誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    永井路子

永井路子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「永井路子」のブログを一覧表示!「永井路子」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「永井路子」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「永井路子」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

『銀の館』の下巻を読み終えました。変転極まりない時代が来た。戦火、飢餓、暴動……足利幕府は崩壊に向うが、将軍義政は無為の生活のなかにいる。富子はわが子の行く先を案じて画策するうち、自分の財政の才能に気づいた。やがて、幕府も天皇家も、 ... » more

『銀の館 (上)』 永井路子 (文春文庫) 先月、帰省した時に持ち帰ったのは吉川英治の『三国志』2冊と『銀の館』2冊。『三国志』に続き、きのう『銀の館』の上巻を読み終えました。主役は日野富子――。"女傑"日野富子の意外な実像――康正元(1455)年秋、純白の裲襠に包ま ... » more

未読だった『うたかたの』を、ようやく読み終えました。ひとりの男の生涯を見守ったのは、その時どきにめぐりあわせた6人の女たち帯に書かれている通り、ひとりの男の青春から晩年を、6人の女性の目を通して描いた連作時代小説。永井路 ... » more
テーマ 永井路子

『流星 お市の方 (下)』 永井路子 (文春文庫) 『流星 お市の方』の下巻を読み終えました。『乱紋』と同様、手書きの系図が挟んでありましたが、まったく記憶になく・・・。25年ぶりか30年ぶりか・・・なので、無理もないですね。登場人物は、最近読んだ『乱紋』・『朱なる十字架』と一部 ... » more

おとといから読み始めた『流星 お市の方 (上)』を読了。宇都宮線の車中では終わらず、小山駅でした。上巻は姉川の戦いの直前まで。小豆の袋はエピソードとしては知っていますが、いつのことだったのか?朝倉攻めの時だったんですね。 ... » more

『乱紋』・『山霧』と戦国時代(〜江戸初期)が続いたので、その流れで『朱なる十字架』――。主人公は細川ガラシャです。細川ガラシヤ――その父は謀反を起こした明智光秀。夫は冷やかに父を無視した細川忠興。純な魂とたぐいまれな美貌を持った ... » more

『山霧 毛利元就の妻 (下)』 永井路子 (文春文庫) きのう・きょうの二日間で、『山霧 毛利元就の妻』の下巻を読み終えました。とりあえず、次の帰省で実家に持ち帰ることが出来ます。別のを実家から持ち帰るので、焼け石に水な感じもしますが・・・。上巻の冒頭を再掲――。これは乱 ... » more

『山霧 毛利元就の妻 (上)』 永井路子 (文春文庫) 『乱紋』の次は『山霧毛利元就の妻』。奥付からすると、千葉に来て間もなく買った本で、二十数年ぶりの再読です。これは乱世の梟雄、毛利元就の物語ではない。中国山脈の山裾の霧の中を這いずりまわりつつ、十六世紀を生きた若い男と女の ... » more

『乱紋(下)』 永井路子 (文春文庫) エントリー遅れましたが、『乱紋』の下巻も再読完了。下巻に挟んでいた、登場人物の系図を手書きしたメモ。4枚のうち2枚は上巻の記事に載せたので、ここでは残る2枚。「豊臣一族」の左側になぜ「矜持」の文字があるのか?はまったくの不明 ... » more

『乱紋(上)』 永井路子 (文春文庫) きのう書いた、読みかけの本を50〜60ページ読む予定・・・は思ったより進んで100ページほど――の一冊。寝る前にさらに100ページ以上読み、気づいたら午前3時!この勢いで、先ほど『乱紋』の上巻を読み終えました。『異議あり日本史』 ... » more

先週の帰省で持ち帰ったのは、クリスティー2冊に永井路子1冊。『親指のうずき』を読み終わり、『運命の裏木戸』の前に気分転換に『異議あり日本史』を選びました。びっくりしたのは、その活字の大きいこと!クリスティーの2冊に比べても、一週 ... » more

おととい再読完了した『陰謀の日本中世史』に登場したので、かなり久しぶりに読んでみた永井路子の『炎環』。平安末期〜鎌倉初期を描いた短編集です。それぞれの主役は、一般的にはマイナーな人物。梶原景時・北条義時はともかく、阿野全成・阿波 ... » more

『葛の葉抄 あや子、江戸を生きる』 永井路子 (PHP文庫) 6日前にエントリーした『杜の都殺人事件』でこんなことを書きました。------------------------------------------------------------------------本筋とは関係ないで ... » more

今月だけで3冊目となる永井路子。2冊目の『歴史の主役たち変革期の人間像』ではこんなことを書きましたが・・・。久しぶりに読んでみても、応天門の変はすっと入ってきますが、南北朝〜室町時代は・・・。鎌倉時代はわりと平気でも、その少 ... » more

おとといエントリーした、『相対性理論入門』の最後に書いた一言。その前に、読みかけの式のない本を終わらせないと・・・。当然、この『歴史の主役たち変革期の人間像』のことではありません。日本史の本に式が出てくるはずはなく、「式 ... » more

