誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    立原正秋

立原正秋

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「立原正秋」のブログを一覧表示!「立原正秋」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「立原正秋」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「立原正秋」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

韓国・ソウルの ・・・ 水際 ♪ 仕事で韓国へ行ったついでに、ちょっと訪ねてみた海辺。前方の左が仁川(インチョン)で、写真の枠からさらに左が仁川空港の方向です。手前は、石が積まれていますが、まっすぐ走る道路で海が堰きとめられていて、『 ... » more

時雨亭往還元カノに逢いに行った
元カノに逢いに行った 前回の、「奈良の絵日記 東大寺」からの続きです。大和西大寺駅から秋篠寺まで歩いた。競輪場が周辺の雰囲気を壊しているけれど、これも仕方のないことなのか。ため息が漏れる。相変わらず人が多い。折しも今日 ... » more

龍宝寺の銀杏と ・・・ はましぎ !?  龍宝寺の銀杏が色づいています。だいぶ枝を落としています。この秋は、紅葉を見に、どこへも行くことができませんでしたが、龍宝寺の鮮やかな銀杏を見ることが出来るだけでもラッキーまた、今週は少し体調 ... » more

いちいチャンネル★立原正秋
ベストセラー「冬の旅」などで知られる直木賞作家・立原正秋(1926〜80)。本格デビュー前に元の民族名で発表した作品があることが10月20日までに確認されたという。それは日本で刊行されていた「自由朝鮮」誌49年2月号に、金胤奎 ( ... » more
テーマ 直木賞 立原正秋 芥川賞作家

小川国夫「或る聖書」 難しい事を、難しく書く事は簡単だが、難しい事を、分かり易く書く事は難しい。--------------------------------------------------------------------- ... » more
テーマ 立原正秋 島尾敏雄 藤枝静男

時雨亭往還紫匂ひ
紫匂ひ 「美」に憑かれた男二人の対談集。陶工唐九郎に乞われて「紫匂ひ」と命名した文士立原は、刃のような審美眼で、碗を創造した陶工の美意識までを切り削ぎ、己の内面に取り込んだ。そして「美」の儚さと強靭さの実体を信じた。志野茶碗の名品は ... » more

時雨亭往還桜が咲きました
桜が咲きました 春なればいまひととせを生きんとて古きみだうにこころあづけぬみだうは御堂。ある直木賞作家の歌です。斑鳩の法隆寺伽藍に内なる悩みを預け、あと一年、巡る季節を無心に生きてみようと、命を肯定する意です。 ... » more
テーマ 立原正秋

時雨亭往還桜はまだかいな
桜はまだかいな 横浜に用事があり、久し振りに鎌倉まで足を伸ばしてみました。縁切寺として知られる北鎌倉の東慶寺では白木蓮が開き始め、今年の春は例年より十日ほど早い気配。化粧坂を越え銭洗弁天。周辺の梅の香にむせながら鎌倉へ。段葛を歩き、八幡 ... » more

時雨亭往還仏像に恋をした
仏像に恋をした 久しぶりに絵筆を取り、阿修羅像を描いてみました。十代後半から二十代半ばまでの頃、彼女(彼?)に焦がれて何度も奈良通い。二十代後半からは秋篠寺の伎芸天に魂を奪われました。描き終えて絵筆を置けばすでに深夜。東京の夜空を仰ぎま ... » more

立原正秋の作品は、「薪能」 や 「剣ヶ崎」 「永い夜」 などの叙情的な文体で中年男女の愛と性の深遠を謳いあげた作品が多い。中でもとりわけ古都鎌倉の四季の彩を背景に描いた、骨董の専門家・中西 と 未亡人・里子 の宿命的な、道ならぬ恋における ... » more
テーマ 冬の旅 立原正秋 小説  コメント(3)

「剣と花」は昭和四十二年の一年間、「週刊現代」に連載された作品である。「剣と花」というタイトルの意味であるが、「剣」は作品において何度も描かれている剣道のことを指していることは明らかである。一方「花」であるが、こちらは目立つようには ... » more

「鎌倉夫人」は、週刊新潮の編集長であった斎藤十一の肝煎りで、昭和四十年から四十一年にかけて連載された作品である。この「鎌倉夫人」というタイトルに、私は鮮烈な魅力を感じた。伝統のある街に住む気品のある女性、その女性にまつわる愛と性―――タ ... » more

四人の作家「石」「橋」「正」「雄」の書評。今のところこのブログに載せているのは、石川達三の「蒼氓」「生きている兵隊」、立原正秋の「薪能」「剣ヶ崎」「白い罌粟」、丹羽文雄の「鮎」「厭がらせの年齢」であるが、御蔭様でいずれもかなり多くの方々にご ... » more
テーマ 丹羽文雄 立原正秋 石川達三

立原正秋の名は小学生の頃から知っていた。名前が北原白秋と似ているせいもあって、以前から気になっていた。「たちはらまさあき」と全て漢字を訓読みしているため、非常に日本的な名前であるように思えるのだが、実は彼は韓国人である。しかし、彼は日本人以 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 23:20

「立原正秋」のブログ関連商品

» 「立原正秋」のブログレビュー をもっと探す

「立原正秋」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る