誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    歴史・文化

歴史・文化

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「歴史・文化」のブログを一覧表示!「歴史・文化」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「歴史・文化」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「歴史・文化」の記事を新着順に表示しています。(5ページ目)

前:天地開闢「神々の誕生」次: 高天原神話「アマテラスとスサノオ」イザナギノミコトとイザナミノミコトはるかな昔のことです。どろどろした固まりだった宇宙は、天と地に分かれ、神様たちが住んでいる天を、「高天原(たかまがはら)」と ... » more
テーマ 歴史・文化 神話・昔ばなし  トラックバック(15)

前:天地開闢(てんちかいびゃく))「世界の始まり」次:天地開闢「国の誕生・神々の誕生」『古事記』1.世界の始まり「神々の誕生」根源神たちの登場『古事記』によれば、「天地初発之時」(あめつちのはじめのとき)という冒頭は ... » more
テーマ 歴史・文化 神話・昔ばなし  トラックバック(15)

2月11日は「建国記念の日」。チャンネル桜を観始めて今日は玄関に国旗を掲げようと楽しみにしていた。他の祝日は何ともピンと来ないものになっているが、天皇誕生日と共に「建国記念の日」は国民として最低限国旗を掲揚しなければ。実は国旗を掲げることも ... » more

ビール王座占うM&A巨大連合誕生アサヒに試練産経IZA2009/12/24 09:35アサヒビールは再編に動くのか−。キリンホールディングスとサントリーホールディングスの経営統合の基本合意が迫る中、2010年はアサヒの動向が ... » more
テーマ 歴史・文化 産業経済・交通 時事・雑記

【大石久和】「国土学」から考える日本人の進むべき道[桜H21/12/10]水島氏が国土からの歴史観は目から鱗だと語っていますが、明治維新は欧米列強の開国がきっかけという概念だけではなく、江戸後期の度重なる天変地異が要因だったとい ... » more

ニューヨークで“サムライ芸術”の展覧会日テレNEWS242009年11月14日 22:26アメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館で、日本の“サムライ芸術”に関する過去最大級の展覧会が開かれ、人気を集めている。実現の背景には ... » more
テーマ 歴史・文化

一樹の蔭、一河の流れ日本人てなに? 
◆前々回のエッセイで、約400年前に朝鮮から連れて来られた陶工を祖先とされる、鹿児島県日置市美山(みやま)の陶芸家・15代沈壽官(ちん・じゅかん)さんの言葉を紹介した。それは「日本人て何ですか?日本人の定義を書いた紙があれば見せてもらいたい ... » more
テーマ 歴史・文化

【魔都見聞録】チベットを利用する中国の大ペテン [桜H21/10/3]1/2【ツェワン・ギャルポ・アリヤ】真実を隠す「聖地チベット〜ポタラ宮と天空の至宝〜」展 [桜H21/10/5]2/2【ツェワン・ギャルポ・ア ... » more

◆鹿児島県に住んでいると、同じ九州内とはいえ50歳まで住んでいた福岡県とは、風土も文化も明らかに違うと感じる場面にしばしば出くわす。南北に長い列島の日本だから当然なのだけれど、私の知らない歴史の一端が数百年昔のことでも、生々しい形でぬっと現 ... » more

不易流行通信安土町の合併
安土町の合併 滋賀県安土町と近江八幡市との合併が気になっていた。数年前に近江八幡市に行ったとき、水郷や八幡山から眺めると安土城のあった小高い山が見える。行きたかったのだが、時間的に難しかった。イタリアでいうとサンマリノやバチカンに値するくらい ... » more

「天地人」を観ていてふと思った。関ヶ原のシーンで小早川秀秋は、勝敗のキーマンとなった。待てよ?なんか似ているな。。。亀井静香郵政改革・金融相は、永住外国人への地方参政権付与問題について「地域によって在日外国人比率が高い地 ... » more

朗読活劇 レチダ・カルダ 司馬遼太郎が描いた日本のヒーローたち@増上寺 幕末期を中心とした歴史小説に名高い司馬遼太郎の作品「燃えよ剣」を題材に、語り手とフラメンコギターと歌との異色のコラボレーションもの。<夕暮れ時の増上寺&東京タワー>語り手:要潤演奏・フラメンコギター:沖仁カンテ・歌: ... » more

不易流行通信日本最初の高速産業道路
↑それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。日本最初の高速産業道路というべき馬車専用道路が、当時日本三大鉱山としての生野銀山(兵庫県朝来市生野町)と飾磨(しかま:姫路市)港の間、約49kmに1876年(明治9年)開通し ... » more
テーマ 歴史・文化 産業経済・交通

日本語の歴史上代(飛鳥時代以前)縄文時代の日本にはまだ固有の文字は存在していなかったとされるのは、その頃の遺物には現在まで文字らしい形跡が見つからないためでです。日本で文字が現れたのは、象形文字ではない中国から伝わった漢 ... » more
テーマ 日本の原始古代 歴史・文化  トラックバック(2)

関裕二氏『海峡を往還する神々: 解き明かされた天皇家のルーツ』で、そもそも日本人とは何か弥生時代は稲作文化が普及した時代であると同時に、農地、水利、さらには金属器の流通を巡る諍いが絶えない時代でもあったわけだ。ただし、この混 ... » more
テーマ 日本の原始古代 歴史・文化  トラックバック(1)

