き、何度も何度も読み返した。安易に泣いてはいけないと思うのに、後から後から涙が溢れて止まなかっ ... » more

『狐火の家』貴志祐介 今期月9ドラマ「鍵のかかった部屋」の原作シリーズ第2作。狐火の家角川書店 貴志 祐介 Amazonアソシエイト by 貴志祐介さんの作品というと、保険金調査をめぐるサイコホラー『黒い家』や表向きは善良な教師が実は殺人鬼で―と ... » more

無菌病棟より愛をこめて 加納朋子 文藝春秋 加納さんが、急性白血病で闘病してらっしゃることなど、何一つ知らず・・・。この本も頁を開くまで小説なのかと思っていたのでした。何と、2010年の6月から、ずっと闘病してらしたらしい。これは、その闘病の記録です。病院嫌いで、何でも寝て治 ... » more

ツイッターで話題の「じわじわ来る」画像の書籍版である‘じわじわ来る○○’の第二弾が‘じわじわ来る□□’です。○○の次の作品だから□□という安直なタイトルがすでにじわじわ来ます。‘じわじわ来る□□’は○○と比べて特 ... » more

笑いのツボには個人差があります。同じ事象でも笑える人には笑えますが、そうでない人には全く分かってもらえません。しかも、説明を求められるとほぼ確実にスベってしまうからこそ厄介です。‘じわじわ来る○○思わず二度見しち ... » more

絵本「おんなじ、おんなじ! でも、ちょっとちがう!」コステキ=ショー作 光村教育図書 ひこさんのメルマガに紹介してあった絵本。絵がとっても明るくて楽しい。そして、内容がとってもステキ!文化の違いが興味深く、どちらも面白い!小学校から中学校まで、おすすめです!アメリカの男の子エリオットとインドの男の ... » more

曽根崎心中 原作 近松門左衛門 角田光代 リトルモア 角田光代さんが描く「曽根崎心中」。想像したより原作に忠実で、この作品の孕む熱がむせかえるように伝わってきました。熱いです。曽根崎は、何度文楽で見たか分からへんほど、見ました。「此の世の名残り夜も名残り死に行く身を譬ふればあだしが ... » more

クロックワークスリー マコーリー公園と三つの宝物 マシュー・カービー 石崎洋司訳 講談社 煌びやかな都会と深い闇の大きな森がある19世紀末のアメリカ東部の町を舞台にした、3人の少年と少女が繰り広げる冒険活劇です。自動人形、オペラ、タロット、降霊会、孤児院、大道芸人・・・もう、ありとあらゆるものを詰め込んで息つく間もなく物語が展開 ... » more

「東京ルームシェア生活」 きのしたきのこ 東京ルームシェア生活 女3人、一緒ぐらしコミックエッセイきのしたきのこ メディアファクトリー 2011-10-21売り上げランキング : 14038Amazonで詳しく見る by G-Tools内容紹介「実家を出たいけど、一人ぐ ... » more
テーマ か行の作家

「少年少女飛行倶楽部」    加納 朋子 2学期もいよいよ残りわずかになってきました。中学校では、三者面談・参観・保護者会も終えて、後は成績表を受け取るばかり・・・。保護者会では、生活面や学習面でのいつも通りのお話のほかに、初めて耳にする話題もあり。それは、 ... » more

神様 2011 川上弘美 講談社 この本は、川上さんが1993年に書かれたデビュー作を、「2011」という形で書き換えたもの。元の短編と、書き換えた「2011」が並べてあります。わざわざ「2011」とタイトルを付けた意味は、今年あった、私たちの意識や価値観を、生活を、大きく ... » more

ケンドーコバヤシ ‘ケンコバ伝説〜星になった言葉たち〜’ 彼は嘘つきです。テレビではアウトローな感じで振る舞っていますが、実は父親は銀行員、母親は専業主婦の真面目な奴です!−中川家・礼二氏のケンドーコバヤシ氏の印象自分で調べてわかったことは、チベットの山奥にある古び ... » more

帰命寺横町の夏 柏葉幸子 講談社 死んだ人が生き返る。そんなことは、絶対に無いのだけれど。もし、自分の周りに、そんな人、いや、亡者がいたら・・・。この物語は、思いがけず、そんな出来ごとに遭遇してしまった男の子のお話です。こう書くと、一瞬ゾンビ系のホラーと思われてしまいそうが ... » more

「チロル、プリーズ」  片川 優子著 講談社 2011 なんかおもしろいタイトルだなあ、と思ったら、「チロル(チョコ)を、ちょうだい」という意味だったよ。わはは。大学受験まっただ中のはずの高校3年生の「わたし=チャコ(♀)」のいまいちパキッときまらないグダグダな日々の悩みと迷い。 ... » more

モップの精と二匹のアルマジロ (ジョイ・ノベルス)近藤 史恵 実業之日本社 2011-02-18売り上げランキング : 92895Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)ぼく(大介)の妻は、 ... » more
テーマ か行の作家

‘聖闘士星矢’の作者・車田正美氏公認のスピン・オフ作品というのが実はありました。タイトルは‘聖闘士星矢EPISODE・G ’です。‘聖闘士星矢EPISODE・G ’は‘聖闘士星矢’の物語が始まる10数年前という設定です。 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 04:48

楽天市場のおすすめ商品

「か行の作家」のブログ関連商品

» 「か行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「か行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る