誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    プラトン

プラトン

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「プラトン」のブログを一覧表示!「プラトン」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「プラトン」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「プラトン」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

最近、世界各地で、同性の結婚を法的にも認めようとする動きが見られるようである。この話を耳にするたびに、プラトンの『饗宴』にあった話を思い出す。 *現在、人間には、男女の二つの性しかないが、太古の昔には、男性、女性、両性合 ... » more
テーマ 『饗宴』 プラトン

一昨年の8月に読み始めた「プラトン全集第11巻国家、他」(岩波書店刊)を先日遂にというかようやくというか読み終えることができた。あまりにも長期間かかってしまったため、読み終わる頃には前半の内容を忘れてしまったほどだ。プラトンの著作と ... » more

「ソクラテスの弁明」 犬に誓って申しますが 哲学「ソクラテスの弁明」紀元前4世紀ギリシャプラトン著納富信留(のうとみのぶる)訳光文社古典新訳文庫2012年9月20日初版第1刷発行2012年10月17日(水)読了ソクラテスの裁判とは何だったのか?ソクラテスの生と死は何だった ... » more

昨年から読んでいるプラトンの「国家」がようやく半分まで来た。原著が全10巻になっているが、何とか5巻まで読み終わった。毎日ではなく、時々思い出したように数ページずつ読むという感じなので、一向に進まないが、それでも岩波のプラトン全集第 ... » more

今月から、「プラトン全集第11巻国家」(岩波書店、1976年刊)を読んでいる。20代から30代の初めくらいのころ、世界中の主な作家や思想家の著作を全部読んでみたいと思っていた。いつの間にか、そんな夢(願望?)は消えてしまったが…。若 ... » more

ブライアン・グリーン教授は、超ひも理論の研究者であり、「エレガントな宇宙」というベストセラーを以前に著しているとても有名な方です。とても分かりやすく最先端の現代物理学を解説してくださっています。とは言って ... » more
テーマ プラトン 超ひも理論 宇宙

Habermas に言わせれば、salon は、イギリスの coffeehouse と並んで、theater of conversation and exchange として、public sphere の出現 (emergence) に、 ... » more
テーマ プラトン シンポジュウム サロン

歴史上及び世界中に素晴らしい哲学者はたくさんいると思います。その中でも今回は最近の日本の哲学者を何人か紹介したいと思います。最近では、西田幾多郎博士が別格ですごいと思いますが、私が哲学を学ぶ上で、とても分かりや ... » more

完璧な卵「饗宴」 少年愛の美学
哲学「饗宴」紀元前385年頃ギリシャプラトン著久保勉訳岩波文庫1952年10月5日第1刷発行1965年3月16日第16刷改版発行2009年12月15日第80刷改版発行2011年2月5日(土)読了メチャクチャ面白かった。プラトンを ... » more

哲学「プロタゴラス━あるソフィストとの対話」B.C.4c ギリシャプラトン著中澤努訳光文社古典新訳文庫2010年12月20日初版第1刷発行2011年12月28日(火)18時09分購入東武ブックス梅島店2011年1月1日(土)読了読書 ... » more

カントさて、デカルトの問題点は、物体(延長=ひろがり)と神と精神(思惟)を実体として考える点にある。精神と物体は分離され、神がその間を結んでいることになるのだが、神がどのようにして物体と精神を結びつけるのかは結局、神秘のままである。 ... » more

デカルトでは、続けてアリストテレスの哲学についても、私から説明する。アリストテレスはプラトンの優秀な弟子であり、彼は、師の思想を批判的に受け継いだ。特にイデア説には批判的であり、イデア説に代わる彼独自の哲学を展開している。アリストテ ... » more

プラトンが話し終わると、次にデカルトが立ち上がり、話し始めた。デカルトそれではプラトンの哲学については、中立的な立場で私が説明しよう。プラトンは当初、師であるソクラテスの考えを引き継ぎ、哲学において最も重要な問題は人間の生き方で ... » more

重陽の節句 9月9日、重陽の節句。旧暦だと今の10月頃だとか。菊の節句とも言われたそうだ。「9」というと「くるしい」、とか、想像してしまうけど、おめでたい数字だと思うと、なんだか嬉しい。9が重なって重陽で二倍めでたい、なんだか粋な気 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/12 00:26

「プラトン」のブログ関連商品

» 「プラトン」のブログレビュー をもっと探す

「プラトン」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る