誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    あ行の作家

あ行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「あ行の作家」のブログを一覧表示!「あ行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「あ行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「あ行の作家」の記事を新着順に表示しています。(8ページ目)

舞田歳三は浜倉中央署の刑事だ。仕事帰りに兄・理一の家によって、小学五年生になる姪のひとみの相手をし、ビールを飲むのを楽しみにしている。難事件の捜査の合間を縫ってひとみをかわいがる歳三だが、彼女のふとした言動が事件解決のヒントになったりもして ... » more
テーマ あ行の作家

上村花菜 ‘トイレの神様’ 「トイレをきれいにすると良いことがある」同じような内容でも、松下の幸ちゃんが言うのとおばあちゃんが言うのとでは少し雰囲気が違います。松下の幸ちゃんのエピソードは大阪弁のゾウの神様が登場する小説に任せるとして今回はおば ... » more

伊坂幸太郎 木村哲也 ‘オーデュボンの祈り’ デビュー10周年の伊坂幸太郎氏の処女作である‘オーデュボンの祈り’は2009年の7月に漫画になっていたようです。‘オーデュボンの祈り’は仙台沖にある忘れられた孤島・荻島を舞台にしたファンタジーのようなミステリーです。 ... » more

オラクル・ナイト ポール・オースター 柴田元幸訳 新潮社 お正月ひとつめに読んだ本ですが。読書の喜びを堪能させてもらえる一冊でした。「オラクル」(oracle)というのは、神託、という意味。神の一撃が降ってくる夜。抗いがたい、理不尽が人に降る。偶然なのか、必然なのか、逃れ難い人生の ... » more
テーマ あ行の作家 小説 外国男性作家

伊坂幸太郎 ‘san・roku・go・ni 3625 伊坂幸太郎エッセイ集’ 「伊坂幸太郎のエッセイ集」は今までなかったです。というのも伊坂幸太郎氏はエッセイに対してかなり強い苦手意識があるからだそうです。そんな、伊坂幸太郎氏がデビュー10周年を記念して(口実にして?)出版したエッセイ集が‘s ... » more

今井彰 ‘ガラスの巨塔’ NHKのお化け番組であった‘プロジェクトX’のプロデュサーだった著者がNHKを辞めて書いた小説が‘ガラスの巨塔’です。‘ガラスの巨塔’は著者の今井彰氏がNHK時代に体験したことがベースになった小説です。あの‘プロジェ ... » more

朝日文庫 ‘相棒 season1’ なぜ、特命係が誕生したのか?なぜ、杉下右京は「人材の墓場」なのか?それは、2002年に連続ドラマ化された相棒の一番最初のシーズンのエピソードから読み取れます。ちなみに、連続ドラマ化最初のシーズンも‘相棒 season ... » more

碇卯人 ‘杉下右京の事件簿’ テレビ朝日ドラマ‘相棒’の小説を時系列に沿ってご紹介しようと思っていましたが、‘杉下右京の事件簿’の二つの事件が発生した時期が意外と離れていたのであきらめました。‘杉下右京の事件簿’は小説として書かれたオリジナルのス ... » more

オリンピックの身代金  奥田英朗 昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。同時に「東京オリンピッ ... » more

葉桜の季節に君を想うということ  歌野晶午 ひょんなことから霊感商法事件に巻き込まれた“何でもやってやろう屋”探偵・成瀬将虎。恋愛あり、活劇ありの物語の行方は?そして炸裂する本格魂。 ミステリーを好んで読む人間は後半で驚かされる、できれば度肝を抜かれるくらいの衝撃を求めている ... » more
テーマ あ行の作家

朝日文庫 ‘相棒 警視庁ふたりだけの特命係’ 「土曜ワイド劇場」時代の相棒のエピソードが小説化した本がドラマと同じタイトルで、‘相棒警視庁ふたりだけの特命係’です。杉下右京警部補(2時間ドラマ時代は警部補でした)と亀山薫刑事のコンビがどのようにして誕生した経緯が ... » more

妻の超然 絲山秋子 新潮社 川が流れている。男と女の間に。酒が飲めるものと、飲めないものとの間に。あなたと私の間に。病を得た私と、それまでの私の間に。家族と、私の間に。子を産むものと、産まないものとの間に。絲山さんの小説を読むと、ああ、ほんとに人間て一人だといつもしみ ... » more

Another アナザー   綾辻行人 その「呪い」は26年前、ある「善意」から生まれた―。1998年、春。夜見山北中学に転校してきた榊原恒一(15歳)は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だ ... » more
テーマ あ行の作家

河出書房新社 ‘文藝別冊 総特集 伊坂幸太郎’ ‘文藝別冊総特集伊坂幸太郎’は作家の伊坂幸太郎氏のデビュー10周年を記念して出された特集です。デビュー作の‘オーデュボンの祈り’から出版当時の最新作の‘マリアビートル’まで作品間のリンクの解説やあらすじ、製作秘話 ... » more

3月のライオン 5 羽海野チカ 白泉社  昨日、友人と、「たくさんの人が号泣してるらしいのに、自分は全く泣けない本について」という話を、延々してたんですが。その涙腺が、どうもこの作品には緩んでしゃあないという(笑)大好きな島田さんのエピソードから入られて、故郷の ... » more

