誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    あ行の作家

あ行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「あ行の作家」のブログを一覧表示!「あ行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「あ行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「あ行の作家」の記事を新着順に表示しています。(7ページ目)

言葉の誕生を科学する 小川洋子 岡ノ谷一夫 河出書房新社 言葉、って何だろう。私も、常々それを考える。私は言葉で物事を考える。言葉の中に生きている。言葉を書き連ねる。しかし、その一方で言葉を口から出すことがどんどん苦手になる自分もいる。一度口から出すと二度と取り返しがつかなくなる言葉というものが、 ... » more

阿川佐和子 ‘どうにかこうにかワシントン’ ‘どうにかこうにかワシントン’の裏表紙を見ると阿川佐和子氏がキャスターを一時休業しワシントンで暮らしていた時の生活を綴ったエッセイであると予想できます。確かにその予想は合っているのですが、‘どうにかこうにかワシントン ... » more

石ノ森章太郎 ‘マンガ 日本経済入門’ 1980年代の日本経済は円高に湧いていました。今も円高は激しいですがこのときのような活気はなかったです。‘マンガ日本経済入門’は日本経済も強く円も強かった時に書かれた漫画です。経済の強さに比例するように通貨も強か ... » more

幸田家のきもの 青木奈緒 講談社 幸田文さんの孫に生まれる、というのはどんな気持ちがすることか。それはさぞかし重かろう、と想うのだがこの本の中に佇んでおられる奈緒さんは凛として、見惚れてしまうほど美しい。『夢に咲く花』という項で、フランスの音楽祭に濡れ描きのきものを着ていっ ... » more

ハートビートに耳をかたむけて ロレッタ・エルスワース 三辺律子訳 小学館SUPER YA! この物語は、心臓移植がテーマです。将来を期待されたフィギュアスケートの選手で、16歳のイーガンが、ある日大会の競技中に、フェンスに激突して死んでしまう。そして、その心臓は、同じ10代の少女である、アメリアに移植される。その二人の少女に起こっ ... » more
テーマ 外国女性作家 あ行の作家 ヤングアダルト

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」 岩崎夏海 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら岩崎 夏海 ダイヤモンド社 2009-12-04売り上げランキング : 24Amazonで詳しく見る by G-Tools内容紹介敏腕マネージャーと野球部の仲間た ... » more

石田衣良 ‘PRIDE−プライド 池袋ウエストゲートパーク]’ 人間そう簡単に全てを失うことはできません。本人があきらめたりしない限り何かしらの力があるはずです。‘PRIDE−プライド池袋ウエストゲートパーク]’で石田衣良氏はその力をプライドと表現しています。この小説は、ファンの ... » more

いねむり先生 伊集院静 集英社 【子どもたちへ<あしたの本>プロジェクト】という活動が始まっています。東日本大震災の支援として、被災地の子どもたちに本を送ろうという活動です。そのプロジェクトの一環として、子どもの本の作家等による応援メッセージ、直筆画を販売して活動資金にす ... » more

抱擁、あるいはライスには塩を 江國香織 集英社 江國さんの家族の一代記。大作です。江國さんにとって「家族」というのは一つのキーワードだと思う。『流しのしたの骨』もそうでしたが、家庭、家族というのは、一歩離れて眺めると、不思議なことが多いもんです。その家だけの習慣があり、合言葉があり、 ... » more

ジーノの家 内田洋子 文藝春秋 この本をお書きになった内田洋子さんについて、私は何も知らない。ただ、とてもシンプルな装丁のこの本に惹かれた。こういう勘はあまり外れたことが無いのだけれど、今回も見事に当たりでした。30年以上もイタリアに住んでおられる中で出会った「人」にまつ ... » more

‘ONEPIECE’のキャラクターたちが発した言葉と同じ言葉を自分が発すると「何こいつ?」と言われそうです。しかし、彼らの言葉は読者の心にストレートに届いていきます。それが‘ONEPIECE'という漫画の魅力です。作 ... » more

末裔 絲山秋子 講談社 家に入ろうとしたら鍵穴がない。そんな馬鹿な、と何度も探しても、鍵穴はツルツルのまま。そんな設定で始まる、冴えないおっさんの物語なのに、何故か最後まで読むと不思議に新しい光が射してくるような気がした。主人公の省三は妻を三年前に亡く ... » more

朝日文庫 ‘相棒season5’ 朝日文庫の‘相棒season5’は表紙の右京さんと亀山さんの絵がそれまでの小説と比べ非常にそっくりです。‘相棒season5’はあまりドラマの記憶がなくなぜ自分がドラマを見ていなかったか全く不明です。そんなseaso ... » more

「県庁おもてなし課」有川浩 角川書店 有川さんの新刊を本屋でみつけ、「うっかり」買ってしまった。これ以上本が増えても置くところがないので、普段は新刊は図書館で借りて読んで、どーしても手元に欲しい本だけ買ったり、文庫になるのを待ったり。。。ということをして ... » more

荒俣宏 ‘レックス・ムンディ’ ‘レックス・ムンディ’とは、ラテン語で「世界の王」という意味です。このタイトルから察するとおり‘レックス・ムンディ’つまり「世界の王」の正体こそがこの小説の鍵になります。しかし、序盤はある奇病に侵された女性のすさ ... » more

