誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山上憶良

山上憶良

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「山上憶良」のブログを一覧表示!「山上憶良」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「山上憶良」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「山上憶良」の記事を新着順に表示しています。(2ページ目)

5-889家にありて 母がとり見ば 慰むる 心はあらまし 死なば死ぬとも  家にありて母がとり見ば慰むる心はあらまし死なば死ぬとも家尓阿利弖波々何刀利美婆奈具佐牟流許々呂波阿良麻志斯奈婆斯農等母 ... » more

5-886たらちしの 母が目見ずて おほほしく いづち向きてか 我(あ)が別るらむ たらちしの母が目見ずておほほしくいづち向きてか我(あ)が別るらむ多良知子能波々何目美受提意保々斯久伊豆知武伎提可阿我和可留良武 ... » more

5-888常知らぬ 道の長手を くれくれと いかにか行(ゆ)かむ 糧(かりて)はなしに  常知らぬ道の長手をくれくれといかにか行(ゆ)かむ糧(かりて)はなしに都祢斯良農道乃長手袁久礼々々等伊可尓可由迦牟可利弖波奈斯尓 ... » more

5-886世間(よのなか)は かくのみならし 犬じもの 道に伏してや 命過ぎなむ  うちひさす宮へ上(のぼ)るとたらちしや母が手離れ常知らぬ国の奥処(おくか)を百重山越えて過ぎ行きいつしかも都を見むと思ひつつ語らひ居(を)れどおのが身し労(いた)はしければ玉桙の道の隈廻(くまみ)に草手折り柴取り敷きて床じものうち臥(こ)い ... » more

5-885朝露の 消やすき我が身 他国(ひとくに)に 過ぎかてぬかも 親の目を欲り 朝露の消やすき我が身他国(ひとくに)に過ぎかてぬかも親の目を欲り朝露乃既夜須伎我身比等國尓須疑加弖奴可母意夜能目遠保利 ... » more

5-882我(あ)が主の 御霊賜(みたまたま)ひて 春さらば 奈良の都に 召上(めさ)げたまはね 我(あ)が主の御霊賜(みたまたま)ひて春さらば奈良の都に召上(めさ)げたまはね阿我農斯能美多麻々々比弖波流佐良婆奈良能美夜故尓□佐宜多麻波祢 ... » more

5-881かくのみや 息づき居(を)らむ あらたまの 来経行(きへゆ)く年の 限り知らずて かくのみや息づき居(を)らむあらたまの来経行(きへゆ)く年の限り知らずて加久能未夜伊吉豆伎遠良牟阿良多麻能吉倍由久等志乃可伎利斯良受提 ... » more

5-880天離(あまざか)る 鄙(ひな)に五年(いつとせ) 住まひつつ 都のてぶり 忘らえにけり 天離(あまざか)る鄙(ひな)に五年(いつとせ)住まひつつ都のてぶり忘らえにけり阿麻社迦留比奈尓伊都等世周麻比都々美夜故能提夫利和周良延尓家利 ... » more

5-879万世(よろづよ)に いましたまひて 天(あめ)の下 奏(まを)したまはね 朝廷(みかど)去 万世(よろづよ)にいましたまひて天(あめ)の下奏(まを)したまはね朝廷(みかど)去らずて余呂豆余尓伊麻志多麻比提阿米能志多麻乎志多麻波祢美加度佐良受弖 ... » more

5-878言ひつつも 後(のち)こそ知らめ とのしくも 寂(さぶ)しけめやも 君いまさずして 言ひつつも後(のち)こそ知らめとのしくも寂(さぶ)しけめやも君いまさずして伊比都々母能知許曽斯良米等乃斯久母佐夫志計米夜母吉美伊麻佐受斯弖 ... » more

5-877ひともねの うらぶれ居(を)るに 龍田山(たつたやま) 御馬(みま)近づかば 忘らしなむか ひともねのうらぶれ居(を)るに龍田山(たつたやま)御馬(みま)近づかば忘らしなむか比等母祢能宇良夫禮遠留尓多都多夜麻美麻知可豆加婆和周良志奈牟迦 ... » more

5-876天(あま)飛ぶや 鳥にもがもや 都まで 送りまをして 飛び帰るもの 天(あま)飛ぶや鳥にもがもや都まで送りまをして飛び帰るもの阿麻等夫夜等利尓母賀母夜美夜故麻提意久利摩遠志弖等比可弊流母能 ... » more

5-875行く船を 振り留みかね いかばかり 恋しくありけむ 松浦佐用姫 行く船を振り留みかねいかばかり恋しくありけむ松浦佐用姫由久布祢遠布利等騰尾加祢伊加婆加利故保斯苦阿利家武麻都良佐欲比賣 ... » more

5-874海原(うなはら)の 沖行く船を 帰れとか 領巾振らしけむ 松浦佐用姫 海原(うなはら)の沖行く船を帰れとか領巾振らしけむ松浦佐用姫宇奈波良能意吉由久布祢遠可弊礼等加比礼布良斯家武麻都良佐欲比賣 ... » more

5-873万世(よろづよ)に 語り継げとし この丘に 領巾振りけらし 松浦佐用姫 万世(よろづよ)に語り継げとしこの丘に領巾振りけらし松浦佐用姫余呂豆余尓可多利都夏等之許能多氣仁比例布利家良之麻通羅佐用嬪面 ... » more

