誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    帰郷

帰郷

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「帰郷」のブログを一覧表示!「帰郷」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「帰郷」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「帰郷」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

自由空間9/18 帰郷5日目
9/18 帰郷5日目 17日、田舎の風景ですね・・もみ殻がつまれています。午後3時過ぎ、夕食の買い物に出かけます。頂いた冬瓜と鳥のひき肉、ジャガイモを入れてあんかけを作るそうです。昔、母が作っても食べなかっ ... » more
テーマ 帰郷 もみ殻  コメント(4)

9/17 はっきりしない空ですが・・ 今朝(17日)起きたのが6時過ぎでした。カメラを持って散歩に出かけます。西の方角には青空も見えます・・東の空は雲が占領して、太陽の姿は見えません。16日、目が覚めるとカメラを持って裏の畑に出か ... » more

自由空間9/15 今夜は十五夜です。
9/15 今夜は十五夜です。 今夜は月・・薄い雲に邪魔されきれいに見えませんが、十五夜お月さんです。15日のまん丸月さん、十五夜です。さて、今日は2度目のブログを更新します。14日、7時40分次男の運転する車で帯広駅にやってき ... » more
テーマ 帰郷 千歳空港 お寿司屋で夕食  コメント(4)

1995年小説・帰って来たヒーロー・12 「お前にやって、まだまだやりたいことがあるんやろからな」 「「……兄貴……?」 誠が開きかけた口を兄は遮った。 「そやけど、誠よう。いつかは必ず、ここへ戻って来い!お前にとって、町では見つけられん安らぎがあるんは、お ... » more

1995年小説・帰って来たヒーロー・11 太鼓蔵から曳き出された屋台は、囃しと太鼓を打ち鳴らしながら、素早く二輪の台車が屋台の下に差し込まれ、慎重に乗せられた。待機していた残る担ぎ手もかき棒の下に入った。決められた所定の位置に着くと、角棒に肩を入れた。二輪の台車に乗っかった ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

1995年小説・帰って来たヒーロー・10 風呂で温もった裸の体に真新しい白サラシを幾重にも巻き付けると、ピシッと身が引き締まる。祭り襦袢を羽織るのは6年ぶりだ。しばらく主人に見捨てられた格好だった、咆哮の虎が威圧的に描かれた襦袢は、久々の日の目に心穏やかではいられまい。兵児帯をきざ ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

1995年小説・帰って来たヒーロー・10 しかし、五年の隔たりによる距離感は埋まらない。共通する話題はすぐに出尽くした。あの浦島太郎の気分である。家にたどり着くと、深夜を過ぎていた。酔いが少し残っている。玄関は明るかった。引き戸に鍵はかかっていない。母のやり口だった。「 ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

1995年小説・帰って来たヒーロー・9 手に少し力を込めて押した。その体勢を保ったまま、首を捻じ曲げて頭上を見上げた。岩が揺れているかどうかを見極めるには、上空に突き出た松や椚(クヌギ)など雑木が四方に伸ばす枝葉の影が岩の肌に映した動きを見れば一目瞭然だ。無風で枝葉が揺れていれば ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

1995年小説・帰って来たヒーロー・8 いらだちを覚えたりすると、タロをおともに裏山へ逃避した記憶は鮮明だ。久しぶりに裏山に登ってみるか。思い立つと、誠はタロのひもを引っ張った。「クィーン」こちらを見上げたタロは甘えるしぐさで、誠を誘う。裏山と言っても、なだらかな ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

1995年小説・帰って来たヒーロー・7 担ぎ手にしても、要となるべき青年は、時代の風潮に違わず、祭りのために仕事を犠牲にするのを嫌う。もちろん村から出て戻らない若者が増加の一途も、担ぎ手の不足につながっている。すでに引退している中高齢者を担ぎ出さざるを得なくなった。祭りの高齢 ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

1995年小説・帰って来たヒーロー・6 「ほうか。ええ経験したみたいやな。それ聞いたらひと安心や。お前、知っとうか?」龍は顔も上げずに訊いた。「なにを?」「八坂裕子って女の子、覚えとるか?」「ああ、俺の同級や。みんなの憧れやったなあ」頭が良くて美人、クラスの男 ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

1995年小説・帰って来たヒーロー・5 風呂はいい塩梅に沸いていた。東京では銭湯通いで、落ち着いて風呂に浸かれなかった。忘れもしない家庭用の湯船に湯があふれんばかりに満たされている。こぼすのはもったいない。そろそろと湯に体を沈ませた。首まで浸かると、快感がkら蛇十二走る。 ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

1995年小説・帰って来たヒーロー・4 「待っとったんかい、お前」東京で暮らしていてもわすれたことのない、懐かしい母の声だった。慌てて顔を上げた誠は、えらく膨らんだスーパーの袋を両手にぶらさげた母と真面に向き合った。「なんや、買い物やったんか。また仕事が忙しいんやなと思う ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

小説(1995年作品)・帰って来たヒーロー・3 京都から新快速で姫路まで。姫路からバスに乗り四十数分揺られれば、誠の故郷に着く。まずは実家へ直行して、五年に渡った東京暮らしのストレスを癒すのが先決だった。仕事は、そのあとでゆっくりと探すつもりでいた。誠は東京に出る前、現在はSホテ ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

小説(1995年作品)帰って来たヒーロー・2 黒木の後釜に入ったのは、名古屋Sホテルでセコンドチーフだった大杉である。チーフに昇格した大杉は使いやすい忠実な自分の部下を引き連れて移動してきた。そうなると、誠の存在は自然と浮き上がる形になってしまった。黒木チーフのもとでは、セコンドチ ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

