誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    組織論

組織論

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「組織論」のブログを一覧表示!「組織論」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「組織論」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「組織論」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

スカンジナビア航空のCEOとして、同社を立て直したヤン・カールソンの著書。発刊は30年近く前。お客様に満足いただくためには、何が大切なのかを明らかにしたものとして、ビジネス書の古典のひとつとなっている。本書の重要 ... » more
テーマ 仕事 組織論

ジャック・アタリは、フランスの大統領顧問や欧州復興銀行の総裁を務めた人。2016年に「ジャック・アタリの未来予測」(プレジデント社)を執筆している。その中で、アタリは、マネーが社会を支配する世界に警鐘を鳴らす ... » more
テーマ 雑記 組織論

アポロ計画はアメリカの月への有人飛行計画。1961年のアポロ11号による人類初の月面到着以降、3年間に6回の有人月面着陸を実現している。宇宙船は三人乗り。船長と着陸船操縦士の二人が月面に降り立つ。残る一人は司令船操縦士と ... » more
テーマ 仕事 雑記 組織論

三人の石切り工の話しは、経営学者ドラッカーの著書「マネジメント」で紹介される逸話。組織の中で人が果たすべき貢献は共通の目標に向けてのものでなければいけないことを述べた部分に登場する。三人の石切り工が「何をしているのか ... » more
テーマ 仕事 組織論

5Sは、整理、整頓、清掃、清潔、しつけの頭文字。職場環境の改善をはかる活動だが、会社の組織風土となると会社の業績向上にも繋がっていく。製造現場での取り組みが起源といわれるが、オフィスやサービス業においても十分効果を発 ... » more
テーマ 仕事 現場革新活動 組織論

稲盛流コンパは、JALの再生や第二電電(現KDDI)の設立で知られる経営者・稲盛和夫氏の組織作りの手法の一つ。氏が京セラを創業したころから行われているそうだ。コンパは旧制高校時代からある学生用語で、親睦を深める仲間うちの ... » more
テーマ 仕事 組織論

携帯電話を持つと付与される電話番号。以前は、契約キャリアを変えたら番号が変わった。電話番号が変わるととても不便だ。キャリアの乗り換えには、この不便を上回るだけの大きなメリットが必要でとなる。既存キャリアは、これで顧客 ... » more
テーマ 組織論 企業

ダンバー数とは、人間が安定的な社会関係を維持できる人数の上限。イギリスの人類学者ロビン・ダンバーによって提案された。何人までのグループであれば、円滑に維持できるのか?の答えともなる数字である。サルや類人猿のよ ... » more
テーマ 仕事 組織論

その会社はスーパーマーケットを経営していた。レジでは、現金を扱う。長年営業するなかで、スタッフが、その現金に手をつけてしまうとい不祥事は、ゼロではなかった。そうしたスタッフは見つかれば即刻解雇。確固たる処分を ... » more
テーマ 仕事 組織論 企業

複雑な問題を解くには分解して考えることが役に立つ。会社組織も、分業することで効率性や専門性を高めてきた。会社が大きくなると、各部門間の関係に問題が生じてくる。各部門が自部門中心の行動をとることで、全体で見るとおかしなこと ... » more
テーマ 仕事 組織論

原価を下げれば利益は増える。生産開発部門は、製品原価を下げるべく工夫をこらす。では、営業部隊は、原価低減にむけ生産開発部門をプッシュしていればそれでよいのだろうか?原価率の高い製品と低い製品があるとき、低い製品の販売比率を高 ... » more
テーマ 仕事 組織論

解決すべき問題が複雑ではなく、既知のモデルにより対処できるタイプの問題。こうした問題あれば、指導者は専門家としてのほどほどの距離感をもってクライアントに接し、対処法を伝授すればよい。この関係は、医者と患者の関係に似ている。複雑な問題だと ... » more
テーマ 仕事 組織論

会社対会社であろうが、国対国であろうが、集団と集団との関係が良好の時には、あえて何もしなくてもうまくいっている。しかし、この時にトップ同士や実務責任者間での関係を深めるための活動をしっかり行っておくことが大切。こうしたレベルの対話は ... » more
テーマ 仕事 組織論

業務遂行にあたり、特定の個人にしかわからない状況や、普通では気づきにくい状況を、関係者の共有認識とするためにあるのが「見える化」。見える化により、何らかのアクションを起こそうと関係者が共感できるようにすることが重要。製造ラインにおい ... » more
テーマ 仕事 組織論

地方代官の子でありながら、江戸幕府の勘定奉行や外国奉行を務めるなど、幕吏として高い地位についた川路聖謨(としあきら)。その日記に、次のような内容の自戒を記したという。「人と議論におよんで、相手の意見に反論する時は、つとめておだやかな ... » more
テーマ 仕事 組織論

海外に赴任すると、先住の駐在者がいろいろと助けてくれる。駐在者は数年で帰国してしまうので、助けてくれた方へ十分に報いることができない。その分も含め、後から来る新たな赴任者を支援する。こうして、現地での助け合いは続いていく。 ... » more
テーマ 雑記 組織論

