誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    中国問題

中国問題

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「中国問題」のブログを一覧表示!「中国問題」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「中国問題」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「中国問題」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

尖閣問題の私の考え方・・・字数に制限されない私のつぶやき・その110 尖閣問題は首尾一貫しないのが間違いだ。自民党総裁の最初のコメントである「船長は初期段階で国外追放すべきだった」との考え方は間違いでなかった。民主党政権の一部である海上保安庁の態度は民主党政権の態度であろう、とすれば中国の船長を逮捕したのも民 ... » more

まだ国会の予算審議の本番も始まっていないのに、また沖縄問題もぜんぜん目処がたっていないのに、菅内閣は中国問題で早々と躓いてしまった。菅氏は鳩山氏から小沢氏を入れた挙党体制の合いの手を入れてもらったのに拒否して、まるで学生セクト集団のような内 ... » more

駄言人を刺す時もあるPart9・・・・私の感想・徒然草・その109 国境を護ろう・・・・日本は島国でご承知のように四方を海に囲まれている。当然の事ではあるが一番大きな島に首都はおかれ政府はどうも周辺の国境の島々に目が行き届かないきらいがある。少なくとも防衛庁は周辺の島々のことを常々観察し首都を護ることも大切 ... » more

まだ、国会で何も仕事をしていないのに、次々と菅内閣の実力のなさを露呈してきている。マスコミも代表選挙で小沢氏をコケ落とし、菅氏を持ち上げた手前何故か菅氏を批判しない。摩訶不思議である。余程菅内閣が続いて欲しいらしい。国内問題も無能ぶ ... » more

明確に「尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲」と言明して日本の立場を擁護したクリントン国務長官は二階に上がったら梯子をはずされたようなモノだ。日本は中国の圧力に屈して船長を釈放した、二階に上がったクリントン国務長官に対して梯子を外すような非礼な ... » more

日本にも地域奉仕の刑罰を・・・・パルス・ヒルトンに200時間の社会奉仕と引き替えに実刑を免れたそうだが、日本でも有名人の場合この刑罰は有効ではないかと思われる。終身刑の設定と共にこの刑罰の設定も検討したらどうだろうか。経済的損失を怖 ... » more

問題になっていた中国人船長を釈放した。これに関して仙石官房長官は沖縄地検の判断として、それを「了」とすると述べた。こんなことを誰が信じるか?子供騙しもいいところである。実際に沖縄地検の記者会見で、「わが国国民への影響や、今後 ... » more

遂に中国はフジタ社員を人質にとって船長の釈放を要求したに等しい。那覇地検のコメントの「人命と衝突事件を天秤に掛ければ起訴するという判断は出来なかった」は将に中国の行為はダッカ事件のテロ行為と同じだろう。圧力さえ掛ければ日本は何で ... » more

菅総理の中国に対するコメントの「慎重」「穏健・平和的」等中国に対しては弱腰の極みだもっと積極的になったらどうだ。何も敢えて角突き合う必要もないし、慎重に対処するのは結構なことではあるが、中国に言いっぱなしにされて反論もしないと既成事実を積み ... » more

歌は世に連れ世は歌に連れ・・・・歌は世に連れ世は歌に連れと言う言葉は1年間を振り返っての変化を行っているらしいが、ニュースも同じで古くなればオールズだろう。しかし世の中の出来事は古今を通じて屡々真理を含んでおり何十年何百年経ってる残るニ ... » more

現在、菅内閣の不手際、特に前原国交相の時に生じた問題処理が、外務大臣になってからも有効な手を打てず益々深み嵌っていく感じである。バカな一つ覚えのように「粛々と処理する」と言っている。表でそういうのなら、外務省を指揮して裏(水面下)で ... » more

先手必勝というように中国政府は尖閣列島の領海侵犯問題について次から次へと手を打って尖閣列島が中国の領土であるという条件を積み上げようとしている。これに対して日本政府は何とかしてこの問題を軟着陸させようと兎も角弱腰に終始し、中国に先手先手 ... » more

中国政府は日本大使を非常識な回数や時間に呼び出し執拗に船長の釈放を要求した。これに対する官房長官の対応は「しつこいな」と言った程度でなんら実質的な対応を示していないばかりか、中国側の軟化を期待し、中国人船員の帰国を認めた。中国側は日本の足元 ... » more

法政大学の田中先生の記事を読んだ。些か賛成しかねる、と言うのは彼女は「理想と現実」のバランスが悪い。理想は大事であるし鳩山首相も彼女も理想を言うのは良いが、現実の認識が不足しているのではないか。米国は単に経済的に中国に尻尾を掴まれて ... » more

言葉(其れを表現する文字や文章)の魔力(魅力)は諮り知れないものがある。嘗て4年程前小泉首相率いる自民党は「郵政改革」の一言で圧倒的な票を得、今回民主党は「政権交代」の一言で圧倒的な票を得たではないか。これが言葉の魔力でなくて何であろう ... » more

