誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    恋愛詩

恋愛詩

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「恋愛詩」のブログを一覧表示!「恋愛詩」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「恋愛詩」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「恋愛詩」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

一粒の砂時計時を重ねる訳
ふと…過去を振り返り、あの瞬間へ帰りたいと思うことがある でも…、本当にあの瞬間へ帰れたとしたら… 今を変えられる選択を…僕はすることが出来ただろうか… ... » more

・。* コトノハノ雫 *。・midnight
ねぇあなたの心のなかに私はいる?いくら向かい合ってみても通り過ぎる風のようにするすると冷め切った鉄のように響かなくて瞳には違う何かが映っているの心は違う何かで満たされているの会いた ... » more

ふっと手を引きすっと引き寄せぐっと抱きぎゅっと包み込むふっと頬に手をすっと髪を掛けきゅっと目を瞑りふわっと唇を重ねるふっととろけすっと身を任せ ... » more
テーマ 恋愛詩

・。* コトノハノ雫 *。・四角い月
君の背中を追っている秋深まる夜フルムーンにはとうてい届かない四角い灯りを頼りに液晶の中 君の姿を探すよもうすぐ季節が戻るね君と別の道を進むと決めたあの日の夜二人で泣きながらそれでも進もうと背を向け ... » more
テーマ 恋愛詩

「さよなら 」  梅雨ですね。休日の雨の日に、部屋の中での一人時間。癒しの空間です。 「さよなら」別れが辛く苦しいのは幸せで楽しかったからよそうじゃなきゃ「さよなら」なんて旋風みたいなもの ... » more
テーマ 恋愛詩 自詩集 写真

豪華絢爛 花盛り  時間は止められない  良くも悪くも・・。 その激しさその眩しさそのあやうさまでもがすべてすべて本気の恋だったもうこんな恋はできないまわりの人は笑うでしょう本気すぎてあっという間の儚い恋でした ... » more
テーマ 恋愛詩 身近な風景 写真

「一分間の詩」 桜と白木蓮のコラボをパチリ。 手が届きそうで届かないそれはまるで私たち交われそうで交えない性質の違う私たちこのまま螺旋のように続いていくの?そんなタフじゃないよ。もっと手を伸ばして近づいてガ ... » more
テーマ 恋愛詩 身近な風景 写真

「一分間の詩」 酔いにまかせて 思うがままに なりゆきに。   君を想うと少し寂しい君を想うと切なくなって空いっぱいがブルーになったりするだけどこの寂しさも切なさも愛しいほど君でいっぱいなんだ嫌になるほど君が ... » more
テーマ 恋愛詩 身近な風景 写真

一粒の砂時計口紅
洗っても落ちない君の口紅を今朝もハンガーのワイシャツに見て ... » more
テーマ 短歌 恋愛詩

「苦笑いな涙」  どうにもならない時って そのもどかしさから 投げやりな気分になったりしますよね。 「苦笑いな涙」 暗く冷たい冬の雨を雪雲が白へとぬりかえる午後仰いだ空にふらつきながらつぶやくの「この恋もなかったことにしてよ・・」ふれることも会うこともできないの? ... » more

一粒の砂時計イブの夜
自分の気持ちをただ静かに整理する夜… ... » more

もしかしたらって淡い期待抱いて捨て身でいったのにやっぱりあなたは本気では振り向いてくれないね一瞬でも理性失って気の赴くままあなたに全てを向けた私を笑ってあげよう ... » more
テーマ 恋愛詩

「君に舞い降りよう」 久々 釣り好き?・Sさんイメージ。あったかそうな人なんだな〜 これが。 「君に舞い降りよう」ひらりひらりつむじ風に舞ってひらりひらり君の肩に舞い降りたふわりふわり猫っ毛の髪がなびいてゆらりゆらり瞳も揺れるほわりほ ... » more

燃え立つ紅もいいけれど どこか寂しげな影があるものに心奪われる・・・。 この恋が終わろうとしている出逢ったあの日凍える息はにかみながら手をつないだ桃色の季節にキスをして灼熱の海は抱きしめた木枯らしにメランコリー冷たい風にハラハラとひ ... » more

