誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    古戦場

古戦場

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「古戦場」のブログを一覧表示!「古戦場」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「古戦場」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「古戦場」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

桶狭間古戦場(愛知・豊明市) 桶狭間の戦いは「日本三大奇襲戦」の1つに数えられています。ちなみに日本三大奇襲戦とは1.桶狭間の戦い…織田信長2,000VS今川義元25,0002.河越夜戦…北条氏康8,000VS古河公方と山内・扇谷上杉連合軍80,00 ... » more
テーマ 古戦場 史跡

★2009年夏休み旅行・1(7月5日<日>)「関ヶ原古戦場」★ 今年の夏休みは、息子の引っ越しの手伝いもあり、早々と7月4日(土)〜10日(金)までの、7泊8日プランでした。4日(土)は、中央道をひた走り、伊勢自動車道を通って、三重の息子のアパートへ。引っ越しの準備と大掃除を済ませ、翌5日は、暇になった ... » more

桶狭間の戦い 〜桶狭間古戦場伝説地〜 岡崎城の親切なボランティアガイドさんの話の中に桶狭間の戦いの話が出てきたので、この後「桶狭間古戦場」に行くと行ったら、行き方についても教えて頂きました。「光圀さん」のターゲット地図で確認もしてきたので、特に迷うことなく到着。 ... » more
テーマ 古戦場 光圀さん 公園  コメント(4)

設楽原長篠の戦いの古戦場へ 日本史上重大な意味を持つ「長篠・設楽原の戦い」の古戦場へ「三河東郷駅」長篠城駅から9分で着きます。三河東郷駅から徒歩で、「新城市設楽原歴史資料館」に向かいます。約20分で設楽原長篠の戦いで有名な「馬防柵」を見 ... » more
テーマ 愛知県 古戦場 博物館・美術館・展覧会

三船山の戦い(千葉・君津) 千葉県君津市と富津市の境にまたがる三船山という山があります。標高は138m程のさほど高くもない山ですが、ここが房総の運命を決めた場所でありました。三船山は横から見ると細長い台形をしており、頂上はずっと平坦になっています。 ... » more
テーマ 古戦場 史跡

久留里城(千葉・君津) 房総半島には高い山がなく、最も高い山でも標高はせいぜい400mほどです。しかしながら急峻な山や谷が複雑に入り組んで、天然の要害を形成しています。その房総半島の中央部にある久留里城、ここが里見氏の本拠地でした。久留里城は籠城戦 ... » more
テーマ 城跡 古戦場

犬掛古戦場(千葉・南房総) 南総里見八犬伝では、「八房」生誕の地として「犬掛」の名前が出てきます。犬掛にある八房像もちろん南総里見八犬伝はフィクションですが、実際の歴史でも犬掛は里見氏にとって因縁深い場所であり、戦国時代の里見氏の歴史では「犬掛の戦い」 ... » more
テーマ 古戦場 史跡

厳島古戦場(広島・廿日市市) 「厳島の戦い」は「日本三大奇襲戦」の1つに数えられ、大劣勢から逆転勝利した戦いとして有名です。ちなみに「日本三大奇襲戦」とは、1.桶狭間の戦い…織田信長2,000VS今川義元25,0002.河越夜戦・・・北条氏康8,000V ... » more
テーマ 古戦場 史跡

三方ヶ原古戦場(その2)〜祝田坂(静岡・浜松市) 三方ヶ原の前哨戦となった「一言坂の戦い」では、浜松城から出陣していた徳川家康も、本多忠勝の奮戦により無事浜松城に戻ることができました。そこで武田信玄軍は一言坂から反転北上し、今度は天竜川上流にある二俣城の攻略にかかりました。 ... » more
テーマ 古戦場 史跡

三方ヶ原古戦場(その1)〜一言坂(静岡・磐田市) 武田信玄が徳川家康の本拠地である遠江に攻め込み、浜松城のすぐ北側で激突したのが「三方ヶ原の戦い」です。徳川家康はこの三方ヶ原の戦いにおいて、武田信玄に生涯最大の大敗北を喫しました。その三方ヶ原の戦いの前哨戦となったのが、静岡 ... » more
テーマ 古戦場 史跡

国府台城(千葉・市川) 自宅から最も近くにある城跡が国府台城です。自宅から見た国府台城遠景江戸川の対岸にあります。おそらく国府台城よりも、「里見公園」と言った方が通りがいいかも知れません。城の遺構はほとんど残っておらず、全く ... » more
テーマ 城跡 古戦場

'08.09.23 河田木曽川渡河の戦い 米野の戦い 関が原の戦いはここから始まった・・・・。【河田木曽川渡河の戦い】 【米野の戦い】by Wikipedia関ヶ原の戦いの前哨戦のひとつ。池田輝政、浅野幸長、山内一豊率いる東軍1万8千人は、美濃国羽栗郡河田島村(現各務原市川島河田町)ま ... » more
テーマ 古戦場 東海 武将

