誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    あ行の作家

あ行の作家

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「あ行の作家」のブログを一覧表示!「あ行の作家」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「あ行の作家」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「あ行の作家」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

11月5日に、中高生の読書会「アラ中読書会」(& 石崎洋司先生トークイベント作戦会議)を開きます! 夏休み前に今年度1回目を開いた「アラ中読書会」「アラ中読書会」とは、アラウンド中学生=だいたい中学生=小学校高学年から高校生くらいの「読書好き」さんで集まって、みんなで決めた課題本や、みんなが持ち寄った「おすすめ本」 ... » more
テーマ 中学生の読書会 あ行の作家 学校図書館

EX…そう、外伝的な短編集です。十二神将がメイン、というか十二神将しか出て来ない。本書の核となる中編は鈴鹿と大友先生の過去話で、初出はアニメ化したときの円盤特典だったようですね。こうして文庫化してくださるのはありがたい。 ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★

臼井儀人 ‘クレヨンしんちゃんFOR BIGINNERS! ぶりぶりざえもん編+オラがかいたえほん’ 相変わらず‘クレヨンしんしゃん’は根強い人気がある作品です。コンビニなどでも原作漫画の新作や総集編が販売されています。‘クレヨンしんちゃんFOR BIGINNERS! ぶりぶりざえもん編+オラがかいたえほん’も最近、出てきた ... » more

「てんから どどん」魚住直子著 ポプラ社 2016年 魚住直子さんの新作です。表紙がかわいいなあ、と思って何気なく借りたら、とっても面白かったです!中学生にジャスト!高校生と、小学校高学年女子にも、おすすめできます。てんからどどん (ノベルズ・エクスプレス)ポプ ... » more

千夜一夜幻獣調査員 綾里けいし
ツイッターでイラストレーターさんのツイートを拝見して好みそうだと思ったのでリクエストしてみた本。人と幻獣の共存を胸に、世界で唯一の幻獣書を完成させるために旅を続ける少女のお話し。いやぁ、泣いた泣いた。こんなに泣かされる作 ... » more
テーマ あ行の作家 ★★★★ 読書備忘録

千夜一夜神様の御用人5 浅葉なつ
やっと最新刊!追い付いた!…と思ったら、もう6が今月末に発売予定だった…今回はあんまりパンチの効いた話はなかったのですが(前回が大掛かりだったからそう感じるのは仕方ない)、最後のこれから一波乱ありますよ的な予兆が!良彦は ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★

おかべ たかし ‘くらべる東西’ 同じ国でも、日本は東と西で全然違うことがたくさんあります。‘くらべる東西’は、銭湯の浴槽の位置、おいなりさんや桜餅などの食べ物の違いなどを写真で紹介した本です。‘くらべる東西’は、ただ写真を並べているだけでなく、東と西で ... » more
テーマ 生活・文化 あ行の作家 写真

エラ・フランシス・サンダース ‘翻訳できない世界のことば’ 世界には、他の国の言葉で翻訳できない言葉がたくさんあります。‘翻訳できない世界のことば’は、様々な国の翻訳できない言葉を集めた本です。この本は、翻訳できない言葉を日本語と絵を使って何とか解説しようとして作られた本です。‘ ... » more

コミックエッセイです。人気なのか借りるまでかなり時間が掛かってました。MOT美術館で働く学芸員さんのお仕事ぶりを紹介しています。今まで知らなかった美術館の裏が垣間見られて中々興味深い内容でした!展示品の脇や部屋の隅に立っ ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★

ルフィーが、海賊王になるといって海に出てから何年経つのでしょうか?未だに、‘ONE PIECE’のシーリズ完結は見えません。完結するどころかスケールがどんどん大きくなっています。今更ですが、‘ONE PIECE’は、ワンピー ... » more

千夜一夜百魂百色 大野百合子
久しぶりにまとまった時間で本を読んだ。スピリチュアル系の本は読んだ直後には何らかの気付きを得ていると思うんだけど、日々の生活の中でその気付きを思い出して意識して実践することってほぼないんですよね。でも今回はメモっておくからきっと ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★

千夜一夜神様の御用人4 浅葉なつ
御用人シリーズ4作目は短編集ではなく、長編でした!そして区切りとなりそうな回でもありました。相変わらず神話伝承と現代を絡み合わせてしんみりくるお話を作るのが上手いですなぁ。長編でしたので重みも加わってうるっとくる展開がまた。 ... » more
テーマ あ行の作家 ★★★★ 読書備忘録

アサウラ 柴乃 櫂人 ‘ベン・トー’シリーズ 多くの人がスーパーで半額の弁当を買ったことがあると思います。私も、弁当や総菜が半額になるタイミングを計ってスーパーに行くことがよくあります。‘ベン・トー’というラノベ(ライトノベル)は、スーパーの半額の弁当を奪い合うという一見す ... » more

千夜一夜神様の御用人3 浅葉なつ
モフモフ狐神がまた来たよ〜今回の話では黄金のスイーツ愛が今まで以上に出てました。甘味大好き狐…御用人・良彦が色々流されつつも何だかんだで御用人の役目に責任感持ちはじめてるのは、真っすぐ向き合ってる感じがして爽やかですね! ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★

千夜一夜生存者ゼロ 安生正
久しぶりにパニックものっぽいのを…と選んだこちらですが、先が気になって久々に家でも続きを読んでしまいました。面白かったんですけど、思ったのと違う方向の展開になってしまったのが残念。確かにパニックなんだけど、そっちか!みたいな。 ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★