伊坂幸太郎 ‘実験4号 後藤を待ちながら’ ‘実験4号後藤を待ちながら’は伊坂幸太郎氏の小説と山下敦弘氏のDVDがセットになった物語の小説のほうです。‘実験4号後藤を待ちながら’は「ロックンロール」の意訳がテーマの小説です。舞台は(おそらく)近未来の関東地 ... » more

ピエタ 大島真寿美 ポプラ社 震災以降、何だか言葉がうまく出てこない。テレビを見たり、ツイッターを駆使して情報を追えば追うほど、いろんな思いが胸に溢れて、ぎりぎりいっぱいになってしまう。そして、ゆっくり家で本など読んでいる自分を、いつも心のどこかで申し訳ないと想ったりす ... » more
テーマ 大島真寿美 あ行の作家 小説

‘ONEPIECE’の作者である尾田栄一郎氏にとって、自身の漫画に登場するキャラクターは尾田氏の脳内で独立したした人格を持ち、各々が独立して生き続ける存在だそうです。自分の頭の中で、自らが生み出した人物が勝手にしゃべっている ... » more

「四十九日のレシピ」 伊吹有喜 四十九日のレシピ伊吹有喜 ポプラ社 2010-02-16売り上げランキング : 2451Amazonで詳しく見る by G-Tools内容(「BOOK」データベースより)熱田家の母・乙美が亡くなった。気力を失った父・良平のもとを訪れ ... » more

派手なアクションがウリの戦国時代をモチーフにしたシュミレーションゲームの戦国BASARAの漫画版である‘戦国BASARA3-ROAR OF DRADON-’が完結しました。‘戦国BASARA3-ROAR OF DRADO ... » more

小学館文庫 ‘相棒―劇場版U―’ 本日(3/9)の相棒最終回スペシャルは年末から公開中の‘相棒―劇場版U―’の半年後という設定のストーリーらしいです。今回の最終回スペシャルでは、劇場版Uで小野田官房長が語ったある計画が絡むのか?と思いきや少し違いまし ... » more

人質の朗読会 小川洋子 中央公論新社 小川さんの本は、出会うとまず買います。そして、読んでレビューを書きたいと想うのだけれど、なかなか言葉にならずに終わったりする・・というか、小川さんの言葉を受け取っただけで、私はもうすっかり心がしーんとしてしまって、このしずけさを破ってはいけ ... » more

純平、考え直せ 奥田英朗 光文社 純平くんは、やくざの下っ端です。あまり恵まれない生い立ちから、やくざになった、典型的な(やくざさんのことはよく知らないので、典型的なのかどうかわかりませんが)鉄砲玉です。そして、鉄砲玉として「男になってこい」と親分に言われます。つまり、人を ... » more

伊坂幸太郎 ‘ラッシュライフ’ まるで、エッシャーの絵のような小説です。何度か読み返したくなる小説でした。実際に自分はこの2日で二回繰り返して読みました。‘ラッシュライフ’は様々な物語が一つに収束しそのまま拡散していくような小説です。金満家の画 ... » more

きことわ 朝吹真理子 新潮2010年9月号 もう、新刊で「きことわ」が出ているのですが、こちらがたまたま手に入ったので読んでみました。とても良かった。ここ数年の芥川賞の中で、一番私の感覚にぴったりする作品でした。と同時に、小説の可能性、というものを久々に意識した作品でもありました ... » more

3652 伊坂幸太郎エッセイ集 新潮社 伊坂氏の初めてのエッセイ集。デビュー10周年ということでの企画だそう。そうかあ。10年かあ。10年があっという間に過ぎていく年齢になりつつありますが。このブログも6年ぐらい書いてるんだから、伊坂氏のデビュー10周年と聞いて驚くことはないんで ... » more

朝日文庫 ‘相棒 season4’ 「悪は人を魅了する」ならば「人はいかに悪の魅力から回避できるか」これは、‘相棒season4’の第四話「密やかな連続殺人」と同じく第五話「悪魔の囁き」の二週にわたって放映されたエピソードのテーマです。人はなぜ犯罪 ... » more

臼井儀人 ‘クレヨンしんちゃんベストセレクション初期ギャグ傑作選 春日部より愛をこめて!編’ 春日部より愛を込められていまいました。‘クレヨンしんちゃん’の1992年〜1996年の作品から選りすぐりのギャグを集めたそうです。「春日部より愛をこめて!編」には、しんちゃん自身が書いた漫画‘ぶりぶりざえもんのぼうけん’も載って ... » more

邪悪なものの鎮め方 内田樹 バジリコ株式会社  内田さんの著書を最近よく読んでいる。彼の思考が、私の中に共感覚を引き起こすことが多い様に感じるからなのだけれど、それは内田さん曰く、既視感を私自身が構築しているかららしい。もちろん、私は内田さんほど教養があるわけでもなく、哲学的思考に堪 ... » more

迷宮浮標弥勒の掌  我孫子武丸
愛する妻を殺され、汚職の疑いをかけられたベテラン刑事・蛯原。妻が失踪して途方に暮れる高校教師・辻。事件の渦中に巻き込まれた二人は、やがてある宗教団体の関与を疑い、ともに捜査を開始するのだが…。新本格の雄が、綿密な警察取材を踏まえて挑む本格捜 ... » more
テーマ あ行の作家

 

最終更新日: 2018/04/19 15:02

楽天市場のおすすめ商品

「あ行の作家」のブログ関連商品

» 「あ行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「あ行の作家」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る