誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    中国問題

中国問題

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「中国問題」のブログを一覧表示!「中国問題」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「中国問題」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「中国問題」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

中国が国連安保理事会の常任幹事国として拒否権を持つ限り、国防問題に関してはアジアでは国連はその役をしない。ましてや尖閣問題に関しては拒否権を持つ中国を相手にしているので小沢一郎氏が言うように国連の指示を尊重しても国連は無意味である。 ... » more

中国は共産党政府の正当性を主張する為と民衆のガス抜きの為に相当無理を重ねている。ケ小平型の中共型資本主義・先冨政策は矛盾を生じその格差の改善の為に再分配型にならざるを得ないだろう。米国の大統領選挙はどうやら民主党の大きな政府論が勝ちを収 ... » more

atgtko駄言人を刺す時もあるPar
<span style=font-size:larger><strong>駄言人を刺す時もあるPar 日銀の義務・・・・中央銀行の独立性については各国ともニュージーランドを除いて保たれており、日本でも同様に日銀の総裁は政府の罷免権はないが、しかし金融政策に責任を持っている以上、その任命罷免について民意を反映すべく最高裁判事と同じように国民に ... » more

国は早急に全福島県を除染せよ。 福島県民は今日も放射線を浴び続けています。 郡山駅前広場の放射線:地上1mで0.7μシーベルト/h 最近、尖閣問題で日中関係が悪化しています。中国は今やGDP世界2位の大国になってしまいま ... » more
テーマ 中国問題

駄言人を刺す時もあるPart3・私の感想・徒然草・その1211 日本のメディアは果たしてどの勢力の味方なのか・・・・亜米利加のメディアについてカリフォルニア大学のT.グロスクロス教授は亜米利加メディアの政治的偏向度を数量的に調査し其の結果を数字として発表した。日本にはこのような研究は無いと思われるので、 ... » more
テーマ 技術開発の奨め 中国問題 日本の将来

日本の政府も中国の政府も局地的にしろ闘うつもりはないだろう、日本は現在憲法に縛られているし、中国は米国が乗り出してくる事を警戒している。然るに中国は日本を舐めているのか「不測事態の発生を防ぐ緊急連絡体制」の構築に難色を示している、これも圧力 ... » more

ノーベル平和賞がEUに・・・・ノーベル平和賞の受賞者が決まり団体となった。EUの賞を受け取る人は誰になるか揉めているらしいが、アジアでは金輪際無理な話だろう。中国が国際ルールに従わないで自分勝手な主張をしている限り無理だろう。中国の政権が代 ... » more
テーマ 私見 中国問題

チャイナリスクと言うより・・・・China risk と言うよりChina violence或いはcrisis と言うべきだろう。もはや中国は世界のリスクを醸成していると言うより、世界の危機を助長している。米国議会と内閣の共同委員会は1年間 ... » more

日本の外交態度・・・・尖閣諸島に対して日本は「国境問題は存在しない、尖閣諸島は疑いなく日本古来の領土である」として中国に対して領土問題存在せずと言う立場で臨んでいる。それはそれで結構だが、中国が自国の領土だと主張し主張するだけでなく乱暴な手 ... » more
テーマ 中国問題

鷲尾英一郎農林水産政務官は「尖閣諸島は中国政府が所有してもよい」と発言したそうだが、直ちに免職すべきである。苟も日本政府の一員が領土問題について中国政府の人員であるかのような発言をする事は許される事ではなく、一議員が自由に自分の見解を述べる ... » more

海上保安庁の艦船建造計画は遠い将来において2000トン級の計画はあるが、近い将来においては大きくても700トン程度である。海上自衛隊の艦船の所属を乗員毎数隻所属を国土交通省或いは農林水産省の所属に変えて海上保安庁の艦船及び漁船保護の為の ... » more

抗日のオフ・スイッチ・・・・どうやら中国は抗日のオフ・スイッチに困っている、今となっては内政問題としての切り上げ時と外交問題としての切り上げ時を日本の所為にして共産党政府の正当性を言いたいのだが、日本人と日本政府を本格的に怒らせてしまって引 ... » more

自民党の総裁選挙候補者と民主党の代表選挙候補者の全員討論を聞いている限り、三角大福中時代の自民党よりも現在の自民党は人材が不足だと思っていたが、少なくとも4人は人材が居るだろう、今までのように1年交替でも4年は持つだろう。 今兎角中 ... » more

中国との尖閣を巡る海戦勃発を怖れるな・・・・尖閣諸島を守る為、法律を整備して海上自衛隊を常駐させよ。尖閣周辺の部分的戦争はやむを得ない場合受けて立つ体制を整えよう、決して戦争を好むモノではないが、売られた喧嘩は買う気構えと準備は法制上も戦力 ... » more
テーマ 中国問題 原発とエネルギー問題 社会時評

中国の抗日問題は中国政府が国内デモを収束させ、海洋圧力に切り替えたようだが、現状では尖閣問題は中国が日本の数倍の経費を掛けている。この問題を観光更に経済問題にエスカレートさせようとの兆しが中国に見られが、経済問題に手を付けるとこれは中国とし ... » more