千夜一夜神様の御用人2 浅葉なつ
1の感想を書いたのが昨年5月ですから、10か月近く待ってたのか…ようやく読んだ2巻目。もう1巻の記憶はうっすらとしか残ってない。でも、これだけでも判る内容だな。相変わらずモフモフ狐の方位神・黄金につつかれながら御用人とし ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★

あああ〜、もう一気読みしちゃったよ〜!今回は本っ当にヤマ場でしたね…!!物語の盛り上がる最高潮だったのではないでしょーか?くそう、早く続き読みたいけど、この次は過去編かぁ。本編に繋げる大事な過去なのだろうけど、すっとばして先 ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★★★

千夜一夜天体嗜好症 稲垣足穂
初めて稲垣足穂を1冊読破しました。部分的にチラ見はしていたのですが、改めてちゃんと読んだことはなかったもので、一度はきちんと読んでおかないとなぁ、と思ってのこの1冊。どれにするかはタイトルで決めました。通勤時間のみで僅かずつ ... » more
テーマ あ行の作家 読書備忘録 ★★★

「神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 」石田リンネ著 KADOKAWA/エンターブレイン 「おこぼれ姫」の作者、石田リンネさんの新刊が、「ビーズログ文庫アリス」というレーベルで出ました。へー、どんなんかな、と思って読んでみたら、すごーく面白かったよ!「神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 」石田リン ... » more

大村智 ‘人生に美を添えて’ ノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智氏が美術品をテーマに書いたエッセイ集が‘人生に美を添えて’です。この本では、大村氏が実際に訪れた国内外の美術館や交流がある画家とのエピソードや大村氏が館長を務める韮崎大村美術館に関する話 ... » more

犬山紙子 ‘言ってはいけないクソバイス’ 「クソバイス」とは、善意のアドバイスを装い、上から目線でどうでもいい持論を展開するというもので、「クソバイス」をした本人が悦に浸れるだけで、誰も得をしません。そんな、「クソバイス」を集め、「クソバイス」をする人を分析した ... » more

わたしの図書館の師匠:赤木かん子さんのHPの記事をご紹介します。 『図書館がなければそれだけの本は読めない。 読まなければ本が好きにはならない。 使い方も、本になにができるのかも知らなければ、大きくなって本も読まなければ、本 ... » more

千夜一夜復活の地V 小川一水
最終巻です。どう転がるかと思いましたが、そう来たか。個人的にセイオとスミルはあれで良かったのだと自分に言い聞かせないと切ないですな〜ソレンスとサユカが上手くまとまってるからこそ、余計に…二人はもう納得してるからいいのかも ... » more
テーマ あ行の作家 ★★★★ 読書備忘録

待ってた本が旅行の直前に来てしまい、帰ってきてから慌てて読みました。期待の神原恵弥シリーズ三作目!今回の舞台はT共和国。カッパドキアとか出て来てるから、まあトルコなんですけど!しかし、今回もというべきか恵弥が何者かにずーっと ... » more
テーマ あ行の作家 ★★★★ 読書備忘録

伊坂幸太郎氏の「陽気なギャング」シリーズも第三弾になり、例の銀行強盗4人組もいい加減、強盗稼業から足を洗っているのかと思いきや、まだまだ懲りずに横浜の銀行を個性的な手口で襲っています。ただ、‘陽気なギャングは三つ数えろ’ ... » more

‘陽気なギャングの日常と襲撃’は、4人組の銀行強盗の小説‘陽気なギャングが地球を回す’の続編です。この作品は前回作と異なり、強盗をしていないときの4人の日常が描かれています。しかし、それぞれが職場などで出会った人たちの世 ... » more

千夜一夜東京レイヴンズEX3 あざの耕平
番外編短編集3冊目。緊迫した状況の本編とは違って、陰陽塾メンバーの過去のほっこりコメディだったり、夜光の過去話だったり。夜光と角行鬼との出会いだった過去話が特に面白かったなぁ。私の中では酒呑童子といえば、聖になってしまうんですが ... » more
テーマ あ行の作家 ★★★★ 読書備忘録

「国語」は全ての教科の基本です。だって、教科書って、日本語で書いてありますもんね。ってことは、日本語の不得意な子は、国語だけでなく、算数でも理科でも社会でも、苦労します。算数は違うでしょ、と思うでしょ?でも、算数 ... » more
テーマ 本の寺子屋 あ行の作家 学校図書館

千夜一夜復活の地U 小川一水
二冊目になって、復興のために政府は何をすれば良いのか、右往左往する様が描かれております。一般市民の人々が生きるために必死になってあがこうとする傍らで、政治家は自らの野心のために他者を利用してその力を増して行き、矢面に立たされた復興院 ... » more
テーマ あ行の作家 ★★★★ 読書備忘録

千夜一夜復活の地T 小川一水
珍しく兄のおすすめ本です。私が少し前に災害関係の本を読みまくっていた頃、地震災害に見舞われた国の復興を描いたSFがあると教えてくれたのでした。舞台は辺境の星の帝都。地震がほぼない土地という設定なので、地震災害に対する対策なん ... » more
テーマ あ行の作家 ★★★★ 読書備忘録

 

最終更新日: 2016/11/11 22:31

楽天市場のおすすめ商品

「あ行の作家」のブログ関連商品

» 「あ行の作家」のブログレビュー をもっと探す

「あ行の作家」ブログのユーザランキング

千夜一夜 2 位.
千夜一夜

テーマのトップに戻る