会社のトップや幹部上司が施策を打ち出す。場合によっては、実態とかけ離れた残念なアイデアであることもある。施策を打ち出した当人は、その施策に強い思い入れを持っており、ぜひともやるべきだと考えている。トップや上司には見えていないであろう ... » more
テーマ 仕事 組織論

会議にあたり、主管部門から各部門はこのフォーマットで資料を作って欲しいと依頼がある。各部門がそれぞれのやり方で資料を作ると、説明を聞く方も大変だし、作る方も何を盛り込むかで悩むことになる。。共通フォーマットは、その対策となりえる。だ ... » more
テーマ 仕事 組織論

上司としてこれまでと違う部署に赴任する。本人にとって新たな領域、初めてともに仕事をする部下。ここで大事なことは、謙虚さと尊敬だ。いかに、前部署で成果をあげていようと、いかに本人が奏功した方法論を持っていようと、新たな部署と環境については ... » more
テーマ 仕事 組織論

仕事上のミス撲滅活動を仕切るスタッフ部門。発生したミスに目を光らせ問題を指摘することも仕事の一部ではある。だが、現場の実作業にかかわっていないために自らはミスを起こすことのない安全な立場にいることも事実。意識して現場に寄り添う努力をしない限 ... » more
テーマ 組織論

会社の事業状況を報告する会議。売上と利益の報告で事足れりとなってはいないだろうか?もちろん、売上・利益は会社として重要な指標。だが、それだけが会社運営の目的ではない。会社が何のための存在しているのかが忘れられているとしたら、危険な状 ... » more
テーマ 組織論

株主総会での株主からの質問。大規模な総会の場合、質問が終わると株主に席に戻ってもらうよう誘導するところが多い。回答は席に着いた後だ。回答に対する再質問や、同じ株主が延々と質問を続けることを避けるのが狙い。主催者側には都合がよいが、回答の ... » more
テーマ 組織論

「この作業は、やりかたや背景を知っているこの人しかできない」が増えていくと、特定の人に負荷が集中したり、チーム内での協力や業務分担が難しくなってくる。その解決策にマニュアル作りを始めると、ついつい完璧なものを作ることに視点が集中してしまいが ... » more
テーマ 組織論

Eメールで何かを依頼されたら、依頼期限が先であっても実働24H以内に何らかの返信をする。受け取ったことを伝えるだけでもよい。依頼されたことが完了するまで何のリプライもないと、依頼した側は期限まで心配し続けることになる。 ... » more
テーマ 組織論

「組織密度」と「組織熱量」。現場力の高い会社のキーワード。組織密度では「部門間の連携が密で一体感がとても高い」こと、組織熱量では「組織から湧き出してくるエネルギーがとてつもなく大きい」ことが特徴という。経営戦略コンサルティング会社ローランド ... » more
テーマ 組織論

sunrise japan規程整備の必要性
規程整備の必要性 現在とある会社にて管理体制及び経営全般についてお手伝いしています。規程も未整備で、決裁権限等も存在しません。従って、今まで何かを決める時は管理本部長や社長が自己の裁量で決めていました。例えば同じ種類の購入物の案件にも拘わらず、ある案件は ... » more
テーマ 組織論

マネージャーの実績は、部門の業績を上げることだけであありません。どれだけ、後輩や部下を育てたか、自分以上の人間をどれだけ世に送り出したかであると思います。実は周りに、ちっとも部下が育たない部門があります。マネージャーは狭量で、年がら年中イラ ... » more
テーマ 組織論 気持ち・コンセプト

sunrise japanお・い・あ・く・ま
お・い・あ・く・ま おいあくま──おこるな、いばるな、あせるな、くさるな、まけるな。堀田庄三[ほった・しょうぞう](昭和期の銀行家、住友銀行元頭取、1899〜1990)※堀田氏が好んで使った人生訓人の中には必ず悪魔がいます。その悪魔は時々目覚め ... » more
テーマ 組織論

sunrise japanコミュニケーション能力
新卒採用面接でもコミュニケーション能力の有無が問われたりします。疑問に思いますが、コミュニケーション能力が皆さん最初からあるのなら、会社の上司などは要りませんね。失業です。世の中の誰もがコミュニケーション能力をもっているのなら、民事訴訟の事 ... » more
テーマ 組織論

「組織の掟」(新潮新書) 佐藤優著(新潮社 777円税込) 「組織の掟」(新潮新書) 佐藤優著(新潮社777円税込)上司、部下、派閥、取引先……その「力学」を学べ。全ビジネスパーソン必読! 佐藤優流「超実践的処世訓」あらゆる組織には「掟」がある。 暗黙の内 ... » more
テーマ 組織の掟 組織論 佐藤優

 

最終更新日: 2018/02/07 08:45

「組織論」のブログ関連商品

» 「組織論」のブログレビュー をもっと探す

テーマのトップに戻る