嘗て外交は「砲艦外交」・「棍棒外交」と続いてきた。砲艦外交は嘗てペリー提督が1853年に軍艦を率いて来日し、その威力を持って不平等な日米和親条約を締結して外交関係を結んだが、もはや過去の外交と思っていた。然るに中国は巡視船をシンガポールまで ... » more

中国に対して刺激せよ・・・・中国に対して穏便に穏便としている政府だが、穏便にすると言う事は日本の主権の一部を捨てる事になる。穏便にすればする程日本は弱いとして中国は増長してくる。この理屈が分からないのか、外交の基本は力関係だ。力関係の力には ... » more
テーマ 中国問題 日本の将来 韓国問題

嘗て清国は日本に対して拳を振りあげた、それが有名な清国北洋艦隊の来航だ。日本はそれ以来海軍の整備を着々と振興し遂にに日清戦争で北洋艦隊を撃沈するまでとなった。中国成都のデモ隊は「日本人を皆殺しにせよ」と言う物騒なスローガンを掲げた、これに呈 ... » more
テーマ 私見 中国問題

何回か書いたように、中国の政治体制は歴史的に見ても暴力革命でしか変わらない、とすれば現在の抗日デモはチャンスだ。現在の中国共産党政府が如何に大多数の民衆に対して過酷かと言う事の情報をあらゆる手段を使って流そうではないか。抗日デモを抗日と同時 ... » more
テーマ 私見 中国問題

「波風立てず」は日本が押せばひく事を近隣諸国に示す事に過ぎない。今回の中国の海洋監視船6隻の日本領海侵犯についてこれは明らかな中国の挑発だろう、これに対して日本は明確な警告を発する事が出来ない。外交とは「片手で拳を振り上げ片手で握 ... » more
テーマ 私見 中国問題 憲法問題

まさか意地を張って東京都が進めていた尖閣諸島の買い取りを横から割り込んで政府が国有化したのではないだろうが、東京都特に石原慎太郎知事より民主党内閣が持つ方が中国を外交的に刺激しないと判断したらしい。民主党内閣が外交音痴と言う事は判ってい ... » more

私は80代になった現在、あと何十年も生きられるわけでもない。日本は近隣諸国と領土問題を戦後数十年に亘って抱えている。貸金も放っておけば時効にかかるように、実効支配されている2ヶ所は何時かロシアや韓国の所有になる危険が徐々に増えている。日 ... » more
テーマ 中国問題 国際問題 韓国問題

約10年前隠退してから中国に関する書籍を図書館の蔵書を含めて100冊ぐらい読んだ。現政権のまま中国の民主化は不可能だろう。其の結果私なりの考えに過ぎないが、今の中国政府即ち共産党政権は倒さなければいけないと考えるようになった。今の共 ... » more

「言葉はお国手形」と方言を現すフレーズとして昔から言われてきたが、これは拡大すれば国際的にも言えるのではないだろうか。バドミントンの応援で「殺!殺!」が中国人に使われ、物議をかもしており、それに対して中国人が「殺」は「殺す」の意味で ... » more
テーマ 中国問題 独り言 韓国問題

日本国の無難・円満による外交政策・・・・理ではなく、史実に基づく歴史認識でもない、「愛国無罪」と「愛国抗日」を唱える中国と韓国を相手にして、毅然たる態度をとらず無難・円満・先延ばしの方法をとる政府の責任回避は周辺諸国を利するだけだろう。これ ... » more

審判よもっと勉強しろ・・・・橋下市長は「ルールの範囲内なら戦術、戦略でいろいろやっていい」と述べ、バドミントンの4ペアの行為に理解を示した。しかしこれらの無気力試合はルールの範囲内ではない。もし4ペアの行為に理解が橋下市長の言葉ではなくマス ... » more

中国について事に触れ折に触れ今まで書いてきたが、中国は世界制覇を夢見て思い上がっているとしか思えない。温家宝首相が「中国を発展途上にある大国」と表現したが、その舌の根が乾かない内にベトナム・タイ・インドネシア・フィリピンに囲まれた南シナ ... » more

中国は嵩にかかっている・・・私の主張・越前の裁き・その1207 中国が尖閣諸島の領有について一層態度を強くしているようだ。中国の公船は日本の領海侵犯を強めているし、中国共産党の機関誌である人民日報は「武力衝突に発展すること」をちらつかせ、国防大学の校長は「沖縄は中国の属領」との発言をしている。南シナ海で ... » more

見上げる塔と見晴らす塔・・・・つい先日東京スカイツリーが完成して開館した、これで自立電波塔として世界一の高さのものが日本に出現した事になる。この塔に登るチケットはなかなか手に入らないそうだ。負け惜しみでもないが、この塔に登ろうとは思わない、 ... » more

中国は大国ではない・・・・戴乗国国務委員が「フィリピンのような小国は大国をバカにすべきではない」と言い放ったそうだ、と言う事は戴乗国国務委員は中国を大国だと思いフィリピンを小国だと思っているらしい。大国だと思うのは勝手だが、GDPが大きくな ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 02:05

「中国問題」のブログ関連商品

» 「中国問題」のブログレビュー をもっと探す

「中国問題」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る