'08.09.13 岡山本陣址 杭瀬川の戦い 島左近 三連休の初日。AM7時にETC通勤割引利用で大垣へ向かう。天気予報は晴れの筈であるが、パラパラと雨が降ってき始めている。岡山(勝山)が見つからない。案内もない。「杭瀬川が見下ろせる場所」から推測し、斎場の墓地を徒歩で山上に登ってゆく。途 ... » more
テーマ 古戦場 東海 武将

仙人奇行 野次馬日記高天神城
高天神城 08.02.13:00今回、一番行きたかったところ高天神城戦国時代、今川、武田、徳川と遠江をめぐって取ったり取られたり激しい争奪戦があったところ見た感じ規模は小さいけどかなり堅固な城ですね ... » more
テーマ 古戦場 史跡巡り 城郭・陣屋

仙人奇行 野次馬日記長久手城址
長久手城址 08.01.2912:00ココに小さな城があったのですが今は碑以外何もありません長久手城址徳川方の城主は岩崎城で戦死して廃城になりました詳細はhttp://sanchan430.blog70.fc2.co ... » more
テーマ 古戦場 史跡巡り 城郭・陣屋

仙人奇行 野次馬日記長久手の古戦場
長久手の古戦場 08.01.2911:00名古屋ICより長久手町へこのあたり昔はのどかな田舎だったんだけど今は名古屋から続く町の中古戦場公園写真撮りながらぶらぶらと塚があちこちにある説明板を確認しながら地図を見な ... » more

小谷城跡 小谷城の戦い 登山口で小谷城を望む。車で登っていけそうな感じであるが、対向車が来る思うと、恐ろしいような道幅である。時間も早いことなので、誰もまだ登っていないだろうと、腹をくくって車のアクセルを踏む・・・。いざ小谷城に攻め上らん!! ... » more
テーマ 古戦場 近畿

'07.06.09 姉川古戦場跡 西美濃三人衆 磯野員昌 土曜日の朝、雨を心配しながら、名神高速道路へ。思いもかけず、長浜ICを降りる頃には、青空である。天気予報では、雨のはずである・・。●姉川古戦場跡・・・赤く染まったと伝えられる姉川1570年年6月28日午前5時ごろ始ま ... » more
テーマ 古戦場 近畿 戦国

'07.05.13 長久手古戦場跡 池田恒興 長久手古戦場公園内の郷土資料室の真横に車を横付けする。弓道着をきた女子高生が何人もいる。後にわかったが、資料室の地下が弓道練習場になっていた。●小牧・長久手の戦い1584年徳川家康、豊臣秀吉が直接対決した只一度の ... » more
テーマ 古戦場 武将 愛知

07.03.14 長島城跡 長島一向一揆 祖父のお墓参りの後に、寄る。●長島城1570〜1574年、一向衆がこの城において信長と交戦しました。先日判かったのであるが、この地は母親の通っていた小学校(長島国民学校学校)である。【長島一向一揆】157 ... » more
テーマ 古戦場 東海

浮野古戦場跡 06.12.03 1558年、清須城主織田信長と、岩倉城主織田信安との戦い。犬山城主織田信清に助勢を得た、信長が岩倉勢を撃破。翌1559年、岩倉城主織田信賢(信安の子)を追放。ほぼ尾張を統一。そのとき、山内一豊の父盛豊は、 ... » more
テーマ 古戦場 戦国 愛知

2006.11.23 関ヶ原歴史民俗資料館 期待した割には、あっけない感じ!!関が原の合戦の展示物も故障していたみたい。予想に反して館内が寒くて、早々に切り上げてしまいました。目の前の公園に家康が最期の陣を置いた場所があり、寄ってきました。近くにい ... » more
テーマ 古戦場 東海 戦国

2006.07.26 小幡城 小牧・長久手の戦い なかなか見つからなたったが、ご近所の方に丁寧に教えてもらった。らしいものは何も残ってない・・民間駐車場、介護施設城を築くにはいい場所であろうと素人ながら感じる・・。「小幡城」が舞台となる歴史●小牧・長久手 ... » more
テーマ 古戦場 愛知

'06.08.15 桶狭間古戦場  せがれとそのおさななみじのM君とで、夏休みの思い出にと「徳川美術館」そして、「桶狭間古戦場」へ行く。「徳川美術館」10時にM君を迎えに行く。数台しか停められない無料駐車場にかろうじて駐車。11時からの ... » more
テーマ 古戦場 家族 愛知

 

最終更新日: 2016/11/12 03:19

「古戦場」のブログ関連商品

» 「古戦場」のブログレビュー をもっと探す

「古戦場」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る