誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    世界情勢

世界情勢

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「世界情勢」のブログを一覧表示!「世界情勢」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「世界情勢」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「世界情勢」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

河野外相訪中して華春瑩とツーショット 相変わらず新聞、テレビは公平で過不足のない報道というジャーナリズムの基本から外れ、偏った情報の発信を続けています。そう云えるのは普通の一般市民にはネットという情報網があるからで、多様なニュースの入手のみならず発信さえ可能。そうなると ... » more

総理の平昌開会式への出席 韓国の慰安婦問題というのは、うら若い娘達が日本軍に強制的に連れ出され慰安婦として日本軍兵士の性的餌食となった、とイチャモンを付けたのが始まりで、済州島で慰安婦狩りをしたという吉田清治のウソを朝日新聞が拡散して騒ぎが大きくなった。その ... » more

フランス マクロン大統領 徴兵制を検討 フランスのマクロン大統領は、18歳から21歳の男女を対象に徴兵制を復活させる考えを軍幹部の前で示したというニュース。マクロンさんはリベラルの筈でしたが、2002年に廃止されたものを復活させるのはフランスの世情尋常ならざる背景があるのでしょう ... » more

中国軍 潜水艦 接続水域を潜行 中国海軍の潜水艦が尖閣諸島の接続水域に侵入、軍艦も同じく接続水域を航行。こうして繰り返す事で日本人の警戒心を緩める。警戒心が高まれば国防意識も上がるけれど上げて欲しくない中国、9条を改正させないで手足を縛ったままにしておきたい。これ ... » more

豪 反スパイ法 大幅見直し オーストラリアの首相がアボット氏からターンブル氏に交代したのは2015年の自由党党首選の時。アボット氏は日豪間の緊密関係を構築、しかしターンブル氏は中国寄りの姿勢を見せ、折しも南シナ海での中国の動きと併せ日豪関係の冷却が危惧されたものでした ... » more

習主席 尖閣で軍事行動推進 中国の下心、尖閣をめぐり虎視眈々と略奪を狙っている事。習近平主席は2月に軍幹部との非公開会議で、尖閣での軍事行動推進の重視を発言したとネットにニュース。台北共同とありますから台湾発のニュース、ネットには以下の記事。【台北共同】中 ... » more

慰安婦像 中韓の連係プレーだった サンフランシスコ市が慰安婦を象徴する少女像の寄贈を受け入れた事で、吉村大阪市長は両市の姉妹提携を解消するとしました。その事で、中日新聞が12月1日の紙面で何か言っています。「大阪市長の独断に波紋」といつもの特報欄で取り上げています。 ... » more

部族社会をいきなり成熟国家には出来ない エジプトでテロ、235人死亡武装集団がモスクを襲撃というニュース、ISの犯行とも云われそうであるならば異教徒を襲うのではなくイスラムのモスクを襲撃した事は中東の混迷さらに解決への方途は見えづらくなっていきます。いや実はシンプルな話で ... » more

米国のシリア基地攻撃はロシアとの軍事衝突の崖っぷちにある=メドベージェフ首相 過激派組織ダーイシュ(イスラム国、IS)との共闘との選挙綱領の代わりに、トランプ大統領はシリアの正統的な政府との熾烈な戦いに移行した。ロシアのメドベージェフ首相がフェイスブックに次のように書き込んだ。スプートニク日本「終 ... » more

1917 それは人類の運命を変えた革命コード【写真】 1917年の革命という出来事は、明らかに一義的意味合いを持ったものではない。ボリシェヴィキの権力掌握へのアプローチを例外なく肯定的に評価していたソ連時代とは違い、現代ロシアの歴史専門家らは、より客観的であろうと努めている。ロシア現代史博物館 ... » more

米中初首脳会談の結果、対北朝鮮で協力強化、貿易不均衡是正へ新計画 トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が米南部フロリダ州パームビーチで実施した首脳会談で、北朝鮮の核開発を抑えるために米中両国が協力を強化することで一致した。共同通信が報じた。スプートニク日本両国の新たな対話の枠組み設置 ... » more

習主席 米フロリダのパームビーチ国際空港に到着 スプートニク日本ティラーソン国務長官による空港での記者会見が挨拶の後に行われると見られている。習近平国家主席とトランプ大統領の会談のプログラムに、共同声明は含まれていない。 ... » more