小説(1995年)・帰って来たヒーロー・1 結局辞めるはめになってしまった。あれほどの夢を抱き、十年は帰らぬと腹をくくった上京だったのに、やっと目標を半分過ごしたところで力尽きた格好になった。氷見誠は、東京を引き上げる前に、この春まで世話になった黒木のマンションを訪ねることに ... » more
テーマ 田舎 帰郷 小説

夫婦の一日ただいま
ただいま お久しぶりです。留守の間に富士山もうっすらと雪化粧です。長い間、実家でゆっくりさせていただきました。皆様の所にも訪問できず、申し訳ございませんでした。実家では時間は余りあるほどでしたが、インターネットがありま ... » more
テーマ 帰郷

エアーワゴンI 家族旅行(ハンムラビ法典:パリルーブル、ローテンブルグ:ドイツ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前回の続き。ダクテッドファンの補修は順調に進んでいた。リング状の同期モーター、ファンブレード、可変ピッチシステム、それらを組み込むダクテッドフレーム、其々のパーツを別々に3Dプリンターで ... » more
テーマ 帰郷 離別

こころの文庫息子の帰郷
「年末から正月にかけて忙しいんで、帰れそうにないわ」息子のメールが妻の携帯に入った。わたしの失望は大きい。1年に1回ぐらいは、せめて正月には息子の顔を見たいのが父親の切なる思いだ。それほど待ち望む息子の帰郷が駄目に。寂しく侘しく ... » more
テーマ 帰郷 息子

ダークKATURA犬と歩けば
犬と歩けば それぞれに名乗て出る若葉哉加賀千代女⒑日余り田舎に帰っていました。飼い犬サクラの散歩に同行しました。新しい車イスであぜ沿いの道をグングン進みました。「(サクラ)待って」と呼べば、行き過ぎた道を戻っ ... » more
テーマ 帰郷  コメント(2)

ダークKATURA「三寒四温」
「三寒四温」 春めくと指をよごしぬ土塊に吉武月二次郎帰省する日は、雪で送ってくれる事業所の車も二の足を踏むほどの降雪でした。その心配もなく行く手山間部の道路は、問題なくとおれました。ただ、トンネルの中は少しアイスバーンで慎 ... » more
テーマ 帰郷  コメント(2)

思い出の山(地)in北海道 10月に小学校・中学校の同窓会出席北海道オホーツクの山の中総勢27名が集まりました、三十数年ぶりでの再会です。自分的には殆どの人の顔と名前が一致しました。丸くなった ... » more
テーマ 帰郷 休日

ダークKATURA柿の実たわわ
柿の実たわわ 御仏に供へあまりの柿十五 ――正岡子規―― 帰郷した時、母と墓参りへ行きました。赤いハゼノキの葉や地面に落ちたドングリなど…もう、山は晩秋の体を成していました。お墓の入口の坂道の側に大きな柿の木が ... » more
テーマ 帰郷

ダークKATURAHow many?
How many? 十日ほど日記ためたり水温む――久保田万太郎――昨日、一日中降リ続いた雨も止み今朝からピッカリ晴れています。先日、帰省した時「何個あるでしょう?」と茎ごと採って来て見せてもらったやや遅蒔きの芽キャベツに圧巻です ... » more
テーマ 帰郷  コメント(2)

ダークKATURA田 舎
田 舎 土筆ほうけて行くいつもの女の笑顔 ――河東碧梧桐(かわひがし へきごとう)―― いつもより少し長く、田舎に帰っていました。春ですね。食べ物もふく風も歩くあぜ道にも沢山の春便りが届いています。今 ... » more
テーマ 帰郷  コメント(5)

つぶやき、そっとささやいて帰郷
帰郷 実家に帰り、父と弟を見舞いました。リハビリ中の弟は、私たちの顔を見るとにこっと笑顔を見せて手を振りました。壁には一日のリハビリのスケジュールが張られていてちょうど束の間の休憩時間だったようです。倒れて ... » more

大島康徳公式ブログ最高の夜
最高の夜 このブログが本当に今年最後の更新です。次男が帰ってきました。祭は急いで次男の靴下を脱がせ自分のベッドに持っていき嬉しそうに抱え込みました。 ... » more

ダークKATURA俳句の日
俳句の日 新涼やさらりと乾く足の裏――日野 草城――新涼の小さき乳房をもつわれは――三橋鷹女―― 田舎に帰っていました。 幾分、涼しい風もふいて「やっぱり、田舎だー」と大の字に寝転ろがれば「ここニ、三日のこ ... » more
テーマ 帰郷

ダークKATURA帰 郷
帰 郷 人もなつかし草もなつかし五月なる――山口青屯――しばらく帰郷せずにいたらすっかり冬から初夏?の顔をした古里がありました。朝夕の冷え込みがかなり違うのに田舎だと再確認しました。墓参りに山中に ... » more
テーマ 帰郷  コメント(2)

今、島に帰ってきている。東京から南に100キロの小さな島だ。用事があって帰ってきたわけだけれど、この島は時間の流れが遅い気がする。歩く人や車のスピードが遅い。というか島人全員が、心の余裕と ... » more
テーマ 帰郷 大島

 

最終更新日: 2016/11/12 02:57

楽天市場のおすすめ商品

「帰郷」のブログ関連商品

» 「帰郷」のブログレビュー をもっと探す

「帰郷」ブログのユーザランキング

自由空間 1 位.
自由空間

テーマのトップに戻る