5-872山の名と 言ひ継げとかも 佐用姫が この山の上に 領巾を振りけむ 山の名と言ひ継げとかも佐用姫がこの山の上に領巾を振りけむ夜麻能奈等伊賓都夏等可母佐用比賣何許能野麻能閇仁必例遠布利家牟 ... » more

5-871山の名と 言ひ継げとかも 佐用姫が この山の上に 領巾を振りけむ 山の名と言ひ継げとかも佐用姫がこの山の上に領巾を振りけむ夜麻能奈等伊賓都夏等可母佐用比賣何許能野麻能閇仁必例遠布利家牟 ... » more

5-870百日(ももが)しも 行(ゆ)かぬ松浦道(まつらぢ) 今日行きて 明日は来なむを 何か障(さ 百日(ももが)しも行(ゆ)かぬ松浦道(まつらぢ)今日行きて明日は来なむを何か障(さや)れる毛々可斯母由加奴麻都良遅家布由伎弖阿須波吉奈武遠奈尓可佐夜礼留 ... » more

5-869足姫(たらしひめ) 神の命の 魚(な)釣らすと み立たしせりし 石を誰(た)れ見き  足姫(たらしひめ)神の命の魚(な)釣らすとみ立たしせりし石を誰(た)れ見き多良志比賣可尾能美許等能奈都良須等美多々志世利斯伊志遠多礼美吉 ... » more

5-818春されば まづ咲くやどの 梅の花 独り見つつや 春日(はるひ)暮らさむ  春さればまづ咲くやどの梅の花独り見つつや春日(はるひ)暮らさむ波流佐礼婆麻豆佐久耶登能烏梅能波奈比等利美都々夜波流比久良佐武 ... » more

5-814天地(あめつち)の ともに久しく 言ひ継げと この奇し御魂 敷かしけらしも 天地(あめつち)のともに久しく言ひ継げとこの奇し御魂敷かしけらしも阿米都知能等母尓比佐斯久伊比都夏等許能久斯美多麻志可志家良斯母 ... » more

5-813韓国(からくに)を 向け平らげて 御心を 鎮めたまふと  かけまくはあやに畏(かしこ)し足日女(たらしひめ)神の命(みこと)韓国(からくに)を向け平らげて御心を鎮めたまふとい取らして斎(いは)ひたまひし真玉(またま)なす二つの石を世の人に示したまひて万代(よろづよ)に言ひ継ぐかねと海の底沖つ深江の ... » more

5-805常磐(ときは)なす かくしもがもと 思へども 世の事なれば 留(とど)みかねつも 常磐(ときは)なすかくしもがもと思へども世の事なれば留(とど)みかねつも等伎波奈周迦久斯母何母等意母閇騰母余能許等奈礼婆等登尾可祢都母 ... » more

4-804世間(よのなか)の すべなきものは 年月は 流るるごとし  世間(よのなか)のすべなきものは年月は流るるごとしとり続き追ひ来るものは百種(ももくさ)に迫(せ)め寄り来る娘子(をとめ)らが娘子さびすと唐玉を手本(たもと)に巻かし【或いは此(こ)の句有り云わく白妙の袖振り交はし紅の赤裳裾引き】よち子らと ... » more

4-803銀(しろかね)も 金(くがね)も玉(たま)も 何せむに まされる宝 子にしかめやも 銀(しろかね)も金(くがね)も玉(たま)も何せむにまされる宝子にしかめやも銀母金母玉母奈尓世武尓麻佐礼留多可良古尓斯迦米夜母 ... » more

瓜食めば 子ども思ほゆ 栗食めば まして偲はゆ いづくより 来りしものぞ まなかひに もとなかかりて 瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆいづくより来りしものぞまなかひにもとなかかりて安寐し寝なさぬ宇利波米婆胡藤母意母保由久利波米婆麻斯提斯農波由伊豆久欲利枳多利斯物能曽麻奈迦比尓母等奈可可利提夜周伊斯奈佐農 ... » more

4-801ひさかたの 天道(あまぢ)は遠し なほなほに 家に帰りて 業(なり)を為(し)まさに ひさかたの天道(あまぢ)は遠しなほなほに家に帰りて業(なり)を為(し)まさに比佐迦多能阿麻遅波等保斯奈保々々尓伊弊尓可弊利提奈利乎斯麻佐尓 ... » more

5-800父母を 見れば貴し 妻子(めこ)見れば めぐし愛し 世間(よのなか)は かくぞことわり  父母を見れば貴し妻子(めこ)見ればめぐし愛し世間(よのなか)はかくぞことわりもち鳥のかからはしもよゆくへ知らねば穿沓(うけぐつ)を脱き棄(つ)るごとく踏み脱きて行くちふ人は石木(いはき)よりなり出(で)し人か汝(な)が名告らさね天(あめ)へ ... » more

4-799大野山 霧立ちわたる 我が嘆く おきその風に 霧立ちわたる 大野山霧立ちわたる我が嘆くおきその風に霧立ちわたる大野山紀利多知和多流和何那宜久於伎蘇乃可是尓紀利多知和多流 ... » more

4-798妹が見し 楝(あふち)の花は 散りぬべし 我が泣く涙 いまだ干(ひ)なくに 妹が見し楝(あふち)の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干(ひ)なくに伊毛何美斯阿布知乃波那波知利奴倍斯和何那久那美多伊摩陀飛那久尓 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 22:11

楽天市場のおすすめ商品

「山上憶良」のブログ関連商品

» 「山上憶良」のブログレビュー をもっと探す

「山上憶良」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る