誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    村山由佳

村山由佳

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「村山由佳」のブログを一覧表示!「村山由佳」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「村山由佳」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「村山由佳」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

【著者は語る】  妻が夫に“殺意”を抱くとき  『ラヴィアンローズ』 (村山由佳 著) 著者は語る妻が夫に“殺意”を抱くとき『ラヴィアンローズ』 (村山由佳 著)週刊文春2016.09.18 07:00http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6552フラワーアレン ... » more
テーマ ラヴィアンローズ 村山由佳 著者は語る

「ラヴィアンローズ」 村山由佳著(集英社 1,620円税込) 「ラヴィアンローズ」 村山由佳著(集英社1,620円税込)薔薇の咲き誇る家で妻思いの優しい夫・道彦と暮らし、予約のとれないフラワーアレンジメント教室の講師、カリスマ主婦として人気を集めている咲季子。平穏な毎日が続いていく ... » more
テーマ ラヴィアンローズ 村山由佳 集英社

「ワンダフル・ワールド」 村山由佳著(新潮社 1,512円税込) 「ワンダフル・ワールド」 村山由佳著(新潮社 1,512円税込)【内容情報】(出版社より)世界はこんなにも美しく、かぐわしいーー運命の出会いを彩る香りの物語。かつての恋人との再会で芽生えた新たな感情、「愛人」という言 ... » more
テーマ 村山由佳 ワンダフル・ワールド 小説

【著者に訊け】 男女の出会いと別れを匂いとともに描く村山由佳の短編集  『ワンダフル・ワールド』 男女の出会いと別れを匂いとともに描く村山由佳の短編集NEWSポストセブン2016.04.27 16:00http://www.news-postseven.com/archives/20160427_405931.html【 ... » more
テーマ 村山由佳 著者に訊け ワンダフル・ワールド

人生いろいろやなぁ〜〜〜! 村山由佳さん「最近バツ2になりました」http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20150107-OYT8T50009.html?cx_thumbnail=05&from=ytop_os_tmb ... » more
テーマ 村山由佳

《凄い音を作りたい。だが、夢までは遠い―。高瀬俊太郎は新米の音声技師。仕事に意欲を燃やすが、恋人がふたり、彼の心に棲み始めた…。真摯な想いが時を駆ける青春小説。》音声さんの仕事がわかって面白かった!こういう画面に ... » more
テーマ 雑記 村山由佳

「ありふれた愛じゃない」村山由佳著(文藝春秋 1,620円税込) 「ありふれた愛じゃない」村山由佳著(文藝春秋1,620円税込)藤沢真奈は32歳、銀座の老舗真珠店でチーフマネージャーを務める。お局の部長に目の敵にされながらもやりがいをもって接客に励んでおり、顧客の信頼も厚い。私生活では ... » more

【インタビュー・対談】 欲望の鍵が開く世界  『ありふれた愛じゃない』 (村山由佳 著) インタビュー・対談欲望の鍵が開く世界『ありふれた愛じゃない』 (村山由佳 著)http://hon.bunshun.jp/articles/-/2336村山由佳聞き手「本の話」編集部 ... » more

「ありふれた愛じゃない」村山由佳著(文藝春秋 1,620円税込) 「ありふれた愛じゃない」村山由佳著(文藝春秋1,620円税込)http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163900360ありふれた愛じゃない村山由佳定価:本体1,500円+ ... » more

『星々の舟』村山由佳 村山由佳の『星々の舟』(2003年3月刊)を読みました。BOOKデータによると、<家族だからさびしい。他人だからせつない──禁断の恋に悩む兄妹、他人の男ばかり好きになる末っ子、居場所を探す団塊世代の長兄と、いじめの過 ... » more
テーマ 村山由佳

嬉有箱花酔ひ
花酔ひ 『花酔ひ』村山由佳東京のアンティーク着物店、京都の葬儀屋。二組の夫婦関係が交錯する…。村山作品を読んだのは初めて。途中まではその後の展開が気になってどんどん読み進めていたのだけれど麻子の夫の変わり様がちょっと凄すぎる気が ... » more
テーマ 村山由佳 小説

「ダブル・ファンタジー」を読む 「ダブル・ファンタジー」上下村山由佳著文春文庫を読みました。柴田錬三郎賞、中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、三冠受賞やはりエロ小説じゃないと賞はとれないのか。。清純派女流作家と思われていた人がひさしぶりに読んだらエ ... » more

「ヘブンリーブルー」を読む 「ヘブンリーブルー」村山由佳著集英社文庫を読みました。「天使の卵」と「天使の梯子」の続編天使の卵で主人公に裏切られた夏姫の視点から書かれています。 ... » more

良太の部屋「天使の梯子」を読む
「天使の梯子」を読む 「天使の梯子」村山由佳著集英社文庫を読みました。天使の卵の続編、10年後かな。 ... » more

良太の部屋「天使の卵」を読む
「天使の卵」を読む 「天使の卵」村山由佳集英社文庫を読みました。何度か読んだのですが文章をほとんど忘れていました。最近、本をくり返し読まないと身につかないということを学びました。どこで学んだかというとエホバの証人の訪問を受けてキリス ... » more