↑それぞれクリックして応援していただけると嬉しいです。縄文人このころ、南方からも日本人の祖先となる人々がやってきました。東南アジアに住み着いた人々は、島から島へ丸木船で移動する航海術を身につけました。一部の人々は海洋民族 ... » more
テーマ 日本の原始古代 歴史・文化  トラックバック(1)

◆前回女性のサイショということで税所敦子(さいしょあつこ)さんのことを書きました。その2となる今回、サイゴの男性は、あの明治の偉人西郷隆盛さんにご登場いただきます。西郷さんといえば明治維新の立役者として重要かつ有名な人物で、歴史書や小説の主 ... » more

◆タイトルを見るなり「女は最初、男は最後とはケシカラン!」なんて思われた人は、身体のどこかに男尊女卑のDNAのかけらが残っているのかもしれません。実はこのタイトルは私の属する文芸同人誌「火の鳥」同人、O・Yさん(女性)のエッセイのタイトル「 ... » more
テーマ 歴史・文化

国宝姫路城平成大修理 ロゴマークを作製 日経2009/07/07兵庫県姫路市は10月から始まる姫路城の「平成の大修理」に合わせてロゴマークを作製した。修理期間中、姫路城をすっぽり覆う「素屋根」の設計図面を図案化したもの。「素屋根内部に設置する展示施設のPRなどに使いた ... » more
テーマ 歴史・文化 日本の中世近世 時事・雑記

【たんごる】 丹後田辺城(舞鶴城) 田辺城門京都府舞鶴市室町幕府の成立によって一色満範が丹後国守護職となり舞鶴を含む加佐郡も一色家の統治下に置かれた。以後、丹後国は一色家が守護を努める領国として代々続く。室町時代後期の応仁の乱において但馬他守護山名氏が率い ... » more
テーマ 歴史・文化 日本の中世近世

国宝 阿修羅展@国立博物館 今をときめく阿修羅像を拝顔するべく、いざ国立博物館へ!気まぐれに霧雨の舞う中行ってきました。午前中は混雑のピークとのことで、午後から乗り込む作戦に。15時頃に到着すると、「30分待ち」という掲示。日曜日にしては、 ... » more

小金井公園・江戸東京たてもの園〜春先着物日和〜 絶好の行楽日和でしたね。でも残念ながら、桜の開花はもうちょっと先。小金井公園内に居す「江戸東京たてもの園」では、3/21、22日と着物デー♪着物で訪れると、入園料が2割引。たてもの園内の数々のたてものでは和の催し ... » more

歌舞伎舞踊「達陀(だったん)」 いよいよ、東大寺の修二会が始まりましたね。さて、この「お水取り」を題材にした歌舞伎舞踊が存在します。その名も『達陀(だったん)』。=梵語で「火の苦行」◆解説昭和42年2月歌舞伎座にて初演。作・萩原雪夫、監 ... » more

江戸文化歴史検定〜合格証書到着の巻〜 11月に受験した、江戸検定の合格証書が届きました!受験後のイベントでゲットした合格証書の応募権利。無事に利用することができて何よりでしたさ〜て。今年から刊行される(予定)「中級編」のテキ ... » more

一樹の蔭、一河の流れ関門海峡を渡る
◆現在のように日本中はおろか、世界中だって飛行機で移動できる時代はさておき、100年前の日本では旅というのは列車の旅が普通だったろう。100年前でなくても、日本人の誰もが自家用車を持ち飛行機に乗るようになったのは、せいぜい40数年ほど前から ... » more

早くも、江戸検定の今年のお題が発表されました!■公式サイトはこちら今年のお題は東海道五十三次〜江戸の旅「旅」に決定しましたね〜!!宿場町のあの独特な雰囲気、大好きです♪ ... » more

東大寺二月堂のお水取り(修二会) 3年前、念願叶っての初見物でした。■東大寺のサイトはこちら「お松明」は「修二会」の期間中毎日見ることができます。もちろん「お水取り」を見物できれば本望なのですが、不案内な土地で大混雑の中に飛び込むのは不安。という訳で、お ... » more

お正月にスパイスを〜心はベトナム一直線〜 新しい年が明けました。年末から大量のお節料理と格闘し、なんとなく疲労感が残るお正月。お雑煮にお節に……と目もお腹も和食で満たされてくると、自然と異国の料理を食したくなるものです。殊に香草たっぷりのアジアン料理は、想像するだけ ... » more

久米川古戦場跡を歩く 東京・東村山市と埼玉・所沢市をまたぐ狭山丘陵の東端にある八国山。新田義貞が鎌倉攻めの際に、小手指原に続いてここ久米川で戦ったという古戦場です。義貞は八国山から指揮を執ったといわれており、頂上には将軍塚の碑があります。 ... » more

◆NHK大河ドラマの「篤姫」が終わりました。以前にも、テレビドラマと史実の違いについては書きましたが、ドラマという性格上、中心となる人物や事件などを強調するために、その他のことはなるべくシンプルにする必要があります。そこに史実とは違う、創作 ... » more

 

最終更新日: 2016/11/11 19:41

「歴史・文化」のブログ関連商品

» 「歴史・文化」のブログレビュー をもっと探す

「歴史・文化」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る