四年ぶりの永井路子。『歴史をさわがせた女たち』の男性版というべき、エッセイです。久しぶりに読んで、その軽さにびっくり。カタカナ言葉でないのに、カタカナ表記が目立ちます。特に、ご本人のナガイミチコが――。私事にわた ... » more

読書歴が溜まってる。理由は猫のせいだ。私がPCいじってると、必ず猫が飛んできて、ディスプレイを覗きこむ。しかも、キーボードの上に鎮座して!!頼むよ〜、いつかVALUESTARを壊されそうな気がする。「織り ... » more
テーマ 永井路子 読書歴

『姫の戦国』の下巻、上巻からの勢いで読み終わりました。桶狭間の戦いで義元が討たれたため、負のイメージを持たれている今川氏ですが、先進的な領国経営をしていたのは意外でした。その一例が、東国では最古の分国法となる今川仮名目録の制定。これ ... » more

少し長くなりますが、『岩倉具視言葉の皮を剥きながら』のあとがきからの引用――。書き終えての心残りを最後に一つ。中御門経之のことである。具視の姉富子の夫である彼は、具視と二人三脚で波瀾の歴史を生き抜いた。(中略)じつはこの ... » more

永井路子の文庫本が出ていたので、さっそく読んでみました。文春文庫からは48冊目!(新装版が何冊かあるので、実質はこれより少ないですが、すごい数です)主人公は岩倉具視・・・というのはちょっと意外。エッセイは別として、自分が読んだ小説の ... » more

物覚えが悪くなった昨今(やばっ!)、書店や図書館をうろつくと、「あ、この本読んだ」と思うんだけど、本の内容を忘れている事が多い。(中身を開けば解るんだけど)本の内容を覚えていても、本のタイトルを忘れる事も多い。昔は図書館には ... » more
テーマ 栗本薫 永井路子 読書歴

図書館展示「茨城の富士山信仰−永井路子の家伝書から」と講演会を開催します(本館)歴史小説家の永井路子氏の本家(茨城県古河市)に伝わる古文書を茨城大学に寄贈していただきました。古河市で幼少時代を過ごした直木賞作家の永井 ... » more

『女帝の歴史を裏返す』 永井路子 (中公文庫) 推古天皇――ご存知ですか、東洋最初の女帝皇極(斉明)天皇――大工事の謎を残して持統天皇――栄光と悲劇を一身に元明天皇/元正天皇――女帝にとって遷都とは孝謙(称徳)天皇――恋に生き、愛に死し……明正天皇/後桜町天皇――「マ ... » more

「炎環」は、同一作者の「北条政子」とともに、NHK大河ドラマ「草燃える」の原作。それもあって、本書は今まで何度か読んだことがあるもの。久し振りに読み直してみました。ちなみに、直木賞受賞作。http://www.amazon.co.jp/ ... » more

絶版かよっ・その67 本日紹介するのは、永井路子『悪霊列伝(正・続)』です。悪霊と人間の本質に迫った、傑作評伝です。天変地異が続き、疫病が流行ると、古代の人々は、それを悪霊の仕業としました。現代の私たちから見れば、「んなわけない!」とひとツッ ... » more
テーマ 本(絶版) 永井路子

絶版かよっ・その13 本日紹介するのは、永井路子『つわものの賦』です。まずは、この本との出合いから話させてください。私は、セブンアンドワイ内で自分の好きな本をコメントつきで紹介できる「みんなの書店」というサービスを利用して、北海堂書店なんての ... » more
テーマ 本(絶版) 永井路子

<歴史小説を描いて五十年。歴史とは、女性とは何かを考え続けてきた著者が、男本位の見方によって隠されていた日本史に光を当てる。女の側から見ると、こんなに面白い日本史>―――、カバーの言葉通り、女性をテーマとした作品群から取り上げたヒロインたち ... » more

平安時代はその名に似つかわしくない波乱の幕開けだった。皇位をめぐる争いの中で、井上皇后・他戸親王、早良親王、藤原吉子・伊予親王らが命を落とし、死に追いやった桓武天皇や平城天皇は怨霊に悩まされる。さらに桓武天皇と平城天皇(安殿親王)の親子の相 ... » more

なぜ摂関政治が終わり、院政に移行したのか、藤原能信を軸に描いた作品。定説では母が皇女(禎子内親王)である後三条天皇と藤原摂関家との対立が言われるが、禎子内親王もまた摂関家の血を引く身(三条天皇と藤原道長の娘・けん子の娘)であり、この対立だけ ... » more

'84年9月刊行「悪霊列伝」、'88年3月刊行「続悪霊列伝」(いずれも新潮文庫)の合本。タイトルからはおどろおどろしい感じを受けるが、悪霊に悩まされる権力者の姿を描いた歴史人物評伝である。目次には「吉備聖霊」「不破内親王姉妹」「崇道天皇 ... » more

 

最終更新日: 2018/07/08 10:42

「永井路子」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る