さまざまな愛の形を描いた短編集。一般的な恋愛の形とは多少違っているだけですが普通の幸せに落ち着くだけが恋愛じゃないと思うから、どの作品も、単純なハッピーエンドを迎えたり修羅場に陥ったりしないのがよろしい。そうなったら醜く ... » more

大事な人の遺灰をサハラ砂漠にまくために微妙な関係の4人(+1人)が旅をする物語。彼らに共通するのは、亡くなった周という人間だけ。それぞれが抱える事情もあって珍道中という一言では片付けられない危うさがあります。それぞれ ... » more

村山由佳「ダブル・ファンタジー」 W/F ダブル・ファンタジー文藝春秋 村山 由佳 Amazonアソシエイト by 村山由佳の小説、これが2冊目。以前「天使の梯子」だったかな?読んで、なんて少女趣味な小説なんだろうと思い、それ以降一度も手に取らずにいましたが ... » more
テーマ 村山由佳 ダブル・ファンタジー  トラックバック(1)

ああ、なんだかヤリまくってますねぇ…(お下劣)。主人公・奈津のセクシュアルな嗜好は別に構わないけど、男性たちとの関係で気が強いんだか弱いんだか分からないところがどうにも痛々しくて、読んでいて最後までキツイ感じでした。 ... » more

BAD KIDS/村山由佳 20歳も年上のカメラマンとの関係に苦悩する都は高校の写真部長。彼女が絶好の被写体と狙いをつけた隆之は、ラグビー部の同性のチームメイトに秘かな恋心を抱いていた。傷つき悩みながら、互いにいたわりあうふたり。やがて、それぞれに決断の時 ... » more
テーマ 村山由佳 読書

『おいしいコーヒーのいれ方 Second Season II 明日の約束/村山由佳』を読んで 大きな嵐の前夜とでもいうような静かなトーンだった。っていうか、ほかに長編小説を執筆中なのか趣味や生活が忙しすぎるのかわからないけれど今回は気持ちが今ひとつ入っていないな、という印象を受けた。心理描写をするときに、「瞬 ... » more

今年度直木賞受賞の村山由佳の作品を読んだことがなかったので、面白そうなタイトルに引かれて買った。高校2年の「僕」は全校生徒の憧れの的「夕子」から思いを寄せられるが、「夕子」は運命の人ではないという理由のない確信から、その思いに応える ... » more
テーマ 村山由佳 読書

独立した6つの章から成り立っているが、それぞれの章の主人公は家族の一員なので、ひとりの体験が、他の章の主人公に影響を及ぼすという構成になっている。登場人物は、家族としてのかかわりを相互に持ちつつ、家族の中では見せない自分を、それぞれの章で独 ... » more
テーマ 村山由佳 読書

はい、別に私がだれかのためになにかしたいわけではございません(苦今日はなにか面白い本の話でもしよう!と思ってたんですけど結局おもしろい本がピンと来なくて。。。村山由佳さんの「きみのためにできること」を!初めて村山さん ... » more

僕が理想とするライフスタイルをほとんどそのまま実践されている。ホンと、羨ましい限りだ。やっぱり土の匂いがして、空と海をゆっくり感じられるところに住んでいないと毎日の仕事と生活の中で「擦り減っていく」感覚ばかりが蓄積されていき ... » more

悲しいエピソードが幾つか織り交ぜられているけど、全体を通してみると心があったかくなる話だった。村山さんの暖かさが作品にまで染み出たような作品とでも言うのかなあ。たぶん、ジョセフィンとのふれあいやつながりを通じてとても暖かい感情で満ち ... » more

なんてせつないのだろう。エンディングに向けて読み進むに従って、胸が締め付けられるようにきりきりとなり、通勤電車の中で涙をこらえることが大変だった。僕は常々、村山さんの他の作品を読んだ感想でも「自分が求める人より、自分を求 ... » more

村山さんの作品をリアルタイムで読むのは21作品目にしてはじめてだけれど、最初に行った本屋が売り切れていて本屋を梯子する羽目になってしまった。「この辺の本屋全てで売り切れていたらどうしよう」とかなりやきもきしたが、――歩き回ってい ... » more

村山さんの小説では主人公が男(の子)の場合、二人の女性の間で揺れ動く主人公の心のさまが物語の中心的な構成として描かれることが多い。この小説もそうだった。このテーマに関する村山さんの立ち位置はいつもはっきりしているし、変わらな ... » more

シンプルだけど、シンプルさが気持ちいい作品だった。「星々の舟」を読んだ後ということもあり、スピード感や清々しさがかえって新鮮に感じられて、読後感としては悪くなかった。今回改めて感じたのは、ケンカや争いごとなど「アクセ ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 01:38

楽天市場のおすすめ商品

「村山由佳」のブログ関連商品

» 「村山由佳」のブログレビュー をもっと探す

「村山由佳」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る