方広寺の国家安康・君臣豊楽と言う梵鐘の銘文について、今アンケートを取ったら其の結果は何と出るだろう。取ってみなければ分からないけど想像するに徳川側のこじつけと言う意見が大多数ではないだろうか。その善し悪しは別として大多数の日本人の信条には合 ... » more

取り敢えず謝る文化となかなか謝らない文化・・・私の感想・黄門様の印籠・その11 日本の風習として自分が悪くないと思っても取り敢えず謝る習慣が根付いていた。日本人同士なら取り敢えず謝る事が別に自分の非を認めたことにはならないことを分かっていた。若い頃米国に行く時、簡単に謝ってはいけないと言われた。米国では謝ること ... » more

都市鉱山という言葉がある、国内に眠っている事実上の資源は無限に近いほどあるが、ご承知のように日本は資源小国である。確かに日本では資源の回収は進んでいるが、中国は形振り構わず世界の資源を漁っている、日本がこれと張り合っても仕方がない。 ... » more

どうも中国は何でも世界一にならないと気が済まないらしい、其れが中華思想なのか世界の秩序は中国の考えで支配するらしい。米国のウッドロー・ウイルソン国際学術センターの発表に依れば、中国の世界に進出した石油や鉱山の関連企業は現地の ... » more

鳩山首相が狸なら結構だが、ウサギでは困る。所詮外交は「狐と狸の化かし合い」みたいなもので、正直者が馬鹿を見る。温家宝首相と鳩山首相更に李明博大統領も入って会議をした時に、温家宝首相の発言と鳩山首相の発言を比較してみよう。温家宝首相は ... » more

兎角マスコミは「中国のGDPがドイツを抜いて日本に迫る」とよく書いているが、マスコミは判っていてもそれを読む読者に判っていないことがある。国民総生産即ち国としての総額は世界第2位になろうかとしていることは事実だが、一人当たりの生産額 ... » more

鳩山首相の言う友愛とは・・・私の感想・黄門様の印籠・その10 鳩山首相の言う友愛とは、カレルギー伯の言う友愛精神とは違うものなのか。カレルギー伯はその主張に於いて民主主義と民主主義の敵である“ギャングとを対比して説いているようだ。彼の「ヨーロッパ合衆国」という大いなる理想は一応EUと言う形で実 ... » more
テーマ 政治問題 中国問題 独り善がりかな  トラックバック(1)

確か数日前の報道だったと記憶しているが、中国の温首相が近く北朝鮮を訪問する際に経済・貿易・教育・観光各分野の協力文書に調印すると発表した。この間岡田外務大臣の訪中時実質なにも返答しないことと対比して、日本と北朝鮮に対する中国の態度を ... » more

「死屍に鞭打つ」という言葉は、史記・伍子胥伝にある「伍子胥が父兄の敵である楚の平王の死体を墓から掘り出して鞭打った」と言う故事に由来するものである。伍子胥は嘗て呉の宰相であった人だがこの例に見られるように中国には本来「死屍に鞭打つ」と言うよ ... » more

各国の人々が集まって討論する番組をテレビで見た。2時間番組であったがそのテーマは細切れで食い足りないものだったが、民放テレビの性格上やむを得ないかなと思うが、印象的であった2,3の点を挙げてみよう。番組の構成は割と斬新なものでデレクター ... » more

ヨーロッパは曲がりなりにも、EUという形で纏まっている。これは民度が近いことだけではないだろう。フランスとドイツが第2次大戦の恩讐を超えて、それぞれ国益を少しずつ引っ込めて纏めたからに他ならないだろう。一方アジアにおいてはASEANとし ... » more

続・ 核(原爆)について ・・・私の感想・黄門様の印籠・その8 6日の広島原爆の日に触れたが、長崎の日を迎えて再び核の廃絶について考えてみよう。オバマ大統領は終局の目的として「核廃絶」を唱えたが、と同時に核に拠る抑止力が必要だと言うことを唱えている。日本が現実に対面している事態を考えるに、中国は ... » more

大国とは1.面積が広いことか2.人口が多いことか3.多民族を無理やりにでも維持することか4.覇権を求めることか5.世界を支配しようとすることか挙げればキリがないが、こんな事ではないだろう。大国とは、世界に信頼 ... » more

中国はドルを貯め込むばかりか・民生に使えよ・・・黄門様の印籠・その8 中国はドルの保有量を誇るばかりで、民生には配慮して其れを使おうとしてはいないようだ。中国共産党政権の維持には其れをふんだんに使い、就中軍備の増強には其れをふんだんに使っているようだ。周辺諸国の疑念にも考慮せずに空母を開発しようとまでしている ... » more

東洋的思想を見直そう・・・黄門様の印籠・その7 今物質尊重の西洋的価値観が米国の市場主義の破綻に象徴される如く、必ずしも絶対でないと言うことが証明されつつある。私も若い頃、自分の能力が正しく評価されていないとの考えから当時蔓延っていた身分制度や年功序列を否定し、能力主義に傾倒した時代もあ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 02:05

「中国問題」のブログ関連商品

» 「中国問題」のブログレビュー をもっと探す

「中国問題」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る