ピアノの森 19 一色まこと 先日、「ジュネーブ国際音楽コンクール」で日本人初の優勝者が出たというニュースを見ました。萩原麻未さんという、若い女性の方が成し遂げた快挙。そのニュース映像を見たのですが、自分の名前を告げられた時、ほんとに思いがけない、と ... » more

街場のメディア論 内田樹 光文社新書 とても面白かった。「市場原理」というものに対して私が常に抱いている不信感に共鳴してくるものがあった。最小限の投資で最大の利益を得る、というのが市場原理である。目に見えないものは、役立たず。その原理によって展開するのが資本主義 ... » more

呼んでみただけ 安東みきえ 新潮社 この、「呼んでみただけ」というタイトルが、ほんとにいいです。「ねえ、ママ」「なに」「なんでもない・・・呼んでみただけ」大好きだから、「お母さん」と呼びたい。お母さんがそこにいる事を、確かめたい。笑顔が見たい。 ... » more

街場のマンガ論 内田樹 小学館 「マンガ論」と言われると、やっぱりとびついてしまう、これは性ですね(笑)「マンガ論」と言っても、マンガというものを通しての日本人論、という意味合いが強いですが、同じマンガを読んで過ごしてきた世代として、共感できる所もあり、な ... » more

SARU (上)(下) 五十嵐大介 小学館 この下巻、6月に出る・・はずが、何と11月。でも、ちゃんと出た!という事が嬉しいなあ。実は、ちょっと諦めてました(笑)この作品は、伊坂幸太郎氏の「SOSの猿」(中央公論新社)とのコラボで創作されたもの。→レビューはこ ... » more

石田衣良 ‘坂の下の湖’ 元気のない時代を生きる若者が元気に生きていくヒントになるエッセイ集が‘坂の下の湖’です。この本の主張は、成長つまり、上り坂の時代は終わったので、ゆったりとした下り坂の下に各々が快適に過ごせる湖を思い描きながら歩いていきましょうと ... » more

「フリーター、家を買う。」 有川浩 フリーター、家を買う。有川 浩 幻冬舎 2009-08売り上げランキング : 214Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった ... » more

五十嵐大介 ‘SARU 下’ 伊坂幸太郎氏の小説‘SOSの猿’から始まった「聖」と「邪」を巡る因果関係の物語が漫画‘SARU下’でようやく完結しました。このストーリーは、漫画‘SARU’と小説‘SOSの猿’との連動企画です。そして、これらのストーリーをめぐる ... » more

まつりちゃん 岩瀬成子 理論社 先日、理論社の事を書いた時に装丁の事に触れたんですが、この本も、まずこの装丁の良さに、心惹かれました。四角い、窓の小さな家の扉から、ほんとに、小さな小さな女の子が覗いています。家の大きさに比べても、この女の子は小さくて、か細 ... » more

半熟たまごの本読み雑記『乙女の密告』
『乙女の密告』 第143回芥川賞受賞作。舞台は、京都の外国語大学。主人公・みか子は、ドイツ語学科の2年生です。女子学生ばかりのスピーチゼミに所属し、スピーチコンテストに出るために、課題文 ... » more

「喋々喃々」     小川 糸 気持ちのよい爽やかな朝。着物で出かけるにはピッタリな季節がやってきました。今月の目的地は東京下町根岸周辺です。まずはお楽しみのランチから。第1の目的地は、”香味屋”さん。洋食屋さんって言うと、赤とか白のイメージを ... » more

伊坂幸太郎 ‘グラスホッパー’ トノサマバッタは密集したところにいると「群集相」という、茶色く羽が大きい個体になります。そして、「群集相」のトノサマバッタは非常に獰猛です。伊坂幸太郎氏の‘グラスホッパー’は、人間が密集した都会で、トノサマバッタの「群衆相」のよ ... » more

伊坂幸太郎 ‘マリアビートル’ ‘マリアビートル’は‘グラスホッパー’の続編です。バッタに引き続き、テントウムシですか・・・・。いずれの小説も結構物騒なお話です。‘マリアビートル’の舞台は東北新幹線です。物騒な中学生や、小説好きの殺し屋、「機関車トーマス」 ... » more

アラン・シリトー ‘長距離走者の孤独’ ある長距離走者向けのトレーニング法の本で、メンタルトレーニングの一環として読むことがすすめられた小説のひとつがアラン・シリトーの‘長距離走者の孤独’でした。そのような経緯で‘長距離走者の孤独’を読んでみましたが、はじめは ... » more

国際ペンクラブの日本大会関連で、ジャクリーン・ウィルソンさんのサイン会が開かれるそうです。●ジャクリーン・ウィルソンさん、イ・オクベさんサイン会場所:子どもの本の専門店「クレヨンハウス」住所:東京都港区北青山3-8-15 ... » more

 

最終更新日: 2017/10/06 15:36

楽天市場のおすすめ商品

「あ行の作家」のブログ関連商品

» 「あ行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「あ行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る