中国 習国家主席の訪米成功を祈念 中国は習国家主席の訪米の成功に期待している。中国外務省のジェン・ゼグアン次官がこうした声明を表した。米国の新制裁、ロシアなどの30団体と個人を対象トランプ、習両首脳は4月6−7日、トランプ大統領がフロリダに所有する別荘「マー ... » more

英国 EU離脱を正式通知 ティム・バロウ駐EU英大使はトゥスクEU大統領に、メイ首相が署名した、英国のEU離脱を正式に通知する書簡を手渡した。スプートニク日本トゥスク大統領はツイッターに、バロウ氏が書簡を手渡している写真を投稿し、EU離脱に関する ... » more

あなた方がこのように行動し続けるならば、明日には欧州人は1人として安全には外に出れない=エルドアン大 欧州諸国は人権を尊重する必要がある。さもないと、欧州市民は平和に「一歩も踏み入れる」ことができなくなる。トルコのエルドアン大統領は22日、アンカラで発言した。トルコとEUの関係は、トルコ改憲をめぐって4月16日に行われる国民投票 ... » more

FAZ:ティラーソン氏はNATOよりロシアと中国を選んだ ティラーソン米国務長官が、中国の習国家主席と会談し、その後ロシアを訪問するためにNATO外相会議の欠席を決めたことは、米国のNATO同盟国を不安にさせている。独フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙が報じた。米国務長官 ... » more

ドゥテルテ大統領 ロシア軍艦にフィリピン領海入域を許可 フィリピンのドゥテルテ大統領は、ロシアの軍艦が同国領海に自由に入ることを許可した。ブルームバーグが報じた。フィリピン南シナ海での建設で中国に訴えマニラでの記者会見でドゥテルテ大統領はまた、ロシア海軍の船は当局に前もって計画を ... » more

ホワイトハウス、トランプ大統領がなぜメルケル首相と握手しなかったのかについて説明する 米ホワイトハウスのスパイサー報道官は、記者団から握手を求められて、ドイツのメルケル首相は応じる姿勢をみせたものの、なぜトランプ米大統領は握手をしなかったのかについて説明した。シュピーゲル が報じた。スパイサー報道官は、記者団から ... » more

独中首脳電話会談:両国経済協力の強化へ 新華社電によると、中国の習近平国家主席は16日、ドイツのメルケル首相と電話会談し「両国はグローバリズムの断固とした支持者として、開放的な世界経済を各国が共に建設できるよう推進していく責任がある」と述べ、トランプ米政権などの保護主義的な動きを ... » more
テーマ ニュース 世界情勢 習近平国家主席

中央アジアは相変わらずロシア志向 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の、旧ソ連邦構成共和国で、現在は集団安全保障条約(CSTO)に加盟しロシアの軍事的政治的同盟国であるカザフスタン、キルギスタンそしてタジキスタンの中央アジア3国電撃訪問は、一連の疑問を呼び起こした。歴訪は ... » more

馬渕睦夫|ロスチャイルドはじめユダヤ金融がしてきたことは、欧米では常識、もはや陰謀論ではない。差別はあってはいけないが、なぜユダヤが憎まれてきたのか?日本人は再考すべきだ! ... » more
テーマ 金融 社会変化の渦中 世界情勢

描いても描いても…チキンアタック
チキンアタック 【第2のPPAPなるか】日本人ヨーデル歌手が歌う『鶏攻撃の術 Chicken Attack』がカオスに次ぐカオスで海外ネットユーザーに大人気!ポーチより。http://youpouch.com/2017/02/07/413568 ... » more

世界を隔てる「国境の壁」 米大統領報道官、メキシコ国境の壁「輸入課税で捻出」 日本経済新聞より。http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN27H1J_X20C17A1000000/メキシコ側に支払わせるといわれたら、 ... » more

賽は投げられた?-トランプ大統領就任式 トランプ大統領にどのくらい期待トランプ米大統領就任読売新聞より。http://www.yomiuri.co.jp/matome/20170121-OYT8T50000.html不安ばかりがわいてきますが、見守るしかないと思い ... » more

不安な事件が勃発ここ最近、天気も変ですが、世界情勢もテロや、天災で地球規模で異変が起きてます。EU離脱のイギリス国際法を無視する、中国今回の軍のク−デタ-のトルコ安定していると思っていた地域で ... » more

 

最終更新日: 2018/02/01 09:58

「世界情勢」のブログ関連商品

» 「世界情勢」のブログレビュー をもっと探す

「世界情勢」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る