「風にゆれる日」  花なら桜とコスモス。バラも好きだけど あたしって感じではないんだろうな〜。 「風にゆれる日」すずしい顔して連れ去ってすずしい顔してゆき過ぎてゆくあなたとなんか出会わなければよかった。こんな思い知りたくもなかったよ・・締め付けられるほどの苦しみも ... » more

「たかがされど」あなたからしたらどうでもいい事なんでしょうけどあたしにとってはとっても大切な事なんです!あたしからしたらたかがと思う事があなたにとってものすごく重要な事のように。だから ... » more
テーマ 恋愛詩 自作詩

「本望」  なんだか 秋ですね。最近では 癒しの君に手紙を書きましたよ♪ 朱に燃えゆくときあでやかにあざやかにこのままあなた色に染められて陥てゆくのもいいでしょう朱に染まり燃えつきてこのまま枯れ果てたとしてもそれも本望 ... » more

・。* コトノハノ雫 *。・お月様
まんまるなお月様今ひとつもしお願いを伝えていいのなら小さい時てるてる坊主にお願いしたようにそっと手を合わせて祈るの聞いてねこの気持ち包み込んでほしいからそのや ... » more
テーマ 恋愛詩

・。* コトノハノ雫 *。・彼は友だち
ウキウキしてるの久し振りに会えるってでも顔には出さないようにウキウキのハートお洋服の中に押し込んでマフラー巻いて出ないようにふさぐのメイクもバッチリ?チョット塗りすぎた?!髪は誉めてくれたサラフワで準備はオッ ... » more
テーマ 恋愛詩

一粒の砂時計ジェネラル・ルージュ
ジェネラル・ルージュの唇に魅せられて過ぎ行く時を錯誤する夜 ... » more

一粒の砂時計階段
階段 すれ違うあなたにも似て ... » more

「とまり木」 たまには羽を休めて。 そっとあなたのもとで・・。  もう疲れてしまったの。あなたっていゆとまり木にとまってもいい? ... » more

 「限界」  先月の初め。不思議なほど紅色の朝焼けでした。 限界 もうこのままわたしを連れ去ってこの世の果てまでもすべて捨てていこう二人ならなにもいらない残るのは罪か罰か予知夢かのように東の空が燃えるように紅い ... » more

一粒の砂時計そこにある風景
そこにある風景 いつも何気に目にする風景が本当はとても大切なんだと思う時に無口であれ人とのふれあいを心で感じるまで ... » more

いつぶり?久しぶりに会った君の笑顔消えてた光がほのかに灯る忘れかけていた水底に沈んだ宝石もう誰にも見つからずに苔が静かに包むと思ってた時を経てすくい上げられた小石光が蘇った瞬間 ... » more

サプライズ「好きだよ」といつもにない真剣なまなざしいつもになく瞳もそらさないでそれはいつもの場所で突然に。わかっていたよ。なんとなく・・でもあまりにもい ... » more
テーマ 恋愛詩 自作詩

 「夏の時間」   遠出してきた 南の海から。 波間の彼を遠くながめて彼と初めて来た海を思い出す不安定で明日さえみえない二人だったキスしたらせつなくてふれあうほど虚しくてあれから・・もう何度目の夏になるんだろう。 ... » more

一粒の砂時計小さな無理
元気だと微笑むたびに空を見て小さな無理を重ねゆく夏 ... » more

ワルツを踊ろう月夜の下虫の音を背にステップを踏んでお相手して夏を誘いワルツを踊ろう12時になって魔法がとける前に幻想と舞う月夜秋が来れば消えてしまう特別な夜 ... » more
テーマ 恋愛詩

・。* コトノハノ雫 *。・線香恋華
夏の初め鳴きだす蝉鳴らない携帯線香華火がぽとりと落ちる ... » more
テーマ 恋愛詩

 

最終更新日: 2016/11/12 02:49

「恋愛詩」のブログ関連商品

» 「恋愛詩」のブログレビュー をもっと探す

「恋愛詩」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る